KYOTO

2021年01月23日

地蔵院、鈴虫寺

地蔵院


11月の京都旅行の続き。間が空きましたが、三日目の午後です。


「苔寺」を出たのは 12時でしたが、お昼を食べたいお店もなく、「鈴虫寺」に行くつもりで歩いていたら、「鈴虫寺」の反対方向に「竹の寺」があると書かれていました。
近かったら行ってみようと階段を上がり、暫く行っても見当りません。
でも、雨も上がったし、せっかくなので行ってみることにしました。


「竹の寺」は「衣笠山地蔵院」と言い、
一休宗純禅師(一休さん) が 6才頃までいらしたお寺だそうです。


↑ 総門前のモミジの葉はまだ青々としていました。



地蔵院





地蔵院



小じんまりしたお寺ですが、本堂(写真、左) の右手奥、方丈の前には "平庭式枯山水庭園" (写真、右の真ん中) があり、本当だったらゆっくりと眺めていたいお庭でしたが、他の方が大きな声でお話していらしたので、早々に退散。

思いつきで寄ったお寺ですが、落ち着いた穴場的お寺で、行ってみて良かったです。



↓ 「鈴虫寺」

鈴虫寺


正式名称は「妙徳山 華厳寺」
約 5万匹の鈴虫が一年中鳴いているので「鈴虫寺」と呼ばれます。

最近は、和尚さまの説法が人気なのだとか。
そんなことを知らない jugon は、「説法は、お聞きしないといけませんか?」な〜んてお尋ねしてしまいました


すでに始まっていた説法のお部屋へ入ってみたら、
思いがけず大勢の方がいらしてびっくり。



鈴虫寺


「鈴虫寺」は、一願成就のお寺としても有名だそうです。

山門前のお地蔵さまは、全国でも珍しい草履を履いたお地蔵さまで、お願い事をするとその人のところまで歩いて来てくださって願い事を叶えてくださるのだそうです。

一願成就ですから、お願い事は一つだけにしなければなりません。
和尚さまは、説法の中で、そのお願いの仕方も教えてくださいます。



15分ほどで行けそうなので「松尾大社」まで歩こうと思い、「鈴虫寺」の階段下で地図を見ていたら、小雨だった雨がザァザァ降りになってきたので、歩くのは諦めてバス停へ。



↓ 「嵐山」

嵐山


帰りの新幹線まではまだ時間があるので、ちょっと心残りな河原町辺りへ行こうか、雨が激しいのでもう京都駅へ行ってしまおうか、もし雨が小降りになって「嵐山」が綺麗だったら降りてもいいねなんて話ながらバス待ち。

雨は足元で跳ねるほどになっていたので、兎に角、来たバスに乗車。


そして、「嵐山」に来たら、↑ この景色。
雨もほぼ止んでいて・・・「降りよう!!」


でも、嵐山は、人人人。

お腹が空いてきたけれど、どこも満員。
散々探して、何か食べました・・・何だったかな?
焼きそばとビールだったかな〜。


その後、お茶をして、バスで京都駅へ。
ホテルから京都駅近くの系列のホテルへ運んでもらってあった荷物をピックアップ。後は、ちょっとお土産を物色。夜は、名古屋駅構内の "ヱビスバー"


そんなこんなの京都旅行でした。
長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。

実は番外編(10月の一人京都旅) のダイジェストもここに載せようと思いましたが、余りに長くなりますので、またのチャンスに(^^)



今日のニャーちゃん♪


にゃんこ


ニャーちゃんは、怖いお顔に見えますが、欠伸の後でぇ〜す。

(猫を写した場所と記事は関係がありません)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



jugon 留守に付き、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2021年01月16日

西芳寺(苔寺)

西芳寺



去年秋の京都旅行、最終日の3日目(11/20) 、前の日に学習したので(^^)
朝は、ホテル近くの喫茶店で、トースト&コーヒー。

そして向かったのは、1ヶ月以上前に拝観の申し込みをしていた、
世界遺産の西芳寺(苔寺) 。

以前から行ってみたいと思いながら、一度も足を運んだことがなく、
いかに「苔寺」の良さを知らなかったかを痛感。
紅葉の時期だったから余計感じたのかも知れませんが、
本当に素晴らしいお庭でした。


朝から止むような止まないような小降りの雨降り。



西芳寺


往復葉書で申し込めるのは、日にちだけ。
戻ってきた葉書に時間が指定されていました。

午前 10時から 12時まで。拝観時間は、最長で 2時間ということです。
まずは、本堂で "写経"

"写経" は、明けて一昨年、鎌倉の「長谷寺」で行ったのが初めてでしたが、なんだかあの時の方が厳かな気分でした。
今回は、意識はしていなかったけれど、時間が余りないような気がしていて、気持ちが落ち着かないまま写経を終えた気がします。



西芳寺


「西芳寺」へ到着した頃から、雨脚が少し強まってきていて、
一向に止みそうもありません。




西芳寺





西芳寺


こちらのお庭には 120種類余りの "苔" があるそうですが、
どうしても 苔 より 紅葉 に目が行きます。

新緑の季節にも訪れてみたい。



西芳寺




西芳寺


雨粒がオーナメントのよう。



西芳寺


その後、傘は差したり、閉じたりでしたが、
雨のお陰で、紅葉の色が際立ちます。
地面に散り敷いた葉も美しい。



西芳寺


お寺を出たのは、私達が一番最後。
門を閉めるのを待っていてくださいました。




今日のニャーちゃん♪


にゃんこ


ニャーちゃん、葉っぱをチョイチョイ(^^)
何かいたのかな?

(猫を写した場所と記事は関係がありません)





クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:00|この記事のURLComments(24)

2021年01月12日

宇治 (平等院、興聖寺)

平等院


今年にずれ込んでしまった、去年の秋(11/18〜20) の京都旅行の続きです。

二日目は、宇治の 「平等院」へ行きました。

私達二人の「裏に池とお庭があるところ」という朧げな記憶で、行ってみたのですが・・・平等院の裏には、どう見ても池もお庭もありません(^^;;

まぁ、いいっかぁ、というので、「鳳翔館」の展示などをゆっくり見て
「阿弥陀堂」(鳳凰堂) の拝観時間を待ちました。

後で分かったのですが、私達が思っていたのは「平安神宮」
裏の池とお庭は "神苑" だったようです



平等院


思い違いで行ったとは言え、宇治は静かで空気が澄んでいて、
川のある風景に心が休まります。

「平等院」の 「鳳翔館」は見応えがあり、「阿弥陀堂」の "阿弥陀如来坐像" や "二重天蓋" の素晴らしさ、愛嬌のある "雲中供養菩薩像" も一つ一つ見ていたらすぐに時間になってしまい、後ろ髪を引かれました。



宇治川


駅を降りてすぐにある「宇治川」
そう言えば、この景色に見覚えはなく、宇治は初めて。
ここで気付いたハズなのに・・・。

川の右手、白っぽい橋の袂の奥にあるのが「平等院」
そして、左手、茶色っぽく見える橋よりずっと奥に「興聖寺」があります。



↓ 「興聖寺」

興聖寺



興聖寺


「興聖寺」に行こうと思ったのは、平等院を出てまだ時間があったのと、ガイドブックに参道の "琴坂" の紅葉が綺麗だと書いてあったからですが、残念ながらここのモミジは、すでに葉の先が枯れていて、終わりかけ。

お寺は、道元禅師が開いた座禅専門道場「観音導利興聖宝林禅寺」に遡り、江戸時代に淀の城主、永井尚政公が宇治に再建したもの。
とても鄙びたお寺で、見所がたくさんありました。



2020.11.19 朝食と浄教寺



京都で宿泊したのは、9月末にオープンしたばかりで、お寺とコラボしたホテルというのに興味が湧いて選んだ 三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺
ホテル内にお寺の本堂があり、申し込めば「朝のお勤め」が体験できるとか。

お部屋はモダンですが、使い勝手が余り良くないように思いました。
全室、シャワーだけなので、大浴場が用意されていますが、脱衣場のロッカーや浴室内の洗面の設備が少なくて、満室ではなさそうなのにずっと混雑していて「密」でした。

そして、この日の朝ご飯。
朝からちょっと量が多いので迷っていましたが、やっぱり「美味しそう!」
で、「食べよう!」ということになったのですが・・・確かに美味しかったけれど、この量ですから・・・思った通り、食べ過ぎ。
朝からお腹が重いのは、やっぱりいけません。

お友達は、"散し寿司" のご飯、jugon は "鯛茶漬け"
半分以上を白いご飯のままいただいて、その後、お茶漬けにしました(^^)



鍵善



京阪電鉄で "祇園四条" まで戻り、今回は、絶対食べようと思っていた
"葛切り" を求めて "鍵善良房" さんへ。

「今回は」と言うのは、実は 10月にも一人で京都へ行きましたが、その時は、営業時間が短縮されているのを知らず、 5時前でしたが茶房はすでに閉まっていました。

"鍵善" さんへは、いつからか京都へ行くと必ず寄って "葛切り" をいただきます。大好き♪


↓ "お夕食"

2020.11.19 お夕食


お夕食は、本当は別のレストランの予定でしたが、連絡が上手く取れていなくて、フラフラ歩いていて、なんとなくこちらのビストロへ。
丁度、この日はボージョレ・ヌーヴォーの解禁日。


またまた長くなりました〜。
最後までお読みくださってありがとうございます♬



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


もう、水仙は咲いた頃かしらね〜。

(猫を写した場所と記事は関係がありません)





クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:00|この記事のURLComments(16)

2020年12月27日

東福寺

東福寺、八相の庭



クリスマスも過ぎて、みなさま、お正月に向けての
準備にお忙しい日々でしょうか?

ああ、後 4日・・・取り敢えず、大掃除はしなくっちゃ!


↑ 東福寺 方丈、八相の庭。「南庭」


忘れた頃の 11月の京都旅行の続きです。
こんな調子なので、この旅行記は来年まで持ち越しそう(^^;;



東福寺


栞に書かれた説明書きの要約。

「八相の庭」とは、「蓬莱」「方丈」「えい洲」「壷梁」「八海」「五山」「井田市松」「北斗七星」を「八相成道(釈迦の生涯の八つの重要な出来事)」に因んで命名されたもの。


「西庭」と「北庭」の 市松模様に図案化された苔の配置は・・・温故知新。
斬新さとおしゃれ感が、目を引きました。左上の写真は「北庭」。
竈門炭治郎の羽織も市松模様ですが・・・(^^)

右上は、入り口にある「臥雲橋 (がうんきょう)」から「通天橋」を望んだところ。人がいっぱい。
その左は、一番奥にある「偃月橋 (えんげつきょう)」です。


↓ 「西庭」と「北庭」の途中にある「通天台」から。向こうは「通天橋」

東福寺



↓ 「三門」

三門


丁度、"第56回 京都非公開文化財特別公開" の時期で、東福寺では「法堂」と「三門」が公開されていました。「法堂」の雲龍図は、外から拝観(^^)

「三門」とは三解脱門の略で、人間は悟りの境地に達するために三つの関門を越えなければならない、という禅宗の思想を目に見える形で表したもの。
この門をくぐることができるのは、「空」 (とらわれない)、「無相」(執着しない)、「無作」(ほしがらない) という悟りを開いた人だけ。なので、全部ある jugon は当然、この門をくぐることはできません。でも、楼上は OK !

普段は上げられている山廊が覆う階段は、狭いしとっても急でちょっと怖い。でも、こういうのちょっと好き

棟高約 22m のこの大きな門の 2階部分には、地上から仰ぎ見るだけでは分からない別世界が広がっています。回廊から望む、洛南一帯の景色はなんだか清々しい。

広々とした楼上内部には、宝冠釈迦如来、月蓋長者、善財童子、十六羅漢が安置され、天井や柱には、明兆とその弟子による極彩色の鳥や龍が描かれ、その色合いは 600年の時を感じさせない鮮やかさ。

(コラージュ内の説明書は、クリックでコラージュを拡大、更に+マークで「三門」をクリックしていただくと読めます。)


↓ 東福寺 塔頭 「光明院」

光明院


一緒に行ったお友達が大好きで、京都へ行くと必ず立ち寄り
何十分も眺めているというお庭。



光明院


いつもより人が多かったそうですが、それでも夕方に近付くと、
私達の他は一組二組。
たいそう静かになり、侘しい雰囲気が良い感じでした。


先日の記事から、ここまでの東福寺内での拝観の順番は、前後しています。
実際は、「方丈」→「即宗院」→ 「三門」→「正覚庵」→ 「光明院」



↓ この日の夕食

じろく亭


京阪で三条駅まで行き、高瀬川沿いを歩きながら夕食のお店を物色。

途中、何軒かを候補にしていましたが、
歩き疲れた辺りで見つけた居酒屋 "じろく亭" さんへ。

銀杏だけが焼き過ぎで、カチカチだった以外は、
どれも美味しくて良いお店でした。


またまた長くてすみません。



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


お腹を空かしたニャーちゃんは「ニャーニャーニャー」の甘えっ子。
何にも持ってなくて、ごめんね。
(猫を写した場所と記事は関係がありません)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 22:19|この記事のURLComments(17)

2020年12月15日

泉涌寺、東福寺塔頭

泉涌寺



11月の中旬、お友達と京都へ行きました。

京都は好きな都市で、多い年には年に何度とか行っていたのに、最近は、もうず〜っとご無沙汰。
名古屋から京都へは、今は "のぞみ" だったら 40分かかりません。
そんなに近いのに・・・理由は、海外の人(特に、近隣諸国の方) が多くなり、雰囲気が変わってる気がしてたから。

そういう意味では、今年は静かな "秋の京都" になりそう、というので、 8月くらいに名古屋のお友達と「京都行く〜?」なんて話しが出ていて、その後、「私、行くことにしたけど jugon 乗る?」という LINE が。

それはもう!(^^)
日程を合わせていただいて、行くことに・・・そしたら、Go To が始まって、渡りに船(!?)


泉涌寺


京都、主だったところは何度も行っているのに、行っていない地域も多々。それに昔過ぎて忘れているところも多いし(^^;;

「どこ行く〜?」で、jugon は、超有名なのになぜか行ったことのない "苔寺"(西芳寺) には行きたいと。
いつからか "西芳寺" は事前申し込み制になっていて、往復葉書に拝観希望日を記載して送るとお返事が来るシステム。
良く分りませんが、この時期だからかそれが普通なのか、1ヶ月少し前くらいにお願いしたら希望通りの日にちで拝観可能とのお返事が来ました。

それは最終日のお楽しみということで、初日は、お友達が京都へ行くと必ず参拝するという「東福寺」に行こうということになりました。
「東福寺」この頃、人気ですが、ずず〜〜っと昔、行ったことがあるようなないような・・・記憶が正しければ、全然静かで余り人がいないお寺だった記憶。

それはさて置いて、その前に、二人とも行ったことのない「泉涌寺」が近いので、そちらへ。

で、↑ の写真は全部、皇室の菩提寺である「御寺 泉涌寺」
とても大きなお寺で、"御座所庭園" と呼ばれるお庭も美しく、写真の左下は "楊貴妃観音堂"


↓ "自分の空"

雲龍院


辛い気持ちになった時とか、嫌なことがあった時、自分の中に「心地良い場所」を持っていたら、いつでも「そこ」へ行くことができ、そういった気持ちをクリアにすることができますよね?
この "自分の空" を見て、ここもそういう場所だな〜と思いました。
この日が "青空" だったので余計にそう思ったのかも(^^)


↓ 「雲龍院」

雲龍院


「真言宗 泉涌寺派 別格本山 雲龍院」には、見どころがたくさん。
お寺なのに「見どころ」という表現が良いかどうかは分かりませんが、"蓮華の間" の障子には四角い窓があり、お庭の景色が綺麗でした。"悟りの窓" も良い雰囲気。
真っ黒な「走り大黒天」は、わらじを履いていて、ユニークです。
そして、御朱印の文字がとてもとてもお上手で、感動しました。
(写真にある丸いのが "悟りの窓"、石灯籠は「霊明殿」のもの)


臥雲山 即宗院


お友達は、前々から死後のことを考えていて、自分は樹木葬が良いと言うのでそういう場所を探しています。
それで、彼女の好きな「東福寺」の塔頭である「即宗院」と「正覚庵」の樹木葬の場所を jugon も一緒に見せていただきました。


東福寺塔頭


どちらかと言えば、「正覚庵」の雰囲気が良いように思いましたが、どちらも紅葉が本当に美しく、静かな良いお寺です。


正覚庵



塔頭(たっちゅう) は、禅宗寺院で、祖師や門徒高僧の死後その弟子が師の徳を慕い、大寺・名刹に寄り添って建てた塔(多くは祖師や高僧の墓塔) や庵などの小院。門徒らによって立ち並ぶ塔の中でも首座に置かれたこと、あるいは、門徒らが塔のほとり(=「頭」) で守ったことから塔頭と呼ばれたなどの説がある。wiki より


長くなりますので、今日はこの辺で。


今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


ススキの向こうのシロクロちゃん、
この後、徐に立ち上がり、ダッと走り出しました〜。
(猫を写した場所と記事は関係がありません)



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:11|この記事のURLComments(18)