お野菜料理

2016年08月14日

きゅうりのジュレ

蟹とオクラのきゅうりジュレ


きゅうりを摩り下ろすとメロンのようなとっても良い香りがしますね。

春先から気になっていたきゅうりのジュースとジュレですが、
先だって行ったレストランでも出てきていて、やっとと言いますか
とうとう作りました(^^)


オリジナリティーに欠けますが、同じように蟹を使っちゃった〜!
レシピ ↓


蟹とオクラのきゅうりジュレ


きゅうりだけでは、色が濃すぎる気がして、白ワインとお水を
半々に加えて延ばしています。


Torres Gran Sangre de Tro 2014, Chardonnay

ワインはお料理にも使ったトーレスの "Gran Sangre de Tro 2014"

トーレスは、ず〜っと昔からのお馴染み。 若い頃はずっと、スペインと言えばトーレスでしたから、思い入れがある生産者で、コスパが良く、ハズレがないと信頼しています。
首のところにかかっている雄牛が目印。
この頃は、世界各地にワイナリーがあり、活躍が嬉しいです。


こちらのカタルーニャのシャルドネは、ハーブの香り、次第にトーストやバニラの香りへとつながり、爽やかさとコクを合わせ持ちます。






** "蟹とオクラのきゅうりジュレ" の作り方 **

<材料> (二人分)
・きゅうり : 3本
・蟹肉: 50g
・オクラ: 3〜4本
・白ワイン: 150cc
・お水: 150cc
・ゼラチン: 8g
・コンソメ: 少々
・お塩: 少々


<作り方>
きゅうりは摩り下ろす。ゼラチンをふやかす。
摩り下ろしたきゅうりは、濾してジュースだけを取り置く。
オクラはさっと湯通しする程度に加熱して、冷水に取り、幅 1mm くらいにカットする。
お水と白ワインを沸騰させてアルコール分を飛ばし、お出汁としてコンソメを極少量、お塩も少々入れてある程度冷ましたら、ふやかしたゼラチンを溶かす。
い冷めたら△里ゅうりのジュースの 3/4 量を足す。
器に蟹肉(それぞれ 15gくらい) を入れ、 を注いで、のオクラも入れて、冷蔵庫で冷やし固める。この時 イ鮠し残す。
別の容器に残りの蟹肉と残しておいたイ鯑れて冷蔵庫で冷やし固める。
Δ固まったら、崩したГ鮠って、 のきゅうりのジュースの残りを注ぐ。

注)
・ 口当たりが滑らかなように、ゼラチンの量は少な目です。



今日のニャーちゃん♪

白ちゃん


ゴロンゴロ〜ンが得意のシロちゃんです(^^)



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2016年03月09日

蓮根と椎茸のゴルゴンゾーラ焼き

ゴルゴンゾーラ



↑ 蓮根と椎茸にイタリアのブルー、ゴルゴンゾーラのピカンテを載せてオーヴンで焼きました。

蓮根は、先にフライパンで少し焼いていますが、それでもと〜っても簡単。

ワインが進む進む(^^) 白でも赤でも OK!

ブルーがお嫌いなら、パルミジャーノ・レッジャーノとかでも、美味しいです。



ゴルゴンゾーラ


↓ この日のもう一つの前菜

いわしのマリネ


"イワシのハーブ・マリネ"

簡単レシピ:
白ワインと白のワイン・ヴィネガーを 3:1 くらいで、マージョラム、タイム、ローズマリーなどのハーブに唐辛子 1本。全部一緒に加熱して、そのまま冷ましたら、3枚おろしをして皮を剥いだイワシを漬けて 1時間以上。


牡蠣フライ


もうそろそろ牡蠣のシーズンが終わりそうですが、メインは牡蠣フライ。
今年は 3回目くらいかな〜?
この日は、うっかりしていてあると思っていた生パン粉がなくて大慌て。
下ごしらえの途中からパン粉の到着を待ちました(^^)
でも、後で考えたらパンはあったので作っても良かったかな〜と。


Ch.Lafon-Rochet 2000, Saint-Estephe





ワインは、ボルドー、サン-テフテフの "シャトー・ラフォン・ロシェ 2000"
2000年はボルドーの優良年。

そんなには経年していませんが、酸いも甘いも噛分けた穏やかな熟女という感じでしょうか。












今日のニャーちゃん♪

灯篭とニャン


灯篭のところにチョコン。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年01月31日

ジャガイモとほうれん草のソテー

ジャガイモとほうれん草


いつも美味しそうなお料理がいっぱいの "やせっぽちソプラノのキッチン2" のMchappykun2さんのメニューから。

"ジャガイモとほうれん草のアンチョビ炒め"


ジャガイモとほうれん草


常備している調味料とお野菜で作れるのが、とても嬉しい。
冷蔵庫にあったエリンギもプラスして。

Mchappykun2さん、いつも素敵なメニューを教えてくださってありがとうございます♪ とても美味しくいただきました。


↓ ところで、このカプレーゼの上の粒粒は何だと思われますか?

粒粒バルサミコのカプレーゼ


粒状に作られたバルサミコ酢 ・・・ "Perle di Balsamico"

粒粒バルサミコ


お口の中でプチンプチン(^^)


Cheese


たまにはチーズもね!

左からボーフォール・シャレ・ダルパージュ、ラングル(フェルミエ)、ロックフォール(イヴ コンブ)。


Lamelle 2013, Il Borro






ワインは、白で トスカーナのイル・ボッロ。 "Lamelle 2013"

トロピカルで芳醇。 
胡椒などのスパイスの香り、ミネラル感により締まった印象。













今日のニャーちゃん♪

にゃんこライダー


フランスの "にゃんこライダー" 、シロクロちゃん通過でちょっと緊張?

妹が撮ったものです



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年12月17日

牡蠣のオイル漬け&豚バラ肉とお野菜煮

牡蠣のオイル漬け


お料理もたまには・・・

今年も、と言いたいところですが、先シーズンはとうとう作らないで終わってしまったので・・・今年は作りました〜 "牡蠣のオイル漬け"

とっても簡単で作り置きができるので重宝する一品です。
少しずつ牡蠣が大きくなってきたので、火を入れてもそれなりの大きさに出来上がりました。小さい牡蠣だと、ホント小さくなっちゃいますから。


牡蠣のオイル漬け


グリーンの中のスプラウトは、ブロッコリです。

ブロッコリのスプラウトには、スルフォラファンという抗酸化物質がブロッコリの20倍以上も含まれていて、抗酸化作用がおおきく、一回食べるとその効果が 3日持続するのだそう。
それってすごいですよね? 毎日じゃなくっていいって結構便利です(^^)


↓ この日のメインは、豚バラ肉とお野菜いろいろの白ワイン煮

豚バラ肉と野菜の白ワイン煮


重いので余り使わない STAUB のお鍋ですが、こういう煮込みの時にはとっても便利。 白ワインだけで煮込んで、出来上がりにお塩をパラパラっとしていただきました。 お塩は "Fruits de Mer" ・・・ "海の果実"
"塩の華"(Fleur de Sel) とも言いますね。

ワインは、トスカーナ "La Braccesca 2010, Vino Nobile di Montepulciano"
セパージュは、サンジョベーゼのクローン種ブルニョーロ・ジェンティーレが 90% と メルロ 10%。
赤系果実にややスパイスの香り。 ちょっと鉄っぽさ。酸はフレッシュ感あり。果実味とタンニンのバランス良好。


今日のニャーちゃん♪

草むらのニャンコ


なんとなく、草むらニャンコっぽくないな〜。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年09月05日

ピクルス

ピクルス


8月から涼しい日が続いたからか、これが普通なのに、
とっても暑い気がする今日この頃(^^)


それで、さっぱり美味しいピクルスを作りました〜♪
今回は、じゃがいものピクルスも、ネ!

シャキシャキでもないけれどモフモフでもない、微妙な火の入れ方に苦労したの〜と言いたいところですが、適当にしてみたら、まぁの出来上がり


ピクルス


いつものピクルスと違う点は、お砂糖は使っていません。マスタード・シードと白胡椒、そして、ハーブはローズマリー。
ふっと香るローズマリーが爽やかで、なんだかついつい手が伸びるテクスチャー。
お野菜のピクルスで余った人参も一緒に漬けました。


↓ いつものピクルスもね!

ピクルス


漬けたお野菜は、きゅうり、人参、セロリ、アスパラ、パプリカ 2色。


レシピ ** "じゃがいものピクルス" の作り方 **

ピクルス

<材料>
・じゃがいも(中): 2個
・人参: 1/2本
・米酢: 100cc
・白ワイン: 200cc
・マスタード・シード: 小さじ 1/2
・粒胡椒(白): 20粒程度
・お塩: 少々
・ローズマリー: 3枝

<作り方>
,犬磴いもは皮を剥いて、5mm にスライスしてお水に晒す。人参は乱切り。
∧騰したお湯にお塩を少々入れて、,鮓任瓩毎Г任襦
ホウロウかステンレスのお鍋に、米酢と白ワイン、マスタード・シード、粒胡椒、ローズマリー、お塩、を入れて沸騰させる。
きにじゃがいもと人参を入れて、一煮立ちさせたら、そのまま冷ます。
ゥ献奪廛蹈奪などの袋に入れて冷蔵庫で保存。

注)
・ 保存瓶に入れる場合は、煮沸消毒して、い熱い内に入れる。
・じゃがいもの固さは、い脳し長めに煮るとか早めに取り出すなど調節すると良いと思います。


レシピ ** "お野菜いろいろのピクルス" の作り方 **

ピクルス

<材料>
・きゅうり: 1本
・人参: 1/2本
・セロリ: 1本
・アスパラ(半分より上のみ): 5本
・パプリカ: 1/2個
・米酢: 200cc
・白ワイン: 100cc
・お水: 100cc
・お砂糖: 80〜100g
・粒胡椒(黒): 20粒程度
・鷹の爪(種は取り除く): 2本
・ローリエ: 2枚
・お塩: 少々

<作り方>
,野菜は洗って、適当な(2.5cm〜3cmくらい) 大きなにカット。
∧騰したお湯にお塩を少々入れて、,里野菜をさっと湯がいて、ざるなどに取っておく。
ホウロウかステンレスのお鍋に、米酢とお水、白ワイン、お砂糖、粒胡椒、鷹の爪、ローリエ、お塩、を入れて煮立ったら火を止める。
き△鉢が冷めたら、ジップロックなどの袋に入れて冷蔵庫で保存。

注)
・ 保存瓶に入れる場合は、煮沸消毒して、△里野菜が熱い内に入れて、冷めたを注ぐ。
・お砂糖は、溶かしながら、お好みの甘さにしてください。
・人参以外のお野菜は、さっと火を通す程度。 人参は、それよりやや長め、茹でる感覚で。
・辛いのが苦手でしたら、鷹の爪は小さいのを 1本に。


今日のニャーちゃん♪

お店番


お店番して「いい子だね〜」(^^)


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年08月17日

じゃがじゃがアサリ

IMG_2327


じゃがじゃがシリーズ、アサリ編。


IMG_2343



レシピ ** "じゃがじゃがアサリ" の作り方 **

<材料> 二人分
・じゃがいも (中): 2個
・アサリ: 30個
・バター: 10g
・白ワイン: 60cc
・バルサミコ酢: 20cc
・オリーヴ・オイル:適量
・塩・胡椒: 適量
・シブレット: 適量
・フェンネルの花: 適量

<作り方>
,犬磴いもは皮を剥いて拍子切りにする。お水には晒さない。
▲▲汽蠅麓鮠しか茹でるかして身を取り出す。
フライパンでオリーヴ・オイルを熱してじゃがいもを炒め、ある程度火が通ったら、塩・胡椒して、バター、アサリ、白ワインを入れてしばらく蒸し煮。
た緤がほとんどなくなったら、バルサミコ酢を加えてさっと混ぜ合わせ、味を整える。
ゾ口切りにしたシブレットを散らして、先の方は飾りにし、フェンネルのお花を散らす。



今日のニャーちゃん♪

IMG_0029


クロちゃんは日蔭にいてもまっ黒クロ



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2015年07月09日

焼き野菜、5色の岩塩

焼き野菜


来る日も来る日も雨、でも、しとしと静かに降る雨は、最近のインパクトのある雨と違い小さい頃から知っている "梅雨" らしさ。


↑ 野菜がいろいろ集まったので、ただ単に焼いただけのお野菜に
オリーヴ・オイルと岩塩をかけてシンプルにいただきました。


5色の岩塩


3億 8千万年前のヒマラヤの 5色の岩塩。
それぞれ少しだけお味に違いがあります。

お野菜は、夏野菜という訳でもなく、ただの寄せ集めの アスパラ、椎茸、いんげん、ブロッコリ、ごぼう、ズッキーニ、薩摩芋。


↓ 昨日のアフタヌーン・ティー

IMG_9736


とてもジューシーな美味しい桃、
まぁるくカットして、シャンパーニュに浮かべて・・・。
シャンパーニュ漬けの桃は豊潤さを増して更に美味しくなりましたよ。
グラスは 2個ですが、一人アフタヌーン・ティーでした〜。


今日のニャーちゃん♪

ぐっすりニャーちゃん


お店のカウンターでお昼寝中のニャーちゃんでした。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年06月05日

ハーブの香りのムール貝

ムール貝


随分、久しぶりに風邪を引いてしまいました。 7、8 年振りかしら。
先週、暑くて窓を開けたまま眠ったのがいけなかったようです。
みなさまもお気を付けください。


↑ 春から初夏は、あさりがとっても大きく美味しくなります。
潮干狩りも人気ですが、今年はあさりがなかなか居ないそうですね。

それは置いておいて、お魚屋さんによれば、今は、あさりだけではなく
二枚貝の美味しい季節。

そう言えば、ムール貝だって二枚貝です(^^)

この夜は、剪定してたくさんあったローズマリーの枝をポンポン入れて
ローズマリーの香りプンプンのムール貝の白ワイン蒸し。


ムール貝


↓ 前菜の一つは、アスパラガスのフランドル風。

アスパラガス・フランドル風


白身のカット


茹でた卵の白身をみじん切りにするのに使うのは、この赤いプラスチックの器具。
jugon がまだ小学生だった頃から使っています・・・あ、同じ種類のものってことですが・・・子供でもケガをすることなく、カーブのある器に入れた白身が綺麗にどんどん小さくなります。

簡単レシピ
茹で卵を黄身と白身に分け、黄身は溶かしたバターの中で潰します。塩分が足らなければお塩を少々。それがレンジしたり茹でたりしたアスパラガスのソースになります。白身は、みじんにカットして、そのままかけるとアスパラガスのグリーンと黄身のイエローが更に引き立ちます。


Guidalberto 2011,Tenuta San Guido, Toscana




ワインは、トスカーナ、"Guidalberto 2011, Tenuta San Guido"
カベルネ・ソーヴィニヨン 60%、メルロ 40%
早く飲めるサッシカイアというコンセプトで造られたワイン。

引き締まった酸、こなれたタンニン。
スパイシーさがあり果実味豊か。











今日のニャーちゃん♪

猫ちゃんの向こうは海


猫ちゃんの向こうには海が広がっています。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年06月03日

鶏もも肉のオレンジ・ソース

オレンジのソース


昨日は、九州も梅雨入り。本州も順次雨の季節になりますね
今年はゲリラ豪雨などの被害がない静かな梅雨であって欲しいです。


↑ ちょっと多めだったのに決着をつけてしまったソースに隠れて
鶏肉が見えませ〜ん
アスパラガスのオレンジ・ソースのよう(^^)


↓ アニス入りのオレンジのソースの作り方は、コンフィチュールとほぼ同じ。

オレンジのソース


簡単レシピ:
オレンジ 1個はジュースを絞り、もう 1個は皮を剥いて適当に小さくして、ジュースと白ワインでアクを取りながら煮ていきます。酸味が強そうならお砂糖か蜂蜜を少々・・・因みに jugon は、たくさんあるレモン酒で甘味を足しました。
アニスを 3個(1個でも良い)。 出来上がり少し前にバルサミコ酢を大さじ1。


プチ・トマトのソース

モッツアレッラを 2色のプチ・トマトのソースで。

バッカ(牛) なのでイマイチでしたが、グリーンはヤロウ。
トマトに混ぜたグリーンはセルフィーユ。
バジルを使わない・・・なかったからです(^^)
少し目先を変えたカプレーゼ風。


簡単レシピ:
トマトのソースは、半分にカットしたプチ・トマトにお塩を振りかけて
暫く置いて、EVオリーヴ・オイルを混ぜます。バジルがあれば、小さくちぎって加えます。

↓ もう一つは、ズッキーニ・ジェノベーゼ。

ズッキーニ・ジェノベーゼ

これ、大好き♪


JEANLEON 3055, Chardonnay 2013, Penedes



ワインはスペイン、ペネデスのシャルドネ。
"Jean Leon 3055, Chardonnay 2013"

ジャン・レオン氏は、スペインでワイン造りを始める前は、アメリカでタクシー・ドライヴァーをしていたのだそうです。
その時のドライヴァー・ライセンスの No. が 3055。

遊び心のある楽しいワイン。フレッシュですが、トロピカル・フルーツの芳醇な香りに包まれています。







今日のニャーちゃん♪

草むらから


草むらの中からひょっこり♪


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年05月27日

空豆と生ハム + ズッキーニ

空豆と生ハム


ことしの 5月、関東地方は夏日だらけ。
そして、昨日は真夏日・・・多分今日も・・・まだ 5月です!
本当の真夏になったらどうなっちゃうの? ちょっと怖い。


↑ ryuji s1さんに教えていただいた "空豆と生ハムのマリネ"
空豆も生ハムも大好きなのに加えて、とっても簡単そうだったので早速。
火を使わないのも暑い時には嬉しいですね。

少しアレンジをさせていただいたので、レシピを書きました。
レシピ ↓

ryuji s1さん、いつも素敵なメニューをありがとうございます


↓ 同じ日のもう一つの前菜

ズッキーニのパンチェッタ巻き


縦に 4等分したズッキーニをレンジにかけ、冷めてからパンチェッタを巻いて、軽く塩・胡椒してフライパンでゴロゴロ。


レシピ ** 私の作った "空豆と生ハムのマリネ" の作り方 **

<材料:2人分>
・空豆: 20個くらい
・プロシュート: 50g
・新玉ねぎ: 1/4個
・シェリー・ヴィネガー: 15cc
・EVオリーヴ・オイル: 30cc 
・バルサミコ酢: 15cc
・塩・胡椒: 適量
・フェンネル: 少々(あれば)

<作り方>
ゞ未佑を薄くスライスして、塩水に晒す。プロシュートは、2〜3cm の大きさに適当にカット。
空豆の脇の黒い部分に包丁目を入れて、塩茹で。茹であがり冷めたら、皮を外す。
EVオリーヴ・オイルとシェリー・ヴィネガー、バルサミコ酢、塩、胡椒を合わせてマリネ液を作る。お味見をして調整。
き,龍未佑は水分を絞り、プロシュートと混ぜ、空豆も一緒にのマリネ液に浸ける。2〜3時間ほど室温に置く。
イ皿に盛り、フェンネルを飾る。

<注意>
・お味を見て、少し甘味があったらいいかもと思い、バルサミコ酢を足しました。
・その日の内にいただきたくて室温に置きましたが、これから暑くなりますし、冷蔵庫でマリネなさった方が良いです。その場合、時間を少し長く。
因みに ryuji s1さんのレシピでは、冷蔵庫に一日置くとなっています。


ベランダのお花♪

ベランダ 2015.5.27


ニャーちゃんをお休み過ぎですが、
今朝、ベランダへ出てみたら、コモンマロウのお花が咲いていました!
嬉しいけど、毎日見てたのに蕾に気が付かなかったなんて

ついでに、赤と白と黄色を植えたはずなのに白ばかりが咲くヤロウ。
それに、フェイジョアの蕾。今年のフェイジョアは植え替えをしたからか蕾の数がとっても少ないの。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように