2020年11月20日

「唐猫」の子孫

称名寺のクロちゃん


横浜市金沢区にある「称名寺」
鎌倉時代に北条実時が開基し、金沢北条氏の菩提寺になった古刹です。


ここに「唐猫」またの名を「金沢猫」がいるかも・・・という記事が新聞に載っていて行ってみました。

「称名寺」には何度か行ったことがありますが、猫ちゃんを見たことがなく、会えるかなぁ〜と思いながら・・・。



称名寺


金沢区の六浦は、鎌倉幕府の要所であり、港は日本各地へ行く船で賑わっていたそうな。
知識欲の旺盛な北条実時は、仏教の経典を唐から入手することを切望し、ある時、経典や青磁、仏像などを積んだ三艘の船が六浦に到着。
「三艘」という地名が今も残るのは、その当時の人々にとって唐からの船は、類稀な興奮する出来事であったと想像します。

その唐来物と共に、猫たちも一緒に下船。

猫ちゃんたちは、船荷をかじるネズミ対策要員として乗船していました。



称名寺のねこ



その猫たちは、「唐猫」とか「金沢猫」と呼ばれ、その後も大切にされたそうです。




称名寺のねこ



和尚さんにお尋ねしたら、

「確かにそういう伝説はありますが、あの子たちがその末裔かと聞かれれば、多分、いえ、ほぼ違うと思います」

とのこと(^^)


左下に写っているのは、称名寺の池にいた "カワセミ"



今日のニャーちゃん♪

称名寺のねこ


この子もひょっとしたら「唐猫」かも・・・
この日「称名寺」では、3匹のニャーちゃんに出会えました。




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00│YOKOHAMA | 動物など