パン

2017年05月10日

ラム・チョップの赤ワイン煮

ラムチョップの赤ワイン煮



今朝は、なんだか早々と雨の季節になったような空気感。
若葉の出てきた植物たちがニコニコしてる気がします(^^)


↑ Net で買った冷凍ラム・チョップ。
トマトのソースにするつもりで作り始めたのに、焼いた後、ちょっと煮てみようかな〜、と余っていた赤ワインをドバドバしたら、色が・・・。
それで、赤ワイン煮に変更(^^)

焼いて、炒めた玉ねぎと煮込んだだけ。

付け合わせたじゃがいもと枝豆は、↓ のフォカッチャに使った残りです(^^;


↓ マイクロ・コスモス トレンドのフォカッチャ

フォカッチャ


"黒豆の枝豆とタイム" "ジャガイモとローズマリー" の 2種類。

黒豆の枝豆は、自然さんにいただいたのを茹でて冷凍してあったものです。
彩りに少しずつ大切に使っていますが、残り僅か。
なのに、余らせて・・・


フォカッチャ


枝豆の方、少々焼き過ぎでやや固め、でもお味はOK。
生地が少しグレーっぽいのは、ライ麦の全粉粒を 1/4 入れてみたから。



Grant Burge, Hillcot, Barossa, Merlot 2014




ワインは、オーストラリア、バロッサ・ヴァレイのメルロー。
"Grant Burge, Hillcot, Barossa Merlot 2014"

冷涼な地域にある樹齢 20年以上の葡萄から造られているそうです。
チョコレートやスパイス、樽から来るバニラっぽさ、こなれたタンニン。
微妙な価格帯(3,000円) ですが外れていません(^^)









今日のニャーちゃん♪

クロちゃん


ちょっとお休み中のクロちゃんに声をかけたら、
振り向いてくれましたよ(^^)


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2017年05月01日

フォカッチャ

フォカッチャ


お花は次々と開花し、気持ちの良いお天気が続く風薫る 5月になりました。
今年のGW、みなさまはどのようにお過ごしですか?
今月もどうぞよろしくお願いいたします。


↑ こねないで作ったパン "フォカッチャ・ローズマリー"
レシピ ↓


先日 "こねないパン" で "チャバタ" をUPしましたが、今日はオリーヴ・オイルをいっぱい使った "フォカッチャ" です。

発酵時間が長かったからかな? 焼き上がりがふっくら(^^)


フォカッチャ


こちらは "フォカッチャ・タイム"

秋から冬へちょっとしょぼくれだったタイム、またダメかな〜とほぼ諦めていたら、4月になって新芽が出てとても元気・・・嬉しい!
いっぱい使わなくっちゃ(^^)


焼く前



↓ "カチョカヴァッロとセロリのオレンジ煮"

カチョカヴァッロとセロリのオレンジ煮


元気なタイムを使って、早速セロリのオレンジ煮を作りました。
合わせたチーズは、この前、父と妹と 3人でドライヴした時に寄った岐阜県ひるがの高原の "たかすファーマーズ" のカチョカヴァッロ。
こんがり焼いた美味しいカチョカヴァッロに甘酸っぱいセロリ、止まりませ〜ん。

レシピ
セロリのオレンジ煮セロリのデコポン煮


** "こねない Focaccia" の作り方 **
真藤 舞衣子著 "NO KONEAD BREAD" より

<材料>
・ 準強力粉: 200g
・ お塩: 4g
・ お砂糖 : 2.5g
・ ドライイースト: 2g
・ 40℃のお湯: 150cc
・ オリーヴ・オイル: 適量
・ 粗塩: 少々
・ 打ち粉用の準強力粉: 適量
・ ローズマリー: 数枝
・ タイム: 適量


<作り方>
ボールにお粉、お塩、お砂糖、ドライ・イーストを入れてよく混ぜたら、お湯とオリーヴ・オイル(15cc) を少しずつ加えながら混ぜ合わせ、ラップをして 10分休ませる。
ボールと生地の間にシリコンべらを差し込んで生地をすくい上げて伸ばし、ボールを回しながら生地を少しずつ中心に落として重ねていく。それを 3〜4回繰り返したら、ラップをして10分休ませる。
更に、 3〜4回折りたたんでラップをして、常温に30分〜 1時間置いて生地が 2倍に膨らむまで発酵させる。
ボールと生地の間に準強力粉をふり、カードをボールに沿って一周させる。
打ち粉を振ったオーヴン・シートの上でボールを逆さにして、生地が自然に落ちるのを待つ。
気泡を潰さないよう気を付け乍ら生地の厚さを均一にし、20x20(cm) の大きさにしたら、上下を 1/3ずつ中央に向かって折り畳み、左右も 1/3ずつ折り畳んで合わせ目を閉じる。打ち粉を振り、上下を返し厚みを均一にする。
オーヴンを、210℃に予熱。
オーヴン用のシートを敷きなおし打ち粉を振って イ寮乎呂鮹屬、更に打ち粉を振り、2等分する。
2等分した生地にオリーヴ・オイルをかけ、粗塩 (jugon は "Fruits de Mer de Guerande" を使いました) を振り、生地全体に指で穴を空ける。
オーヴン用シートのまま天板へ移してオーヴンへ入れて 20分焼く。
焼けたら、熱いうちにオリーヴ・オイルを塗り、一方にローズマリー、もう一方にタイムを飾る。


今日はワンワン♪

瀬戸のワンワン


先日の瀬戸で出会ったビーグルちゃん。
まだ 1才半くらいだけど、お散歩大嫌い。
で、いつもママにだっこですって(^^)



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2017年04月17日

こねないパン

モリビエとディル


桜の花びらが、強い風で一気に散るさまには息を吞みますが、
ヒラヒラと風に舞う様子は、のどかで春らしいですね。
少しずつガクだけになり、葉が見え始め、季節が移っていきます。


↑ こねないで作った "チャバタ" (Ciabatta) にモルビエとディルを挟んで。

繊細さに欠ける挟み方で、すみません(^^;


Morbier


モルビエ(Morbier) は、スイスとの国境に近いフランシュ・コンテ地方の “モルビエの谷” で作られるチーズです。この地方は、有名な "コンテ" の産地で、コンテを作った後に余った凝乳(カード) を使って造られていたものが "モルビエ" の始まり。
真ん中の黒い線は、一日目のカードが傷まないように置いた煤の名残りで、今はこれがモリビエの特徴になっています。


パン


ホームベーカリーを持っていないので、こねるのが面倒だったパンでしたが、ボールの中で混ぜるだけ。後は冷蔵庫で発酵させて焼くだけ・・・フラリと寄った本屋さんでそんなとても簡単にできるパンの作り方を見つけました。

** "こねない Ciabatta" の作り方 **
真藤 舞衣子著 "NO KONEAD BREAD" より

<材料>
・ 準強力粉: 200g
・ お塩: 4g
・ お砂糖 : 5g
・ ドライイースト: 1g
・ お水: 170cc
・ 打ち粉用の準強力粉: 適量


<作り方>
ボールにお水以外を入れてよく混ぜたら、お水を少しずつ加えながら混ぜ合わせ、ラップをして 10分休ませる。
ボールと生地の間にシリコンべらを差し込んで生地をすくい上げて伸ばし、ボールを回しながら生地を少しずつ中心に落として重ねていく。それを 3〜4回繰り返して、ツヤがでてきたら、ラップをして冷蔵庫に約 8時間置いて発酵させる。
ボールと生地の間に準強力粉をふり、カードをボールに沿って一周させる。
打ち粉を振ったオーヴン・シートの上でボールを逆さにして、生地が自然に落ちるのを待つ。
気泡を潰さないよう気を付け乍ら生地の厚さを均一にし、20x20(cm) の大きさにしたら、上下を 1/3ずつ中央に向かって折り畳み、左右も 1/3ずつ折り畳んで合わせ目を閉じる。打ち粉を振り、上下を返し厚みを均一にする。
天板とお湯を入れたバットをオーヴンに入れて、250℃に予熱。
オーヴン用のシートを敷きなおし打ち粉を振って イ寮乎呂鮹屬、更に打ち粉を振り、4等分する。
4等分した生地の上にナイフで切り目を入れ、オーヴン用シートのまま天板へ移してオーヴンへ入れたら、オーヴンの庫内の側面へ向かってお水を霧吹きで 4〜5回吹き付け (蒸気を入れることで生地の乾燥を防いで伸びをよくするため) 20分焼く。


↓ オマケ🎶

モッコウバラ


黄色と白のモッコウバラ、それに土筆。
黄色のモッコウバラと土筆は、2週間ほど前、白いのは土曜日(4/15) に写しました。


今日のニャーちゃんたち♪

2ニャン


親子かな、兄弟かな〜、のとっても良く似た 2匹の近くには、つつじがもう咲いていました。
ツルニチニチソウも今が盛りですね。


お知らせ
今週は実家週間。
とても良い季節、ハンガリーからお友達夫妻が帰っていらしているので、ちょっと父にお暇をもらって、また楽しい時間が持てそうです。
みなさまも良い日々をお過ごしくださいませ。  jugon



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年05月13日

パン・オ・フリュイセック

パン・オ・フリュイセック


パティシエールのお友達にパン作りを教えていただいています。

これが 2回目。"パン・オ・フリュイセック" は、ドライ・フルーツ入りのパン。
入っているフルーツは、レーズン、オレンジ・ピール、無花果。ナッツはくるみ。
上のコロコロしたパートゥ・グラニテの甘さに存在感があります。その甘さ故、ワインに合うような合わないような・・・(^^)


パン・オ・フリュイセック


↓ 軽いランチを用意してくださいました。

クラムチャウダー


UP する時期が遅くなってしまいましたが、丁度桜が散った頃。
テーブル・セティシングも桜でした。

と〜っても大きなあさりの入った温かいクラム・チャウダーが美味しい♪

次回 6月は、パンではありませんが、待望の "トリアノン" に挑戦。


今日のニャーちゃん♪

あくびちゃん


左上 から徐々に始まって 右。 あくびの頂点はちょっと怖いお顔になりますね。そして 下。"フゥー" という声が聞こえそう(^^) あくびの最後は、舌をペロリ。ネコちゃんのあくびも見てると移りますよね〜?


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2015年02月02日

パン・ド・カンパーニュ作り

パン・ド・カンパーニュ


あっと言う間に 1ヶ月が過ぎて、もう 2月。明日は節分です。
運勢は節分が節目だそうですから、素敵な運が巡ってきますように!

今月もどうぞよろしくお願いいたします♪


↑ パティシエールのお友達に "パン・ド・カンパーニュ" を教えていただきました。
jugon が、ナッツやドライ・フルーツも入れたいと言ったので、くるみとレーズン入り。自分で焼くとしっかりしてしまいますが、中はふっわふわ外はカリっの美味しいカンパーニュが焼けました。


パン作り


お粉は強力粉の "はるゆたか" とふすまがいっぱいのライ麦粉。
パンについたあのラインは、このシンペル型で付くのね〜、とか、クープはこんな剃刀で付けると綺麗になるのね、とか・・・いろいろお勉強になりました。 小さいのは試食用。こういう小さいのをたくさん焼いても可愛いですね。

で、今まで上手に焼けなかった原因は、やっぱり発酵にあったことが分かりました。


Table


お友達のお家のお正月仕様のテーブル・セッティング。
縮緬のお菓子がたくさん入っていましたよ。


今日のニャーちゃん♪

箱入りニャンコ


☆ 箱入りニャンコ ☆

お知らせ
2月早々ですが、今日から実家へ行きます。
寒さ厳しき折、みなさまお体ご自愛くださいね。
コメント欄は閉じさせていただいています。



今日もいらしてくださってありがとうございます。
"飛び出せ Kitchen ♪" は、二つのブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 10:00|この記事のURL

2014年12月12日

カイザー・サンド

カイザー・サンドとクラムチャウダー


この頃、時々パンを焼きます。

今のところ、作るのは 2種類だけ。ドライ・フルーツや胡椒を入れたのとこのカイザー。
カイザーには、白の炒り胡麻と緑のケシの実を付けて。

作る度に失敗したところに気を付けてはいるのですが、まだまだ上手にできません。


カイザー


フランスパン用の準強力粉とライ麦粉で作っています。カイザー・スタンプがないので、溝がなんだかね〜、と膨らみが足りませんね〜。

その内上手にできるようになるでしょう!(^^)


Michelet Chablis 2012






フランス、ブルゴーニュ "Stephanie et Vincent Michelet 2012, Chablis"

柑橘系果実の香り、フレッシュ・フルーティーでミネラル感があり、↑ こんなランチにぴったり。










今日のニャーちゃん♪

のび〜


お爪も伸び〜〜!



今日もいらしてくださってありがとうございます。
"飛び出せ Kitchen ♪" は、二つのブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



今日も良い一日でありますように

jugon 留守のためコメント欄は閉じさせていただいています


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2014年09月09日

ドライ・フルーツのパン

ドライフルーツのパン


十五夜ではなく中秋の名月、ご覧になれましたか?
横浜は、空一面が雲に覆われていて全然でした・・・少し前から晴れてきたので今夜の満月は、見られるかも知れません。



↑ ライ麦を入れたドイツ風の生地にドライ・フルーツを入れたパンを焼いてみました。
ドイツでは、このように小麦粉が60〜80% で残りをライ麦にしたパンを "ヴァイツェンミッシュブロート"(Weizenmischbrot) と呼ぶそうです。


ドライフルーツのパン


カシスとマスカットのレーズン、それに胡桃と胡椒が入っています。


↓ ついでに久しぶりの大好きなフィグログ。

Figlog

もう何年か前に自分で作ったことがありますが、ものすごく粘り気があるのでブレンダーにくっつきまわりで大変でした

チーズは、ロックフォール。向こう側のドライ・フルーツは、パッションフルーツです。こちらも甘酸っぱくて美味しい♪



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ

こんにちは〜!


今日もいらしてくださってありがとうございます。
"飛び出せ Kitchen ♪" は、二つのブログランキングに参加しています。
クリックで応援していただけると嬉しいです。

クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



今日も良い一日でありますように