2011 Spring

2011年04月12日

花びら


今年もさくらの季節が過ぎて行きます。

水に浮かんださくらの花びら、少し寂しそう。






ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

jugon1911 at 18:30|この記事のURLComments(18)

2011年04月10日

シェーヴル大好き♪

Cathare





















カタル (Cathare) という名のフランス、ミディ・ピレネー地方のシェーヴル。
中世、南ヨーロッパに伝わったキリスト教異端の一派である "アルビジョワ派" (カタリ派) のことだそうです。
そして、このサンドレの中の紋様はオクシタンの十字架と呼ばるものです。

Cheese Plate-Chevel





















エッフェル塔

この形から、エッフェル塔の愛称のある、ロワール地方の A.O.C. プーリニィ・サン・ピエール。

外側に青カビがついて、内側は真っ白ホコホコ。
熟成が進んで、もうすっかりセックで食べごろ。



トレフルクローバーの形が幸せを運ぶと言われる、ノルマンディー地方のトレフル。
灰をまぶした外皮のすぐ内側の艶のある白い部分が冷蔵庫から出して暫くするとトロっと溶けて、ふんにゃり形が崩れます。
その溶けたところと、外皮のピリッとした辛みが合わさった、その味わいが絶妙で、やっぱりチーズはアフィネのシェーヴルが一番好きかもと思うのです。

これらシェーヴルに合わせるのは、甘酸っぱい果物、マーマレードなどのコンフィチュールやドライ・フルーツ、蜂蜜など。

シェーヴルにそういう脇役、そしてワインがあれば、jugon は超ゴキゲン♪
なのであります


熟成状態について:
・アフィネ・・・ほどよく熟成しているもの
・セック・・・熟成が進んで水分がとび、味が濃縮されたもの

フランスでは、山羊の乳から造るチーズを製法に関わらずシェーヴル
(Chevre)として分類しています。
また、chevre は、雌山羊のこと。因みに雄山羊は、bouc (ブーク)。



東日本大震災で被災した動物たちのために。

"Save The Pets"

日本動物園水族館協会




ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2011年04月04日

ブルー・ベリーのお酒

ブルーベリー酒


赤ワインのような色をしていますが、実はブルーベリーのお酒です。
これは漬けて5日目くらい。・・・アペリティフに良い感じ♪

3月の初めに行った FOODEX でサンプルでいただいたドライ・ブルーベリーを白ワインに漬けました。

大さじ3杯弱のドライ・ブルーベリーに白ワイン1本(750ml)、お砂糖は大さじ3杯くらい。
漬けて数時間で色が付き始めたので 「えッ!?」 でした(^^)


Wine


使った白ワインは、スペイン ラ・マンチャのソーヴィニヨン・ブラン。
こちらもFOODEXで調達しました・・・ナント破格の¥500.-でゲット!
でも重いので1本だけ。

FOODEX にはワインのブースがすごくたくさん出ています。
いつも試飲はい〜っぱいしますが、購入したのは初めて。



ブルーベリー酒-1



漬け初めて6時間くらいでこんな感じ。

今はもっとずっと濃い色になっていて、プカプカ浮いているブルーベリーは全〜然見えません。

飲みにおいでよってお友達を誘ったので、ちょっとケチケチ飲んでいますが、それでもすでに半分くらい・・・早く来てくれないと、なくなるよ〜〜!







ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

jugon1911 at 10:55|この記事のURLComments(20)

2011年04月01日

一歩ずつ

バラとマリンタワー

今日から4月。
震災から3週間が経ちました。
瓦礫の中から行方不明の方々がたくさん見つかって、被災地は新たな悲しみに包まれているという報道を目にします。
行方が分からない時には、どこかで避難していてくれるかも知れないという微かな望みがあり、私がもしそういう状況にあったら、永遠に見つからないで欲しいと思います。
とてもエゴイスティックな逃げの構造ですが、現実に直面したくありません。
それでも、そうなってしまったら我慢しないで思いっきり泣きたいだけ泣いたら、その後は、ほんの小さな希望であっても見つけて前へ進んで行かなければなりません。 辛くてもとにかく前だけ見て。
言葉で言うほど簡単ではありませんが、被災者のみなさんにも是非そうあっていただきたいと願います。
どんな小さな希望でも良いから見つけていただきたいと。
人が生きようと思うために最も必要なものは、"希望" だと思うから。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
そして、被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。
被災地が一日も早く復興して、みなさまの生活が安定しますように。


"今日のメニュー" は、明日からまたお料理のことなども書いていきたいと思います。


jugon1911 at 14:55|この記事のURLTrackBack(0)

2011年03月28日

さくらを探して

桜と鷺

お魚を探しながら川をゆっくりゆっくり歩いている鷺くん。
手前に咲いていた早咲きの桜は、もうすっかり満開でした。


さくら-2

こちらは昨日のお寺の桜。
風に震えながら、もう3〜4分咲きでしょうか。

↓ 儚げでとても早春の風情の桜。

さくら-3


あのミズキが咲いていた公園に、もう随分前から咲いています。 多分3月の初めくらいから。
望遠のレンズを持って出かけたので、昨日やっと写すことができました。


さくら-4

川沿いの桜はソメイヨシノがほとんどです。
今年は桜まつりが中止になりましたが、予定では昨日でした・・・まだまだ蕾は固くて・・・でも、きっと今週末にはほころぶと思います。

時々、鴨に交じってカモメがスイスイ。


2011年03月22日

さくら一花

さくら-1


今年は桜の咲くのが 去年 より少しだけ遅いかな?

いつもご近所で一番に咲く桜の木、去年と同じ日に行ってみたら、たった一輪だけ・・・(3/20 に撮影しました。)

そろそろ咲きそうにふっくらしてた仲間たち、もう咲いたでしょうか?
今日は冷たい雨が降っているので、みんなで寒いね〜って言ってるかも。



みずき





公園でみつけた "ミズキ"

みずきの花の優しい色合いは、春の優しい光によく似合いますね。












↓ どこかの家の玄関先にあった "ムスカリ"

むすかり


私のベランダのムスカリは、まだ小さな小さな固い蕾が
顔を出したところです。



さくら


東北の各地にも早く春が訪れますように。

jugon1911 at 14:51|この記事のURLComments(16)

2011年03月20日

今できること

ポスター
              ↑ のポスターは、"心はいつも・・・" の陽子しゃんのブログから。

被災しなかった私が今できることは何だろう?

家にあったお米や調味料、日用品などの支援物資を送ってみたけれど、今思えば個人の物資など運送や手間の方が大き過ぎて、余分なエネルギーと面倒を掛けただけかも知れない。

電力不足に伴う計画停電で断水が起きるので、困らないようにやかんやペットボトルにお水をいっぱい満たすのも、後で使うとは言え、いつもより少し余分に用意していたかも知れない。

震災のことや原発の進捗状況を知ろうと、いつもはつけないTVもつけていた。

今できることと共に、今しないことも考えたいと思う。

2011年03月14日

東日本大震災

早春のさくら

3/11 の午後、私は名古屋から横浜へ戻る予定で、その前に友人とお茶をしていました。
2時46分にはデパートの 5F にいましたが、ゆっくり大きく左右に何度も揺れ、あ地震! と今までにないほど長い揺れに周囲の方と顔を見合わせていると、前後にも揺れ始め、店内にいたお客様のほとんどは、さっと会計を済ませお店を出て行ってしまいました。
私たちは、ある程度落ち着くまでここに居ようということにして、そのまま座っていると、一時収まった後で再び左右前後と揺れました。
震源地を携帯で検索している間に東京から電話がかかり、震源が宮城沖であることが分かりました。

その日午後9時くらいまで待ちましたが、復旧は多分無理ということで、実家へ舞い戻り、テレビを見てようやく、巨大な津波の被害を知りました。

それにしても、余りに大きな被害に言葉がありません。
そして、昨日来原発の心配まで加わり、これからまたどのように被害が広がるのかと懸念します。
できる限り最小限に留まるよう祈るばかりです。

この度、被害に合われた方々またそのご親戚友人などのみなさまに心からお見舞い申し上げます。                  jugon