夕食:和食

2020年02月25日

焼いた白子

焼き白子


いつも楽しくてワンワンが可愛い "ゲンとミニィーとモコの部屋" のげんかあちゃんさんが確定申告終了のお祝い(!?) でいらしたお寿司屋さんの「焼き白子」が美味しそうでした。それで、作ってみたのが ↑
お味はポン酢だったそうですから、jugon もポン酢味で。

げんかあちゃんさんのその時の記事は こちら です。


ポン酢は、いつも柚子酢にお出汁とお醤油と味醂で適当に作ります。

ただ焼いただけの白子、写真に写っている反対側の焦げ感が良い色合いだったのに、置き方が不味くて白っぽいけれど、美味しくできました。
今のコンロのお魚焼きグリルが好きじゃないので、なるべく使わないように工夫していますが、これはグリルじゃないと上手く焼けないだろうと覚悟を決めて・・・良い具合に焼けて良かった〜!(^^)

げんかあちゃんさん、お教えくださってありがとうございます



↓ ついでにこの日のメニュー

雪割菜の花など


菜の花が出始めてお花のところに黄色い色を見つけると作りたくなる
「雪割り菜の花」お味は辛子醤油です。
お出汁とお醤油に辛子を溶かして、お酒も少々。
菜の花の上は、長芋ではなく大和芋。

煮物は、厚揚げ煮。
厚揚げの美味しいのがなかなか無くて。横浜だったら弘明寺の
「藤方豆腐店」のは美味しいけれど、出店している「そごう 」が遠い(^^)
後、二つくらい美味しいと思うお店はあるけれど、ここは絶対というお店は今はもうなく。
これは、どこのだっけかな? まぁまぁでした。

鶏のから揚げは、塩麴に浸けておいて、片栗粉を塗して揚げました。
塩麴を使うとお味がマイルドでしっとり柔らか、手軽なのもいいですね。
久々のから揚げ、美味しかったです。



今日のニャーちゃん♪


にゃんこ


この子、最近見かけません・・・どこへ行っちゃったかな〜?




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 07:00|この記事のURLComments(14)

2019年11月09日

鯛の漬けご飯

鯛の漬けご飯


大変ご無沙汰をしていました。
今回はちょっと長めの実家暮らし。
やっと再開したブログも長いお休みになってしまいました。

また月末には名古屋へ行く予定ですので、11月、何回 UP できるかな?
それでも、今月も …もう 9日ですが(^^)… どうぞよろしくお願いいたします。


↑ "鯛の漬けご飯"
夫のピロリ菌除去期間中のノン・アルコール生活の続き。
お夕食は、なんとかご飯が主でした。

真鯛をそぎ切りにして、お出汁とお酒と味醂とお醤油を合わせたのに漬けておいて、酢飯ではなく温かご飯に載せました。
ご飯と鯛の間には青じそと、黒豆の枝豆。
この枝豆は、pockyさんに送っていただいたものです。


↓ ジャンボ・ピーナッツも一緒でした🎶

ジャンボピーナッツと黒豆の枝豆


枝豆もピーナッツも茹でて、実を取り出して、食べない分は冷凍保存。



黒豆の枝豆


枝豆は、お出汁に漬けてから冷凍保存したのもあって、帰って来てから美味しくいただきました。



ジャンボ・ピーナッツ


pockyさん、ご馳走さまでした〜




今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


ニャーちゃんは、池のところで、
鴨やカラスと一緒におやつをもらったのでした。




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 16:28|この記事のURLComments(17)

2019年10月19日

ホヤご飯

ホヤご飯



去年辺りから、日本の四季から春と秋がなくなりそうという言葉が聞こえ始めていましたが、今年も秋はどこへ?
今日も、予報では昨日より 7度くらい高かった気がするけれど、涼しさを通り越して寒いくらい。すでに晩秋の気配。
是非、来週くらいには秋に戻ってきてもらいたいです


先週の水曜日から、夫がピロリ菌の除去で、ノンアルコール週間。
jugon までお付き合いする必要もないけれど、
この頃、和食の時は、炭酸水で済ませているので余り違和感なく、
アルコール・ゼロ生活中(^^)

ピロリ菌、jugon はと言えば、
去年の健康診断の時に検査をしましたが、セーフ!


↑ "ホヤご飯"

この前の "牡蠣ご飯" の時と同じ宮城県石巻からお取り寄せした
"ホヤの潮煮" を使いました。


ホヤご飯


お刺身は、よく作りますが、ご飯に入れても美味しいとは、
嬉しい発見

ホヤ はもう少したくさん入っている方が更に美味しそう。


よく食べている "ホヤ" ですが、記事にしたのは以下が全部。


・jugon の "ホヤ" との出会いは、ここから 始まりました。

・家で初めてさばいた時の ホヤ です。

ここ にも 書いてありました。

・とうとう作った "莫久来"



↓ そして、翌日は "タコ飯" でした。

蛸ご飯


前に作った時 (こちら) は、蛸を先に煮ておいて、そのお汁でご飯を炊いて蛸を混ぜ込みましたが、今回は、昆布出汁にお米を浸水させておいて、分量までお酒を足して、蛸と生姜、お塩とお醤油少々を入れて炊きました。
どっちが美味しいかな? 前のから時間が経ち過ぎて比較ができませ〜ん
こちらも美味しくできましたよ。


今日のニャーちゃん♪

萩とにゃん


"萩とニャーちゃん"



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 22:15|この記事のURLComments(19)

2019年10月13日

牡蠣ご飯

牡蠣ご飯


ご無沙汰をしていました。
みなさま、お元気でお過ごしでしょうか?

ブログの再開を宣言したにも拘らず、名古屋へ行く用事と
"また来た腰痛(!)" にかまけて 間 がたくさん空いてしまいました。
みなさまへのご訪問も滞っていてすみません。


今日は迫りくる大型台風に、首都圏はほぼ全ての交通がストップ状態。
大雨に加えてダム湖がいっぱいになりそうなので放水するなど、そこらじゅうの河川の増水が気になります。
10月中旬に超大型台風だなんて、被害最小で通り過ぎて行ってくれることを願うばかりです。みなさまもお気をつけてお過ごしください。

と、ここまで昨日(10/12) 書いて・・・。
あんなにも多くの川が氾濫して、浸水被害に遭われた方々の今後がとても心配です。国はどの程度の補助をしてくれるのでしょうか?
命は勿論何ものにも代えがたいものですが、その後の生活が続かなければ意味がありません。
被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。一日も早くみなさまの日常が戻りますように。

昨日の台風は、今まで経験したことのない勢力がありました。地球温暖化で、あの程度の台風は今後普通になるかも知れません。とても不安です。
ここ最近の気候変動は、世界的なものですので、温暖化対策、グローバルに本腰を入れて行わなければいけませんね。



↑ "牡蠣ご飯"

そろそろ牡蠣が出回ってきましたね。
でも使ったのは、宮城県石巻の「日高見市場」の "牡蠣の潮煮"

牡蠣のお汁にお酒と味醂。お塩、お醤油をほんの少し足して、お米に舞茸と生姜を混ぜて、昆布を一枚置いて炊きました。
小さく切った牡蠣と大きいままの牡蠣は、蒸らす時に投入。炊き上がったら、カットした牡蠣はご飯に混ぜ込んで出来上がり。
とても美味しくできたので、また作りたくて、この潮煮、ネットでオーダーしてしまいました(^^)


↓ "鶏とエリンギの山椒焼き"

鶏とキノコの山椒焼き


後一品の時にお役立ち。山椒のピリリが効いてます。

上の "牡蠣の潮煮" もそうですが、妹にもらった美味しそうな粉山椒で作ってみました。

火を入れた鶏肉をお酒で炒って、茸を加え、お塩少々、お醤油ちょっぴり、後は山椒。茸は何でも。
それに、茸シーズンですから、相乗効果もありますし、いろ〜んな茸を入れたら美味しさもグンと UP しそうです。


今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


フラリ、お散歩ニャーちゃん。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 17:35|この記事のURLComments(26)

2019年03月22日

舞茸ご飯、冬〜春へ

豚バラ肉と舞茸のご飯


たまには和食もネ。

この炊き込みご飯、材料少なく簡単ですがとっても美味しくてお勧め。
1月だったかに Amway の方に誘っていただいたクッキングのメニューです。

写真のは、上に散らした万能ネギが、冷凍戻しでショボいけれど、お作りになるなら切り立てが美味しいので、是非新鮮なあさつきをお使いください。


↓ お米を入れて炒め中

豚バラと舞茸のご飯


** "豚バラ肉と舞茸のご飯" の作り方 **

<材料> (2〜3 人分)

・ お米: 2合
・ 豚バラ肉: 100g
・ 舞茸: 1パック
・ オリーヴ・オイル : 少々
・ お醤油: 30cc
・ お塩: 少々
・ お酒: 50cc
・ あさつき: 適量

<作り方>
豚バラ肉は、2〜3cmにカット。舞茸はバラバラにする。お米は洗ってザルにあげておく。
フライパンで豚バラ肉を、カリカリになるまで炒める。この時、脂がたくさん出るので、半分くらいに減らす。
△防饌とお塩少々を足して炒め、お米も入れて一緒に炒める。脂を取り過ぎたようなら、オリーヴ・オイルで調整。
炊飯器にを入れ、お酒、お醤油を入れ、分量になるまでお水を足して炊く。
盛り付けたらあさつきを散らす。

注)
・ 豚バラ肉を薄く焦げ目がつくくらいまでカリカリにするのがポイント。
・お肉から出た脂を全部使っても美味しいのですが、少ししつこくなります。


 ↓ 食卓も冬から春へ

冬から春へ


冬の鰤は美味しいですね。アラを使って鰤大根。
上には生姜ではなく柚子を散らしました。

そして、春と言えばヤリイカ。腸も美味しい。
イカのお刺身はいつも、海苔に包んでいただきます。

なぜここにゆで卵かと言えば、最近の我が家の朝の習慣。
TVで卵の黄身に抗酸化作用があると聞き、毎朝作っています。
ミーハーですよね〜
この黄身を真ん中にする半熟が結構手間がかかる。
コロコロしながら約 5分。

茹で上がりを氷水に浸けるけれど、それでも、卵によっては殻が綺麗に取り辛い。白身が割れちゃったり、ボロボロになったり。
白身のボロボロは、たったそんなコトなのに、結構凹みます。
その内達人になってみせる!と心に誓いながらの毎朝

振ってるのは胡椒。


↓ 梅と桜の間の植物たち

三渓園 2019.3.6


ネコヤナギがグリーンになってきました。
サンシュユ、ピンクの馬酔木、土佐ミズキも綺麗。
池にはオオバンがスイスイ。



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


茶トランの手前にあるボケボケのグリーンは、紫陽花の新芽。
春ですね〜 ♪


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2017年12月14日

里芋の揚げ出し

里芋の揚げ出し


この前、名古屋で暫く振りに Mお姉さまにお会いしました。
最初に勤めた会社で一緒だった Mお姉さまは、一人暮らしだったのでお昼はたいていいつも出前。
それで時々、好きな出前と母が作ってくれたお弁当を交換して〜って(^^)
いつも美味しい美味しいと誉めてくれて、jugon は jugon で好きなものをオーダーできるのが嬉しくて winwin

そんな Mお姉さまとは、二人でイタリアへ行ったりもしてずっと仲良し。
それに二人共、美味しいものが大好き。なので、会うといつもあれを作ったこれが美味しい談義になります。
前置きがとっても長くなりましたが・・・今回は「里芋の揚げ出し」が超美味しいと教えてもらったので、早速作ってみたという訳です。
レシピ ↓


里芋の揚げ出し


これは、お料理研究家の土井喜晴さんのレシピを参考にしました。
外はカリッ、中はねっとりとしていてとっても美味しい。
一つを半分くらいに切ってもっと小さくした方が食べ易かったかも。
上に飾った柚子は、自然さんにいただいたものです。


↓ 柚子繋がり(^^)

春菊とあさりの辛子和え


ほうれん草を買おうと思ったら、いつもの倍近いお値段。それで、ちょっと安かった春菊に走りました(^^)
春菊とあさりのお浸しは、なぜかいつも辛子和えにしたくなります。
あさりは酒蒸しにして、身を外して使いました。
柚子の皮の細切りも入れたら、ほんのりと苦みが加わって香りも爽やか。
上にも飾ってアクセント。


** "里芋の揚げ出し" の作り方 **

<材料> (二人分)

・ 里芋: 6個
・ 片栗粉 : 適量
・ お水 : 100cc
・ 日本酒 : 100cc
・ お醤油 : 40〜50cc
・ みりん : 20cc
・ 顆粒出汁 : 少々 
・ 大根 : 適量
・ 生姜 : 適量
・ 柚子の皮 : 少々

<作り方>
里芋は洗って、沸騰した湯で 25分くらい茹でる。
茹だったら皮を剥いて、固い部分があれば取り除いて、なんとなく丸く成型。
お水と日本酒、お醤油、みりんを合わせて一煮立ちさせ、顆粒出汁を入れてお味を調整する。
大根と生姜はおろして、柚子の皮は千切りにする。
を揚げる。
器に のだし汁を入れ、揚げあがった里芋を置いて、大根と生姜のおろしたものを載せて、柚子を飾る。

注)
・ お醤油とみりんの量は、お味見をしながら決めてください。
・ 上にも書きましたが、小さめに作った方が食べやすいと思います。


今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


日差しの中で・・・。ちょっとピンぼけ。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 09:32|この記事のURLComments(12)

2017年11月05日

「あてなよる」 などなど

きのこのおでん


11月になったのにご挨拶を忘れていました(^^;
今月もどうぞよろしくお願いいたします

お出かけが続くといろいろを忘れます。
カレンダーもやっと今日(11/5) めくりました


↑ NHK BS の「あてなよる」をたま〜に観ます。
9月に放送された "きのこで呑む" の早業おでんを作ってみました。
材料は、さつまあげとキノコ数種だけ。
ポイントは、さつまあげをお出汁が冷たい内から入れることと、きのこを焼いて、そのエキスを上手にお出汁に入れること。


きのこのおでん


キノコは、椎茸、エリンギ、しめじ、舞茸を入れました。
椎茸は、傘を上にして焼いてエキスがジワジワ出てきたら、
こぼさないようにそのままお鍋へ。

とっても美味しかったと言いたいところですが、
さつまあげのグレードが良くなかったのとキノコ達もイマイチで、
う〜〜ん、リピートなし!
普通のおでんの方がいいな〜(^^)


↓ キノコ繋がり

鮭のホイル焼き


キノコと豆苗の下は鮭。


↓ ここ数日の和食から

めかぶと牡蠣


細切りのきゅうりいっぱいにめかぶ。味付けは、お出汁とお醤油です。
めかぶってこんなに美味しかった?のヒット。 和食の時には外さない最近の大好きメニュー♪

牡蠣は、生食の方が多くて、大根おろしに柚子酢とお出汁とお醤油ですが、
↑ のは、塩コショウして片栗粉をまぶし、バターで焼いて仕上げにお醤油少々。簡単美味しいメニューですが、牡蠣がもう少し大きい方がいいな〜。


今日のニャーちゃん♪

どんぐりコロコロ


林の中を歩くと、どんぐりや椎の実がいっぱい落ちている季節ですね。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 13:47|この記事のURLComments(12)

2017年07月07日

漬けご飯

鮪のヅケのご飯


この前鎌倉へ行った時に、「風凛」さんで "まぐろの漬けのご飯" をいただいたら、薬味がたくさん使われていて夏らしくて美味しかったので、自分でも作ってみました。
名古屋で父にも作ったけれど、その時は良いマグロがなく、メバチだかビンチョウだかだったからかイマイチ。
良いのがなきゃ、止めとけばいいのに、作りたいと思ったら「マテ」ができない(^^) ・・・で、今度はちゃんとマグロで。

「風凛」さんのには、お葱がたくさん混ぜてあって蕪などのお野菜も使ってあったけれど、jugon は、微塵にカットした生姜をご飯に混ぜました。後の薬味は、茗荷とカイワレと大葉。

お寿司ご飯と違い、炊いたそのままのご飯で良いから、マグロさえ前の日に漬けておけば簡単なので、この夏の食卓に何度か登場しそうです。


↓ ついでに和食のメニューを二つ

十六ささげの胡麻和え


”十六ささげ" って関東(横浜周辺) では見かけないけれど、あるところにはあるのでしょうか?
鞘の中にお豆が 16個入っているのが名前の由来とか・・・長さ 30cm くらいで淡いグリーン色。
10本ずつくらい根元をゴムで止めて売っています。
好きなので、この時期になると名古屋から買って帰ります。

油が出てしっとりするくらいまでしっかり擦った胡麻で和えるのが定番。
少し残したのは、厚揚げの煮物に合わせました。

今度の時には、中のお豆の数を数えてみなきゃ(^^)


豚バラ巻き


大き目のオクラに豚バラを巻いて焼いたのに、お出汁とお醤油とお酒と味醂を合わせたタレを絡めたヤツ。
オクラのちょっとしたねっとり感が美味しい。



今日のニャーちゃん♪

可愛い♪


兄弟と大暴れしていたニャーちゃん、石のところでちょっと休憩。
このくらいの時って動きも大胆で可愛いですね。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 10:12|この記事のURLComments(21)

2017年06月08日

グリーンピースのご飯 他

グリーンピースのご飯


関東地方も昨日から梅雨入りだそうです。
横浜は、朝からしとしと降りの雨降り。
今年はどの地域でも大暴れの梅雨にならないといいですね。


↑ グリーンピースのご飯を炊きました・・・初めて〜(^^)
鞘の茹で汁で炊くと香りが良くなると知って、作ってみたいと思いながら、なかなかご飯に行けずお酒のアテの茹でただけのグリーンピースばかり

思ったほどの香りがしなかったのは、お酒の入れ過ぎ??
でも、久々のグリーンピースご飯は、とっても美味しくてニッコリ


↓ カテゴリーに困るけど(^^) グリーンピース繋がり

カツレツのグリーンピース・ソース


"カツレツのグリーンピース・ソース"

ちっともUPするチャンスがなくて写真がホルダーに残っていました。
いつ写したのかな〜と見てみたら 4/13  
日の目を見られて良かった良かった(^^)

グリーンピースは、白ワインで煮て、有塩バターで仕上げています。
カツレツの衣には、パルミジャーノ・レッジャーノを塗して、
少し濃厚カツレツ。


↓ "きゅうりのフライ、鰺フライ添え"

きゅうりのフライ


TV番組「ためしてガッテン」・・・今はただの「ガッテン」かな? を時々、観ます。
出席者がすごくジューシーで美味しい美味しいと言っていたので、翌日に作ってみました。
何気にいつものようにきゅうりの皮を剥いてしまって、これじゃあ水分が逃げるかな?と思ったけれど、すごくではないけれどジューシーで生の時とは違う「きゅうりの味」が感じられて美味しかったです。それにコレ、水溶きした小麦粉とパン粉だけなので、手間いらず・・・この場合、鰺フライを添えちゃったので手間増しだったけど・・・。


ちこちこ



お誕生日にお友達からいただいたチコリ芋から造られた焼酎。
何年前だったかな〜と考えたら、エチケットに書いてありました。
2013年、4年前です。
開けたのは、グリーンピースご飯の日より少し前ですが、和食を余りUPしないので、思い出のためにここに載せることにしました。

チコリって地下にお芋ができるのですね。
え〜〜っと、チコリの香り ・・・ 分からず






今日のニャーちゃん♪

こっちへおいで〜


とってもこっちへ来たそうに何度も何度もこうして見にくるのに、
来ないニャーちゃん




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2017年04月13日

鯛の子の煮物

鯛の子の煮物


窓から見える桜がとても綺麗な季節になりました。
向こうの小高い丘(?) の緑の中にピンクのある景色は、毎年見られるのを
楽しみにしている風景の一つです。
それも今が一番かしら。


春のお魚と言えば「鯛」ですね〜(^^)

↑ "鯛の子の煮物"

塩ゆでのうすい豌豆と菜の花と一緒に。
生姜も入れています。
イメージは、もう少し薄味だったのに、少し味醂を入れ過ぎました。


↓ ついでに "鯛と筍のご飯"

鯛と筍のご飯


この前の "鯛飯" が美味しかったので、また作ろうと思い、筍の季節になったので、"鯛と筍のご飯" にしました。
ワカメは、TV であるシェフが、筍ご飯にワカメを入れていらしたのを見て、jugon も入れてみたってワケ


今日のニャーちゃん♪

ニャンコ


ニャーちゃんは、赤い橋のずっとこっちの方でジーー。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように