フルーツを使ったお料理

2021年02月22日

金柑風味の真鯛のカルパッチョ

カルパッチョ



実家の "金柑" 、今年は裏年でしょうか、余り実っていません。
代りに、去年 10個くらいしか実らなかった柚子は大豊作。

その数少ない金柑ですが、色付くのを待っていて、先月摘んできました。


↑ "金柑風味の真鯛のカルパッチョ"
レシピ ↓



カルパッチョ


植わっている場所の日当たりが余り良くないので、とっても小粒です。
なので、果肉がほとんどなく種ばっかりの感じ。
種を取ったら穴が空いちゃった(^^;;


それでも、真鯛に金柑の良い香りが移って、美味しくできました♬



** "金柑風味の真鯛のカルパッチョ" の作り方 **

<材料>(2人分)

・真鯛の柵 : 1枚
・金柑: 10個程度
・春菊: 適量
・お塩: 少々
・胡椒: 少々
・EV オリーヴ・オイル: 適量

<作り方>

真鯛は削ぎ切りにする。
金柑は洗って、2mmくらいの輪切り。
金柑の上に真鯛を置いて、お塩と胡椒をして、オリーヴ・オイルをかける、を何度か繰り返したら数時間から半日置く。(一度の場合は、金柑を真鯛の上下に置く。)
春菊は、なるべく芽の部分と柔らかい葉を選んでお皿に並べる。
お皿にい鮹屬い董↓の真鯛と金柑を適当に置く。
の器に残ったオイルをかけ、足らないようなら、新たにお塩、胡椒、オリーヴ・オイルをかける。

注)
・ 写真の春菊以外のグリーンは、セロリです。余っていたので置きました。



↓ "金柑のコンポート"

金柑のコンポート




金柑のコンポート



チーズは、コンテ と ゴルゴンゾーラのピカンテ。
フィグ・ログや糠漬けのりんごと一緒に。

今回のフィグ・ログは市販品。
りんごの糠漬けは、ちょっと浅漬け過ぎましたので、再挑戦予定(^^)



またまたワンちゃん♪

わんこ


猫ちゃん探しの途中に時々出会うワンちゃんです。



ご訪問、ありがとうございます。↓ のランキングに参加しています
クリックで応援、よろしくお願いいたします


クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2021年02月06日

甘平のソース

甘平ソース


日が経つのは早いです。

ちょっとノンビリしているとすぐ 1週間くらい過ぎています・・・何してたんでしょうね〜?


お友達の pockyさんから愛媛県の「甘平」という柑橘を頂戴しました。
「甘平」ご存じの方も多いかも知れませんが、jugon は見るのも聞くのも初めて。 柑橘類って本当に種類が豊富ですね?

普通のお蜜柑をでっかくしたような、外皮の厚みも中身もそっくり。ただ、中の薄皮がすごく薄くてと〜っても甘い。

ググってみたら、愛媛県だけで栽培されている品種で、果汁たっぷりで爽やかな香りを持つ「西の香」に、濃厚な果汁と薄皮の小袋が特徴の「ポンカン」を掛け合わせたものだそうです。
特徴がちゃんと生かされてできた「甘平」 交配って凄い!



甘平ソース



ナントカの一つ覚え・・・ジャムにしてまたお肉のソースに

白ワインで煮て、出来上がり少し前に加えたリキュールは、アマレット。



↓ いつものサラダにも

甘平


果肉が菊のお花ようです(^^)



甘平コンフィチュール


写真を撮り忘れて、左の瓶は、ソースの分が減っています

ジャムにしたのは 2個くらいかな。ヨーグルトにトッピングしたり。
後は、もう一人の人が「美味しい、美味しい」と一気に 2個とか行っちゃったりして、あっと言う間。

pockyさん、「甘平」美味しくいただきました。ありがとうございました



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


とっても寒そうにしてるニャーちゃんですが、
今日はポカポカで良かったね〜。

横浜は最高気温予想 14℃。明日は 17℃とか。





ご訪問、ありがとうございます。↓ のランキングに参加しています
クリックで応援、よろしくお願いいたします

クリックしてニャ〜!

バナー2


クリックしてニャ〜!



jugon1911 at 13:40|この記事のURLComments(18)

2020年12月03日

柿のソース と 安納芋

柿のソース


今年もとうとう "師走" に突入。
今は静かに流れている時間ですが、後半へ向けてどんどんスピードを増し、
気が付くと年末ですね〜、きっと

今月もどうぞよろしくお願いいたします


↑ "柿のソース 2020"

何年か前まで、余り好きじゃない果物の筆頭は、柿でした。
でも、この頃はとても美味しいと思うようになり、
良く作る前菜 アボカド+モッツアレッラにその時々の果物 で
今のシーズンは柿がよく登場します。
因みに味付けは、塩・胡椒、オリーヴ・オイル、バルサミコ酢です。

この日、豚のロースに合わせたソースには、柿とセイジを使いました。
去年、作った "柿のソース" は、 こちら です。



柿のソース


柿は 1cm角くらいにカットして、レモン汁とグラニュー糖を振りかけ、白ワインを加えて、少し形が残る程度まで煮ます。
そこにブランディを足してアルコール分を飛ばし、塩・胡椒。
お味を決めたら、最後にバター。

セイジは、オリーヴ・オイルに香りを移し、取り出しておいて飾りにします。

お肉は、作る直前に塩・胡椒して、強力粉をはたき、セイジの香りを移したオリーヴ・オイルで焼きます。


↓ "サツマイモの塩キャラメルスティック"

サツマイモの塩キャラメル



"異邦人の食卓" のタヌ子さんが紹介してくださった "サツマイモの塩キャラメル スティック" を早速作ってみました。
ホントに …って失礼ですが… 塩キャラメルのお味がして、とっても美味しい♪

タヌ子さんがお使いになっていたサツマイモは、安納芋。
jugon の家にあったのは、お知り合いからいただいたもので、品種は何だろう?と思っていましたが、Net 検索したら偶然安納芋でした〜!

自分の記録として、
サツマイモ(30g) をバターで少し焦げ目が付くくらいまで炒めたら、フライパンに場所を作ってお砂糖(T3) と牛乳(T2) を混ぜて、サツマイモに絡め、お塩をほんの少し足す。


タヌ子さんが紹介してくださったレシピでは、最初にサツマイモをレンジにかけるとありましたが、忘れて最初からバターで炒めてしまい「キャッ!どうしよう」でしたが、全然問題なく柔らかくなったので結果オーライ(^^)

タヌ子さんの記事は こちら です。

タヌ子さん、美味しいレシピをお教えくださり、ありがとうございました



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


こんなお顔してますが、とっても甘えん坊で、ニャーニャー言いながら足元に纏わりついて来ていたんですよ(^^)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:00|この記事のURLComments(25)

2020年09月06日

ヨーグルトのスープ

いちじく


実家からただいま(^^)
予定を遥かにオーバーして、とうとう 2週間。
名古屋の猛烈な暑さの中、父の施設探しをしていました。

コロナ禍で、施設内の雰囲気や介護してくださる方々の様子など、普通だったら数回訪問すれば何気なく分かることが分からず、父が毎日かけてくる電話で聞く程度。
施設長さんはとても良い方ですし、リハビリもしてくださり、クリニックが併設されていて 24時間看護師介護職員常駐で、お昼間は介護の方も 2.5人に 1人とまぁ手厚い方。
懸案の IVH(中心静脈栄養) も外せて、お食事も美味しいそうなので、良い施設に入居できて良かったと思っていたのも束の間。
お食事やお風呂、リハビリの時以外はほとんどベッド、それなのにナースコールを余りしてはいけないとか、差し入れを持って行っても、父の口に入っているのかどうか疑わしい。そして、最も大きな問題は、ここには書きませんが、介護職員の若い男性に普通では考えられない人がいるということ。

現場と事務の雰囲気が明らかに違います。
父のいるフロアには、父のように携帯で外部と連絡を取る方がいらっしゃらないのだそうです。
問題点を施設長にお話しして、改善してくださるということでしたが、のらりくらり。
待っているより移った方が早いので、探すことにしました。
でも、本当に難しい。いろいろが良くても遠かったり空室がなかったり、入居金と言われる費用が高かったり。今の施設に入る時にも初期費用がかかり、すでに償却されているので、そういうものがない所が良いし、月々だって限度があります。
最終的に 4つに絞りましたが、私達の望む条件をある程度クリアして今すぐ入居できるところは一つのみ。でもそこは余り綺麗じゃなく、多分父は嫌がるだろうな〜と。
取り敢えず、空いている施設に入居して、条件の合うところが空くのを待つという選択肢もあるのですが、それもまた短期間での転居になりますので、条件に合い、ここならと思う施設が空くのを待つことにして、帰ってきました。
名古屋市内の施設現況がお知りになりたい方はご連絡ください(^^)


前置きが長過ぎて本題を忘れそうですが・・・


↑ "無花果のヨーグルト・スープ"

ちょっと辛味があってエスニックなヨーグルトのスープ。

カレー(写真はありません) に合わせましたが、ナイス・コンビネーションでとっても美味しくてちょっとクセになりそう。

こちらは、Mchappykun2 さん に教えていただきました。
いつもありがとうございます🎶


↓ 桃ver. も作りました。

桃



教えていただいたレシピでは、カイエンヌペッパーをお使いでしたが、無かったので七味唐辛子(?!) を入れました(^^;;
黄色いのは、レモン・ピール。それで、ほんのり苦みもプラス。


簡単レシピ:
プレーンヨーグルトに水(ヨーグルトの1/8の量) を加え泡立て器でかき混ぜ、塩、クミン・シード、唐辛子、レモン・ピールを加える。



今日のニャーちゃんたち♪


あんよビュン


じゃれじゃれニャーちゃんたちは、兄弟みたい。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 15:10|この記事のURLComments(22)

2020年02月06日

金柑とセイジのソース

金柑とセイジのソース


ちょっと遅くなりましたが、ただいま〜♪

暖冬のこの冬、立春(2/4) になったら本当に暖かくて、こんなんでいいのかな〜? で、今日から寒くなるとの予報でしたが、朝はとても冷たかったもののお昼間になったらそれ程でもなく・・・。
寒くないのは良いけれど、冬ですからキリリとした冷たい日がもう少しないと、それはそれでちょっと不安。

新型コロナウィルスもどんどん広がっていて、このウィルスは今後は「新型」ではなく、この世に存在し続けるとか。 早期の治療薬の発見が待たれます。


↑ 実家で摘んだ金柑で作ったソース


種ごとミキサーしたソースにセイジの香りを移して、
コンポートを合わせました。

去年作った "きんかんソース" は こちらこちら です。


↓ 金柑のコンポート

金柑煮


上のお肉に合わせたのとは作った時が違うので、
見かけがちょっと違います。

こちらはパクパク食べちゃった(^^)
甘くて酸っぱくって、少し残った苦みがこれまた美味しい🎶



金柑煮


実家の庭にある柚子と金柑、
柚子の木には、いつもは100個くらい …もっとかも… 実るのに
今年は10数個だけ・・・どうしたのかな?

それに比べて、金柑は豊作。
行く度に摘んで、ジャムやコンポートにしました。
もう後は鳥さんにあげます。


** "金柑のコンポート" の作り方 **

<材料>

・ 金柑 : 120g
・ お水: ひたひた程度
・ 白ワイン: 100ccくらい
・ レモン汁: 大さじ2 弱
・ グラニュー糖:85g
・ お醤油:小さじ2


<作り方>
金柑は洗ってヘタの部分を取り除き (摘んでから 3日以上過ぎた方が取りやすい)、果肉の部分に適当に何本か切り目を入れる。
お鍋にお水と一緒に入れて、沸騰したら中火にして 15〜20分くらい煮ながら灰汁を取る。
一度火からおろして、竹串などを利用して中の種を取り除く。
△亮兔舛貿鬟Εンを足して、グラニュー糖とレモン汁も加えて再度 10〜20分くらい煮る。
煮汁が半分くらいになったらお醤油を加えてひと煮たち。煮沸処理した瓶などに入れて保存する。

ジャムの場合は、
△慮紂白ワインを加えながらミキサーにかけて種が果肉と混ざるくらいまで攪拌したらお鍋に移し、グラニュー糖とレモン汁を加えて煮て、アルコール分を飛ばす。



今日のニャーちゃん♪


にゃんこ


黄色の水仙が冠みたいだね(^^)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 16:37|この記事のURLComments(25)

2019年11月14日

柿のソース 2019

柿のソース


たま〜に雨は降るものの降ってもほんの少しで、
晩秋の良いお天気の日が続いています。
一日一日の気温変化が激しいので、
みなさま体調管理を怠らないようになさってください。



↑ "柿のソース 2019"

果物のソースと言えば、いつもジャムのように煮てから
作ることが多いけれど、
こちらは、フレッシュのままの柿で作ったソースです。


柿のソース


ダイスにカットした柿とバジルに
オリーヴ・オイル、塩、胡椒、レモン汁少々。
それにレモンのゼストを混ぜました。

出来上がりにもレモンのゼストを振りかけて。
温かいお肉に冷たいソースですが、気になりません。



今日のオマケ🎶

Mt.Fuji 2019.11.12


一昨日(11/12) に見えた富士山。

この頃、毎日見えていて、
数日前までの雪は上の方の写真に写っている濃い部分まででしたが、
今週の初めくらいにこの辺りまで降り積もってきました。


Mt.Fuji 2019.11.12


丹沢の山々には、まだ雪はないように見えますね。



今日のニャーちゃん♪


にゃんこ


ゴロンしててもあっちがとっても気ににゃるニャ〜




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 17:26|この記事のURLComments(15)

2019年07月10日

チェリーのソース

コンポートのソース



話題がずれる今日この頃(^^)
もう 2週間くらい前のことですが


"さくらんぼのコンポート" でお肉のソースを作りました。
ったって、ほぼそのまま(^^)

お肉の焼き汁とバターを足したくらい。


↓ アイスクリームのソースにもしました

Cherry Comport


アイスクリームに載せるとキルシュの香りが引き立ちます。



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


薄目開けてる、
地面に敷かれた石との色合いがシックなニャーちゃんでした。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 10:02|この記事のURLComments(12)

2019年03月19日

文旦

文旦ソース


今年も高知から "文旦" を送っていただきました。
もうなくなっちゃいましたが、そのままは勿論ですが、
ジャムにしたりソースにしたり、サラダにも大活躍。

↑ のとは別に、コリアンダー・シードとシナモンを入れたのも
作ってみたのですけれど、それも美味しかったです。


今年のジャムには、セイジの香りを足しました。
瓶の底にチラリと写っているのは、ベランダから調達したセイジの葉っぱ。


↓ サラダ

文旦と空豆のサラダ


本当に良く作る "果物+アボカド+モッツアレッラ のサラダ"

この日の果物は、文旦です。
後は、そら豆 と なんちゃってリコッタ。
これにナッツ類を加えたりもして。
味付けは、塩、胡椒、バルサミコとオリーヴ・オイル。


Clarendelle 2017, Clarence Dillon Wines





ワインはボルドーの "Clarendelle 2017"

ソーヴィニヨン・ブラン主体ですが、セミヨンが入っているので、口当たりが良く爽やかです。

ドメーヌ・クラレンス・ディロンは、シャトー・オー・ブリオンなどボルドーを代表する白の造り手。










今日のニャーちゃん♪

追っかけニャンコ


何かを追っかけるのに夢中。


今週は、実家です。
まだ暖房は手放せませんが、それでも随分暖かくなってきました。
油断してお風邪など召しませんようお気をつけてお過ごしください。
コメント欄は閉じさせていただいています。  jugon



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2019年03月11日

きんかんソース -2

金柑ソース-2


先月作った "きんかんソース" は種も皮も外してすり鉢で擦った(^^) ヤツだったけれど、今回のは全部Ver.

滑らかさと美味しさと栄養価でこちらに軍配。

この金柑は、実家の庭で収穫したもの。
少し日影にあるのとほったらかしなので、実も小さく数も余りなかった
(20個くらいかな) けれど、それなりに活躍してくれました。

白いのは牛乳とレモン汁で作った "なんちゃって リコッタ・チーズ"
散らしたゼストは、柚子で代用。全然OK。
この柚子も実家から調達したものです。


"きんかんソース 全部Ver." の簡単レシピ:

きんかんを半分にカットして、白ワインとレモン汁とお砂糖で煮る。
少し柔らかくなったら、お鍋の中全部をミキサーにかける。
この時、水分が少ないようなら白ワインでのばす。
滑らかになったら、お鍋に戻して再び過熱しながらブランデーと蜂蜜を足す。お味をみながら、更に煮る。出来上がり直前にバターを溶かす。

ついでに "なんちゃって リコッタ・チーズ" の作り方もネ!

乳脂肪分 4.0%以上の牛乳にレモン汁を加えて加熱。暫くすると白いふわふわのものが乳清と分離するので、それをキッチン・ペーパーなどで濾して、冷ます。


↓ そろそろ牡蠣のシーズンが過ぎますね。

牡蠣のマスタード・ソース


大好きなメニューなので、よく作ります。



今日のニャーちゃん♪

泣き虫にゃんにゃん


「ご飯ちょ〜だい」
でずっとニャーニャーニャーのニャーちゃん(^^)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 23:50|この記事のURLComments(12)

2019年01月28日

りんごのソースとサラダ・ケール

りんごのソース


この頃、何度かりんごでソースを作っています。
ソースにするりんごは何がベストなんだろう? と思いながら、ジョナゴールドは紅玉の親戚だから煮るのに良いかな〜と、今回はジョナで作りました。
皮も一緒に煮ると色がとっても綺麗。

簡単レシピ:
二人分でりんご 1/2
適当にカットしたりんごをお鍋に入れて、レモン汁とお砂糖と白ワインでりんごが柔らかくなるまで灰汁を取りながら煮ます(約 10分)
りんごを潰して、煮汁が少な過ぎたら白ワインを足して更に少し煮て、出来上がり直前にバターを加える。

グリーンは、ベランダにあるフェンネル。



ケール


上のはポークですが、こちらはチキン。
甘酸っぱいソースは、鳥系に良く合うはずですが、りんごの場合は
チキンよりポークの方が美味しい。

マッシュルームと一緒にガルニチュールにしたのは、"サラダ・ケール"
サラダ用のケールを見つけて即買い。
ちょっと苦くてパサつくけど、体に良いと思うと余り気にならない(^^)


↓ ケール主体のサラダ

ケールのサラダ


↓ ついで

Tapas


バジルでマリネしたポークだそうです。
レンチンするだけなので簡単、
そして当然ですが市販品のお味・・・リピート微妙。
でも、このシリーズ、他にもいろいろありました。



今日のニャーちゃん♪

日向ぼっこニャンコ


こんな風にしているニャーちゃんが好き(^^)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 00:00|この記事のURLComments(19)