2009 Autumn

2009年11月02日

牡蠣の粒マスタード・ソース

牡蠣の粒マスタード・ソース

"牡蠣の粒マスタード・ソース"

いつもは普通のマスタードで作る、このお料理ですが、マスタードを買い損ねてばっかり(^^ゞ
そこで、どうせレモン汁やヴィネガーを入れる元々酸味のあるお料理なので、粒マスタードで作ってみました。

カリカリのベーコンと牡蠣とマスタード。
ナイスなトリオです。


秋が深まる野山でみつけたどんぐり・・・まだ木に実っているのもありました。

どんぐりの木




どんぐりころころ








ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2009年10月29日

Design Festa Vol.30

どんぐり























どんぐり-1

↑ ふんわかした帽子も本物の中国のどんぐり1個、お買い上げ・・・

革ひもをつけて、こんなペンダントにしてみました♪
秋色のセーターに似合いそうでしょう?



D-21

どんぐりは彼女から購入しました。










D-32























D-17

岐阜からいらした美術の先生。
芸大を出てNYに何年か居て戻ってきたこの国の印象は、
"日本ってこんなだったっけ?" だったそうです。
↑ そのイメージから制作した作品。





D-23D-24








その場でタトゥー!
ちょっと痛かったそうです・・・
グリンピースは、女性が自分自身で彫ったそう。


D-18


絵を描き、ドアも作っちゃうしアクセも作っちゃう女の子。

↓ 3写真、缶と陶器意外は彼女の作品です。
・・・キーも違うかもね?





D-37D-38D-39











↓ 今年も手の込んだ作品や楽しいブースがいっぱい!

D-35D-36











D-25D-26












D-7D-8








↑ スケジュール帳など、紙も全て彼女の手作り。





↓ ボディー・ペインティングも着物の着方も素敵でした。

D-1D-2









↑ しかし、足元は??




D-20D-6
















↓ 細かい仕事は時々男性の方が上手だったりしますね。
伝統工芸あり、ただ展示しているだけのコーナーあり、ペーパーにその場で絵を書いて Free で配ってる人あり。

D-5D-3











D-31D-22












D-34


今年も若さ、時々年配(笑)の熱気が広〜い会場を埋め尽くしていました。
参加することに意義のある Design Festa。
とっても楽しかったですよ〜




ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2009年10月28日

ラムのステーキ

ラム・ステーキ





















今日は朝から2凹
ひとつは、前から作りたくてやっと焼いたクルミのケーキが焼き過ぎで固くなってしまったこと。
・・・最初の凹みが尾を引いていたので、オーヴンに入れた後、ふて寝しちゃってて、焼き上がっても放りっぱなしにしていたら、もともと焼き過ぎだったのに、徐々に温度の下がるオーヴンの中でどんどん乾燥してしまったらしい

↑ ラムのステーキ、タイムの香り・・・な〜んちゃって・・・タイムの香りは余りしませんでした。
ガーリックとタイムで香り付けしたオリーヴ・オイルにラムを入れ、強火で焼いた後、白ワインを加えて少し蒸し煮のようにしました。
出来上がりにかけたソースは、フライパンに残った焼き汁です。
中はちゃ〜んとレアに仕上がっていますが、段取りが悪くてタイムが少々こげました(^^ゞ
春に種を蒔いたベランダのタイムの生長が悪く、今回はドライを使いましたが、やっぱりタイムはフレッシュじゃなきゃと思ったのでした。

牡蠣のオイル漬けタコのオレガノ焼き










ミンチとズッキーニのパスタFace to Face 2008










牡蠣のシーズンになったらほとんどいつも冷蔵庫にある "牡蠣のオイル漬け"
今年の第一号(笑)

オリーヴとケッパースの酸味にオレガノの香り、そしてパルミジャーノ・レッジャーノの旨味でタコがとっても引き立つ "タコのオレガノ焼き"

パスタは、鶏のミンチとズッキーニ。
鶏のミンチをパスタに使ったのは初めてですが、さっぱりしていて結構美味しい♪

ワインは、2008のテンプラニーリョ。
まだ微発砲してるかのような若い味わい・・・こんな軽くて爽やかなテンプラニーリョもとても魅力的です。

唐辛子

今日からドライ開始の昨日買った唐辛子。
もう少し乾燥が進んだら、1個ずつにして束ねて冷蔵庫の横に吊って更に乾燥させて使います。






Mt.Fuji


台風20号が去った後に見えた富士山。
もうこんなに冠雪していました。
(10/27 7:45 撮影)




ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2009年10月26日

チョコレートを詰めた洋梨

stuffing pear-1

チョコレート・ソースの上に載った洋梨のコンポートには、中にも、チョコレートが詰まっています♪

柔らかで甘酸っぱい洋梨とチョコレート&チョコレートのコラボレーションが、幸せの時間を運んでくれます


洋梨のキャラメリゼ に続いてコンポートにした洋梨にアレンジしました。
今回のちょっとずんぐりむっくり型の洋梨は、ラ・フランス。 レシピ↓


stuffing pear-2スタッフィングにしたチョコレートには、ホイップした生クリームやクルミが入っているので、こんな優しい色あい。
クルミのプツンプツンとした、テクスチャーも美味しさのポイントです。

チョコレート・ソースを載せたお皿の上の洋梨には、コンポートにした時のソースもかけました。

** "チョコレートを詰めた洋梨" の作り方**
<材料>
・洋梨: 2個
・ミルク・チョコレート: 60g
・ラム酒: 大さじ5
・生クリーム: 100cc
・クルミ: 3個分程度
・お砂糖: 大さじ1
・お水: 少々
・ミントの葉: 適量

<コンポート用>
・白ワイン: 400cc
・レモン汁: 大さじ2
・ラム酒: 少々
・蜂蜜: 大さじ3
・お砂糖: 100g
・クローヴ: 2〜3個

<作り方>
〕陵は、軸の部分を残して皮をむき、底の部分が平らになるようにカットして、詰め物ができるように中をくり抜く。
△鍋に、白ワイン、レモン汁、お砂糖、蜂蜜、クローヴと,陵陵を入れて蓋をして中火で30〜40分煮る。
煮上がる少し前にラム酒を入れて、火を止めたらそのまま冷ます。
ね陵が冷めたら取り出して、汁気を切りながら冷蔵庫で冷やす。
ゥ灰鵐檗璽箸離轡蹈奪廚糧称未らいを1/3量くらいまで煮詰めて、冷ましておく。
Ε船腑灰譟璽・スタッフィングを作る。
お鍋にチョコレート25gとラム酒大さじ3を入れて、火にかけチョコレートが滑らかに溶けたら、そのまま冷ます。
Ю献リームにお砂糖を足して7分立てくらいまでホイップして、Δ離船腑灰譟璽箸謀当な量(大さじ2〜3)だけ加えて混ぜる。
┃Г法∧饕で細かくみじん切りにしたクルミを入れてよく混ぜ、い陵陵の中に詰める。その後、再度冷蔵庫で冷やす。
チョコレート・ソースを作る。
お鍋にチョコレート35gとお水、ラム酒大さじ2を入れ、火にかけてチョコレートが滑らかに溶けたら、冷まして、Г濃弔辰織曠ぅ奪・クリームを少々加えて混ぜ合わせる。
┐陵陵が良く冷えたら、お皿にのチョコレート・ソースを敷き洋梨を置いて、上からイ離轡蹈奪廚鬚けて、ミントを飾る。

注)
・洋梨の中をくり抜いた後、煮崩れを防ぐため、くり抜いた部分にその部分や皮などを詰めると良い。
・コンポートを作る時の煮汁は、洋梨がかぶるくらいが良いが、お鍋の大きさにより量が少ないようなら、水を少量足したり、キッチン・ペーパーなどをかぶせて煮ると良い。
・スタッフィングは、余り柔らかくならないようホイップ・クリームの量を調節する。
・チョコレート・ソースは、チョコレートの色を薄くしないよう、ホイップ・クリームを入れすぎない。
・煮詰めたシロップもかけすぎるとチョコレート・ソースが薄くなるので注意する。

ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2009年10月22日

世界にひとつだけ

Pierces-2





















世界でひとつだけのピアス・・・今週末の10/24、25に東京ビッグ・サイトで行われる "デザイン・フェスタ Vol.30" 用に作りました。

他にもシルヴァー製品をいくつか出しますが、これらのピアスは、天然石とビーズを組み合わせています。

Pierces-3
材料が似ているとは言え、こうして並べてみると、全部違ってはいるけれど、やっぱり知らず知らずの内に jugonテイストだわ、
と我ながら思ったのでした(^^ゞ

お気に召すのが、見当たりますか?


原価割れの超破格値です。
宜しかったら遊びにいらしてくださいネ!


ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2009年10月21日

いかの足のマリネ

イカ足のマリネ





















塩辛を作った際のスルメイカの足をマリネにしました。
片栗粉をまぶして揚げてすぐ、ケッパース、オリーヴ、バジルなどを入れたオリーヴ・オイルとレモン果汁のマリネ液に浸けて冷やしました。

前菜二種一つのお皿に盛った今夜の前菜2種。

向こう側のもの、お芋に見えますか?

これは、お茄子です。
お茄子は素揚げにして、白ワインに浸けました。
お酒に弱い人だったらこれだけで酔いそうなくらいしっかりワインが浸みています

お茄子の白ワインマリネ

近くで見てもやっぱりお芋っぽい??(笑)


こちらには、ミントを飾りました。
白ワインとミントの香りが爽やかです。




スモーク・サーモンとインゲンのクリームソース手羽元のグリル










スモーク・サーモンとインゲンのクリームソースのパスタ。
バターを加えるともっと美味しくなるな〜と思ったけれど、やっぱりちょっとカロリー控えた方がいいかな?と。

メインは手羽元のグリルです。
お醤油とオリーヴ・オイルのマリネ液に暫く浸けこんだ手羽元を8割方グリルして、粒マスタードをたっぷり塗り、パン粉をかけてもう一度グリルしました。
マリネ液に浸ける時間が長過ぎたのか・・・30分くらいでいいのに、P/Cしててひょっとしたら2時間弱浸けてたかも(^^ゞ・・・少々お味が濃くなってしまってちょっと残念。

Marques de Murrieta, Reserva 2003, Rioja
ワインはスペイン、リオハの
Marques de Murrieta 2003。

テンプラニーリョらしいしっかりした味わいでしたが若々しさも残っていて、メインにした手羽元のグリルにもとてもよく合いました。


ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2009年10月19日

バナナ・ボート

Banana





















後ろは振り返らない、同じことは絶対にやらないというモットーを貫き通した加藤和彦氏は、数十年前に「僕は世界で一番美味しいケーキがあるなら、全財産はたいてもどこへだって飛んでいく」と北山修氏に言ったそうです。
彼はどんなケーキが好きだったのでしょう?


↑ バナナ・ボートという名のお菓子がありますが、これは、常温に数日置いて、シュガー・スポットが出たバナナを冷蔵庫で冷やし、皮の一部分だけを剥いて、熱いエスプレッソをかけたものです。
エスプレッソにはお砂糖を入れますが、混ぜないで二口くらい飲んでから、底のお砂糖ごとかけます。

温かいエスプレッソの苦味と甘味、バナナの冷たさ・・・エスプレッソの香ばしい香りとバナナの甘い香り・・・こんなバナナ・ボートはいかがですか?

*フリー・ペーパーに載っていた坂田阿希子さんのお薦めデザートです。

Mt.Fuji

今日の富士
(10/19 17:05撮影)








ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2009年10月17日

海藤花

海藤花海藤花・・・カイトウゲともカイトウカとも呼ばれる、蛸の卵です。

丸い袋をポチンと開くと、中から藤の花のように垂れ下がった細長い卵がふわりと現れます。

写真は、柚子酢とお出汁とお醤油で味付けをしていますが、もう一つ、山葵醤油のものも作りました。

この海藤花、一般的には、お吸い物にすることが多いそうですが、塩漬けにしたり煮ものにしたりもするようです。参考

海藤花-1← 拡大するとこんな感じ・・・細長い卵の一つ一つに透明の筋が入っているのが見えます。

蛸のお母さんのあの大変さを思うと本当は余り食べちゃいけない食材だな〜と思いながら・・・口の中に広がるミルキーさはとてもオツです。


蛸の白子そして、こちらは蛸の白子。

生の時の見かけは、大きさも色もまるでモッツアレッラ・チーズです。
それを3等分くらいにカットして、ホイルに包んで酒蒸しにしました。
出来上がり直前にお醤油を少々、そして柚子酢をまわしかけていただきました。 ま、味付けは ↑ と似たりよったり(^^ゞ

磯の香りのする、鱈の白子より数倍濃厚なお味で、結構ボリュームがあります。


ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。


2009年10月15日

トマトスープのロールキャベツ

トマトスープのロールキャベツ





















台風18号が去った後、秋らしい澄んだ空気が気持ち良く、週末には、近くの小学校から運動会っぽい音楽やアナウンスが聞こえていました。
12日が体育の日だったって後になって気づきました。
体育の日が10/10じゃなくなってから、というか、日にちが特定されない祝日を月曜日に移行するようになってから、その祝日が何の日なのかを知らずに過ごすことが増えました。
学校と言えば、最近余りニュースにもなりませんが、新型インフルで休校になっているところが随分多くなっているそうです。
インフルエンザ、みなさんもお気を付けください。

↑ "トマトスープのロールキャベツ"
煮込むスープにトマトの水煮缶を使って作ったロールキャベツです。

スタッフィングに、ミンチにパン粉を加えたタイプを作ろうと思っていたにも係わらず、なぜか玉ねぎとミンチを先に炒めてしまったので、ミンチは加熱、牛乳に浸けてふやかしたパン粉は生のまま〜の状態で混ぜてキャベツに包んじゃったとさ(^^ゞ

でも、出来上がって食べてしまえば、そんなことは全然気にならず、大好評
結果オーライってことですね?


ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

2009年10月12日

秋刀魚のねぎま

秋刀魚のねぎま
旬のお魚、秋刀魚でお葱を巻いた "ねぎま" です。

新聞のお料理欄に載っていたのを早速作ってみました(^^)

白ネギにお塩をした三枚おろしの秋刀魚を巻いて、つまようじで止めてフライパンで焼くだけ・・・脂の乗った旬のさんまはどうお料理しても美味しいのですが、これは、弱火でジワジワゆっくり焼くことで、お葱が秋刀魚の中で蒸し焼き状態になり、甘味が増して、秋刀魚の旨味との相乗効果バツグン。

新聞には、大根おろしを添えると書いてありましたが、この日は、ペースト状にした梅肉でいただきました。
別の日に大根おろしでも食べてみましたが、甲乙つけがたく・・・どちらも
GOO!です♪

秋刀魚の右に見える真っ黒(笑)は、余ったお葱を一緒に焼いていたらこうなりました(^^ゞ

ちょっと焼き過ぎ、でも美味しいんですね〜、お醤油をちょっと垂らした焼き過ぎくらいのお葱って


ねこ

バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。