2021年01月

2021年01月23日

地蔵院、鈴虫寺

地蔵院


11月の京都旅行の続き。間が空きましたが、三日目の午後です。


「苔寺」を出たのは 12時でしたが、お昼を食べたいお店もなく、「鈴虫寺」に行くつもりで歩いていたら、「鈴虫寺」の反対方向に「竹の寺」があると書かれていました。
近かったら行ってみようと階段を上がり、暫く行っても見当りません。
でも、雨も上がったし、せっかくなので行ってみることにしました。


「竹の寺」は「衣笠山地蔵院」と言い、
一休宗純禅師(一休さん) が 6才頃までいらしたお寺だそうです。


↑ 総門前のモミジの葉はまだ青々としていました。



地蔵院





地蔵院



小じんまりしたお寺ですが、本堂(写真、左) の右手奥、方丈の前には "平庭式枯山水庭園" (写真、右の真ん中) があり、本当だったらゆっくりと眺めていたいお庭でしたが、他の方が大きな声でお話していらしたので、早々に退散。

思いつきで寄ったお寺ですが、落ち着いた穴場的お寺で、行ってみて良かったです。



↓ 「鈴虫寺」

鈴虫寺


正式名称は「妙徳山 華厳寺」
約 5万匹の鈴虫が一年中鳴いているので「鈴虫寺」と呼ばれます。

最近は、和尚さまの説法が人気なのだとか。
そんなことを知らない jugon は、「説法は、お聞きしないといけませんか?」な〜んてお尋ねしてしまいました


すでに始まっていた説法のお部屋へ入ってみたら、
思いがけず大勢の方がいらしてびっくり。



鈴虫寺


「鈴虫寺」は、一願成就のお寺としても有名だそうです。

山門前のお地蔵さまは、全国でも珍しい草履を履いたお地蔵さまで、お願い事をするとその人のところまで歩いて来てくださって願い事を叶えてくださるのだそうです。

一願成就ですから、お願い事は一つだけにしなければなりません。
和尚さまは、説法の中で、そのお願いの仕方も教えてくださいます。



15分ほどで行けそうなので「松尾大社」まで歩こうと思い、「鈴虫寺」の階段下で地図を見ていたら、小雨だった雨がザァザァ降りになってきたので、歩くのは諦めてバス停へ。



↓ 「嵐山」

嵐山


帰りの新幹線まではまだ時間があるので、ちょっと心残りな河原町辺りへ行こうか、雨が激しいのでもう京都駅へ行ってしまおうか、もし雨が小降りになって「嵐山」が綺麗だったら降りてもいいねなんて話ながらバス待ち。

雨は足元で跳ねるほどになっていたので、兎に角、来たバスに乗車。


そして、「嵐山」に来たら、↑ この景色。
雨もほぼ止んでいて・・・「降りよう!!」


でも、嵐山は、人人人。

お腹が空いてきたけれど、どこも満員。
散々探して、何か食べました・・・何だったかな?
焼きそばとビールだったかな〜。


その後、お茶をして、バスで京都駅へ。
ホテルから京都駅近くの系列のホテルへ運んでもらってあった荷物をピックアップ。後は、ちょっとお土産を物色。夜は、名古屋駅構内の "ヱビスバー"


そんなこんなの京都旅行でした。
長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。

実は番外編(10月の一人京都旅) のダイジェストもここに載せようと思いましたが、余りに長くなりますので、またのチャンスに(^^)



今日のニャーちゃん♪


にゃんこ


ニャーちゃんは、怖いお顔に見えますが、欠伸の後でぇ〜す。

(猫を写した場所と記事は関係がありません)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



jugon 留守に付き、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00|この記事のURLKYOTO | Trip

2021年01月20日

土浦のれんこん

蓮根チップス


去年の年末のことになりますが、
土浦のお友達が、地元の「蓮根」を送ってくださいました。
一昨年も、頂戴してとても美味しかったので、
実は密かに期待していました

いただいた「蓮根」の去年の記事は こちら


白くてとても綺麗な蓮根は、土浦にある "武井れんこん農園" のものです。


↑ "れんこんチップス"
辛子を加えた衣を薄く付けて揚げています。
止まらない系



↓ "れんこん揚げしんじょ"

蓮根団子


"武井れんこん農園" さんのレシピをちょっとだけ変えて作りました。


簡単レシピ
すりおろした蓮根 と 粗みじんにカットした蓮根 と すりおろした大和芋 と みじん切りの椎茸 を混ぜ、お塩と片栗粉を加えて更に混ぜて、丸めて揚げます。
お出汁とお酒とお醤油、味醂少々、お水も加えて椎茸を入れて加熱。
出来上がり直前にお葱を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけたお出汁をかけます。

こちらもとっても美味しい。思ったより簡単なので、またすぐリピしたいです。


↓ "酢れんこん" と "れんこん煮"

土浦の蓮根


"酢れんこん" は何度か作りましたが、
写真がお正月の時に写したものしかありません(^^;;
一応、画像は違うものです(^^)


お友達に感謝
いつも気にかけてくださってありがとうございます♬



今週は実家です。
神奈川県も愛知県も緊急事態宣言、発出中ですから、気を引き締めて移動。
医療現場のみなさまに感謝すると共に、こんな状況下、どんな病気にもならないよう注意して過ごしたいです。
みなさまもくれぐれもお気をつけくださいませ。 jugon

コメント欄は閉じさせていただいています。




今日のニャーちゃん♪


にゃんこ


欠伸かな? 発声練習かな〜?(^^)



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


2021年01月16日

西芳寺(苔寺)

西芳寺



去年秋の京都旅行、最終日の3日目(11/20) 、前の日に学習したので(^^)
朝は、ホテル近くの喫茶店で、トースト&コーヒー。

そして向かったのは、1ヶ月以上前に拝観の申し込みをしていた、
世界遺産の西芳寺(苔寺) 。

以前から行ってみたいと思いながら、一度も足を運んだことがなく、
いかに「苔寺」の良さを知らなかったかを痛感。
紅葉の時期だったから余計感じたのかも知れませんが、
本当に素晴らしいお庭でした。


朝から止むような止まないような小降りの雨降り。



西芳寺


往復葉書で申し込めるのは、日にちだけ。
戻ってきた葉書に時間が指定されていました。

午前 10時から 12時まで。拝観時間は、最長で 2時間ということです。
まずは、本堂で "写経"

"写経" は、明けて一昨年、鎌倉の「長谷寺」で行ったのが初めてでしたが、なんだかあの時の方が厳かな気分でした。
今回は、意識はしていなかったけれど、時間が余りないような気がしていて、気持ちが落ち着かないまま写経を終えた気がします。



西芳寺


「西芳寺」へ到着した頃から、雨脚が少し強まってきていて、
一向に止みそうもありません。




西芳寺





西芳寺


こちらのお庭には 120種類余りの "苔" があるそうですが、
どうしても 苔 より 紅葉 に目が行きます。

新緑の季節にも訪れてみたい。



西芳寺




西芳寺


雨粒がオーナメントのよう。



西芳寺


その後、傘は差したり、閉じたりでしたが、
雨のお陰で、紅葉の色が際立ちます。
地面に散り敷いた葉も美しい。



西芳寺


お寺を出たのは、私達が一番最後。
門を閉めるのを待っていてくださいました。




今日のニャーちゃん♪


にゃんこ


ニャーちゃん、葉っぱをチョイチョイ(^^)
何かいたのかな?

(猫を写した場所と記事は関係がありません)





クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:00|この記事のURLComments(24)KYOTO | Trip

2021年01月14日

初詣と鏡開き

破魔矢と鏡開き


小豆は甘くしなければ、体にいいことずくめ
お豆はみんなそうですけれどね。

それで、一時凝って、甘味を全然つけないで、お豆とお汁に分けて毎日少しずついただいていましたが、その内、飽きて・・・(^^;;
でも、去年の年末辺りから「小豆」食べたい気分がモクモク。

煮たのは今年になってから。


そんな小豆煮を使って「鏡開き」のおぜんざい。
グラニュー糖を使ったので、柔らかい甘味になりましたが、ちょっとコクがないような気がして、蜂蜜とブランディをプラス。

破魔矢は、8日に行った鎌倉「鶴岡八幡宮」にて。
下のところに丸いのが付いてるちょっと大きいのが、今年はありませんでした・・・全部、売れちゃったのかな?



八幡さま


1月8日とは言え、人が少ないったら、少ない(^^)

本殿の前がガラ〜ンなんて!
そして、警備の人がいて、お正月に振り返って写真なんか撮れないのに・・・撮りたい放題。



2020.1.8


いつもの手水舎の水盤から、お水が抜かれていて、なんだか寂しい。
代わりに青竹からお水が出ていました。
これはこれでいい感じ。

狛犬さんは、鳩の付いたマスク姿。
ワンちゃんは、ご主人と一緒に初詣ができて足取り軽やか。
今年ならではですね(^^)



峰本


初詣の帰りに、最近いつも行く小町通りにあるお蕎麦屋さんで一杯。
牛タン焼きもいただきましたが、写真なし。
お蕎麦屋さんですが、お蕎麦は食べずにお店を出て、
乗り換え駅のイタリアンでワイン 1本。そちらも写真、撮り忘れ。



↓ 昨日(1/13) の朝の富士山と丹沢山地

Mt.Fuji & Tanzawa Mountains


一昨日までは、雪が随分少なかったんですけれど、
あの寒波で丹沢にも積もりました。



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


ペロリ・ウィンクのニャーちゃん。

(猫を写した場所と記事は関係がありません)





クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


2021年01月12日

宇治 (平等院、興聖寺)

平等院


今年にずれ込んでしまった、去年の秋(11/18〜20) の京都旅行の続きです。

二日目は、宇治の 「平等院」へ行きました。

私達二人の「裏に池とお庭があるところ」という朧げな記憶で、行ってみたのですが・・・平等院の裏には、どう見ても池もお庭もありません(^^;;

まぁ、いいっかぁ、というので、「鳳翔館」の展示などをゆっくり見て
「阿弥陀堂」(鳳凰堂) の拝観時間を待ちました。

後で分かったのですが、私達が思っていたのは「平安神宮」
裏の池とお庭は "神苑" だったようです



平等院


思い違いで行ったとは言え、宇治は静かで空気が澄んでいて、
川のある風景に心が休まります。

「平等院」の 「鳳翔館」は見応えがあり、「阿弥陀堂」の "阿弥陀如来坐像" や "二重天蓋" の素晴らしさ、愛嬌のある "雲中供養菩薩像" も一つ一つ見ていたらすぐに時間になってしまい、後ろ髪を引かれました。



宇治川


駅を降りてすぐにある「宇治川」
そう言えば、この景色に見覚えはなく、宇治は初めて。
ここで気付いたハズなのに・・・。

川の右手、白っぽい橋の袂の奥にあるのが「平等院」
そして、左手、茶色っぽく見える橋よりずっと奥に「興聖寺」があります。



↓ 「興聖寺」

興聖寺



興聖寺


「興聖寺」に行こうと思ったのは、平等院を出てまだ時間があったのと、ガイドブックに参道の "琴坂" の紅葉が綺麗だと書いてあったからですが、残念ながらここのモミジは、すでに葉の先が枯れていて、終わりかけ。

お寺は、道元禅師が開いた座禅専門道場「観音導利興聖宝林禅寺」に遡り、江戸時代に淀の城主、永井尚政公が宇治に再建したもの。
とても鄙びたお寺で、見所がたくさんありました。



2020.11.19 朝食と浄教寺



京都で宿泊したのは、9月末にオープンしたばかりで、お寺とコラボしたホテルというのに興味が湧いて選んだ 三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺
ホテル内にお寺の本堂があり、申し込めば「朝のお勤め」が体験できるとか。

お部屋はモダンですが、使い勝手が余り良くないように思いました。
全室、シャワーだけなので、大浴場が用意されていますが、脱衣場のロッカーや浴室内の洗面の設備が少なくて、満室ではなさそうなのにずっと混雑していて「密」でした。

そして、この日の朝ご飯。
朝からちょっと量が多いので迷っていましたが、やっぱり「美味しそう!」
で、「食べよう!」ということになったのですが・・・確かに美味しかったけれど、この量ですから・・・思った通り、食べ過ぎ。
朝からお腹が重いのは、やっぱりいけません。

お友達は、"散し寿司" のご飯、jugon は "鯛茶漬け"
半分以上を白いご飯のままいただいて、その後、お茶漬けにしました(^^)



鍵善



京阪電鉄で "祇園四条" まで戻り、今回は、絶対食べようと思っていた
"葛切り" を求めて "鍵善良房" さんへ。

「今回は」と言うのは、実は 10月にも一人で京都へ行きましたが、その時は、営業時間が短縮されているのを知らず、 5時前でしたが茶房はすでに閉まっていました。

"鍵善" さんへは、いつからか京都へ行くと必ず寄って "葛切り" をいただきます。大好き♪


↓ "お夕食"

2020.11.19 お夕食


お夕食は、本当は別のレストランの予定でしたが、連絡が上手く取れていなくて、フラフラ歩いていて、なんとなくこちらのビストロへ。
丁度、この日はボージョレ・ヌーヴォーの解禁日。


またまた長くなりました〜。
最後までお読みくださってありがとうございます♬



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


もう、水仙は咲いた頃かしらね〜。

(猫を写した場所と記事は関係がありません)





クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:00|この記事のURLComments(16)KYOTO | Trip

2021年01月07日

バナナ・マフィン

バナナ・マフィン



今日の夕方に、東京都、埼玉、千葉、神奈川の 1都 3県に
また緊急事態宣言が発出されるようです。

そんな中、本当のことは分かりませんが、世界中が大変なのに発症元の中国がケロリとしている気がします。

COVID-19 のことが聞こえ出したのは丁度去年の今頃。
春節は 1/25。
中国が武漢の交通網を閉鎖したのは 1/23でした。
その日の中国全土の新規感染者は 259人、死者は 8人、
累計感染者数は 830人、重症者は 177人、累計死亡者数は 25人。
武漢の新規感染者数は 70人だったようです。
今思えば、そんな数で武漢は閉鎖されたのですが、
それが功を奏したのでしょうか?
それとも「清肺湯」が効くのかしら?


何はともあれ、一日も早いコロナの終息を願うばかりです。
感染が急拡大していますので、みなさまもお気をつけてお過ごしください。



↑ 年末に買ったバナナが良く熟れてきたので、"バナナ・マフィン"
を作りました  レシピ ↓




バナナ・マフィン



写真の右下は、以前作ったものです。
ベーキング・パウダーが古かったせいか、膨らみが足りませんでした(^^;;



** "キャラメル風味の バナナ・マフィン" の作り方 **

<材料>(底径 5cmのマフィン型 6個分)

・バナナ : 150g (1〜2本)
・薄力粉: 120g
・ベーキング・パウダー: 5g
・バター: 80g
・牛乳:60cc
・卵: 1個
・グラニュー糖: 50g + 30g
・お水: 23cc


<作り方>

バター、牛乳、卵を常温に戻し、卵は溶く。
キャラメル・バナナを作る:
お鍋にグラニュー糖(50g) とお水を入れて蓋をして弱火でキャラメル色になるまで加熱後、粗くカットしたバナナを入れて潰しながら混ぜる。
薄力粉とベーキング・パウダーを合わせてふるっておく。
ボウルにバターを入れて泡だて器で柔らかくしたら、グラニュー糖(30g) を数度に分けて加え、白くなるまで混ぜ、溶いた卵を少しずつ足していく。
の薄力粉+B.P. の 1/3 くらいに牛乳の 1/2 を 入れてゴムベラで混ぜるを 2回繰り返し、最後に残った粉と △離ャラメル・バナナを入れて、粉気がなくなるまで混ぜる。
型に生地を入れたら、予め 180℃に熱したオーヴンで 25分〜30分焼く。




今日のニャーちゃんたち♪

にゃんこ


この前(12/23) の 1人(匹) 日向ぼっこニャーちゃんの横に
シロクロちゃんがやってきました。




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


2021年01月03日

2021 お節料理

天宝一


お正月も、3日になりました。

前年に行くお詣りを、「幸先(さいさき) 詣」と言うということを
今回初めて知りました。

「来年もいい年でありますように」と先の幸せを願うものというので
「幸先詣」だそうですが、
それっていつからが「幸先詣」なのでしょう? 12月中?

12月にお詣りに行かなかった jugon の場合、「初詣」になりそうですが、
元旦に年賀状作りをしたりして、この三が日、ずっと家に籠りきり(^^)


↑ いつもは、お正月でも朝はお雑煮だけですが、
珍しくこの三が日は、日本酒をいただきました。

いつぞやに "自然を尋ねる人さん" から頂戴した、福山の神辺町の "天宝一"

少し時間が経って、薄っすら色付いて古酒に向かっている
味わいのある美味しい日本酒(^^)

自然さん、ご馳走さまでした


酢蓮根と黒豆


タイトルが「お節料理」ですが・・・(^^;;
それっぽいのでは、"黒豆" と "酢蓮根" と "田作り" くらい



え〜〜、"黒豆" を煮たのは、二度目かな?
初めてかと思っていたら、こちら に記事がありました。

でも、3日かけて作ったのは初めてです。
最初の日は、黒豆(250g) を洗った後、お酒(200cc) お水(1000cc) と
お砂糖(80g) とお醤油、お塩を煮立てた中に入れて一昼夜。

次の日は、中火で煮てフツフツとしたら弱火、
お水が減ったら足して、を数回。
だいたい柔らかくなったら、そのまま蓋をして一昼夜。


あると思っていた重曹がなく、還元鉄もありませんでしたが、時間が経ったら色が戻り、黒くてふっくら、美味しい「黒豆煮」になりました。


酢蓮根は、土浦のお友達に送っていただいた蓮根を使って。
蓮根のことはまた書きます。


田作り、出汁巻き卵


今年の "田作り" には、山椒を入れてみました。
これ、のん兵衛向き。

"出汁巻き卵" 写真の下のは、お葱入り。



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


お天気の良い日が続いてニャーちゃんもゴキゲンかしら?



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


2021年01月01日

2021 元旦

Mt.Fuji 2021.1.1



あけまして おめでとうございます


2021年が穏やかな良い一年でありますように!

今年もどうぞよろしくお願いいたします




↑ 今朝の富士山と丹沢山系

昨日の大晦日が余りに寒かったので、きっと山には雪がどんどん積もっていると思っていましたが、どーもほとんど降っていなかったようです(^^)




今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


新年に向けて、何やら決意新たなお顔のニャーちゃんですね



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!