2020年11月03日

松島 (島巡り、五大堂、福浦島)

松島



今年も早 11月。年末がジワジワ近付いてきました。
ウィルスで家籠りとかしていて、長く感じるかと思っていたけれど、時の流れの速さは例年と変わりませんね。

今月もどうぞよろしくお願いいたします



東北旅行の続きです。
10/20 仙台から松島海岸駅までは、仙石線で約 40分。
もっと海岸線を走るかと思っていたらそうでもなく。
松島海岸駅は、ただいま修復中で、再来年までかかるそうです。
そんなに長い工期と聞いてどんな駅になるのか楽しみになりましたが、行くチャンスはあるかな?(^^)

松島へ行くのは 2度目。前の時には、小舟でお友達と 3人だけで巡った記憶ですが、今回は、大きな「仁王丸」という遊覧船でした。

駅のところで「ハイハイ、こちらですよ」みたいな感じで自動的(?) にチェック・イン(^^)


↓ 湾内に 260余りもの島々がある "日本三景" の一つ「松島」

松島


江戸時代初期、全国を行脚した儒教学者の林 春斎がその著書「日本国事跡考」の中で "日本三処奇観" と記したのが現在の "日本三景" の始まりと言われていて、後の二つは、ご存じ、京都の「天橋立」と 広島の「宮島」ですね。


遊覧船が進んだのは "桂島" という島をグルっと回る 50分ほどのコース。
ずっとデッキにいたので船内放送がほぼ聞こえず、
島の名前は良く分りませんが、
左上 2枚の鵜がいる島は「仁王島」その下の胴門があるのが「鐘島」です。

湾内では、牡蠣の養殖をあちこちでしていました。
シーズン・インなのに・・・牡蠣を食べられないまま


↓ 海から望んだ「瑞巌寺 五大堂」

五大堂



五大堂へ向かう朱塗りの橋は「透かし橋」と呼ばれ、渡した木の間から海が見えていて、ちょっと怖い。

五大堂


この建物は、1604年に伊達政宗公が再建したもので、東北最古の桃山建築だそうです。大事にしたいですね。
装飾材の蟇股(かえるまた) は十二支の彫刻です。
こういう派手さのない木材だけの色の建物は、気持ちが落ち着きます。


↓ 向こうに見える黒い影の島は、多分「経ヶ島」

福浦島


↓ 「福浦島」

福浦島


松島湾の景観と島巡り以外、どこへ行く目的もなく、五大堂の後はその先にある赤い橋を渡って「福浦島」へ。
この赤い橋、福浦橋の別名は「出会い橋」


"松島三大橋" もう一つの赤い橋は、雄島にかかる「渡月橋」です。
雄島 には行きませんでしたが、こちらの別名は「縁切り橋」
この縁切りは、男女の縁ではなく、古来は霊場であった雄島へ修行に赴いた僧たちが、渡月橋を渡る際に俗世間と縁を切ったという意味の "縁切り橋"

これらの赤い橋を渡る順番があるとするなら
「縁切り橋」→ 「出会い橋」→「縁結び橋」でしょうね〜。


ずんだのソフト・クリームを食べながら渡った「出会い橋」の先の福浦島には、見るというほどのものはなく島内散歩。
ただ古い弁天堂と見晴らし台からの松島湾の眺めが良く、
弁天堂は、政宗公の時代に塩田の守り尊として崇められていた「磯崎弁天」を 瑞巌寺の126世 盤龍和尚が 1935年に福浦島へと移したものだそう。

弁天堂に小さなダルマがたくさん置いてあるのは、島にある売店で売られている "ダルマみくじ" の内容が良くなかったら、この社殿に置いていくという習わしがあるからのようです。


↓ 夕食などなど

一の坊


宿泊したホテルは、オール インクルーシヴだったので、
お食事は全てビュッフェスタイル、アルコールもフリー。
ビュッフェだと・・・ビール、ワインで洋食、その後、日本酒で和食・・・という節操のないお食事になります(^^;;

フレッシュなトマトをその場で絞った朝食の時の "トマト・ジュース" が最高でした。


今日のニャーちゃん♪

称名寺のねこ


松島ではなく、横浜の金沢文庫にある「称名寺」で出会ったクロちゃん。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 23:28│Comments(16)MIYAGI | Trip

この記事へのコメント

1. Posted by pocky   2020年11月04日 07:15
jugonさん、おはようございます。

日本三景の、天橋立や宮島へは数回行ったことがあるのですが、松島は行ったことがありません。
美しい島々の風景ですね。
海産物も美味しいし、行っておかなくちゃと思います。

絞りたてのトマトジュース、美味しそう。

小さい頃、母がトマトを、大根おろしのように摺りおろしてお砂糖を入れ、おやつにしてくれていたのを思い出しました(^^)
2. Posted by 杉村龍児   2020年11月04日 07:32
jugonさん
松島に旅行 素敵ですね
一の坊にお泊まりでしたか
お料理 美味しそうですね
3. Posted by jugon   2020年11月04日 11:01
>pockyさんへ

pockyさん、こんにちは

今日も良いお天気で気持ちが良いです

私は天橋立に、行っていません。
ただ、記憶がないくらいの子供の頃に祖父母も一緒に行ったような気はしてます(^^)

旅館に宿泊すると面倒がないと言えばないけれど、お食事が決められてしまいますね。

トマト・ジュース、本当に美味しかったです。あれだけでここに泊まった価値ありかも。
お母さまのトマトのおやつも美味しそうですね。

pockyさん、どうもありがとう♪
4. Posted by jugon   2020年11月04日 11:05
>杉村龍児さんへ

杉村龍児さん、こんにちは

お天気のお陰で、海も気持ちが良くて、綺麗でした。

一の坊は、お風呂も良かったです。いらしたことがおありですか?

杉村龍児さん、ありがとうございます♪
5. Posted by 小肥り   2020年11月04日 15:46
アッ(!)思い出した。瑞巌寺、行った。
遊覧船にも乗ったろう。
でも海上の奇岩群は・・・覚えてない。
きっと見たに違いないけどね。
6. Posted by げんかあちゃん   2020年11月04日 16:47
私も同じで天の橋立と宮島は何度も行ってますが
松島はまだ行ったことがありません
海に向かって「松島やあ〜松島や松島や」って言ってみたいです
震災の復興でしょうか松島海岸駅どんな風に
なるんでしょう楽しみです。

生牡蠣食べれなかったんですか?
TVで大きな岩ガキやってますが岩牡蠣と生牡蠣は違うのかな?
7. Posted by wansippo   2020年11月05日 20:53
GoToキャンペーンですね。
とってもお得ですよね。
私も東北は20年ほど行ってませんが、
変わってますよね〜。

松島は、変わってないみたい。
8. Posted by chizchiz   2020年11月06日 02:24
こんばんは♪

バローロ、合うお料理は!?
調べたら白トリュフでした。
普通に目玉焼きに白トリュフで、バローロだそうでした😃
9. Posted by 自然を尋ねる人   2020年11月06日 21:14
長らくのご無沙汰です。
松島行きましたよ。20年も前。
金沢文庫にいた時、ここから松島の先の外注工場へ行っていました。
話変わって、猫がお好きでしたね。
今猫被害で困っています。
10. Posted by jugon   2020年11月07日 16:02
>小肥りさんへ

小肥りさん、こんにちは

松島と言えば、瑞巌寺と松島の島々の景観くらいですものね?
前に行った時には「瑞巌寺」には参拝しませんでした。ど〜する〜とか言いながら、止めた覚えが。
ここまで来て行かないってあり〜?とか言ったり(^^)

小肥りさん、ありがとうございます♪
11. Posted by jugon   2020年11月07日 16:09
>げんかあちゃんさんへ

げんかあちゃんさん、こんにちは

天の橋立、行かなくっちゃと思っています。
松島海岸駅が出来上がる頃にいらしてみてください。

旅館のビュッフェでしたから、あったのかなかったのか分かりませんが、目にしなくて食べていません。超残念。
そういう点、お食事が外の方がいいですよね?

岩牡蠣は夏場に日本海の方で獲れて、真牡蠣は冬って気がします。身も岩牡蠣は大きくて濃厚ですよね?それと殻が四角っぽいかな?(^^)

げんかあちゃんさん、ありがとうございます♪
12. Posted by jugon   2020年11月07日 16:13
>wansippoさんへ

wansippoさん、こんにちは

海外に比べて日本はのどかですね。
いいのかな〜と思いながらも、せっかくだからって(^^)
松島の景観は、震災前と後では違っているのかしら?良く分りません。

wansippoさん、どうもありがとう♪
13. Posted by jugon   2020年11月07日 16:15
>chizchizさんへ

chizchizさん、こんにちは

そんなお話してましたか?
北イタリアはトリュフの産地でもありますからね。

chizchizさん、ありがとうございます♪
14. Posted by jugon   2020年11月07日 16:17
>自然を尋ねる人さんへ

自然を尋ねる人さん、こんにちは

20年なら、私より最近です(^^)

ノラちゃんたちも生きて行かなきゃならないので一生懸命ですね。

自然を尋ねる人さん、ありがとうございます♪
15. Posted by 葉山伸一   2020年11月10日 18:05
こうしてたくさんの写真を拝見していると、松島にはやはり一度は行ってみたいなあ、と思います。
今年はちょっと遠出をしたのは箱根と熱海ですから、気持ちはもううずうずとしていますが、
家にまだ9ヶ月の双子がいる身では、万が一にもコロナを持ち込んだら自分の身だけでは済まない、という気持ちが働きます。
ああ、でもどこかへ行きたい!!!!!!
16. Posted by jugon   2020年11月11日 13:01
>葉山伸一さまへ

ディックさんですよね?こんにちは〜


松島も一度は訪れてみても良いですね。
前も書きましたが、私はせっかくの東北なら、奥入瀬や八幡平へもう一度行きたかったけれど。

コロナは厄介ですよね?油断はできませんし、潜伏期間が長いのがネックです。
でも、ワクチン開発が進んでいるようですから、早くみんなが摂取できるようにしてもらいたいですね。

ディックさん、ありがとうございます♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔