2013, 2014 Winter

2013年12月12日

春菊と柿の胡麻和え

柿と春菊の胡麻和え


この "春菊と柿の胡麻和え" は、10月に鹿児島の TV で見たお料理です。
一緒に見ていた T子さんは早速その日に作られたそうですが、jugon は作ろう作ろうと思いながら、思い出したり忘れたりで、最近やっと。
でも作ってみたら美味しくて、もう何度も作りましたよ(^^)

簡単レシピ <二人分>
―婬 3〜4本を洗って茹でたら冷水に取り、茎の部分は 1cmくらい葉の部分は 2cmくらいにカットして水分を絞る。
柿 1/2個の皮を剥いて 3〜4cmの細切りにする。
,僚婬討鉢△粒舛魄貊錣砲靴燭蕁△出汁とお酒少々とお醤油で調味して擦りごまを混ぜる。
ご錣棒垢辰道い蠅瓦泙鬚ける。


お知らせ
今日からまた名古屋へ行ってまいります
来週初めに戻る予定です。予約投稿できていませ〜ん! jugon



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年12月10日

サボイで作ったロール・キャベツ

ロール・サボイ

雷ゴロゴロの冷たい雨降り
出掛ける用があったけれど、明日に延期しようかな〜。


↑ 縮緬キャベツのサボイで作った "ロール・キャベツ"

"サボイ" はフランスのサヴォア地方のものなので、サボイと言うのだそうですね?
縮緬キャベツを使った美味しそうなお料理があったけれど、何だっけ〜〜?と考えていて、前に見た映画 "大統領の料理人" の中で出てきた "サーモンとキャベツのファルシ" だったことに思い至りました。
でも、サーモンの買い置きはなくミンチならあったので、お手軽なロール・キャベツにしてしまいました。
サボイはまだ 2/3 以上残っていましたが・・・煮込んじゃった!(^^)

やる気のある時にその食材がないと、そんなことになったりしますね。


サボイ

サボイのでっかさが分かるようにと、350cc のペット・ボトルを置いてみたけれど、余り意味がなかったような・・・(^^;


Marsannay les Echezots 2009, Philippe Charlopin-Parizot


ワインは、ブルゴーニュ、コート・ド・ニュイの "マルサネ・レゼシェゾ 2009"
ラスベリー、スミレ、ココアなどの香り。ミネラル感もありました。
豊かで複雑性があり秀逸です。



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年12月04日

Cookery 11月

Cookery

すでに12月ですけれど、11月のお料理教室の話題。

11月のメイン料理は、ハンガリー料理の "グラーシュ" ・・・パプリカはスモークしたものを使いました。
前菜は "ポアローのマリネ" ・・・ただのお葱と侮るなかれの甘さが上手に引き出された味わい深いマリネでした。
デザートは "アップル・パイのアイスクリーム添え"

Cookery-2

"ポアロー" はリーキとかポロ葱とも呼ばれる太いお葱。フランスではとってもありきたりの食材ですが、日本ではなかなか手に入りにくい高級野菜。
火を入れコリアンダー、白バルサミコなどのマリネ液に浸しておくとじわじわと甘さが引き出されとても良い前菜になります。

メインのグラーシュに使ったスモーク・パプリカは、普通のもの 2/3 と辛いもの 1/3 を合わせて。
500g くらいのお肉を直火で煮た後オーヴンに入れて1時間半、途中で水分を補いながらじっくり煮込んで行ってお肉がスプーンですくえるくらいまで柔らかくすると良いのですが、教室では時間が限られているので、250g くらいの大きさのお肉を使いほとんど直火で。
スモークしたパプリカは、いつものパプリカよりグンと香りが豊かになり味わいも深くなってお料理を美味しくします。

寒くなったのでパイ生地が扱い易くなりました。5分以内に4回たたみます。
りんごは紅玉ですが、この頃余り良いのが出回っていないようなので、王林やジョナでも良いそうです。

Cookery

ポアローのマリネに添えられたマグレ・カナールの生ハムが、ポアローにとてもマッチして相乗効果バツグン。鴨の生ハム、美味しいです。

グラーシュは、マッシュ・ポテトとサワー・クリームを添えて。
辛味のあるパプリカが入っているので、少しピリっとして、食べていたら体がホカホカ。ハンガリー料理って、パプリカ+サワー・クリームが多いですね?

焼き立てのアップル・パイに冷たいアイスクリーム。お腹がいっぱいなのにペロリ! で自分でもビックリ。
でも、ちょっと生地が固かったかな?・・・そう思った jugon は、いつも冷凍生地ばかりだからかも(^^ゞ

ワインは、"Ch. Biston-Brillette 2007" ボルドー、メドック地区ムーリにある最古のシャトーのもの。メドック地区にしては珍しいセパージュで、カベルネ・ソヴィニヨンとメルロが 50% ずつ。
とても柔らかくバランスの良いワインです。


ハンガリー料理というと、以前お姉さん(今はハンガリーに住むお友達です) に作ってもらったいろいろなものを思い出して、とっても懐かしかった今月のお料理教室でした。


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆