2009, 2010 Winter

2010年02月24日

フォンダン・ショコラ

フォンダン・ショコラ

ずっと作りたかった "フォンダン・ショコラ"

明るくって暖かで、キラキラ光る海が見に行きた〜い! と思った昨日の帰り道、面白いというか偶然の出来事がありました。

電車で隣りに座った男の子が手に持っていたのは、お菓子のレシピ本。
へ〜〜、男の子なのにィ? それに中学生?? なんて思っていたら、本を開こうとしたその男の子、jugon の方を向いて "ニヤっ" 、それで jugon もニッコリ・・・
面白いっていうのはここから。
パラパラと本をめくり、その男の子が読みだしたのが "フォンダン・ショコラ" のページだったのです。
すごい偶然! まぁ〜、私、今朝作ったのよって、ちょっと声をかけたくなってしまいました。 でも、そこはググっと我慢(笑)

このフォンダン・ショコラは、いつも綺麗なパンや簡単なケーキの作り方をUPしてくださっている、ブログのお友達の 子豚のママさんのレシピ を参考にさせていただきました。
お砂糖は 1/4 くらい、他の材料はだいたい半分の量、そしてガナッシュは作っていつも冷蔵庫に入れてあるもので作りました。
とっても濃厚で、満足感いっぱいのフォンダン・ショコラです。

器の縁がなんとなく白っぽいのは、取り出しやすいように、バターを塗って小麦粉をはたいたから。
それなのに、取り出さないでそのまま食べちゃった(^^)

ペーパー・カップがなくて、耐熱耐熱と思い、茶碗蒸しを作る時にも使う器(!?)で作りましたが、男の子の持っていた本では、ココットの容器を使っていました。 ココットならあったのに、私もそうすれば良かったナ。

子豚のママさん、美味しいレシピを教えてくださって、どうもありがとうございました♪


ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2010年02月23日

ポトフ

ポトフ
"毎日寒いですね〜"のご挨拶もそろそろ終わりにしたい。
厚いコートも飽きてきて、春になるとほんわかピンクに染まる遠くの景色を見つめながら、早く暖かくならないかしら?と思う今日この頃。

先日、"新しい人生のはじめかた" を観に行く前に、また一人ランチをしました。

その時いただいたポトフが美味しかったので、自分でも作ってみることに。
購入したまま放ってあった圧力鍋を最近時々活用しているので、このポトフも圧力鍋で作りました。
お肉だけで20分、お野菜を入れて2分・・・加圧、減圧時間がそれにプラスされるとは言え、普通に煮込んだらその3倍くらいかかるので、とっても便利です。
難点と言えば、お鍋が重いことでしょうか。

ペッパーは、主に粗びきにしたブラックを使いますが、このお料理には、ホワイトを使うべきでした。

Pomerol Reserve 2006ワインはメルロー。

開けてもいいのがこれしかなかったので、合わせてみましたが、ボルドーですものね? ・・・やっぱりという感じ。

それにこのワイン、飲み終わるまでほとんど香りが立たず、とても収斂性のあるしっかりしたタンニンと苦味・・・まだまだ飲むのが早すぎたようです。

みなさん、ポトフはもう少し優しい味わいのものと一緒にいただいてくださいね〜♪



ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2010年02月19日

牡蠣、和・洋

牡蠣の味噌煮

昨日の朝は、窓の外が真っ白に見えるほど、ふわふわ雪が舞っていて、家々の屋根や木々にも積もって、とても綺麗でした。
朝のハウス・キーピングをしながら、さぁ〜、どこへ写真を撮りに行こうかしら?と考えていたのに、終わってふっと外を見たら・・・あれ〜?あんなに降っていた雪も止み、もうどこも白くありません。
ほんの短時間にすっかり解けてしまっていました。
あ〜〜、残念! いつものように遊びを優先にするべきでした(^^ゞ

↑ "牡蠣の味噌煮"
洗ってよく水気を取った牡蠣を、赤みそ、お酒、お醤油、お砂糖などで煮詰めました。
プリプリ感とこってりが、上手くマッチしました。

↓ そして、こちらは "牡蠣と菜の花のパスタ"

牡蠣と菜の花のパスタ

アーリオ・オーリオで軽く塩・胡椒をして炒め、白ワインでフランベした牡蠣と、パスタと一緒に茹でた菜の花を載せました。

お皿の上がちょっとジミー。
菜の花の黄色があったら、少しは華やかになったのに・・・。

Pascal Jolivet 2008, Loire
喉ごしに青りんごが香る爽やかなロワールのソーヴィニヨン・ブランです。
ミネラル感もありましたが、もう少し熟したものの方がこのパスタには合いそうです。



ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2010年02月17日

ヴァレンタインのデザート

デザート-1

もう今日は水曜日。 ヴァレンタイン・デェイは日曜日だったって言うのに、UPが遅くなりました(^^)
そして、日曜日は丁度春節の元旦でした。
チャイナ・タウンへ行って、爆竹がドンドンパチパチのカラフルな獅子舞、見たかったな〜。

ところで、ヴァレンタイン・デェイのデザートは、奥に見える方です
手前は、卵白が余ったので、メラング・スイスにアーモンド・プードルを入れて焼きました。
ココナッツで作りたかったけれど、ストック切れ。
それに、湯煎のかけ方が甘かったせいか、メレンゲがまだ柔らかかったみたい・・・ちょっとへなちょこです。

こちらが今日の主役(?)のヴァレンタインのデザートです ↓

デザート

サブレの上にクレーム・パティシエールを載せ、苺のコンフィチュールで混ぜ合わせた苺、フランボワーズ、ブルーベリーを飾りました。

ヴァレンタインと言いながら、チョコレートは使っていません。
パート・サブレやクレーム・パティシエール、苺のジャムも作ったので、チョコレートのテンパリングまで YARUKI がもたず、パウダー・シュガーでごまかしちゃったの


改めまして、今年は虎年!

Card

虎


ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2010年02月09日

熟成フルーツ・ケーキ

フルーツ・ケーキ
暖かな日差しに誘われて、昨日はプチ・大掃除

ちょっと埃が目立ち始めた窓も拭いて、日差しがもっと明るくなりました。

明け方、ビュンビュン風が吹いていたので、ベッドの中で、もしも雨も降っていたら、せっかく拭いた窓がまた埃まみれだな〜って。でも、風だけ。
風は、今もビュンビュンのまま・・・南風なので、これが今年の春一番なのかな?

↑ 去年の12月の初めに焼いた、フルーツ・ケーキ
コニャックをたっぷり降りかけて熟成するのを待っていました。
アルコール臭さも飛んで、良い具合になりました。

アフタヌーン・ティーには、ブランデー入りのクロテッド・クリームを添えて。
そして、紅茶にもコニャックをたっぷり。

ただやっぱり、ふんわり感がもう少しあればな〜。。。。。


ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2010年02月05日

プチ・クラス会その後

お店去年の年末のお話です(^^ゞ

以前に 3人だけのクラス会 のことを書きましたが、あれからも回数は減ったもののず〜っと続いていて、この日も六本木ヒルズの蜘蛛の下で待ち合わせ。

ものすごいビル風で、蜘蛛の下には到底居られず、向かえのビルの中にしばし避難して、遅れてきた一人を待っていましたが、携帯は呼べども返事がなく、留守電を入れてもコール・バックなし・・・後で分かったのですが、彼女はランチも忘年会だったので遅れてくることになってたみたい・・・仕方なく、二人でどこへ行こうか相談の結果、私の意見がほぼ通って、ヒルズの地下にあるスパニッシュへ。

Cavaやっと連絡の取れた一人を待ちながら、取り敢えず二人で Cava。

ロゼのように見えますが、これは一人がデジカメのライトをONして、赤い色をかざして撮ったせいです。
いろいろ試しながら撮っている内に立ち上る泡がどんどんなくなってしまいましたが、ちょっと綺麗に撮れたと思いませんか?

そうして遊んでいる内に、全員揃い、再びカンパ〜イ♪

思った通り、これが昨年最後のプチ・クラス会になりました。
そして、来年の目標は以前のような月例会!と言っていたのに、1月は残念ながら会えずに、早目標達成ならず(笑) 2月はどうかしら??

タパス-1タパス-2











タパス-3タパス-4











タパス-5タパス-6












いろんな種類のタパスがあり、一人2種類オーダーして、こんな感じ。
写真が暗くて美味しそうには見えませんが、どれも美味しくいただきました♪

一番上の左から、私の好きなトリッパ(ハチノス)とお豆の煮込み。
その右が、ボリュームたっぷりスペインの卵焼き。3種類のサラダの盛り合わせと大きなオイルサーディンのソテー。一番下が、コロッケそしてルッコラと松の実のサラダ。

gONIX

















やはり暗くて見づらいのですが、ワインはこちらの2本。

パエリア



超美味しかったパエリア。
jugon が半分食べたかも・・・








サラダ牛肉とヒヨコ豆












そして、ダメ押しの二品。
写真左の牛肉とヒヨコ豆の煮込みをさっさとオーダーしたら、ちょい・ブーイング。
" jugon 二日酔いとは思えない!" ってさ(笑)
実は、前日の日曜日に久しぶりに飲んだ日本酒を引っ張っていて、ややハング・オヴァーぽかったのに、食べ始めたら追随を許さない食べっぷり、飲みっぷり(^^)

お店-2
行ったお店はここ、
スペインバル タペオ

美味しくってリーズナブルで、また行きたいお店になりました。


今年の一回目、今月実現するといいナ♪






ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2010年02月01日

Hat Pin II

Hat pin





















理由はともあれ、少しご無沙汰でした(^^ゞ

気づいてみれば、今日から2月!・・・旧暦では2/4の立春がお正月、そして立夏までが春なのだそう。でも本当は一年でいちば〜ん寒い季節ですから、皆さま、お体にお気をつけてお過ごしください。

2月の行事と言えば、立春の前日2/3の節分、そして、ヴァレンタイン・デェイかしら?
節分には、例年のように細やかな豆まきを予定しています。
ヴァレンタイン・デェイのチョコレートを何にするかは、考え中

↑ は、以前にUPした ハット・ピン の副産物(笑)
陽子しゃんにご注文いただいたハット・ピンを制作するに当たって、試作したものです。
入れた石は、ブラウン・ダイアです。 男性にもいいかも。

Hat pin-3


こちらも同じく試作品。
リボンの結び目に入れた石は、イエロー・ダイア。

(画像を大きくしてご覧ください)






Hat pin-4

上と同じ葉っぱのモチーフに、ルビーを入れました。

こんな風に、ショール留めにしたり、ジャケットの襟のアクセントにしたり・・・。





バースデェイ・ストーンやパワー・ストーンなどを入れることもできます。
勿論、違うデザインもOKです。
宜しかったら オーダー くださいね〜〜♪


ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2010年01月24日

最近のお気に入り

中国食堂
横浜で中華料理と言えば、まずはチャイナ・タウンですが、最近の jugon のお気に入りはちょっと離れた場所にある、このお店。

香港以外中国には行ったことはないけれど、良い意味でも悪い意味でもきっとこんな雰囲気なんだろうな〜と思わせる、とっても中国っぽい、その名も "中国食堂" というお店。

何が美味しいって、ここの "豚肉の黒酢煮込み" は絶品です。

豚肉の黒酢煮込み← これがそれです(^^)
見かけはすごいのですが、お味はバツグン!

ごろごろと入っている大〜きなお肉は、焼いてから煮てあるらしく、外側はパリっとしていて中は柔らかく、黒酢のソースが何とも言えず美味。
今、何が食べたい?と聞かれたら、迷わずコレ!!

八角の香りのする焼き餃子もお薦めです。

ただ、いつ行っても最初に行った時に美味しかった、もやしと麻婆豆腐と餃子と黒酢煮込みばかり(^^ゞ
他のメニューにもトライしたいと思いつつ、もやし以外の3品はどーしても外せない・・・となると、それだけでお腹がいっぱいです。
ですから、他のお料理のお味は分かりませんので、アシカラズ。

お店
このメガネの方がマスター(^^)
日本語もお上手で、いつもニコニコ、ホスピタリティも上々です。
(経営者は別の方です)

向こうの方にいらっしゃる赤い帽子の女性も日本語が分かりますが、他数名のスタッフはちょっと通じにくいかな?



☆参考☆
"中国食堂"
住所: 神奈川県横浜市中区南仲通2丁目24-1
電話: 045-663-6405



ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2010年01月23日

不思議なバラ

Magic Rose-2Magic Rose-1










お友達にいただいた "Magic Rose"
生花なのに、気温が暖かいと、左のようなブルーになり、寒いと右のようなパープルになります。

これは、冷蔵庫から取り出して、ハ〜と息を吹きかけて撮りました。
パープルに戻ったのを、そのままお部屋に置いておいたら、暖かかったのか、ブルーが定着していました。

よ〜く見ると元々は白いバラに、何か薬品をスプレーしてあるみたい(^^)
ちょっと遊べる不思議な薔薇の花♪



ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2010年01月19日

ラムのきのこソース

ラムのきのこソース





















ローズマリーの香りを移してステーキにしたラム肉。
オリーヴ・オイルとバターでソテーしたきのこのソースを合わせました。

Rasteau Cotes du Rhone Villages 2007ワインは、南ローヌのラストー。
"Rasteau Cotes du Rhone Villages 2007"

グルナッシュ主体のローヌっぽい力強さのあるワイン。
果実味も豊かでした。

2007の南ローヌは、とても良い年だったようです。


リガードパドロックペンダント昨日は、渋谷のBunkamura で開催中の "愛のヴィクトリアン・ジュエリー展" に行ってきました。

一例:HPからお借りした左の写真の《リガードパドロックペンダント》の中央には真珠とトルコ石で忘れな草(Forget me not)が形作られていますが、それを取り囲むように並べられた宝石にも意味があり、左からルビー(R)、エメラルド(E)、ガーネット(G)、アメシスト(A)、ルビー(R)、ダイヤモンド(D)が並んでいて、並べた宝石の名前の頭文字で単語を綴るという19世紀初頭にフランスで始まった文字遊びをしています。
この時代、愛する人へのメッセージを託す最高のアイテムとして身につけるものであるジュエリーが用いられ、直接的な表現をためらう保守的なヴィクトリア女王時代の英国で大流行したのだそうです。

その中で最も多く使われたのがこのリガードREGARD(敬愛)という単語。
文字列には他に LOVE (愛)や DEAREST (最愛の)など、また恋人の名前やイニシャルも用いられたそうです。

多くの装飾品と共にヴィクトリア時代のドレスやレースなども展示されていました。


ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。