夕食:Italian, French,etc...

2019年03月19日

文旦

文旦ソース


今年も高知から "文旦" を送っていただきました。
もうなくなっちゃいましたが、そのままは勿論ですが、
ジャムにしたりソースにしたり、サラダにも大活躍。

↑ のとは別に、コリアンダー・シードとシナモンを入れたのも
作ってみたのですけれど、それも美味しかったです。


今年のジャムには、セイジの香りを足しました。
瓶の底にチラリと写っているのは、ベランダから調達したセイジの葉っぱ。


↓ サラダ

文旦と空豆のサラダ


本当に良く作る "果物+アボカド+モッツアレッラ のサラダ"

この日の果物は、文旦です。
後は、そら豆 と なんちゃってリコッタ。
これにナッツ類を加えたりもして。
味付けは、塩、胡椒、バルサミコとオリーヴ・オイル。


Clarendelle 2017, Clarence Dillon Wines





ワインはボルドーの "Clarendelle 2017"

ソーヴィニヨン・ブラン主体ですが、セミヨンが入っているので、口当たりが良く爽やかです。

ドメーヌ・クラレンス・ディロンは、シャトー・オー・ブリオンなどボルドーを代表する白の造り手。










今日のニャーちゃん♪

追っかけニャンコ


何かを追っかけるのに夢中。


今週は、実家です。
まだ暖房は手放せませんが、それでも随分暖かくなってきました。
油断してお風邪など召しませんようお気をつけてお過ごしください。
コメント欄は閉じさせていただいています。  jugon



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2019年03月11日

きんかんソース -2

金柑ソース-2


先月作った "きんかんソース" は種も皮も外してすり鉢で擦った(^^) ヤツだったけれど、今回のは全部Ver.

滑らかさと美味しさと栄養価でこちらに軍配。

この金柑は、実家の庭で収穫したもの。
少し日影にあるのとほったらかしなので、実も小さく数も余りなかった
(20個くらいかな) けれど、それなりに活躍してくれました。

白いのは牛乳とレモン汁で作った "なんちゃって リコッタ・チーズ"
散らしたゼストは、柚子で代用。全然OK。
この柚子も実家から調達したものです。


"きんかんソース 全部Ver." の簡単レシピ:

きんかんを半分にカットして、白ワインとレモン汁とお砂糖で煮る。
少し柔らかくなったら、お鍋の中全部をミキサーにかける。
この時、水分が少ないようなら白ワインでのばす。
滑らかになったら、お鍋に戻して再び過熱しながらブランデーと蜂蜜を足す。お味をみながら、更に煮る。出来上がり直前にバターを溶かす。

ついでに "なんちゃって リコッタ・チーズ" の作り方もネ!

乳脂肪分 4.0%以上の牛乳にレモン汁を加えて加熱。暫くすると白いふわふわのものが乳清と分離するので、それをキッチン・ペーパーなどで濾して、冷ます。


↓ そろそろ牡蠣のシーズンが過ぎますね。

牡蠣のマスタード・ソース


大好きなメニューなので、よく作ります。



今日のニャーちゃん♪

泣き虫にゃんにゃん


「ご飯ちょ〜だい」
でずっとニャーニャーニャーのニャーちゃん(^^)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 23:50|この記事のURLComments(12)

2019年02月18日

きんかんソース

きんかんソース


"鶏もも肉の金柑のソース"

金柑の苦くて酸っぱくてちょっと甘いソース

だいたい煮てハンドミキサーにかけようかな、と思ったけれど、
出すのが面倒(^^) だったので、すり鉢で擦った!
どっちが面倒なのか、分からないよね?


この金柑は、皮が結構しっかりしていたので、擦りながら皮を適当に取り除きました。
でも、これを作った後で、お友達と話していたら、そのお友達は、コンポートにするのに皮は勿論、種も一緒に煮込んでしまうって。
次回は、jugon も全部Ver. で行ってみたいと思います。ちゃんとミキサー使って。


Pork


こちらはどちらもポークのロース。
左の方は、レモンのソースです。使ったのは冷凍していたレモンの皮。
飾りに使ったのは、ドライ・レモン。

右は、上と同じ金柑のソース。


"きんかんソース" の簡単レシピ:
洗った金柑を半分にカットして、お砂糖と白ワインである程度煮たら、飾りにする分を取り出し、後は潰しながら煮る。この時、水分が蒸発し過ぎたら白ワインを足す。
それをミキサーにかけ、またお鍋に戻してブラデーを足して更に煮る。出来上がりにお好みでバターを溶かす。


今日のニャーちゃん♪

ぺろん


ペロンが可愛いね。
この子、前にUPしたことあるかも。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 09:37|この記事のURLComments(22)

2019年02月01日

今日から 2月

生ハムのケイパーマリネ


今年も 1ヶ月過ぎてしまいました。

とは言っても、二十四節気の最初の節 "春" の始まり「立春」は 2/4
暦の上ではこの日が一年の始まり
ということで、なんとなく明後日の節分を境に
また新しい年が始まるような気もしています(^^)

今月もどうぞよろしくお願いいたします
冬真っただ中の寒い寒い 2月、みなさま、温かくしてお過ごしくださいね!


↑ "生ハムのケッパー・マリネ"


超簡単おつまみです。
叩いて潰したケッパースとオリーヴ・オイルを混ぜて、生ハムをマリネしただけ。
このお料理(と言えるかどうか) は、先日行った "オイスター・バー" で出てきて、美味しかったので作ってみました。
ビールなど泡ものやワイン、日本酒にもイケます。


↓ 今朝 7時頃の富士山

2019.2.1 0700


右の方の "丹沢山系" にも雪が積もっているのが見えました。
寒かった昨日、山では雪がシンシンと・・・。


↓ Zoom Up

Mt.Fuji


↓ 1ヶ月前

2019.1.4.0830


1/4 の朝 8時半頃です。
富士山の雪も少なく、丹沢の山々の雪はチラホラ見える程度。

日の出も早くなりましたね〜



今日のニャーちゃん♪

いねむりニャン


春眠暁を覚えず・・・ではなく、お昼寝中



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 16:33|この記事のURLComments(19)

2019年01月28日

りんごのソースとサラダ・ケール

りんごのソース


この頃、何度かりんごでソースを作っています。
ソースにするりんごは何がベストなんだろう? と思いながら、ジョナゴールドは紅玉の親戚だから煮るのに良いかな〜と、今回はジョナで作りました。
皮も一緒に煮ると色がとっても綺麗。

簡単レシピ:
二人分でりんご 1/2
適当にカットしたりんごをお鍋に入れて、レモン汁とお砂糖と白ワインでりんごが柔らかくなるまで灰汁を取りながら煮ます(約 10分)
りんごを潰して、煮汁が少な過ぎたら白ワインを足して更に少し煮て、出来上がり直前にバターを加える。

グリーンは、ベランダにあるフェンネル。



ケール


上のはポークですが、こちらはチキン。
甘酸っぱいソースは、鳥系に良く合うはずですが、りんごの場合は
チキンよりポークの方が美味しい。

マッシュルームと一緒にガルニチュールにしたのは、"サラダ・ケール"
サラダ用のケールを見つけて即買い。
ちょっと苦くてパサつくけど、体に良いと思うと余り気にならない(^^)


↓ ケール主体のサラダ

ケールのサラダ


↓ ついで

Tapas


バジルでマリネしたポークだそうです。
レンチンするだけなので簡単、
そして当然ですが市販品のお味・・・リピート微妙。
でも、このシリーズ、他にもいろいろありました。



今日のニャーちゃん♪

日向ぼっこニャンコ


こんな風にしているニャーちゃんが好き(^^)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 00:00|この記事のURLComments(19)

2018年12月15日

茄子のタタン

茄子のタタン


お友達にただいた「パリのカフェごはん」
というお料理の本に載ってて作った前菜。

レシピ ↓


日本のお茄子とフランスのは長さが違うので長茄子だと作り易いと書いてあったのを、普通のずんぐりのお茄子で作ったらちょっと中が見えちゃった・・・でも食べたら変わらないし、写真だと中のトマト色が映えて、これも有りですよね〜


茄子のタタン



お水に晒したお茄子をまずオーヴンで焼くとなっていたけど、面倒なのでラップに包んでレンジでチン。
セルクルにお茄子を放射線状に敷いて、トマトソースやモッツアレッラを入れて、はみ出したお茄子で覆って、オーヴン。
結構簡単、美味しいので作ってみてね! ワイン、進みます(^^)



Barolo Le Coste di Monforte 2013







ワインはグイドボーノのバローロ。

ヴィンテージは 2013年ですが、すでにすっかりレンガ色。
紅茶やスパイス、ややスモーキーなニュアンス。
質の高いタンニンが印象的。












** "茄子のタタン" の作り方 **

<材料> (直径 6cm のセルクル 4個分)

・ お茄子 : 3本
・ モッツアレッラ : 適量
・ カット・オリーヴ : 20g
・ にんにく(お好み) : 少々
・ トマト・ソース : 適量
・ パルミジャーノ・レッジャーノ : 16g
・ 塩・胡椒: 少々
・ オリーヴ・オイル: 適量


<作り方>
お茄子をは、3〜4mm の厚さにスライスしてお水に晒し、ラップに並べて上からもラップをしてレンジで 2〜3分。
トマト・ソースにカット・オリーヴを入れて少し煮詰める。
セルクルに,里茄子を放射線状に並べて敷く。この時、後で覆えるようにお茄子の端を出しておく。
の中へ△離肇泪・ソース、ちぎったモッツアレッラ、にんにくなどを入れて、オリーヴ・オイルを回しかけ、お茄子のはみ出した部分で覆う。
予め 200℃に熱したオーヴンで 8分焼く。
ひっくり返してお皿に盛り、パルミジャーノ・レッジャーノをかける。

注)
・ お茄子の代りにズッキーニでも良いみたい。


↓ 今日のオマケ(^^)  12/14 朝の富士山

2018.12.14 0700


富士には、随分麓まで雪がありますが、遠いからですが丹沢山系は
まだ白っぽくありません。


↓ こちらはほぼ 1ヶ月前 11/16 の同じくらいの時間

2018.11.16 0700


空もすっかり明けていて、富士山の雪はお帽子のよう。



今日のニャーちゃん♪

ぎんちゃん


また会いに行きますね〜、ぎんちゃん!




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon1911 at 16:53|この記事のURLComments(6)

2018年08月18日

生ハムと無花果 2018

生ハムと無花果


生ハムと無花果の組み合わせなんて、珍しくもないけど・・・。
中にゴルゴンゾーラのピカンテを入れたので、
食べてみると「ン、ちょっと違う」って感じかな〜(^^)


この前、P/C がダウンして初期化したお話しをしましたが、あれから数日後のある夕方、空がピカピカゴロゴロしてたので、シャット・ダウンしてコンセントも抜いておいた。
その夜、電源を入れてみたら、起動はするけどそれ以上進まない
いろいろインストールしたりして、せっかくある程度まで復元できてたのに、すっかり気落ち。やる気喪失。
2度あることは 3度ある、かも。それに、原因不明。 だからもうこのP/Cは諦めようかと・・・。
でもでも、まだ 3年しか経ってないし、もう 1回やってみよう! と思い直し、今また設定中

だけど、本当にまたダメかもだし、ノートタイプもあるといいので、ピンチはチャンスかもね〜


保存していた写真はまだ外付けから持ってきていないので、↑ の写真は、ブログの "画像/ファイル" に入れてあったのを UP しました。


みなさまのところへのご訪問も滞っていて、ごめんなさい。


生ハムと無花果



今日のニャーちゃん♪

ニャーちゃんとスグリ -2


スイスは記録的な暑さになっていて、氷河が融けて不時着した
World War II の軍用輸送機が見つかったとか・・・。
ニャーちゃん、涼しく過ごしているかな〜?



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 21:37|この記事のURLComments(16)

2018年08月11日

巨峰とパッション・フルーツ

巨峰とゴルゴンゾーラのソース


残暑厳しき今日この頃、みなさまお変わりありませんか?

jugon 環境は、大変なことに・・・先週、P/Cが突然フリーズ。
起動はするけど、先へ進めない。多分、C-Drive に何でも入れていたので、負荷がかかり過ぎたのだろうと・・・そこで、止むなく初期化しました。
初期化したのは良いけれど、当然ですが、スイスの写真も含めてドライヴにあったものは、全て消失。
外付けのHDD だけが頼りで、そこから復元を試みたのですが、「復元準備中」の状態が 5時間以上続いて・・・余りの長さに何か変かも、と途中リタイア。
HDD のメーカーの方にチャットで相談したり・・・と、そんなことを 2日に渡って行って、取り敢えず他の作業を続けながら、一昨日の夜、 PICASA をインストールしたら、なんとすごい量の画像が一気に取り込まれてきました。
「復元準備中」となっていたけれど、ちゃんと復元されていた様子。ということは、他のデータも大量に。
いろんなものが戻ったのは、嬉しいけれど同じ写真のフォルダーがどんどん取り込まれるのには辟易。
などなど、ここ数日はそんなこんなの P/C 騒動。
Windows は、X にVer.Up していたけれど、現況は、購入時の 8.1 のまま。
でも一応、ある程度復旧してやれやれ(^^)


そんな訳で、スイス旅行記はちょっとお休み。


↑ 今年も鹿児島から送っていただいた 「東郷の巨峰」とゴルゴンゾーラのピカンテを合わせたソース。
甘さと青かびのピリリ、良い感じです。ポーク・フィレに合わせています。


↓ こちらはパッション・フルーツのソース。

パッションフルーツ


独特の甘酸っぱさと香りと種のプチプチ感が大好き🎵
ポークのロースに合わせて。



パッション・フルーツ


こちらも鹿児島から送っていただいたものです。
パッション・フルーツに黄色いものがあるのを初めて知りました。
中もお味も普通のえんじ色のと変わりませんね。
上のソースは、2種類を合わせています。


今日のニャーちゃん♪

ニャンコ


台風の影響で、外では長袖が欲しかった先週の横浜。
ニャーちゃんも室外機の上で寝てましたよ。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 18:52|この記事のURLComments(20)

2018年07月28日

プラムのソース

プラムのソース



スイス旅行記、ちょっと休憩

↑ 三重県の伊賀にある「モクモクファーム」にいらした pockyさんが新鮮なお野菜とプラムを送ってくださったので、冷た〜く冷やしてパクパクいただいた後、冷やさなかったのをお肉のソースにしました。

甘酸っぱいのって大好き♪


いただいたお野菜など



トウモロコシは、レンチン。大きな実がぎっしり。甘くて美味しい!
小さいにんにくはまだ保存中。おかひじきは、小さく切ってチーズと一緒にピーマンに詰めました・・・作ったお料理は、その内、UPします。
紫蘇の葉は、あれこれ重宝しています。


** "プラムのソース" の作り方 **

<材料> (2 人分)

・ プラム : 2個
・ 白ワイン : 適量
・ レモン汁 : 10cc
・ お砂糖 : 少々
・ バター : 10g

<作り方>
プラムは皮と種を取って、実だけにして崩す。
お鍋に,離廛薀爐版鬟錺ぅ鵑鬟廛薀爐茲蠑し多めに注いでレモン汁とお砂糖を入れて煮る。
△鬟肇蹈蠅箸垢襪泙納儺佑瓩襦E喘罅必要なら白ワインを足す。
出来上がり直前にバターを入れて溶かす。
豚肉、鶏肉、鴨肉などのソースにどーぞ!

注)
・ お肉を焼くのに、セイジで香り付けをしたので、そのセイジを上のソースに混ぜました。
セイジの香りとプラムのソースのマリアージュ、イケます(^^)


今日のニャーちゃん♪

柏葉紫陽花の咲いてた頃


まだ柏葉紫陽花が咲いてた頃のニャーちゃんです。
暑いのでねこちゃん写真不足中 (^^;



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon 不在につき、コメント欄は閉じさせていただいています。



jugon1911 at 07:00|この記事のURL

2018年06月27日

ズッキーニとおじゃこのサラダ

ズッキーニとおじゃこ


昨日の夜からちょっと湿気を帯びた強風が吹いていて、ワサワサしていたベランダのポポーの葉が随分吹き飛ばされてしまいました。
ポポーは数本あるのですが、どうしてかその一本だけ、裸ん坊状態。


↑ この前、名古屋のお店でいただいた「ズッキーニとおじゃこのサラダ」が美味しかったので、こんな感じかな〜と作ってみました(^^)
超簡単でとっても美味しい🎶 ヒットです。

向うに一緒に載せたのは、ヤング・フェンネル・・・そんな名前じゃないけど、小型のフェンネル


La Crema 2015 Chardonnay, Russian River Valley








ワインはカリフォルニア、ソノマのシャルドネ。
ルシアン・ヴァレイは、雨量が多く冷涼な海洋性気候の地域です。

樽香や焼き立てのパン、ネクタリンなどの香りとフレッシュな果実味。
アメリカっぽい造りのシャルドネ。














** "ズッキーニとおじゃこのサラダ" の作り方 **

<材料> (2 人分)

・ ズッキーニ : 1本
・ おじゃこ (釜揚げしらすでも良い) : 適量
・ タイム: 適量
・ お塩: 少々
・ オリーヴ・オイル: 適量

<作り方>
ズッキーニは、3mm 程度の幅で輪切りにしたり、縦にカットして、お塩を振りかけて暫く置く。
,鯲篆紊任垢垢い如塩分を調整後、水分を取りオリーヴ・オイルでマリネする。
おじゃこ (jugon は "かちり" 使用) は、熱湯をかけて臭みを取り、冷水をかけてから水分を拭っておく。
お皿にズッキーニを適当に並べ、タイムを散らして、おじゃこを載せる。


今日のニャーちゃん♪

ニャーちゃん


「ひょっこり!」のニャーちゃんでした。



明日から 2週間ほどスイスへ行ってまいります。
2002年に一緒に行った M子さんとの再訪です。 珍道中の模様は、帰ってきたらご報告いたしますネ。
コメント欄は閉じさせていただいています。  jugon



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 16:43|この記事のURL