夕食(未分類)

2006年04月18日

今夜のメニュー 4/17

やりいかのカルパッチョ
とうとう4月も半ばを過ぎて、来週末にはもうGWです。
今年はカレンダーも良いし、みんなどっかへ行くのかな〜。

やりいかのカルパッチョ。イカでカルパッチョを作るのは初めてでしたが、◎(^^)v
レンジしたじゃがいもにまぶしたのは、明太子のソースです。
生クリームとマヨネーズにレモン汁を加え、牛乳も少し。そして、皮を外した明太子を溶かしました。
パスタはスパゲッティーニで桜えびのペペロンチーニ。
鷹の爪は1個分しか入れていないのに、めっちゃ辛くて、びっくり。
種が少し入ったからかな〜。
中に入れたのは絹さや、そして上に飾ったのはそら豆。
お肉のストックが角に切った豚肉ばっかりになってしまって・・・何にしようか悩んだ末、豚肉のトマトソース煮。
絹さや、インゲンなど残っていた緑野菜を全部入れてしまいました。
ワインは久々のスペイン。テンプラニーリョとカベルネ・ソーヴィニヨンの混醸で 2001。春らしい華やかなエチケットのクリアンサは女性醸造家の手によるものです。ボディもしっかりしていてバランスも良好、アフターのお花の香りの爽やかさがとても印象的です。


じゃがじゃがたらちゃんソース桜えびのペペロンチーニ






豚肉のトマトソース煮Ines de Monclus Crianza 2002 Somontano DO




ねこ

バナー2
← クリックしてね!!

jugon1911 at 10:32|この記事のURLComments(9)

2006年04月17日

今夜のメニュー 4/16

お豆腐とコリアンダー
ピンクと緑の配色が桜餅の様だった桜の木々はもうほとんど緑一色・・・こうして、だんだん新緑の季節に移行です。
私もそろそろハーブの種を蒔かなければ・・・。

まだ出始めの小ぶりのゴーヤがありました。茹でると独特の苦味が少し緩和され、食べやすくなります。お醤油、お酒、お出汁にかつをぶしをかけました。
私の好物、いくらの醤油漬け。
鶏の膝なんこつはフライパンで塩焼きにして、七味唐辛子をつけます。
コリコリした軟骨はなぜか少しミルクっぽい味がします。
多分これが今シーズン最後の牡蠣だったのに・・・塩焼きにしたのは良いけれど、火が強すぎたみたい・・・先が焦げちゃった(泣)
お豆腐とコリアンダーの炒め煮。
冷凍庫に半端に残っていて少し気になっていた、きんきの干物とかます。
かますが結構美味しくて、家庭用の冷凍庫も捨てたものではありません。
きんぴら天は生姜醤油で。後はお漬物。


ゴーヤいくらの醤油漬け






鶏なんこつ焼き牡蠣の塩焼き牡蠣焼きのホイル




牡蠣を焼くために穴を開けたホイル

きんきの干物とカマスの塩焼ききんぴら天




ねこ

バナー2
← クリックしてね!!

jugon1911 at 12:14|この記事のURLComments(5)

2006年04月10日

今夜のメニュー 4/9

桜えびと絹さやのかき揚げ
土曜日はシンデレラ帰り。
お留守番の人はジグソー・パズル。ダヴィッドの"ナポレオン一世の戴冠式"がついに完成しました!
そんな訳で眠る時間が遅かったので、ゆっくり起きたけれど・・・まだまだ眠い。

そろそろ定番化のそら豆の塩茹で。
スルメイカのお造りと塩辛。今日のイカは、腸が痩せてて少なめでしたが、代わりに白子がありました(^^)v
先日茹でた筍を少し残していたので、いんげんを合わせて煮物に。
春らしい色と名前の桜えびは絹さやと一緒にかき揚げにしてみました。
先日食べたばかりだな〜と思いながら、ぶりかまの塩焼き。
イカの白子はお酒で蒸して仕上げにお醤油をかけました。
いつもほぼ同じのサラダ。


そら豆の塩茹でスルメイカのお造りイカの塩辛






筍といんげんの煮物ぶりかまの塩焼きいかくんのおまけ






サラダねこ

バナー2
← クリックしてね!!

jugon1911 at 12:40|この記事のURLComments(4)

今夜のメニュー 4/7

白アスパラのマヨネーズソース
2日遅れのUPです。
この日は帰りが遅くなるので外食の予定をしていたけれど、家で食べることに・・・。
7時半頃帰ってきて、準備・・・やっと9時過ぎにお食事でした。

きゅうりを切って並べるだけのプロシュート&サラミ。
キャンベルのクラム・チャウダー。これは牛乳で延ばして温めるだけ。
白アスパラのマヨネーズ・ソース。ガスで焼くので、なかなか綺麗には焼けませんが、白アルパラはこうして食べるのが一番です。ソースはマヨネーズにディジョン・マスタードを入れほんの少しのミルクとレモン汁で延ばしました。
シャキシャキして口当たりが良いので、いくらでも食べられます◎
今夜はアーリオ・オーリオでズッキーニとトマトのパスタにしました。
このところ、フェデリーニが気に入っています。
チーズいろいろ。向かって左の上から、潮風を受けた牧草で育った牛から作るカマンベール・ド・ノルマンディ、3大ブルーチーズの一つ洞窟で熟成させるロック・フォール、左の上から、軽めのウォッシュ・チーズ、マンステール・ジェロメ、チェダー80%のプロセス・チーズ、素朴な塩味のカンタル、そしてほこほこして栗っぽい香りのコンテ1年熟成。
ワインは Bordeaux 2002。酸味、タンニン、苦味が程好くマッチし始めています。


プロシュート・サラミクラムチャウダー






ズッキーニとトマトのパスタチーズMareyre Bordeaux 2002




ねこ

バナー2
← クリックしてね!!

jugon1911 at 12:08|この記事のURLComments(4)

2006年04月07日

今夜のメニュー 4/6

筍のぬた和え
桜も葉と花が同居して、近くのお寺にある大きな銀杏も枝先がほんわか緑に。休眠から覚めた植物は、如実に季節の移ろいを感じさせてくれます。私もやっと今年の目標が定まって、今日から始動です・・・新学期って感じかしら?

1ヶ月程前から見かける筍でしたが、季節感とお値段の両方で茹でる気になりませんでしたが、春らしくなったので今日は小さいのを買ってみました。
柔らかい部分はぬた和えに、固い部分は若竹汁にしました。
ぬた和えには山椒の木の芽をいっぱい入れるのが好きなのですが、今夜は紫蘇の葉を乗せてみました。
筍にはほんのりえぐみが残りましたが、それも春の味の内ですね。
若竹汁もいつもは筍とわかめにグリーンピースを入れたりするのですけれど、代わりに絹さやです。
とても新鮮な鯖があったので、〆鯖。
少々面倒でも歓声があがると作った甲斐がありますね(笑)
少し味付けが濃くなってしまった、揚げ豆腐といんげんと椎茸の煮物。
ぶりの美味しいシーズンはもう過ぎたので、これは寒ぶりとは呼ばないのでしょうか?
フォークでプチプチして5時間ほど浸け込んで、照り焼きに。
後1時間浸け込んだら完璧だったかな〜?
いつものサラダとお漬物。


〆鯖揚げ豆腐といんげんと椎茸の煮物若竹汁






ぶりの照り焼きサラダ




ねこ

バナー2
← クリックしてね!!

jugon1911 at 10:59|この記事のURLComments(5)

2006年04月06日

今夜のメニュー 4/5

本鱒焼き
朝から本降りの雨・・・そして、冬に戻った様な寒さ。
どうしてこういう日にどんどん買い物をしてしまうのでしょう? お陰で荷物は重いわ、傘はささなきゃで、大〜〜変。

この春こちらで初めて見かけた生しらす。早速、買い物篭へ。
おろし生姜のパックが付いていますが、いろいろ試した結果、お出汁とお醤油にわさびを混ぜたものをかけるのが一番合うと思います。
そら豆の塩茹で。皮が縮むのを防ぐのと剥きやすいのでちょっとだけ包丁で切り目を入れてから茹でます。
お豆腐は、戻した椎茸と長葱で炒め煮にしました。初めて作ったメニューですが、美味しかったので、またすぐ作りそう(^^)v
今シーズン最後の海鼠腸は茶碗蒸しに。
何度食べても美味しい◎
鱒はそのまま焼いてお醤油でいただきました。
私は生鮭や鱒は塩焼きやバターで焼くよりお醤油で食べるのが好きです。
後はサラダとなぜか納豆巻き。


生しらすそら豆の塩茹でサラダ






お豆腐の柔らか炒め海鼠腸の茶碗蒸し納豆巻き




ねこ

バナー2
← クリックしてね!!

jugon1911 at 10:21|この記事のURLComments(5)

2006年04月05日

今夜のメニュー 4/4

和風仕立てのオイル・サーディン
毎日風が強いので、桜の木の下は花吹雪とピンクの絨毯かしら?
時々、自分で本当に見たのか、本で読んだり過去に見た映像が鮮明すぎて見た気がしてるのか分からなくなることがありますが、花吹雪の記憶もその一つ。
京都にある"哲学の道"での花吹雪の記憶。もう一度あんな場面に立ってみたい。

やりいかと納豆にほんの少し炙った椎茸。上に乗せた青海苔が思いのほか際立ちました。
小松菜とおじゃこのおひたし。
オイルサーディンをお醤油とお酒で和風に味付けして、お葱と細切りの生姜を薬味にしてみました。お酒の肴にぴったりの一品。
半端に残った食材やらソースやらで最近少々冷凍庫のキャパ不足状態。
ミンチを見つけたので、これを使おう!という事で、みぞれあん。
何にかけようか?・・・それっぽいストックはじゃがいもか大根くらいしかありませんでした。それで、今日はじゃがいものみぞれあんかけ。
これも冷凍庫のスペースを大きく取っていた、きんめの干物。塩味が少し強めだったので、大根おろしにお醤油は不要だったかも・・・。
後は、サラダと野沢菜のわさび漬け。


イカと納豆と椎茸小松菜とおじゃこのおひたし






じゃがいものそぼろあんかけきんめの干物サラダ




ねこ

バナー2
← クリックしてね!!

jugon1911 at 10:42|この記事のURLComments(6)

2006年03月28日

今夜のメニュー 3/27

ぶりかまの塩焼き
梶井基次郎が"桜の木の下には死体が埋まっている"書いたのは有名ですが、私も夕暮れ前にふわっと浮かぶ満開の淡いピンクの木を見るとそんな妖しさを感じます。そして、桜を見るのはそんな時間が一番好き。街路灯が点くか点かないかくらいの夕暮れ時。
お願いだから提灯下げないで!ライトアップしないで!って思います。

アスパラは超シンプル調理。茹でてお醤油とかつをかけただけです。たくさんあったアスパラも一応これで〆。
昨日買ってあった紋甲いかの足のボイル。
大きな大根は冷蔵庫の保存用タッパーに収まりきらず、煮てしまえって事で、お揚げと一緒に炊きました。これは母がよく作ってくれますが、まぁまぁ近い味にできた気がします。
ぶりも美味しい季節は終わりでしょうか?ぶりかまの塩焼き。このカマは、脂も程良くまだまだ旬かなと思われました。
冬の味覚、海鼠腸も残すところあと1回分。でも、それは私も食べたいので、多分茶碗蒸しにします(ふふ)
今日のサラダのドレッシングは、フレンチ・ドレッシング+柚子胡椒です。なかなかいいかも・・・。後はそら豆。


グリーンアスパラのかつをかけもんごういかの足のボイルこのわた






大根とお揚げ煮サラダそら豆の塩茹で




ねこ

バナー2
← クリックしてね!!

jugon1911 at 10:26|この記事のURLComments(7)

2006年03月27日

今夜のメニュー 3/26

サラダ
桜まつりの予定は再来週・・・早いものはほぼ満開、ほとんどの桜は3分から7分咲きなので、今年は"葉桜まつり"になりそうです。

菜の花のおひたしは辛子和えにしました。
やりいかのお造り。やりいかは足もお刺身でいただきます。
いつもの様にお酒に浸けて置いた牡蠣は、ほんの少しお塩を振りかけたら、お魚グリルに敷いたホイルに穴をプチプチ空けて焼きます。
お豆腐は茹でてから、たらこをほぐし入れたあんをかけました。彩りに小ねぎも散らして。
今日のサラダのドレッシングは、フレンチ・ドレッシングにマスタードを加えています。辛味と同時に香りも楽しめます。
だんだん実の入り方がまともになってきたそら豆は塩茹で。


菜の花の辛子和えやりいかそら豆







牡蠣の塩焼きお豆腐のたらちゃんあんかけ

jugon1911 at 16:21|この記事のURLComments(3)

2006年03月26日

今夜のメニュー 3/25

牛肉のホース・ラディッシュ・ソース
花海棠の蕾がほころび、桜も桃も咲き始めたと思ったら、木蓮はもう花びらがはらはら舞っています。次から次へと咲く花あり、散る花あり・・・。
こんなにお天気が良いので、絶対に散歩に行こうと思っていたのに、まさかの家篭り。

アボカドと蟹肉を生クリームで和えてスモーク・サーモンで包んだ前菜。
オレンジ色のサーモンをカットするとアボカドのグリーンが覗いて綺麗です。ビールにも白ワインに良く合う一品。
野菜くずを煮込んで作ったスープには蕪とセロリを入れています。
あさりの茹で汁を煮詰めたものにバターと生クリームを足してソースを作り、先日酒蒸しにして冷凍保存したあさりとアスパラを入れたパスタ。今日は少し細めのフェッデリーニで。
今日のメインは、牛肉のホース・ラディッシュ・ソース。ブイヨンで煮たお野菜を添えています。牛肉も塩・胡椒した後同じブイヨンでさっと茹でます。ホース・ラディッシュの味が牛肉に良くマッチして、結構お腹がいっぱいだったのにペロリと食べてしまいました。
私の大好きなセミドライトマト。先日出かけたFOODEXJAPAN2006でも何種類か試食しましたが、いつものこれが私には一番美味しい◎ 同じセミドライトマトでもあんなに色々な味付けがあるとは思いませんでした。
ワインはコスティエール・ド・ニーム 2003。酸味と果実味が上手く調和したリーズナブルな1本。


アボカドと蟹肉のサーモン包み蕪とセロリのスープ






あさりとアスパラのバタークリームソース・パスタセミドライトマトCostieres de Nimes 2003





ねこ

バナー2
← クリックしてね!!

jugon1911 at 16:39|この記事のURLComments(5)