季節のフォト

2020年12月31日

大晦日の富士山

2020.12.31 09:54

後 2時間弱で、2021年です。

今年も "飛び出せ Kitchen ♪" と jugon をご贔屓にしてくださって、
ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします♬


今年はいつ何が起こるか分からないということが身に染みた年でした。
どこかに書いてあった「一日一生」という言葉に思い至ります。

当たり前が当たり前でなくなる・・・。
それでも、人って強い。
いろんな方法で、新しい世界を作り出し、順応している。
COVID-19 は、勿論なかった方が良かったけれど、お陰の部分も多々。
そんな風にも思います。


後、1時間半くらいになりました。
来る 2021年がみなさまにとりまして、平穏で幸せな一年でありますように



↑ 今朝 10時少し前に見えた富士山


↓ そして、夕方 5時過ぎの富士山

2020 12.31 17:11


明日もきっと良いお天気ですから、
もっとたくさんの雪を被った富士山をお届けできるでしょう。



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


ニャーちゃんも「早く来ないかな〜、お正月」
って思ってるのかな?(^^)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 22:33|この記事のURLComments(8)

2020年12月07日

三渓園 11月

三渓園 11月



P/C 替えて何年かしら? また、C-Drive がいっぱいになってきて、動きが鈍い。
写真などなるべく D-Drive に入れているのに、なんだか分からないファイルがどんどん C に溜まる。 クリーンアップしても大して変わらないし。

また、替えなきゃ〜? 別に他は困っていないのに・・・。
あの Program Files(x86) っていうのは何だろう? Program Files とはどう違うの? どなたか教えてください。


↑ 先月の終わり頃、久しぶりに「三渓園」へ行きました。

今までで一番くらいに人が多くて・・・どうしたんでしょう?
Go To 関係あるのかな?と思ったり。
それとも、重要文化財が公開中だったから?



三渓園 11月


横浜でもそろそろ紅葉は終わりに近付いて、銀杏が絨毯になっています。



三渓園 11月



↓ 辛夷の蕾がもうこんなに・・・植物って本当に偉いね。

三渓園 11月


水仙も! 3ヶ所くらいで咲いていました。
紫式部のような実の植物は、何でしょう?
山茶花は今が盛り。


↓ 「旧燈明寺本堂」には現代日本画が 展示 されていました。

現代日本画


横須賀在住の現代日本画家 谷保玲奈氏の作品。
海辺に展示した時の画像から聞こえる波の音が堂内に響いていました。

最近では、日本画でも、岩絵の具ではなくアクリル絵の具を用いているものも多いそうですね。
日本画らしからぬ強烈な色使いに圧倒されました。


この日は、「旧燈明寺本堂」での展示の他、「聴秋閣」と「春草廬」の二つの重要文化財の公開も行われていました。



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


この前、お口「へ」の字だったニャーちゃん(^^)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:00|この記事のURLComments(15)

2020年08月15日

the 15th Anniversary

海




残暑、お見舞い申し上げます



8/12〜16 は、
二十四節気 「立秋」の 第三十八候 「寒蟬鳴」(ひぐらしなく) 

あの "カナカナカナ" と鳴く蝉ですね。
ヒグラシが鳴き始めるとちょっと涼しさを感じる季節に移るようにも
思いますが、今年は全然。

猛暑真っただ中の感じですが、
暑さにめげずコロナにめげず、もうすぐやってくる涼しさを
待ちたいと思います。



そして!
こんな時間になってしまって、もうすぐ 8/16 ですが

今日 8/15 は
"飛び出せ Kitchen ♪" 15回目のアニヴァーサリーです


15年もの間続けて来られたのは、一重にみなさまのお陰です。
ここに心よりお礼申し上げます。


ブログの中では、お話しなくても、この15年間、本当にいろんなことがありました。楽しそうにしていても辛いこともたくさん。そんな時に、ブログが励みになり、みなさまからのコメントに支えられたことが何度もありました。 悩みなんて無さそうと言われたこともありますが、そんな人はいませんから。でも、そう見てもらえるのは、幸せなことです。
"いつも楽しく🎶" が、jugon のモットーですから(^^)

16年目も日々美味しく楽しく、行きたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします




今日のニャーちゃんたち♪


にゃんこ


そっくりニャーちゃんたちは、多分親子です。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 22:31|この記事のURLComments(21)

2020年07月22日

蝶々

ナミアゲハ


毎日毎日よく降る雨。
ちょっとだけ止んだ日に山手へ行ったら蝶々がいろいろ。

蝶たちも雨の止むのを待ってたのかしら?



蝶々



ナントカしじみ


しじみ蝶ですが・・・何て名前かな〜?



↓ "ガウラ" も蝶に似ていますね(^^)

ガウラと噴水


別名 "ハクチョウソウ"
蝶ではなく白鳥に似ているようです。



↓ 蜂もいましたよ。

蜂





今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


なんだか真剣。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



jugon 不在につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00|この記事のURL

2020年07月02日

箱根、長安寺 6月

五百羅漢



7月になりました。今年も後半分。
今月もどうぞよろしくお願いいたします

2020年後半は、コロナの話題がなくなるといいなと思っていましたが、今日は東京で感染者 100人越えとか・・・暑くなってくるのでマスクをしているのも辛いのに。
急ピッチのワクチンの開発が待たれます。

みなさまも十分お気をつけてお過ごしください。



↑ 箱根 "曹洞宗 龍虎山 長安寺"
6月末の「東国花の寺 百ヶ寺」 "擬宝珠" や "紫陽花" と羅漢さま


長安寺


"岩たばこ" もあちこちに。

6月の初めに "箱根湿性花園" へ行ったことをお友達に話したら、
「私も行きた〜い!」って(^^)
それで、今度は、「長安寺」にも寄りました。



長安寺


小田原辺りは、まぁまぁのお天気だったのに上へ行くに連れて、小雨模様。
霧もだんだん深くなってきて、雨は降ったり止んだり。

初めて訪れたお友達には残念でしたが、
jugon はこんな霧にけぶった景色もいいな、と



長安寺


雨に濡れた木々の緑が美しい、でも、足元はちょっと危ない。
それで、また来ることにして、余り上の方には行かず。



長安寺




↓ 雨宿りがてらのちょっと早めのランチ

お蕎麦


長安寺参道にある「座りや」さん。

十割そばがお勧めのようですが、申し訳ありませんが、お蕎麦はイマイチ。
フキノトウの胡麻酢和えが、と〜っても美味。お土産にしたいくらい。
(写真の左上の木の器に載った右から二つ目)

天ぷらも美味しくて、エゴマやズッキーニ、里芋などが載っていました。
爪楊枝に刺された白っぽいのは、ラッキョウ(^^)
これも甘酸っぱさが不思議に美味しい(写真、右下)


今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


ドクダミのお花とニャーちゃん。
このドクダミの上の方には紫陽花も咲いていました。

(猫を写した場所と記事は関係がありません)




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 14:21|この記事のURLComments(18)

2020年06月21日

6月の箱根湿性花園

タニウツギ


「箱根湿性花園」へ行ったのは、名古屋へ行く前の 6月初旬。
緊急事態宣言が解除されて数日後でしたから、ガラガラかと思ったら、
結構人が多くて少しビックリ・・・って自分は行ってるのに、ね(^^)

"タニウツギ" の向こうの山の下は、まだグリーンの仙石原です。



6月の湿性花園


園内へ入ってすぐ目に止まったのは "ヤマボウシ"
"黒花蝋梅" も咲いていました。このえんじ色の蝋梅は、冬に咲く黄色い蝋梅とは全く別のもので 5〜6 月に咲きます。

写真、右側の上下は、"サンショウバラ"
そう言えば、葉っぱが山椒のようで、お花は薔薇です(^^)
この サンショウバラ、日本の固有種で、神奈川、静岡、山梨県境付近に自生していたそうですが、自生種は、今では絶滅の危機にあるとか。
湿性花園 には自生種もあるのでしょうか?


↓ "色丹ハコベ"

ハコベ


"雪花火" とも言うそうです。
真っ白は花びらの中の黄色とオレンジの蕊、
色合いも姿も何とも言えず、可愛らしい。
こちらも絶滅危惧種だそうです。



コウホネ


以前行った時にたくさん咲いていたので、その頃 (7月) が盛りかと
思っていた "コウホネ"
実は 6月が盛りだったのですね。本当にたくさん咲いていて綺麗でした。



水面



↓ "丁字草"

丁字草


いつの間にやらなくなってしまったけれど、5月になると実家で咲いていたのを思い出しました。



6月の湿性花園





6月の湿性花園





木道


この景色が見たくて「湿性花園」を訪れたくなる
と言っても過言ではないくらい好きな景色。




6月の湿性花園


写真の真ん中と右の 2枚は "オオナルコユリ"

子供の頃住んでいた家の庭に春になるとニョキニョキと茶色い角のような芽を出した ナルコユリ。
とっても似ていたので、ナルコユリの大きなの、みたいな植物は何ですか? と帰りに園の方にお尋ねしたら "オオナルコユリ" だと思います、って!! まんまじゃん



↓ ”紫陽花" は鉢植えで展示されていました。

紫陽花


名前の分かるものだけ、書いています。



↓ ランチはいつもの "ラリック美術館" で。

ラリック美術館


メニューを少なくして提供中でした。
前菜は、サーモン。メインはお魚にして "鰆のポワレ"
ワインがいつも一緒(^^)



去年の台風で、線路がズタズタになって "箱根湯本" までしか行っていなかった "箱根登山鉄道" は、秋の開業予定が早まって 7月末には運転を再開するとのこと。




今日のニャーちゃん♪

箱根のシロちゃん


シロツメクサとシロちゃん。
この子は、この前もここにいましたよ。




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 00:00|この記事のURLComments(18)

2020年06月02日

港の見える丘公園辺り

港の見える丘公園


今日は取り敢えず「晴れ」ですが、
雲多めの空と湿気の多そうな空気が流れ、関東も梅雨近し

そんな 6月 2日、今月もどうぞよろしくお願いいたします


バラの見頃は過ぎてしまったものの閉園していた山手の "港の見える丘公園" や "山下公園" なども昨日から再開されたようですね。


↑ 5/26 柵の外側から "香りの庭" をパチリ


山手


この可愛らしい白いお花は、オルレア・ホワイトレース。
ここ数年、あちらこちらで見かけるのに
名前を知らなかったので調べました。

アメリカ山公園にあるブルーベリーの木には、可愛い実が。

とっても嬉しそうにお散歩してたビーグルくん。


追記:上で "オルレア・ホワイトレース" と書いた白いお花ですが、ディックさんに "オルレア・グランディフローラ" というと教えていただき、再度調べました。

花色:白
学名:Orlaya grandiflora
別名:オルレア・グランディフローラ、オルラヤ・ホワイトレース
科名:セリ科
分類:常緑多年草 (秋まき 1年草扱い)
原産地:ヨーロッパ原産
大きさ:背丈 10〜60cm  横幅 15〜50cm
主な見所:花 (4〜7月)



山手



↓ 紫陽花の季節ですね

紫陽花 5/26



紫陽花 5/26


ほんの一週間前ですが、
まだ蕾が多く咲いている方が珍しかった。


↓ 風に揺れる "ガウラ"

ガウラ



↓ その後、お友達と元町でランチ

元町


開放的な感じが良くて入ったお店は、多分 "J パスタ"
多分ですみません。お店の名前をチェックしませんでした(^^)
そっけないパスタは、生ベーコンのアーリオ・オーリオ。
味付け濃い目。

このお店は、湘南からシラスを入れているようですから、シラス関連の
パスタが美味しいのかも。



今日のニャーちゃん♪

シロちゃん


グリーンに囲まれて気持ち良さそうなシロちゃんです。




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 11:41|この記事のURLComments(23)

2020年05月25日

六国峠

植物



やっと首都圏と北海道の緊急事態宣言が解除になりそうです。
(今、午後3時頃)

でも、この後が大切です。

「新しい生活様式」は面倒ですけれど、このウィルスとは今後も付き合っていかなきゃならなさそうなので、適切に対応しながら生活したいと思います。


↑ 5月の初め、ものすごく久しぶりに "六国峠" を歩きました。



六国峠



「六国峠」(りっこくとうげ) とは、伊豆、相模、武蔵、安房、上総、下総の六ヵ国を眺望できることから名づけられた 金沢文庫駅から能見堂緑地、金沢自然公園を通り、天園を経て鎌倉まで続くハイキングコースのことですが、歩いたのは以前と同じ、金沢文庫駅から金沢自然公園にある金沢動物園まで。

記事にしているのは ここここ くらいでしょうか?

いつもは、動物園にも行って動物を見たりソフトクリームを食べたりしてから、バスで金沢文庫まで戻るのですが、動物園は休園中で、人っ子一人いない状態。
初めての道をどんどんどんどん下って・・・「ここはどこ?」と考えて、分かりました! いつもの動物園の入り口とは反対側です。
そこは何年も前に自転車で来たことのある入り口・・・こんなに遠くまで自転車で来たなんて、今では想像もできないけれど(^^)

それはさて置き、


↓ 鳥を写しましたが・・・


六国峠


ウグイスの鳴き声があちらからもこちらからも。
しかし、声はすれども姿は見えず・・・。

シジュウカラも繁殖期でとても綺麗なのだそうですが、やっぱり写せず。

写真は、メジロとクイナとヒヨドリ



↓ サクランボなど

六国峠



↓ 港も遠くに望めます

六国峠



↓ 春から夏へ

六国峠


紫陽花はもう咲いているでしょうか?

今までのような日常が戻り、それがずっと続くように願っています。



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


この子がいたこの坂を上がった右手には住宅街があります。




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 15:55|この記事のURLComments(16)

2020年05月17日

野に咲く花 -2

シロツメクサ



"シロツメクサ"(白詰草) には小さい頃からとってもお世話になっています。
きっとみなさまも、ですよね?(^^)

野原へ遊びに行くと、四葉のクローバーを探して、一喜一憂したり。
時間があったら冠を作ったり。
ふんわりするのをいいことに、お花のことなんか気にしないで、その上にシートを置いてお弁当を食べたり。


因みに、葉の枚数ですが、4つ葉まではまぁなんとか見つけられますが、
5枚、6枚・・・10枚なんていうのもあるんですって!
全部花言葉(葉言葉) もあって、ギネス記録は、56つ葉のクローバー!!
日本** で発見されたのだそうです・・・
どれだけ、踏まれたのでしょうか??

(4枚以上の葉っぱは、変異体と呼ばれ、なんらかの要因で遺伝子に異変があり誕生。
人に踏まれることで遺伝子関連の部位が傷つき突然変異する場合もある)


** たくさん葉がついているクローバーを自然勾配させる研究を 60数年も行っていた岩手県の小原繁男さんが、2009年5月に発見しギネスに申請。




てんとう虫がいた!



シロツメクサの近くに "ナナホシテントウムシ" 発見。

こいつ、めっちゃ忙しそうで、すごい勢いで歩いていました。
ずっと追いかけたのに、撮れた写真はたったの 2枚。
てんとう虫がそんなに忙しいって・・・なぁ〜ぜ?




今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


てんとう虫だけじゃなく、ニャーちゃんもずっと追いかけました(^^)
ニャーちゃんの方は・・・ちょっと暇そう





クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 06:00|この記事のURL

2020年05月14日

野に咲く花 -1

オオニワゼキショウ


このお花、アヤメの仲間なのだそうですね。
その名は、"オオニワゼキショウ" (大庭石菖)

原っぱのような場所で、可愛く咲くその姿をよく目にしていて、写真も撮っていましたが「何て名前かな〜」とボンヤリ思うくらい。

雑草なのでしょうか? 多分、そうかな?
でもとっても可愛いし、凛としています。
蕾はちょっと光沢のある小さな球形。
それがまた可愛らしい。



オオニワゼキショウ



オオニワゼキショウ




↓ "庭石菖" も。

庭石菖


このピンクのは、仲間の "ニワゼキショウ"
白いのもあると聞いて・・・あ、そう言えば。と・・・(^^)

だけど、"庭石菖" のお花の方が "大庭石菖" よりでっかいね。




今日のニャーちゃん♪

にゃんこ



”オオニワゼキショウ" を撮った場所の近くにいたニャーちゃん。
こんなところで出会えるなんて、凄〜い! と思ったのでした。

どこにいるか分かるかニャ〜〜




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 06:00|この記事のURL