2020年05月17日

野に咲く花 -2

シロツメクサ



"シロツメクサ"(白詰草) には小さい頃からとってもお世話になっています。
きっとみなさまも、ですよね?(^^)

野原へ遊びに行くと、四葉のクローバーを探して、一喜一憂したり。
時間があったら冠を作ったり。
ふんわりするのをいいことに、お花のことなんか気にしないで、その上にシートを置いてお弁当を食べたり。


因みに、葉の枚数ですが、4つ葉まではまぁなんとか見つけられますが、
5枚、6枚・・・10枚なんていうのもあるんですって!
全部花言葉(葉言葉) もあって、ギネス記録は、56つ葉のクローバー!!
日本** で発見されたのだそうです・・・
どれだけ、踏まれたのでしょうか??

(4枚以上の葉っぱは、変異体と呼ばれ、なんらかの要因で遺伝子に異変があり誕生。
人に踏まれることで遺伝子関連の部位が傷つき突然変異する場合もある)


** たくさん葉がついているクローバーを自然勾配させる研究を 60数年も行っていた岩手県の小原繁男さんが、2009年5月に発見しギネスに申請。




てんとう虫がいた!



シロツメクサの近くに "ナナホシテントウムシ" 発見。

こいつ、めっちゃ忙しそうで、すごい勢いで歩いていました。
ずっと追いかけたのに、撮れた写真はたったの 2枚。
てんとう虫がそんなに忙しいって・・・なぁ〜ぜ?




今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


てんとう虫だけじゃなく、ニャーちゃんもずっと追いかけました(^^)
ニャーちゃんの方は・・・ちょっと暇そう





クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 06:00│季節のフォト | My hobby