NAGOYA

2019年04月27日

徳川園のランチ

烏賊と青豆


前回の「雨の徳川園」のランチ編

前夜の天気予報では、雨が降るなんて一言も言わないし、最近の天気予報は正確なので、降ってもすぐ止むだろうと高を括っていたら、大間違い。
天気予報、大ハズレ。

バスを降りて入り口まで歩く間にもグッショリ濡れるほどの雨に、気持ちは写真より「食べること」に移行(^^)


前に 2度ほど訪れたことがある "ガーデンレストラン 徳川園" の受付でその日の予約が可能かどうかお尋ねしたら、満席だけれど早めに空いたら連絡しますとのことだったので、少し小降りになったお庭を散策しながら待ちました。結構すぐ空いてレストランへ。
以前のこのレストランの記事は こちらこちら



オーダーしたのは、
前菜、メイン、デザートのコースにグラスワイン 2種のペアリング。


↑ 前菜:"烏賊と青豆"
烏賊のタタールのようなのの下には日向夏。烏賊はねっとりとしていたので紋甲でしょうか。
フロマージュ・ブランのムースにも日向夏の酸味がほのかに。

季節感があって、それぞれの相乗効果がある美味しい一皿。


スープ:"キャベツのスープ"
キャベツのグリーンが美しい。知っていてもよ〜く味わわないとキャベツと分かりません。

一杯目のワインは、フランス、アンジューのシュナン・ブラン。


花愁豚のポワレ


メイン、jugon はお肉料理の "花愁豚のポワレ" をオーダー。

スペインのチーズ、イディア・サバルが使ってあるというので、興味津々でこちらにしました。
チーズはお肉の上にパラパラパラっと載っていましたが、ほとんどインパクトなし。
ソースは、三河の白たまりを使ったもの、お肉の下はナッツのムース。
添えられていたのは、山独活と白舞茸。それに生姜。この生姜、邪魔でした。なぜに添えたのでしょう? 後は満点なのに・・・って感じ(^^)
**(この生姜で爽やかさが加わって美味しかったのよとおっしゃる方もいらっしゃるかも知れませんので、超個人の感想です。)
それにしても、この薄いピンク色をした "花愁豚" というお肉、最高に美味しいお肉でした。

お肉に合わせてくださったワインは、
ロワール、シャルル・ジョゲのシノン。カベルネ・フラン100%


鮎並のクリスティアン


お友達が選んだのは、
お魚料理で "鮎並(アイナメ) のクリスティアン、山菜のリゾット"


カリカリのアイナメの下には、山菜のリゾット。 お魚の上に載っているのは、山菜のフリット。
竹炭が入った真っ黒なソースは磯の香りがするそうな。

お魚に合わせられたワインは、モロー・ノーデのシャブリ。


デザート

デザートは、クリーム・ブリュレ。

お料理も美味しくて、あの価格でのワイン選びもお上手で、コスパ最高。

ただ一つ、Mのつく男性、多分マネージャー クラスの方の対応が超マイナス。
ワインのことをお尋ねしたら、お話がかみ合わなくて・・・ちょっと怒りを露わに。びっくりです。そして、オーダーしようとしたら、もうサッとその場を離れてあちらの方へ。サービスの方としては有り得ない最低の行動ですね。あんな方は初めて。
女性のスタッフは、そのマイナス評価を打ち消すとても気持ちの良い明るい対応で、気持ちが和みました。

ランチの後は、更に降り続く雨の中、傘を片手にお庭をグル〜と巡って写真撮影。
池の端にある東屋の縁台に座っておしゃべりしていたらあっという間に夕方でした。



今日のニャーちゃん♪

お花畑のニャーちゃん


お花畑の向こうの石垣の上からピョンと降り立ったニャーちゃんです。
(猫を写した場所と記事は関係がありません)



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 17:51|この記事のURLComments(12)

2019年04月25日

雨の徳川園(名古屋)

徳川園


日曜日の夜、名古屋から戻りました。
「ただいま!」

今回の名古屋では、鹿児島から親戚の T子さんがいらして、父の施設を訪問してくださいました。
その後 3人で楽しくランチ・・・そこまでは良かったのですが、最後がバタバタ、ドタドタの大騒動
T子さんから時計が止まってしまったこともフライト時間もお聞きしていたのに、大ボケ jugon。
時間が迫っていることに気付かないまま、おしゃべり。
その上、まだまだ時間があるつもりで「お食事の後は、どこでティー・タイムにしようかしら?」な〜んて考えていて、T子さんの一言で、あっと気付いたのは、ギリギリのタイミング。
父はお店で待つ人、jugon は荷物の取り出しにロッカーへ駆け足、T子さんは空港までのチケットを買いに窓口へ・・・と、ゆっくりご挨拶もできない始末。
その後もちょっとしたハプニングがあったそうですが、なんとか間に合って、みんなでフ〜〜(^^)


お話変わって

↑ 名古屋東区にある「徳川園」の雨に濡れる枝垂れ桜


徳川園


お友達と行先を決めないまま写真を撮りに行く約束をしていた日の天気予報は "曇り時々晴れ" だったかな〜。
でも、出かける時に空を見上げたら、なんだかすごく曇っている・・・取り敢えず、折畳み傘をバッグへ。
天気予報では "雨" だなんて一言も言っていないのに、名古屋駅からバスに乗って走っていたら窓に雨粒。前を見たらワイパーまで動いている。
本当はお城(名古屋城) で降りるつもりが、雨が止むのを期待して 徳川園 まで乗車。
それなのに、徳川園に着いたら、雨脚は更に激しくなっていてジャンジャン降り。傘を持っていないお友達は、コンビニで透明傘をゲット。


雨粒


雨だから撮れる写真もあるものね〜、と前向きな二人。
そして、全然止む気配なしの雨。


徳川園


仕方がないので、ガーデン・レストランでランチでもしましょう、ということになり、予約を入れて、席が空くのを待ちながら雨の中をお庭散策。
(ランチのお話は、次回)


徳川園


雨に濡れた緑は色鮮やかで、桜はもうお仕舞でしたが、牡丹は今が盛り、
藤の花も咲き始めていて、植物たちは雨の中で生き生きしていて、
雨も良かったかもネ


↓ 夜は名古屋駅でオイスターなど

夕食


なんとなく入ったのは、"メリケン サカナ" というお魚のお店。
多分、アルバイトだと思うけれど、女の子がとっても感じが良くてまた行ってもいいなって思えるお店でしたよ。



今日のニャーちゃん♪

外人墓地にゃんにゃん


外人墓地にフラリ、カメラを見てストップ・モーション、
の ニャーちゃんでした〜(^^)



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:00|この記事のURLComments(14)

2019年03月30日

a.ligne

a.ligne


なんだか急に春度が増してきた気がしています。
まだまだ寒いな〜と思っていたのに、
いきなりの感じで 桜が開花 & 満開!
噂には聞いていたけど、え〜〜ッ!みたいな(^^)
この印象は jugon だけかしら。
そしてこの花冷えにもびっくり

バタバタと一週間が過ぎ、やっと名古屋から「ただいま!」


↑ 名古屋ランチ、今月は、新栄にあるフレンチ アリーニュ

こちらの高松シェフは、今は広尾に移転した "ランベリー " の京都のお店でスーシェフをなさっていたそうです。
jugon は、南青山にあった頃に岸本シェフの "お料理サロン" へ何回か行ったので、それを知ってなんとなく親近感が湧きました。


a.ligne


"根セロリと紅玉(りんご) のスープ"
"ホワイトアスパラ、甘海老、季節の野菜" ソースはバジルの香り。
何と言っても彩りが春らしくて綺麗。


a.ligne


"桜鱒と菜の花"
白い泡は、レモングラス。ソースは、あさりのお出汁と菜の花。
添えられた葉っぱは、すべりひゆ・・・
この葉、名前だけは知っていたので、興味津々。

"スロージュース ヴェール"
緑色の素材は、ほうれん草、ケール、きゅうり、キウィ、レモン。
浮いているのはアマニ・オイル。
す〜っとした喉ごしでとっても体に良さそう。


a.ligne


"マンガリッツア豚"
玉ねぎのピュレと赤い玉ねぎ、
葉っぱの付いた万願寺玉ねぎが添えられています。


a.ligne


"苺 タルト"
ホワイト・チョコレートのアイスクリーム添え。

小菓子は、カヌレ、レモンのジェリー、ココナッツなど。
そして、バリスタが淹れてくださったコーヒーが素晴らしい。

とりわけ季節のお野菜に拘りを感じ、シェフやソムリエールやバリスタの
ホスピタリティーも最高のお店でした。また行きたいお店です。


今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


ニャに考えてるのかな?



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 17:06|この記事のURLComments(12)

2019年03月16日

Shinji Koga

Shinji Koga


妹と 2月に行った名古屋の伏見と栄の間くらいのところにある
フレンチ "Shinji Koga"

店内は明るく、ホスピタリティーも良くて素敵なお店でした。

ワインは、アルザスのゲヴュルツトラミネール
色からも分かるように香り、果実味共に豊かでしっかりとした味わい。


前菜、パン


妹が見た何かの口コミに、ボリュームたっぷりと書いてあったそうで、最初からできるだけ少ないポーションで出してくださるようお願いしました。

アミューズ、写真左側は "白子のフラン"。
上のピンクのもの、ベーコンかと思ったら鰤でした。

右上が、"墨烏賊のケークサレ" 小さいけれど、手が込んでいます。
白いクリーム状のソースは白菜。中にはイカの身が入っています。
普通は1個だそうですが 1/2 の大きさ。
下に敷いてあるツブガイの貝殻は勿論食べられません。

右下は自家製のパンいろいろ。向こうにちょっと見えるバターは
普通のもの、甲殻類、リコリスの味付けの 3種類。
でも、jugon としては、普通のバターが一番好きかな〜。


雲丹のラザニア


前菜は "北海道産雲丹のラザニア"
この層の美しさ!

右に添えてある白っぽいのは、ベシャメル・ソースのエスプーマ。



お肉料理


このコースには、お魚料理もあったはずですが、止めたのかな〜、ちょっと忘れました。

↑ のお肉料理は、"三河赤鶏と無花果のロースト オリーヴのソース"

無花果は鶏肉にクルりと包まれていて、上にはジャムっぽいソースも。
無花果の果物感がお肉に良く合っていました。
オリーヴのソースの印象がない(^^;;
添えられているのは、イタリアのゼッポリーニのようなもの。
その下に敷かれていたのは、何だったかな?

こちらも 1/2の量。


デザート他


デザートは二皿。

左下の白ごまの上に載っている小さなデザートは、
"ポロネギとアーモンドのラビオリ"
表面にパウダー・シュガーがかけられているし、アーモンドの甘さもあるけれど、アミューズでも良さそうです。
この白ごまは宜しかったらドーゾとのことで、
ラビオリと一緒に食べてみたら美味しい・・・小匙 1杯くらいね(^^)

写真上の大きなデザートは、写真を写す前にスプーンが伸びちゃった!
お見苦しくてすみません。
タルトの上にりんごとブラッド・オレンジ、メレンゲ、蜂蜜のエスプーマが載った、"タルトタタンの再構成"

小菓子は恐竜の卵のような器で出してくださいました。
中には、コーヒーのフィナンシェ(1/2) 、クグロフ(1/2) 、コーンフレークのチョコかけ、それに葡萄の飴かけ。
下の黒いのは、竹炭に覆われた小さく砕いたナッツ。


いろいろ少な目にしていただいたので、夜にはちゃ〜んと
お腹が空きました

そして、ワインも、メインに合わせて赤もオーダーするつもりだったのが、
結局、ゲヴュルツ 1杯だけ。




今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


石段の一番上でお行儀よく座っていたニャーちゃん。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 22:13|この記事のURLComments(18)

2019年01月23日

オーベルジュ・ド・リル 名古屋

L'auberge de L'ill


そうこうしている内に 1月もそろそろ下旬。
「そうこう」って (^^)
日々の雑用を熟したり先週は実家へ行っていたり、っていう意味です。

みなさまへのご訪問が滞っていて、いただいたコメントへのお返事も
遅くなり申し訳ございませんでした。



↑ 今年最初の妹とのランチは、
名古屋ミッドランドにある "L'AUBERGE DE L'ILL NAGOYA" へ。

去年の夏以来でしたが、この日もとっても良いお天気。
42F からの眺めは最高!

2018年 9月の記事は こちら です。


L'auberge de L'ill


ワインは、白と赤をグラスで。
白は、アルザスのトリンバックの "Gewurztraminer Reserve 2011"
赤はボルドー、サン・ジュリアン "Ch. Branaire Ducru 2006"

↑ は、メインの "牛肉のパイ包み"
中には、ほうれん草、マッシュルーム、ナッツなどなどお肉以外にいろいろ入っていて美味しい相乗効果。添えてあるのは、ぶどうのコンポート。



L'auberge de L'ill


一番上が前菜。 キューブにカットした鴨の燻製、焼いた栗などと上に散らしたクランブル、栗のムースを全部混ぜていただきます。 ココアのパウダーもかかっていました。お味は、まぁまぁかな〜。

その下が、お魚料理の "鮭とジャガイモのテリーヌ"
上に載っているグリーンっぽいのは、アオサを混ぜたバターのムース。ちょっとアオサ味が強い気が。
スプーンに入っているのは、鱒の卵のバルサミコ漬け。 プチプチ食感のこの卵、バルサミコの酸味が程よく効いていい感じ。

一番下は、ペッシュ・ド・ヴィーニュ(Peche de vigne=ぶどう畑の桃) のデザート。
昔のブルゴーニュ地方のぶどう畑には、この桃の木が植わっていたのだそうです。日本の桃より随分小さく果肉はシャキシャキっとした感じで、余り桃っぽくありませんが、それなりに美味しい。添えられたのは、チーズのエスプーマと蜂蜜のアイスクリーム。

写真はありませんが、後は、小菓子とハーブ・ティー。


ランチの後は、ウィンドー・ショッピング・・・のつもりがバーゲンに誘われて散財

この日は、夕食も妹と



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


今年になって猫ちゃん写真を撮っていませんので、どこかから引っ張り出してきたニャーちゃんです。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 22:18|この記事のURLComments(18)

2018年09月01日

L'auberge de L'ill Nagoya

Auberge de Lill


大変ご無沙汰をしていました。
とうとう 9月になってしまいました(^^;

今月もどうぞよろしくお願いいたします


大型台風が近付きつつある夏休み最後の週末ですね。
みなさまお変わりありませんか?

P/Cもだいたい元通りにセットアップして、以前のように使えるようになったかな〜、というところです。

9月は携帯の更新月でもあるので、名古屋で使えるように i-pad を狙っていたけれど、今回のP/C ブレイクでやっぱりノート・パソコンにしようかな〜?と思い始め、下見したりして検討中。薄くて軽さ一番の Mac Book どうかしら? どなたかアドヴァイスをください。


↑ 先週行っていた名古屋で、妹とランチをした "オーベルジュ・ド・リル"

オリーヴのシャンデリアが、相変わらず素敵で、映えます。


Auberge de Lill


名古屋ミッドランドの 42F だったかな?
お天気も良くて、見晴らしバツグン。

乾杯のヴァン・ムスーはサービス。

前に一度お邪魔したことがありますが、ナントもう 6年も前でした。
その時の記事は こちら



Auberge de Lill


写真左上、左から、夏らしく爽やかなガスパチョ。
タスマニア産サーモンのサンドイッチ・・・一口でパクリ(^^)
ピンクのお花が載った可愛いジャンボンのムース・・・茶色っぽい粒々はバジルの香りがしました。

写真下の左、フランス産フォアグラとお野菜・・・フォアグラ、時々苦手なのでちょっとだけ(^^;
フォアグラの下は、何かのソースかムースでしたが、何だったかしら。
写真下の右は、サフランが香るリゾットです。美味。
こんな風に微妙な柔らかさのリゾットが作れたらな〜。

ワインは、アルザスのリースリング。


Auberge de Lill



メインの "完熟トマトと魚介のファルス プロヴァンス風"
ブイヤベースのソースでムール貝が添えられています。こちらのお料理は、6年前にもいただきました(^^)



Auberge de Lill


写真右上は、デザートの一つ目。白いふわふわはチーズだったかな? 下のオレンジのものも何だったか・・・。

メインのデザートは、"西瓜のシュウ ア・ラ・クレーム"
すごく存在感のある見た目(^^)
白いのは、ヴェルヴェンヌのアイスクリーム。
ソースにはパッション・フルーツが使ってあって、それだけで美味しい。
後は小菓子とハーブ・ティー。


Auberge de Lill


アルザス本店のお写真やオーベルジュ・ド・リルの拘りのいろいろが載っている本を見せてくださいました。行ってみたいね、本店!



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


暑いので笹の木の陰の動いていない室外機の上でゴロリンにゃん



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 17:19|この記事のURLComments(10)

2018年07月12日

トンボのいる水辺

赤とんぼ


名古屋で行った "ブルー・ボネット" にたくさんのトンボがいました。



赤とんぼ


↓ シオカラトンボ も!

しおからとんぼ



今日のニャーちゃん♪

ブルーボネットのにゃんこ


ニャーちゃん も!!


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2018年07月06日

港の見える歩道橋

港の見える橋



今日のニャーちゃん♪

お急ぎにゃんこ


なんだか大急ぎ



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2018年04月15日

動物園へ行ってきた!-1

動物園


先月、明日桜が咲くという日(^^) に
名古屋の「東山動物園」へ行きました。

翌日に咲いたかどうか分かりませんが、もう蕾はプックプク、今にも開きそうな春爛漫の土曜日。


動物園


東山動物園の今のヒーローは、写真集まで発売されているイケメンゴリラの
シャバーニだそうですが、外には居てくれず、ガラスの向こう。

ナンバー 2 の「おっさん声」で有名なフクロテナガザルのケイジくんは、
大声で叫びながらケージの中を飛び回って大サービス。

チンパンジーには 2匹の可愛い赤ちゃんがいました。

そして、コアラの親子もユーカリを咥えながらあっちへ行ったり
こっちへ来たり。


きりんとミモザ


キリンって入口を入った左側にいた記憶・・・いつだい?ってくらい昔しか行っていませんので・・・今はちょっと奥の方でした。
ミモザが満開。


春の植物園


動物園を抜けて植物園へ。
合掌造りの家の前の池では、海鵜が日光浴。

桜の回廊には、たくさんの種類の桜が植わっていますが、その時咲いていたのは 6種類ほど。アーモンドのお花も咲いていました。



植物園


右下の黒いのが鵜です(^^)



桜の前に咲く植物のお花は、黄色いものが多い気がしませんか?

春のイエロー


マンサク、トサミズキ、サンシュユ、連翹などなど。


↓ 名古屋駅でチラ飲み

Nagoya


その夜は、一緒に行ったお友達に用があったので、
名古屋駅でちょっとだけワイン。


今日のニャーちゃん♪

草むらにゃんこ


草むらでお昼寝にゃんこしてたのに、気配で起きた!




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 19:28|この記事のURLComments(18)

2018年02月08日

Nagoya 1月

白鳥庭園


早い時間には、今日はちょっと暖かいかな、なんて思っていた横浜ですけれど、だんだん空が雪雲のようなグレーの雲に覆われてきました。

大雪で大変な地域の方々にお見舞い申し上げます。
立春も過ぎたことですし・・・ 春よ来い早〜く来い


↑ 名古屋の熱田区にある「白鳥庭園」(1/19)
去年の10月に訪れた時 (こちら)、果敢に鯉を狙っている可愛い猫に会えたので、またいたらいいな、なんて仄かな楽しみもあって、先月もお友達を誘って行ってみました。



白鳥庭園



名古屋ですから、雪吊りは装飾的なものだそうですが、それだけでとても冬らしい景色になりますね。

10月にたくさんのグリーンの実を付けていた "栴檀" も実は全部落ちて、枝は枯れ色 (写真、右端)


白鳥庭園


真っ白な水仙が時々群生しています。



白鳥庭園



白鳥庭園


寒椿や蝋梅、千両万両の赤い実が目立っていたこの頃は、まだやっと紅梅がチラホラ程度でしたが、今頃はきっと梅が良い香りを放って盛りを迎えていますね。


白鳥庭園



サルバトーレ


先回と同じ。早くから開いているイングリッシュ・パブでギネス 1杯。
その後、お向えの "サルバトーレ" へ。
金曜日だったからか、2時間の時間制限。 そこを交渉して 3時間に。
でも 3時間経ったらお店も空いてきて、居たい放題(^^)


↓ マリオットの "パーゴラ"

パーゴラ


また違うお友達と、と〜っても久しぶりにのんびりゆっくりランチ。
ビュッフェ・スタイルなので、ついついデザートもたくさん


今日のニャーちゃん♪

にゃんにゃん


野生味が漂うニャーちゃん。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 17:08|この記事のURLComments(18)