ランチ

2014年05月04日

横須賀ランチ

ランチ


横須賀しょうぶ園からは、5/6までと 6月のしょうぶの時期だけ、京急・汐入までの往復の臨時バスが出ています。
しょうぶ園の近くでお食事するようなところもなく、そのバスで汐入まで戻りました。 でも・・・やっぱりなさそう。
それで、ランチは、駅前のメルキュール・ホテルの中の "ビストロ・ブルゴーニュ" で。

ブルゴーニュ

前菜は、かつおのカルパッチョ。オレンジでマリネした茗荷のソースでしたが、なぜかトマト・ソース味。

ワインは、グラスで最初をロゼにしました。
2杯目は、ロワールのミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ。
とっても久しぶりの懐かしいワインです。

スープは、ジャガイモのポタージュ。ジャガイモのお味がしっかり。

メインは、お魚を選んで、あいなめのグリエ、ブールブーラン・ソース。
あいなめは好きなお魚なので、jugon には珍しくお魚をチョイス。カリっと焼かれたあいなめ、美味しかったです。

デザートは、クリーム・ブリュレでしたが、スプーンを入れたら中はグリーン。 なんと、グリーンピースのクリームでした!
最近、シェフがお野菜を使ったデザートに挑戦なさっているのだそうです。

何気に行ってみたレストランですが、窓から横浜のランド・マークも微かに見えて眺めがとても良く、気持ち良くお食事ができました。
秋から冬にかけての晴れた日には、東京スカイ・ツリーも見えるそうですよ。


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2014年03月21日

蒲郡でランチ

蒲郡

名古屋での父と妹との時間は、だいたいパターンが決まってきた感じ。

jugon が滞在している 1週間の中で三人で過ごす日はたいてい 2回。 
1回は、行った日に駅で待ち合わせをしてランチしたり、妹が家へ来てそれから近場へランチを食べに行ったり、お寿しやお惣菜を買って来てもらって家で食べたり。
そして、もう 1回は朝からちょっと遠くへドライヴ。そちらも目的はほとんどランチなのですが(^^)

先月も今月も父が家で食べる方が良いと言うので、一日は、妹に買って来てもらって家で昼食にしました。
ドライヴは、先月、別棟にある和食処の予約が取れず諦めた "蒲郡クラシックホテル" のある愛知県の蒲郡へ。


竹島

蒲郡のシンボル "竹島" は、国の天然記念物に指定されているそうです。
前日の雨が上がってとても良いお天気だったのですが、風がものすごく強い日で竹島へ渡る橋へ上がったら吹き飛ばされそう。それに体感温度はとっても低くて寒かったので、結局この日は、竹島までは行きませんでした。

蒲郡へは、4年前の秋、まだ母が東京の病院に入院していた時に夫と 3人で訪れました。その時は竹島まで渡って父も岩がゴロゴロしている島の周囲を 2/3 くらい歩きました。
でも、この日はハナから行く気無し。車から降りません(^^)


レストラン竹島など

"蒲郡クラシックホテル" は、以前は "蒲郡ホテル" と言っていて建ってからもう100年くらい経つ、歴史的な建造物です。
ホテルの敷地内の庭園に植えられた色んな色の梅がとても綺麗で、高台なので竹島を望む海の眺めが素敵です。

ランチをしたのは、ホテルの別棟にある「竹島」です。こちらも築100年。
上の写真の右下がお部屋の中から写したものですが、こういう窓のある日本家屋は懐かしさと共にとても落ち着きます。


お昼

予約してあったのは、「竹島」のランチ限定、松花堂弁当でした。
季節感のあるこじんまりとしたお料理、美味しくいただきました。


Tea time@アゼリア

お昼をいただいた後、お庭散策をして、ホテルの中へ。
雰囲気のあるティー・ルームでお茶にしました。デザートが 2種類あったので両方オーダーしたら、一方のケーキがランチの時のデザートと同じでした。

外は風がピューピュー吹いているのに、窓から差し込む光は眩しくて、暫くしたら窓際はとても暑くて、陽射しを避けたくらい。

なぜか、このティー・ルームで日がな一日スクラブルをしたいな〜と思ったのでした。


この日はこの後、三ヶ根山へも上がってみましたが、風はもっと強くてブルブル。


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2014年02月02日

石窯ガーデンテラス

石窯ガーデンテラス

冬の日の鎌倉散歩。

ランチをしたのは浄妙寺の奥にある 石窯ガーデンテラス

お店があるのは分かっていても、浄妙寺の境内を抜けて、他の人が余り通っていない静かな路を登って行くので少し不安になってきた頃、人の話し声が聞こえてきて、ちょっとホッ(^^)
中へ入ると、思ったより多くの人で賑わっていました。
テラス席も気持ち良さそうだったけれど少し風があったので店内の席にして、お料理は3種のチーズのサラダを選びました。

石窯ガーデンテラス

古い洋館を改装した店内には、パン工房もあって、お土産用のパンもいろいろ販売されています。
石窯で焼かれたパンは、ふんわりもっちりしていて美味しい♪

三種のチーズ・プレート

お魚料理は余りいただく気がなく、この日のお肉料理は、牛肉の赤ワイン煮だったので、なんとなく気持ちが動かず、3種類のチーズの一つがアフミカート(燻製) のリコッタだったので、そちらにしました。
だけど、ミモレットにドレッシングがしっかりかかっていて・・・
日本のお店って時々びっくりすることをしますね。 でも、それが思わぬ美味しい発見になることもありますから。
もう 1種類のチーズは、ゴルゴンゾーラでした。
こちらのプレートは、ワイン付き

明るい陽射しが溢れ、騒がしくもなくでもなんとなくザワッとしていてランチの時間らしくて心地いい、そんな雰囲気のお店でした♪



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2014年01月18日

お皿の上で遊ぶ

ル・ジュー・ドゥ・ラシェット


久しぶりに関東へ来ていた妹とランチ。

季節なのでジビエが食べたいというので、ランチでジビエをいただけるお店を探していて見つけたのが恵比寿と代官山の丁度中間辺りにある小さなフレンチ

Le jeu de l'assiette

"ル・ジュー・ドゥ・ラシエット" とは、"お皿の上で遊ぶ" という意味だそうです。

メインのジビエには、小鴨(サンセル) を用意してくださいました。


Amuse-bouche

冬の日差しが入る窓辺の席。

アヴァン・アミューズの一つ、メレンゲに包まれていたのは真鯛のお刺身風。

小さなお庭のような、と言うか雑木林のようなところに載せられていたのは、中に温かいトマト・ソースが入った小さな円盤型のパスタ・・・これ、とても美味・・・と、チーズ・スティック。土の様な茶色のものは、トランペット茸というキノコを粉末にしているもので、スプラウトも植えられています。

アミューズ・ブーシェは、真っ白なメレンゲの上にキノコの粉末で色彩的にはちょっと地味目。ですが、ナイフを入れると、キノコやナッツに覆われた鮮やかな黄身が出てきました。

Wine

ワインは、グラスで。
白は、アルザスのリースリング "Emile Beyer" ヴィンテージを忘れました。
赤が、ブルゴーニュ、ピノでドメーヌ ダルデュイ "Savigny Premier Cru Aux Clous 2010"


Main

前菜は、色とりどりの大根や蕪の中に置かれた軽く焼いたお魚・・・ピンク色が綺麗でしたが、名前を忘れました。
この頃、大根や蕪もいろいろな種類があって色が綺麗で楽しいですね。

お魚料理は、紐状にしたゴボウでぐるぐる巻きにした 的鯛(サン・ピエール)。これ、美味しいけれど、食べ辛いったら! ゴボウをバリバリ壊してソースに浸して柔らかくしていただきました。
お皿の脇のチョコレート色のは、バルサミコを煮詰めたもの。

お肉は、初め蝦夷鹿の予定をしてくださっていましたが、できれば他のものをとお願いしたところ、小鴨を入れてくださいました。
小さいながら、胸肉、もも肉、砂肝など全て載っています。
トランペット茸やマッシュルーム、お芋のピュレ、ハーブなどと一緒に。
鴨の足が刺さっているのは、キノコを入れたミンチ・ボールです。
濃厚なソースにも内臓が使われています。


Dessert

華やかなデザートは、チョコレートとフランボワーズで組み立てられていて、濃厚ながら爽やか。 添えられたアイスクリームは大好きな薔薇でした。

jugon には珍しく、ハーブ・ティー。ハーブは、レモン・バーム。

プティ・フルールのトンカ豆のムース・・・トンカ豆は、不思議な香り・・・香辛料にも使われるもので、杏仁やキャラメルのようなエキゾチックな香りがしました。一緒のお皿に載ったもう一方は、中にキャラメルのクリームが詰まったサクサクのお菓子。


遊び心がいっぱいのお料理の数々。妹も大満足のランチのひと時、気付いてみれば 3時間以上のランチ・タイムでした(^^)
サプライズもいっぱい、食材も楽しくて、CP もホスピタリティーも最高。
素敵なお店に出会いました。高橋シェフ、中村さん、どうもありがとうございました♪


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2014年01月12日

2014の初一人ランチ

felice

は、鎌倉・妙本寺の境内にあるイタリアン "felice" でした!

本覚寺の十日夷を楽しんだ後、ちょっと足を延ばして(!?) 妙本寺へ猫ちゃん探しに行き、寒いしお腹も空いたので、どうしようかな〜と考えながら戻ってきました。
妙本寺の境内に入るとすぐには、民家も何軒かありますし、雑貨屋さんやバッグ屋さん、レストランなど数軒のお店も並んでいます。
入り口が余りレストランっぽくなくて営業しているみたいだけど・・・と横目で見ながら、前に来た時にも気になっていたバッグ屋さんにまず寄りました。

そこから出てきたら、レストランの前に人が立っていらして目があったので "こちらでお食事はできますか?" とお尋ねしたら、"はい。 美味しいですよ" って(^^) ・・・お店のお知り合いの方だったようです。 
それで入ったのが "鎌倉フェリーチェ"
外にあるイタリア色が目立つのになぜかフレンチだと思って入りました(^^;

felice-3

いただいたのはパスタ・ランチ。

ふんわり、もっちりした手作りブシャーティのお茄子やパプリカの入ったトマト・ソース。
ブシャーティは、シチリアのパスタで、竹串のようなものを使ってクルリんとさせたショート・パスタです。

felice-2
前菜は、クリーム・チーズのスモーク・サーモン包み、フォアグラを鴨で巻いたバロティーヌにセミ・ドライのフィグ添え、揚げ焼きにしたカリカリのポーク、鶏レヴァーの4種盛り。 どれもちょっとお味が濃いかな、って感じでした。 ワインはグラスで。(GAVI 2011)
店内は落ち着ける雰囲気で、パスタも美味しかったので妙本寺へ行ったらまたお邪魔したいと思います♪


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年12月28日

今年最後の一人ランチ

union Square tokyo


は、ミッドタウンの中にある "Union Square Tokyo" へ。
と言うか、ミッドタウンに用があったので、どこでランチにしようかな〜?とこちらへお邪魔しました。

BLT サンドウィッチも大好きなので悩みましたが、パスタ・ランチに。
この日のパスタは美味しい菜と小海老のトマト・ソース。
小さな海老は敢えて食べたいと思う食材ではありませんが、たまにはいいかな〜と選んで正解! 思ったよりとっても美味しい小海老でした。

行ったのは 25日。
素敵に着飾った女性にすれ違ったり、みなさんクリスマスを楽しんでいらっしゃる様子でした。

それでもランチだからかな〜お隣りに座った方も一人ランチの男性でした(^^)


ミッドタウン



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年11月07日

父の好物

もくず蟹


↑ これがこのブログの鹿児島旅行というと良く登場する "もくず蟹" の全体像です
川内川でこの時期に獲れる蟹で、山太郎蟹とも呼ばれ、蒸したり焼いたり、お味噌汁に入れたりします。
爪のところに毛がたくさんあるので、毛ガニと呼ぶ地方もあるようです。

父はお爺ちゃん子で、その祖父から昔話の サルカニ合戦 に登場するのは、この蟹だと聞いたそうです。蟹は、お猿から仲直りの印にこの毛をもらったのだとか(^^)


湯の元食堂さん

↑ 25日のお昼は、宮之城にある "湯の元食堂" さんで。

2011 秋 にもこちらのお店にはお邪魔していて、父はその時のことが忘れられず、また行きたいと T子さんにお願いして、Tおばさんも一緒に 4人で。

お料理は、父の大好きな川エビの唐揚げ、鮎の塩焼き、蒸したもくず蟹、もくず蟹のお味噌汁。 鮎は、味噌焼きも美味しかったです。
川エビの唐揚げは、2ラウンド。もくず蟹は、写真を写した後、小さくカットして食べやすくしていただきました。

こちらのお店は、うなぎも美味しいとのことで、jugon は食べたかったのですが、天然物は 9月末で禁漁になってしまっていて養殖のものだけだったので止めました。

ぶえんかん

日にちが前後しますが、↑ は、24日のお昼。

丁度、伊勢えび祭りが開催されていた阿久根の漁市場の中にある "ぶえんかん" で父と jugon は、"伊勢えび定食"。連れて行ってくださった Rちゃんは、"お寿し定食" でした。

お店の名前の "ぶえん" とは、無塩。お塩をしていない魚、即ち新鮮な魚のことです。昔、鹿児島では(川内周辺だけかも知れません) お刺身のことも "ぶえん" と呼んだそうです。

↓ 24日の夜は、川内の "中うち" さんへ

中うちさん


お腹が余り空いていなくて、赤貝のお刺身、ミズイカのお刺身、焼いたもくず蟹。この蟹はとても小さくて父はがっかりしてムッ・・・こんなに小さなのは、獲っちゃダメだそうで・・・食べません(^^;
後は、お通しと鹿児島のお店では最初に出してくださるお吸い物。
このお味噌汁が絶品でした。

と、こんな風にだいたい同じようなものをお昼も夜もいただいていたのでしたぁ! そして、旅行は続き、和食が続きます。



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年10月11日

みなとみらいランチ

ランチ

今日は、全神奈川の写真公募展で入選されたお友達の写真展に行っていました。
みなとみらい線のみなとみらい駅にあるギャラリーに100点の写真が展示されていましたが、動物や人、景色などの他に技巧を凝らした絵のような写真などもあって興味深かったです。

↑ 写真を見た後は、ランチ(^^)

at!

お友達は、飲みません! jugon だけビール
お料理は、お友達が鶏の竜田揚げ。 jugon は、ポークとお野菜蒸し。
at! の和食屋さんの窓からの景色も良くて会話も弾んで楽しい時間が続きました。
行ったお店は、クイーンズスクエア at! 4F にある "橙家" さんです。


みなとみらい



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年10月08日

Cave des Vignes

Cave de Vinios

映画が終わったのはお昼ちょっと過ぎ。
美味しそうなお料理の映画の後は、いつも以上にお腹が空きますね!
行くつもりだったお店が、思った場所になく(^^;
次に行った、懐かしいお店は本日貸切
それで、あ〜そうだ! と思い出して行ったのは、東銀座の小さなワイン・バー

"Cave des Vignes"

横浜へ来た当初に教えていただいてからず〜っと好きなお店の一つですが、外食が少ないのと場所柄でたまにしかお邪魔できません。

11時半オープンのお店に着いたのは1時半頃。 5種類あったこの日のランチは、すでに3種類が売り切れでした。

↑ とっても美味しい "ミネストローネ" と 本当に熱々の "熱々キッシュ"
グラスでお願いした、白ワインはアルザスのリースリング。

銀座のザクロ


銀座の街中にあったザクロの木に大きな実がたくさん付いていました。



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年07月12日

チャイナ・タウン 一人ランチ

謝甜記・ピータン粥

雨の日のチャイナ・タウン、いつもより観光客が少なくて・・・謝甜記の前を通ったら空いていそうだったので、入ってみました。

jugon はお粥と言えば "安記"派だったので、謝甜記には余り馴染みがありませんが、少し前にここに弐号店があるのを発見して、少し気になっていました。
でも "安記" にだって、もうず〜っとご無沙汰ですけれど・・・。


謝甜記


オーダーしたのは、ピータンのお粥。
普通サイズをお願いすると、シュウマイをサービスしてくださるんですって。
お茶のように見えるのは、写真左がロックの紹興酒。で、右はお茶です(^^)

お粥、美味しかったです。 ピータンと豚肉が入っていました。
弐号店はできて丁度1年になるそうです。


jugon 不在につき、コメント欄は閉じさせていただいています。



ねこ


バナー2
今日もいらしてくださってありがとう!
  ↑ ☆クリック☆ で応援、よろしくお願いします♪

jugon1911 at 11:00|この記事のURL