パスタ

2014年04月01日

あの玉ねぎとアスパラのパスタ

玉ねぎとアスパラのパスタ


今年ももう今日から 4月ですね〜!
新年度ですから、生活が変る方もたくさんいらっしゃると思いますが、
jugon は相変わらず(^^)
今月も楽しく美味しく元気で過ごしましょうね♪
よろしくお願いいたします。



↑ この前の "牡蠣の玉ねぎサフラン・ソース" の時にサフラン・ソースのベースにした煮込んだ玉ねぎにしめじを加えたパスタです。

簡単レシピ:
.▲好僖蕕蓮▲譽鵐犬砲けて、茎半分は斜めにカット、上部は縦半分にカットしておく。
玉ねぎのサフラン・ソースを取った後の玉ねぎにしめじを加えてアスパラの茎の方も一緒にして、しんなりしたら生クリームを足す。
** 普通に作る場合は:バターとオリーヴ・オイル半々でみじん切りにした玉ねぎを焦げないように炒める **
パスタは、アルデンテに茹でる。
よГ任△ったパスタに△鰺蹐瓩董▲▲好僖蕕鮑椶擦謄襯奪灰蕕鮖兇蕕后


Benchmark 2011, Cabernet Sauvignon, South Australia

ワインは、オーストラリアのテーブル・ワイン。
"Benchmark 2011, South Australia"
カベルネ・ソーヴィニヨン 100% で収穫地が分かれています。バロッサ・ヴァレー、リヴァーランドの葡萄から造られているそうです。

カベルネらしいタンニンとスパイスのニュアンス。オークの香りもしました。

オーストラリアのテーブル・ワインは、いろいろ工夫をしてより美味しくよりリーズナブルにと努力しているところが良いですね。





今日のオマケ♪

公園ねこ


風向きでしょうか? 今朝は汽笛が良く聞こえてきます。

横浜の桜、満開ですよ〜



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2014年03月08日

パスタにも牡蠣のオイル漬け♪

牡蠣のオイル漬け


今日は埋もれ記事を引っぱりだしました(^^)

毎年シーズン中に何度か作る、ずっと前に ryuji s1さんに教えていただいた "牡蠣のオイル漬け"
作っておくと食材が無い時とか何か一品という時にとっても重宝します。

それでこの時は、パスタに使ってみました。牡蠣自体にお味が浸みこんでいるので、全体の味付けは薄目がいい感じ。
一緒に使ったお野菜は、ぐちゃぐちゃにしたブロッコリとグリーンピースです。

こちら に ryuji s1さんのレシピがリンクされています。自分流のレシピもどこかに掲載したと思いますが、見つけられませ〜ん(^^ゞ

"スモークした牡蠣のオイル漬け" の記事 (レシピ) は見つけましたよ!


Montevertine 2008, Toscana



ワインは、イタリア "Montevertine 2008"

セパージュは、サンジョヴェーゼ 90%、カナイオーロ 5%、コロリーノ 5%
スロヴェニアンオークで 24ヵ月、瓶熟成 6ヵ月。

お花、ミントなどのハーブの香り。
タンニン、酸味ほど良く、シルキーなテクスチャーです。







今日のオマケ♪

シロクロちゃん


この前、お散歩途中にワンコに出会って戻って来ちゃったシロクロちゃんの

でっかぁ〜い  あ・く・び


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2014年02月27日

春色パスタ 3種

やりいかと芽キャベツのパスタ


今日は久しぶりの雨・・・これから、一雨毎に暖かくなりますね。
静岡では、河津桜が満開だそうです


↑ いつも春になると見かける小さな子持ちのヤリイカがもうありました。
(すみません、この記事、書きかけのまま随分経ってしまいました)

それで、芽キャベツと合わせてパスタに。
この頃、パスタには余りにんにくを使わなくなったので味付けはお塩と胡椒だけです。

簡単レシピ
芽キャベツは、レンジで 1分強。半分にカットします。茹でヤリイカは、輪切り。
オリーヴ・オイルでヤリイカを炒め、芽キャベツを足して、白ワインでフランベしたら塩・胡椒で味付け。パスタの茹で汁で少し延ばして茹であがったパスタを絡めて出来上がり〜。

ワインは赤で、アンティノリのワイナリー、ペポリのキャンティ・クラシコ。
サンジョヴェーゼ主体でメルロ、シラーがブレンドされています。
香り華やかなミディアム・ボディ。


この日は、出掛けていて夕食の準備が遅くなったので、後は生ハムと缶詰のスープでチャチャチャの簡単メニューでした(^^)


アスパラとバジルのパスタ


こちらはもう何度も載せている ♪春になったら作りたくなるパスタ♪ の筆頭
"アスパラとバジルのパスタ" レシピ ↓

でも、アスパラもバジルも一年中手に入るので、
ほとんど "いつものパスタ" 状態


ワインは白。 "Macon-Uchizy 2011, Les Heritiers du Comte Lafon"
夏の気温が低く収穫量の少なかった 2011年。
やや黄色いお花、熟した果実の香り。ミネラル感のあるしっかりした酸。


↓ そして、こちらは "蛸と芽キャベツとトマトのパスタ"

蛸と芽キャベツのパスタ

春色らしいところは芽キャベツくらいですね〜(^^)

味付けは、ほんの小さなにんにくを使ったアーリオ・オーリオ・ペペロンチーニです。


 レシピ ** "アスパラとバジルのパスタ" の作り方 **

<材料> ☆2人分☆
・フェッデリーニ: 160 g
・アスパラ: 4〜5本
・バジルの葉: 4〜5枚
・生クリーム: 100cc
・バター: 適量
・パルミジャーノ・レッジャーノ:適量
・塩・胡椒: 各適量


<作り方>

.僖襯潺献磧璽・レッジャーノは摩り下ろす。アスパラは軽くレンジして、適当な大きさに切っておく。
▲僖好燭鱶Г濃呂瓩襦
フライパンにバターを溶かしちぎったバジルの半量を入れてさっと火を通し、生クリームを加えてひと煮立ちさせる。(茹で汁で少し延ばしておいても良い。)
よГ任△ったパスタをに入れ、パルミジャーノも加えて、塩・胡椒で味を整える。(この時、様子を見て再度茹で汁を加える)
イ皿に盛り、バジルを飾り、パルミジャーノ・レッジャーノを振りかける。

<注意>
・バジルはフレッシュを使ってください。
・バターは有塩でも無塩でも構いません。


今日のオマケ♪

たまちゃん


 "春は、ン、春も・・・眠いニャ〜〜"


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2014年02月19日

ひじきと菜の花のパスタ

ひじきと菜の花のパスタ


** 和風パスタに見えますか? いいえ! イタリアンです **

いただいた茎付きのヒジキ、お揚げや人参と一緒に煮るのも大好きですが、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーニで炒めてパスタに合わせ、ここにも菜の花を載せたらまた少し春が近づいた気がしましたよ。 レシピ ↓

干支って不思議ですよね? 年末とお正月には、もて囃される(?) のに、後は余り・・・この日のワインのエチケットには、お馬が付いていたので、ちょっとそんなことを思ったり。
透明のボトルの時には、ワインが入った状態で写真を撮ろうと思っていたのに、またもや忘れてしまいました。ややグリーンがかったレモン・イエローでした。

(白です) チリ、マイポ・ヴァレーのソーヴィニヨン・ブラン "Haras de Pirque, ALBACLARA, Gran Reserva 2012"
エチケットに馬が描かれているのは、アラス・デ・ピルケが、チリで最も歴史あるサラブレッド牧場だから。そして、アルバクララとは、ラテン語で "日の出" の意味だそうです。
ほんのりスパイスそして白桃の香り。柔らかな酸味でフレッシュさとボリューム感があります。


レシピ ** "ひじきと菜の花のパスタ" の作り方 **


<材料> 二人分
・お水で戻したひじき:150g
・菜の花: 6本くらい
・パスタ: 120g
・にんにく: 一片
・唐辛子: 1/2個
・白ワイン: 50cc
・オリーヴ・オイル: 適量
・お塩: 適量

<作り方>
\った菜の花をラップに包んで 600w で 2分弱レンジにかける。
▲侫薀ぅ僖鵑縫リーヴ・オイルと半分にカットしたにんにくを入れて、にんにくの香りが立つまで加熱したら、種を取り輪切りにした唐辛子を入れ辛味を移す。その後一旦にんにくを取り出す。
△愎綫擇蠅靴燭劼犬を入れて炒める。
この時、油が跳ねるのでやけどに注意!
い△訥度炒めたら白ワインを足し、蓋をしてヒジキが柔らかくなるまで蒸し煮。柔らかさを確かめながら、途中でお水を足しながら蒸し煮する。
ゥ劵献が柔らかくなったら、にんにくを戻す。
κ騰したお湯に多めのお塩を入れ、パスタを茹でる。
Лイ縫僖好燭玲Г能舛魏辰─∈擇硫屬眛れて少し煮たら、お塩で調味して、茹であがったパスタを加えて和える。
┷擇硫屬鮴茲房茲蟒个靴討いてから、お皿にパスタを盛り、菜の花を飾る。

注)
・ランジにかける時間は目安です。ご自分のレンジに合わせ、やや固めの状態にします。勿論、茹でても良いです。



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2014年01月17日

今年 初のお家パスタ

牡蠣と小松菜のパスタ

は、"牡蠣と小松菜のパスタ" でした。レシピ ↓

牡蠣は出始めから市場になくなる頃までほぼ毎日食べてます

そんな風に牡蠣大好き jugon ですが、子供の頃はなるべく食べたくない食材の一つでした。栄養があって "海の牛乳" って言うくらいなのだから食べなさいと言われ、なるべく前歯だけで噛む回数も少なくして目をつむってゴックンしてました(^^)
一番嫌だったのが茶碗蒸し。 だって、牡蠣の周囲の卵のところも牡蠣味になるでしょう?

Mouton Cadet 2012 Reserve, Graves





ワインは白で、"ムートン・カデ・レゼルヴ 2012"

グラーヴの白、好きです。
セパージュは、セミヨン50%、ソーヴィニヨン・ブラン40%、ミュスカデル10%。
果実味豊かでフルーティながら、バニラの香りがあって熟成感もあります。








レシピ ** "牡蠣と小松菜のパスタ" の作り方 **

<材料> (二人分)
・加熱用生牡蠣: 10個くらい
・小松菜: 2株
・白ワイン: 少々
・生クリーム: 100cc
・塩・胡椒: 適量
・オリーヴ・オイル: 適量
・フェッデリーニ: 120g

<作り方>
_顔擇論って水分を取り、フライパンにオリーヴ・オイルを薄く引いて焦げ目がつかないようにある程度火を通し、白ワインを入れて火が完全に通るまで蒸し焼きにする。
牡蠣だけ取り出した,離侫薀ぅ僖鵑縫リーヴ・オイルを少し足して、2〜3cm にカットした小松菜を入れて炒める。
小松菜に火が通ったら、生クリームを加えて塩・胡椒で調味する。
な騰したお湯に多めのお塩を入れ、パスタを茹でる。
茹で加減は、お箸ですくってパスタが広がらないで真っすぐ下にさがった時。芯がなくなった瞬間まで。
キにパスタの茹で汁を適当に加えて延ばし、茹であがったパスタを入れて和え、,硫顔擇眛れて温まる程度に優しく混ぜ合わせる。
Δ皿に盛り付ける。


あっれ〜〜、レシピを載せたのも今年初かしら?


そして、オマケ♪ は昨夜のパスタ・・・変なオマケですね(^^)

トマトと牡蠣のパスタ & フォルラーツ1573


"トマトと牡蠣のパスタ"

ワインは、1573年に描かれたフォルラーツ城がエチケットになったシュロス・フォルラーツの "フォルラーツ1573 2012" リースリング100% です。



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年11月20日

カッカヴェッラと茸のラグー

カッカヴェッラ-1


カッカヴェッラ (Caccavella) は、世界一大きなパスタ。
重さは50g、長さと高さはそれぞれ 9cm、6cm。

Caccavella とは、ナポリの方言で小さい鍋 (Pentolino) という意味なのだそうです。なるほど、小さなお鍋のように見えます。
でも、花かごのようにも見えませんか?
それで、この中にハーブのお花を飾ってみたかったのですが、ハーブのお花がなくて … きのこの入ったラグー・ソースを入れました ** レシピ ↓
お花とラグーじゃ、全然違いますね!(^^)

もう一つ、カッカベッラについて。
ナポリには、Lumache(かたつむり)と呼ばれる貝の形をしたパスタがありますが、ナポリの人たちは、このカッカベッラのことを大きなかたつむり (Lumacone) のパスタと呼んだりするのだそうですよ。

ラグー・ソースの下には、ズッキーニと松の実を炒めたものも入れています。
脇の焼いたズッキーニにも、パルミジャーノ・レッジャーノをふりかけました。向こう側の黄色い花のお野菜は、アスパラです。


Monte Aribaldo 2009, Dolcetto D'alba



ワインは、"ドルチェット・ダルバ・モンテ・アリバルド 2009"
イタリア、ピエモンテのモンテ・アリバルドと呼ばれる小高い丘で造られたドルチェット・ダルバ種 100% で造られています。

抜栓してすぐは、初めての香り、そう、緑茶のような香りがしました。
まだ若々しい紫がかった輝きのあるルビー色をしていて、酸味は余り感じられず、タンニンも優しい。重くなく、でもそれほど軽くないワインが欲しい時にいいかも。






** "きのこのラグー・ソース" の作り方 **
<材料> 作りやすい分量
・牛ミンチ: 300g
・にんじん: 1/4本
・セロリ: 10〜12cm
・玉葱: 1/4個
・きのこ類(3種類以上):50〜80g
・**トマト・ピューレ : 大さじ2
・トマトの水煮: 3〜5個分
・コニャック: 大さじ3
・オリーヴ・オイル: 適量
・塩、胡椒: 各適量

<作り方>
〔邵擇倭瓦討澆犬鸚擇蝓
▲侫薀ぅ僖鵑妊リーヴ・オイルを熱して、野菜を入れてなるべくかきまぜないで炒める。
△量邵擇油を吸って、よい香りが立ってきたら牛ミンチを入れ、少し強火にしてお肉を焼く感覚で炒めていく。
い肉はほぐしながら炒め、色が全体に変ったら、きのこも入れて炒める。きのこが油を吸って炒めにくいようなら、オリーヴ・オイルを足す。全体に火が回ったら強火にしてコニャックを入れフランベ。
キい縫肇泪・ピューレと潰したトマトの水煮を加え、沸騰するまで強火。その後、水分を飛ばしながら煮る感覚で炒めていく。
最後に塩・胡椒で味付けをし、そのまま室温で冷ます。

注)
・きのこのラグー・ソースは密閉容器で冷蔵なら1週間くらいはもちます。
また、冷凍保存も可能です。
・ミンチは合挽きでもOK。
・室温でゆっくり冷ますと、まろやかにより美味しく仕上がります。
・イ了点で赤ワイン200ccを足して、じっくり20〜30分くらい表面がポコポコする程度の火加減で煮込んでも美味しくできます。
・**トマト・ピューレは、この時 のものですが、市販のものでも良いし、なかったらなくても。

**レシピを訂正しました。

お知らせ-1
今日から名古屋へ行きます。週末には戻る予定です。
留守中の投稿は、記事を書いている時間がなく、途中 2回だけ予約しています。覗いてみてくださいね!

お知らせ-2
今日(11/20) 参加している "レシピブログ" のサイトの中の『今日のイチオシ!ブログ&レシピ』というコーナーで、"飛び出せ KItchen♪" を紹介していただけるそうです。宜しかったらご覧ください。
それで、今日から出かけますがコメント欄を開けています。きのこのラグー・ソース以外のレシピが必要でしたら、コメント欄でお知らせください。
来週になりますが、追記させていただきます。

** カッカヴェッラは、横浜元町ユニオンで買い求めました。




クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年11月04日

牡蠣と絹さやのパスタ

牡蠣と絹さやのパスタ

"牡蠣と絹さやのパスタ" レシピ ↓


今年も牡蠣のシーズン到来。
この前のサーモンをマリネしたフェンネルのオイルで、今度は牡蠣をマリネして、パスタに使いました。
牡蠣の一部をソースになるよう潰してパスタに絡めました。

そうそう、少し前に "ためしてガッテン" という番組で、パスタを茹でるのにお塩はいらないというのを放送していました。
お塩を入れてパスタが美味しくなるには、ものすごくたくさんのお塩を入れる必要があるので、少々なら入れても入れなくても同じという内容でした。
科学的にも証明していて、jugon は この番組で "ガッテン!" することが結構あるので、試してみました。

パスタを茹でる際のお塩は、いつも少し多めを心がけています。なぜかと言うと、以前、イタリアン・レストランのシェフが "美味しいお塩を使うこと、そして、少し多めが良い" と教えてくれたからです。
試した結果、お塩を入れないで茹でたパスタは、なんとなくねっとりしていてお味もちょっと違いました。
それで、それからも今まで通り少し多めのゲランドのお塩で茹でています


黒豆の枝豆withパルミジャーノ・レッジャーノ


広島から送っていただいた黒豆の枝豆にパルミジャーノ・レッジャーノをかけて。 よく作るメニューですが、黒豆の枝豆で作ったのは初めて。
黒豆の枝豆は美味しくて食べ応えがあります。
一昨日だったか TV で丹波篠山の黒豆を枝豆として発売するまでのご苦労話を聞きましたが、人もお豆も見かけじゃ分かりませんね(^^)
中はこんなにツヤツヤ。
その時、いろいろな調理方法も放映していましたが、中の薄皮も一緒のが多かったのが印象的でした。きっとあの皮にも栄養がたっぷりなのですね。
今度の時にはあの薄皮も一緒にお料理しなくっちゃ。


レシピ ** "牡蠣と絹さやのパスタ" の作り方 **

<材料> 二人分
・牡蠣:12粒くらい
・絹さや:8〜10枚
・フェッデリーニ:120g
・オリーヴ・オイル:適量
・白ワイン:少々
・お塩:少々
・胡椒:少々

<作り方>
_顔擇蓮∪って水分を拭って、フェンネルを浸したオリーヴ・オイルに浸けて半日くらい置く。
絹さやは、レンジにかけて斜め半分にカットしておく。
少し多めのお塩を溶かした沸騰した湯でパスタを茹でる。
ぅ僖好燭鱶Г任討い覺屬法▲侫薀ぅ僖鵑鯒して、,硫顔擇鬚佞鵑錣蠅垢襪泙脳討、白ワインでフランベしたら、2粒くらいを残して、お皿に取っておく。
セ弔靴寝顔擇鮑戮く潰す。
Νイ縫リーヴ・オイルを足し、塩・胡椒して、茹であがったパスタを入れて和える。水分が足らないようなら、パスタの茹で汁を足す。
Д僖好燭鬚皿に盛り、の牡蠣を載せて、絹さやを飾る。


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年10月31日

コンビーフとペコロスのパスタ

コンビーフとペコロスのパスタ


"コンビーフとペコロスのパスタ"

パスタを何にしようか考えていて・・・ストッカーの中にコンビーフ発見!
炒めた玉ねぎとコンビーフ、それにペコロスで作ったら、ほんのりと甘みのある、パスタになりました。
夏の真っただ中に種蒔きをしたルッコラは、ちっとも大きくならず小さな葉のままですが、こうして飾るのなら全然 OK !

↓ この日は、柿とハモン・セラーノ。

柿とハモン・セラーノ


ハモン・セラーノは、切り落としです。 いつも適当にカットして丸めて置いているので、この頃はどーせ一緒なんだもん普段使いならこれでいいじゃん! って、見つけると購入しています


Rubaiyat Koshu Sur Lie 2011, 勝沼ワインは・・・多分このブログ初登場の日本のワイン "ルバイヤート甲州シュール・リー 2011"

透明に近い淡いグリーン色をしていて、トーストのような香り。優しい味わいです。

こちらは、去年の秋に行った勝沼で購入してきたものです。 この時 です(^^)

シュールは "澱"、 リーは "上" 。
普通の白ワインは、発酵の途中で出る沈殿物である澱を除去しながら発酵を続けていきますが、この澱の除去をしないで作るのが、シュール・リーと呼ばれる製法です。
そうすることで、ワインの中でたんぱく質からアミノ酸に変わった澱が、独特の旨みや味わい、香りをもたらします。
シュール・リー製法で作られたワインにはエチケットに Sur Lie (シュール・リー) と表示することが義務付けられています。

ロワールの A.O.C. ワイン "ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ" はシュール・リー製法で造られるワインとして有名ですね。


いらしてくださってありがとうございます
jugon 不在のため、コメント欄は閉じさせていただいています。


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

jugon1911 at 11:00|この記事のURL

2013年10月20日

雲丹と枝豆のパスタ

雲丹と枝豆のパスタ


台風26号が去った後、グンと気温が下がって秋らしくなったのに、週末は雨・・・そして、もう今年は来ないと思っていた台風がまた北上中・・・綺麗な秋晴れの空はいつまでお預け?

↑ "雲丹と枝豆のパスタ"

超簡単レシピ:
ちょっぴりのトマト・ソースと雲丹に軽く火を通して、パスタを合わせ、茹でて外側と内側の皮を外した枝豆を加えます。

枝豆大好き jugon は、春過ぎから夏、そして今も見つけると買ってほぼ毎日食べている枝豆。 普通のはもうシーズン最終ですね? これから暫くは、もっと大好きな "黒豆の枝豆" のシーズン、ズン

↓ 同じ日の前菜の生ハムには、果物を添えて。

生ハム

この日の巨峰は、生ハムには少し甘味が強かったかな(^^;


Chateau de PEZ 2004, Saint-Estephe, Cru Bourgeois




ワインは、ボルドー、サン・テステフ "シャトー・ド・ペズ 2004"
クリュ・ブルジョア。

サン・テステフ最古のシャトーを1995年にルイ・ロデレールが買い取り、より丁寧なワイン造りを行っています。

バランス良く、飲み口はすっきり、熟した果実のボリューム感があり、とても滑らかな飲み心地。






クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年01月25日

牡蠣とたこのパスタ

牡蠣とタコのパスタ

お醤油味をつけた牡蠣を使ったパスタです。
残っていた蛸も入れました。
 


レシピ ** "牡蠣とたこのパスタ" **
<材料> 二人分
・牡蠣: 12個
・茹でたこ: 足1/2本分くらい
・ケイパース: 小さじ1
・オリーヴ: 8個
・オリーヴ・オイル: 少々
・お醤油: 適量
・塩・胡椒: 適量
・パスタ: 160gくらい

<作り方>
\顕顔擇榔水または大根おろしでよ〜く洗って水分を拭き取ってお鍋で乾煎りしてぷっくりさせたら、白ワインでフランベ。
アルコール分が飛んだところで、お醤油をジュ! 
この時、アルコール分が飛んでも、煮汁があるようなら別の器に移してからお醤油。
↓,硫顔擇1/2量を細かくカットする。
hГ任燭魁▲吋ぅ僉璽后▲リーヴも細かくカットする。
き△嚢錣鵑晴顔擇鉢の材料をフライパンに入れて、オリーヴ・オイルで炒め、塩・胡椒する。
ゥ僖好燭鱶Г任襦
お湯を沸かし、お塩(分量外) を多めに入れてパスタを茹でる。茹で時間は、袋に書いてあるより1、2分少なめにする。
Νい縫僖好燭玲Г能舛鉢,琶未隆錣飽椶靴深兔舛あればこれも足して、茹であがったパスタを和える。
お味見をして、お味が薄かったらお塩を足し、パサつき感があったら茹で汁を足す。
Г皿にパスタを盛り付け、残しておいた牡蠣を上に載せて完成。



ねこ


バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。