レシピ付き

2021年03月02日

ゴルゴンゾーラのソース

ゴルゴンゾーラ・ソース


早 3月。 明日は "お雛祭り" ですね。

今月もどうぞよろしくお願いいたします



↑ ブルー・チーズのソースには、
こんな焼肉用の薄目の牛肉が合うように思います。
ブルーは、ゴルゴンゾーラのピカンテ。

白ワインで溶いたゴルゴンゾーラに、ほんの少量のお塩と胡椒、
そして、生クリームも少し。
出来上がり直前にバターを溶かしても良いですね。


この日は珍しくシャンパーニュ。
エチケットの帽子が可愛い
"Valentin Leflaive, Extra Brut, Blanc de Blancs"



↓ "ブルー・チーズ" 繋がり

ブルーチーズ風味のカツレツ


見かけは普通のカツレツですが、
中に上と同じゴルゴンゾーラを使いました。

お肉に塩・胡椒して強力粉をはたいた後、
ゴルゴンゾーラを牛乳で溶いたものを纏わせて生パン粉を付けて揚げ焼き。
ブルーチーズがほんのり香ります。勿論、お味も♪

卵のようにねっとりしないので、脇の部分にパン粉が付かず・・・(^^;;



↓ 久々、セル牡蠣

蒸し牡蠣


日々の食材のほとんどはネット・スーパー頼りなので、買い物に出る頻度が少なくて、セル牡蠣に出会ったのは久々(^^)

塩水を入れたフライパンに置いて、蓋をして・・・
貝が開いたら、出来上がり〜。
レモンではなく柚子を絞りました。美味



↓ "ベランダ便り" ♬

アーモンド


名古屋から戻った翌朝、ベランダへ出たら!
咲いていましたアーモンド!!




今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


クンクン、クン🐈
春の香りがしてますか?




ご訪問、ありがとうございます。↓ のランキングに参加しています
クリックで応援、よろしくお願いいたします


クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 21:34|この記事のURLComments(12)

2021年02月22日

金柑風味の真鯛のカルパッチョ

カルパッチョ



実家の "金柑" 、今年は裏年でしょうか、余り実っていません。
代りに、去年 10個くらいしか実らなかった柚子は大豊作。

その数少ない金柑ですが、色付くのを待っていて、先月摘んできました。


↑ "金柑風味の真鯛のカルパッチョ"
レシピ ↓



カルパッチョ


植わっている場所の日当たりが余り良くないので、とっても小粒です。
なので、果肉がほとんどなく種ばっかりの感じ。
種を取ったら穴が空いちゃった(^^;;


それでも、真鯛に金柑の良い香りが移って、美味しくできました♬



** "金柑風味の真鯛のカルパッチョ" の作り方 **

<材料>(2人分)

・真鯛の柵 : 1枚
・金柑: 10個程度
・春菊: 適量
・お塩: 少々
・胡椒: 少々
・EV オリーヴ・オイル: 適量

<作り方>

真鯛は削ぎ切りにする。
金柑は洗って、2mmくらいの輪切り。
金柑の上に真鯛を置いて、お塩と胡椒をして、オリーヴ・オイルをかける、を何度か繰り返したら数時間から半日置く。(一度の場合は、金柑を真鯛の上下に置く。)
春菊は、なるべく芽の部分と柔らかい葉を選んでお皿に並べる。
お皿にい鮹屬い董↓の真鯛と金柑を適当に置く。
の器に残ったオイルをかけ、足らないようなら、新たにお塩、胡椒、オリーヴ・オイルをかける。

注)
・ 写真の春菊以外のグリーンは、セロリです。余っていたので置きました。



↓ "金柑のコンポート"

金柑のコンポート




金柑のコンポート



チーズは、コンテ と ゴルゴンゾーラのピカンテ。
フィグ・ログや糠漬けのりんごと一緒に。

今回のフィグ・ログは市販品。
りんごの糠漬けは、ちょっと浅漬け過ぎましたので、再挑戦予定(^^)



またまたワンちゃん♪

わんこ


猫ちゃん探しの途中に時々出会うワンちゃんです。



ご訪問、ありがとうございます。↓ のランキングに参加しています
クリックで応援、よろしくお願いいたします


クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2021年02月01日

サーモン 3種

サーモンのレモンソース


今日から 2月・・・今年の "春の始まり"「立春」は 2/3 です。

現代の日本では、国立天文台の観測で「太陽黄経が 315度になった瞬間が属する日」を立春としているので、今年の立春の瞬間は、2月3日の 23時59分になるのだとか・・・1分早くて 2/3 になりました(^^)

ということで、「節分」は 2/2。明日ですね?
大きな声で「福は内、鬼は外」しましょうね〜〜!!

今月もどうぞよろしくお願いいたします


↑ "サーモンのレモン・ソース"

材料は、レモンと生クリームとバター。
爽やかでちょっと濃厚、サーモンのソテーに良く合います。

サーモン・ピンクにレモン・イエローで、色あいも春らしく。


ワインは、オリヴィエ・ルフレイヴ、"Oncle Vincent 2017"

果実のアロマが、バター・トーストのような香ばしい香りに繋がります。お料理を引き立てる新鮮なレモンの皮のような爽やかさと余韻。



↓ ”サーモンの長芋ソース・グラタン"

サーモンの長芋焼き



バターとオリーヴ・オイルで炒めた ほうれん草 と 薄切りのじゃが芋 と 椎茸 と サーモンをこの順番に置いて
長芋の擦り下ろしたのをかけ、焼きました。

この前、ブログのお友達のタヌ子さんが、ホワイト・ソースにお味噌を入れたらとっても美味しくなったと仰っていたので、この長芋のソースにもいいかな?と入れてみました。 ついでに、ゴルゴンゾーラのピカンテも(^^)
両方で大さじ 1.5〜2 くらい。長芋は、普通のと大和芋半々。

長芋をかけたままラップもしないで 1時間ちょっと置いていたら、上が乾燥。
それに加えて、オーヴン・トースターがダメになったみたいで上側のヒーターが働いていないようで・・・慌てて、レンジの方のオーヴンを温めて・・・やり直し。
そんなこんなで、なんか焼き目の付き具合が良くなくて、美味しそうではありません が、見た目に反し、美味しかった〜

タヌ子さん、良いアイディアをありがとうございました


ついでに、もう一品

サーモン・ソテー


こちらは、ソテーしたサーモンにハーブ・パン粉をかけただけ(^^)

ハーブ・パン粉が余ったら、こんな風に使ったりします。




今日のニャーちゃん♪


にゃんこ


なんだか難しいお顔のニャーちゃんですね?
「立春」だから年初の抱負をおさらいしてるのかな。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 16:30|この記事のURLComments(14)

2021年01月20日

土浦のれんこん

蓮根チップス


去年の年末のことになりますが、
土浦のお友達が、地元の「蓮根」を送ってくださいました。
一昨年も、頂戴してとても美味しかったので、
実は密かに期待していました

いただいた「蓮根」の去年の記事は こちら


白くてとても綺麗な蓮根は、土浦にある "武井れんこん農園" のものです。


↑ "れんこんチップス"
辛子を加えた衣を薄く付けて揚げています。
止まらない系



↓ "れんこん揚げしんじょ"

蓮根団子


"武井れんこん農園" さんのレシピをちょっとだけ変えて作りました。


簡単レシピ
すりおろした蓮根 と 粗みじんにカットした蓮根 と すりおろした大和芋 と みじん切りの椎茸 を混ぜ、お塩と片栗粉を加えて更に混ぜて、丸めて揚げます。
お出汁とお酒とお醤油、味醂少々、お水も加えて椎茸を入れて加熱。
出来上がり直前にお葱を入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけたお出汁をかけます。

こちらもとっても美味しい。思ったより簡単なので、またすぐリピしたいです。


↓ "酢れんこん" と "れんこん煮"

土浦の蓮根


"酢れんこん" は何度か作りましたが、
写真がお正月の時に写したものしかありません(^^;;
一応、画像は違うものです(^^)


お友達に感謝
いつも気にかけてくださってありがとうございます♬



今週は実家です。
神奈川県も愛知県も緊急事態宣言、発出中ですから、気を引き締めて移動。
医療現場のみなさまに感謝すると共に、こんな状況下、どんな病気にもならないよう注意して過ごしたいです。
みなさまもくれぐれもお気をつけくださいませ。 jugon

コメント欄は閉じさせていただいています。




今日のニャーちゃん♪


にゃんこ


欠伸かな? 発声練習かな〜?(^^)



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2021年01月07日

バナナ・マフィン

バナナ・マフィン



今日の夕方に、東京都、埼玉、千葉、神奈川の 1都 3県に
また緊急事態宣言が発出されるようです。

そんな中、本当のことは分かりませんが、世界中が大変なのに発症元の中国がケロリとしている気がします。

COVID-19 のことが聞こえ出したのは丁度去年の今頃。
春節は 1/25。
中国が武漢の交通網を閉鎖したのは 1/23でした。
その日の中国全土の新規感染者は 259人、死者は 8人、
累計感染者数は 830人、重症者は 177人、累計死亡者数は 25人。
武漢の新規感染者数は 70人だったようです。
今思えば、そんな数で武漢は閉鎖されたのですが、
それが功を奏したのでしょうか?
それとも「清肺湯」が効くのかしら?


何はともあれ、一日も早いコロナの終息を願うばかりです。
感染が急拡大していますので、みなさまもお気をつけてお過ごしください。



↑ 年末に買ったバナナが良く熟れてきたので、"バナナ・マフィン"
を作りました  レシピ ↓




バナナ・マフィン



写真の右下は、以前作ったものです。
ベーキング・パウダーが古かったせいか、膨らみが足りませんでした(^^;;



** "キャラメル風味の バナナ・マフィン" の作り方 **

<材料>(底径 5cmのマフィン型 6個分)

・バナナ : 150g (1〜2本)
・薄力粉: 120g
・ベーキング・パウダー: 5g
・バター: 80g
・牛乳:60cc
・卵: 1個
・グラニュー糖: 50g + 30g
・お水: 23cc


<作り方>

バター、牛乳、卵を常温に戻し、卵は溶く。
キャラメル・バナナを作る:
お鍋にグラニュー糖(50g) とお水を入れて蓋をして弱火でキャラメル色になるまで加熱後、粗くカットしたバナナを入れて潰しながら混ぜる。
薄力粉とベーキング・パウダーを合わせてふるっておく。
ボウルにバターを入れて泡だて器で柔らかくしたら、グラニュー糖(30g) を数度に分けて加え、白くなるまで混ぜ、溶いた卵を少しずつ足していく。
の薄力粉+B.P. の 1/3 くらいに牛乳の 1/2 を 入れてゴムベラで混ぜるを 2回繰り返し、最後に残った粉と △離ャラメル・バナナを入れて、粉気がなくなるまで混ぜる。
型に生地を入れたら、予め 180℃に熱したオーヴンで 25分〜30分焼く。




今日のニャーちゃんたち♪

にゃんこ


この前(12/23) の 1人(匹) 日向ぼっこニャーちゃんの横に
シロクロちゃんがやってきました。




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 14:56|この記事のURLComments(14)

2020年12月23日

牡蠣のアーモンド・ガレット

牡蠣のアーモンド・ガレット


みなさま、ご無沙汰をしていました。
コメントへのお返事もまだですし、ご訪問も滞っていてごめんなさい。

随分と冬らしくなってまいりましたが、お変りありませんか?


先週の火曜日から昨日まで、実家へ行っていました。
京都の旅行記の続きを i-Pad で書いてみようと思い、画像を取り込んで出かけましたが・・・日にちが経つ内にだんだんその気も失せて・・・今日に至る

もう明日は、イヴ ですね!

今年のクリスマス、jugon は何を作ろうという予定もなく・・・
明日になってから考えます



↑ "牡蠣のアーモンド・ガレット"


牡蠣のアーモンド・ガレット


簡単レシピ:
粗みじんに切った加熱用牡蠣(普通の大きさ 10粒程度) と、溶き卵(1個分) 、アーモンド・ダイス:アーモンド・プードル=3:1 くらいの割合、塩・胡椒を混ぜて、適当な大きさに分けて、加熱したフライパンで弱火の中火で両面を 3分くらいずつ焼く。 つなぎが卵だけですので、崩れやすいので注意。

ハーブも混ぜると美味しそうですから、崩れないよう、もう一工夫して、また作ります(^^)


↓ 今日のオマケ♬

富士山と丹沢山系


上の 2枚は、今日の富士山と丹沢山系。
名古屋へ行く前は左の方に流れるようにあった雪が薄くなっています。
丹沢の山々には、まだ雪がなさそう。

左下は、今日の夕方。雲と飛行機雲が面白い模様を作っていました。

右下は、11/4 に撮ったものです。
この時の雪は、すぐに融けてしまいました。


ところで、昨夜の月、本当の半月でしたね。とても輝いて綺麗でした。
明け方の、木星と土星の直列、ご覧になりましたか?
240年続いた「土の時代」が終わり、今日から「風の時代」になりました。
是非是非、良い時代でありますように



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


公園のベンチ独り占めして日向ぼっこしてるニャーちゃんです♬




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 23:37|この記事のURLComments(18)

2020年12月09日

牛肉の赤ワイン煮とか さつま芋とか

牛肉の赤ワイン煮


久々の "牛肉の赤ワイン煮"
なぜか、マッシュポテトを作るとこれが作りたくなる、という



↓ "ひよこ豆のボッタルガ ソテー"

ひよこ豆のボッタルガソテー


これは良く作るけれど、最近は乾燥のものを煮るより缶詰を使うことが多い。
缶詰は、保存も利くしすぐ使えるので便利です。量も少な目で丁度いい。


↓ "鬼まんじゅうっぽいヤツ" (^^)

さつま芋焼き


"おいしいもの、大好き2" の tsubasaさんが UP なさっていた
「鬼まんじゅう」が美味しそうでした。

それで、真似て作ってみたのが ↑ 


tsubasaさんのは「安納芋」ですが、普通(?!) のさつま芋で作りました。
でも、jugon のは「艶」がありません
なぜかな〜? 蒸すのをレンジのオート調理でしたからかも。


tsubasaさんが、シナモンをかけたら断然美味しくなったと書いていらしたので、最初から混ぜ、ブランディーで延ばしました。

その後、2回作りました(^^)
2度目は、グラン マルニエを加え、3度目はラム酒を加えたの。

ブランディーを混ぜると、お酒のおつまみにもなりそうで jugon的には一番。

グラン マルニエとラム酒は、香りと甘さでお菓子っぽくなり、どちらかと言えば、グラン マルニエが美味しかったかな〜。

tsubasaさんの記事は こちら です。


自分の記録として:
お水に晒したさつま芋(120g) の水分を拭い、お塩少々(4g) とお砂糖(20g) を塗す。(甘さは、とても控え目です)
暫く置いて、水分が出たら、薄力粉(32g) とシナモン(1g) を塗し、ブランディー(10cc) を加えて延ばす。
オーヴン・シートに並べて、"スチーム調理"


今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


あっちが気になるニャーちゃんでした。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 16:00|この記事のURLComments(16)

2020年11月07日

棗の甘露煮などなど

棗


東京では 4日の日に「木枯らし1号」が吹いたとか・・・。

横浜は今日かな〜。
木枯らしというほどの強さはないけれど、なんとなく秋から冬へと変る、
そんな風が吹いています。

そう言えば今日は 11/7。二十四節気 "立冬" です。
そして、七十二候の "山茶始開"(つばきはじめてひらく)


東北の旅のお話の途中ですが、季節がどんどん移ってしまうので、


↑ "棗の甘露煮" レシピ ↓


棗



この棗は、10月の初めにお友達の pockyさんから送っていただいたものです。
結構熟していたのに、名古屋へ行ったりしていて、少し冷蔵庫で「待て」してもらっていて、どうかな〜と心配しましたが、美味しくできました。



美味しい季節


棗と一緒に、ジャンボ・ピーナッツや黒豆の枝豆も!

実はジャンボ・ピーナッツは、こちらでは見かけたことがなく、jugon にとっては「pocky印」 なの〜。
棗以外は、その日の内に茹でて、食べきれなかった分は冷凍保存。

その後チビチビいただいていましたが、
ジャンボ・ピーナッツはあっと言う間。
枝豆は、煮ものに入れたりしているのでまだ少しあります。

pockyさん、いつもご馳走さまです



** "jugon的 棗の甘露煮" の作り方 **

<材料>

・棗 : 適量
・お砂糖: 棗の量の 15%〜20%
・レモン汁:少々
・お水: 棗が隠れる程度
・ブランディー: 適量

<作り方>

棗は洗って、茎の部分を取り除く。
お鍋に棗を入れ、お砂糖を塗し、しばらく置く。
棗が隠れるくらいにひたひたにお水を注ぎ、レモン汁も足して弱火で煮ていく。
お水がほとんどなくなって、棗に艶が出たら、棗が 1/3くらい浸かる程度のブランディーを注いで、フランベ。それを 2回行う。
そのまま冷まして出来上がり。


今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


べ〜〜、かな?
それとも、ワタシも食べたぁ〜い、かしら?(^^)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 15:56|この記事のURLComments(10)

2020年09月15日

スパイスで熟成させた豚バラ肉

豚バラのスパイス熟成



豚バラ肉の塊にスパイスとお塩をすり込んで、冷蔵庫で 1ヶ月。
スパイス熟成って言うのかしら? そんな言葉があるのなら・・・


フェンネル・シードと山椒と胡椒を塗したかったのに、あると思っていたフェンネル・シードが引き出しの中になくて・・・代わりに見つけたいろんなスパイスが入った "カレーの恩返し" にお塩を混ぜて、お肉にこれでもか!とすり込んで、ラップに包んでチルド室へ。


そのまま実家へ行ってしまい、帰って来た時には、す〜っかり忘れてて・・・ある日、チルド室をゴソゴソしていて「キャ〜〜!!」ってなったのでした(^^;;

もうダメになってるかもと恐る恐る、ラップをはがしてクンクンしたら・・・ムフフフ、大丈夫みたい。(jugon は、自分の鼻を超信じてるので(^^)


"カレーの恩返し" (炒めてカレーの仕上げに入れると美味しくなるという代物) に使われているスパイスは、カルダモン、クミン、コリアンダー、ターメリック、シナモン、ピンク・ペッパー、クローブ、唐辛子、ローレル、フェンネル、フィネグリーク、レモングラスの 12種類。



豚バラ



塗したスパイスをある程度取り除いて、たっぷりのお湯で 20分ほど茹でてからスライスして、サッと炙る程度に焼きました。
ちょっとターメリックが効き過ぎでカレーっぽさがありますが、まぁ美味しくできました。

お肉の周りのグリーンは、ケールのスプラウトです。
全然、ケールっぽくなくて、
知らなかったら何のスプラウトか分かりませんね〜。



↓ "横浜DRAセブン"

NEWoMan


6月に横浜駅にオープンした
NEWoMan Yokohama 8Fのカジュアル・イタリアン。
お料理はどれも美味しかったけれど、それより気に入ったのは、
NEWoMan Yokohama 12F の展望フロア

お弁当持って行って食べたら気持ち良さそう!
テーブルや椅子の配置が気が利いていて、手を洗う水道も完備。



今日のニャーちゃん♪


にゃんこ


タイヤの陰にいた ハンサムニャーちゃん



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 22:11|この記事のURLComments(18)

2020年09月11日

帆立とトマトの炒め物

帆立とトマト



9月も 1/3 が過ぎて、やっとあの猛烈な暑さも一段落。
それでもまだ暑い暑いが口癖で
夜もやっぱりエアコンなしは無理。

早く秋にならないかな〜と思いますが、去年は秋があったかどうか分からないまま冬に突入でしたから、今年はちゃ〜んと「秋」あるといいナ。


冷凍庫の奥から出てきた帆立の貝柱。
バターでサッと炒めて、トマトを入れ、塩・胡椒。
白ワインでフランベして、
バルサミコ酢でさっぱり感を加えました。

使ったバルサミコ酢は、酸度 6% のモデナ産。
EATALY のもので、ちょっと薄めのやつ。



帆立とトマト



周りに置いたグリーンは、きゅうりと名古屋から持って帰った
セロリのスプラウト

このセロリのスプラウトは、実家の冷蔵庫では常備品。
サラダが一味美味しくなるので大好き(^^)




↓ 行っちゃった、チャイナ・タウン

重慶茶楼


「武漢でコロナ」以降、遠ざかっていた中華街ですが、
お友達から、綺麗で美味しいから行きましょう!
と誘われて、ある意味、意を決して行ってきました
閉めてるお店もありますが、思ったより観光客もいましたよ。

綺麗で美味しかったのは、"重慶茶楼"
お値段も GOO です。



今日のニャーちゃん♪


居眠りニャン


ぐっすりシロちゃん
ちょっと色っぽい寝姿ですね(^^)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 14:02|この記事のURLComments(19)