2019年08月11日

Cinq と キタムラ

Cinq


名古屋東区代官町のフレンチ "Cinq"

今年、"ミシュランプレート" に選ばれたそうで、予約の取り辛いお店になっているようです。
厨房はシェフお一人で賄っていらっしゃるので、大変そうです。
それでも、帰りには挨拶に出てきてくださってお見送りしてくださいました。

新鮮な食材を使い一つ一つ丁寧に作られたお料理に、ワインのチョイスもとても素晴らしい。 そして、とてもリーズナブル。
お店の感じがカフェっぽいので、ミシュランの☆は取れないかも知れませんが、実質はプレート以上、☆いくつかな?(^^)

冒頭のスープ、何だったのか忘れていますが、かぼちゃ? 違うかも。


Cinq


ワイン、気が付けばグラス 4杯

・シャンパーニュ "Jean Vesselle Extra-Brut, Grand Cru, Bouzy RM"
・白 "Sancerre 2015, Les Quarterons, Etienne et Sebastien Riffault"
・白 "Puligny-Montrachet 2016, Pernot Belicard"
・赤 "Bourgogne Passetoutgrain 2016, Robert Groffier Pere & Fils"



Cinq


コラージュ真ん中は、三つ載ったアミューズ・ブーシュ。
上の丸い所に二つ載っているのは、下にアーモンドのサブレを敷いた〆鯖です。
右の白いお皿の上のピンクっぽいのは、オリーヴ・オイルや生クリームでマリネしたマグロの中落ち、上にはラディッシュ。
左側の、黄色いのは桜エビのブリュレ。ハーブの下に生シラスが隠れています・・・「生シラス」jugon はいりませ〜ん
苦手な食材を聞いてくださった時に言えば良かったけれど、生シラスが出るとは全くの想定外。

前菜のお野菜は、淡路島から。お野菜の下には真鯛。キャベツのピュレをかけて。

メインのお肉は、三河もち豚。添えられたお野菜は、こちらも淡路島産。
因みにアミューズ・ブーシュに使われていたのは大分のお野菜です。
お肉の右上にチラっと見える茶色っぽいのは、山形の「あけがらし」… とても珍しいもののようです。詳しくは こちら の「山一醤油」さんの HP をご覧ください。

チョコレート・ケーキのデザートも美味しい。

日本各地の生産者さんと連携した新鮮な食材を使ったお料理。木のぬくもりを大切にした「和」テイストの設えにも拘りが感じられました。

再訪したいお店です



↓ そして、もう一店

キタムラ


名古屋東区白壁にある、グラン・メゾン
"ラ・グラン・ターブル・ドゥ・キタムラ"

こちらはミシュラン一つ星です。
名古屋のレストランのシェフの多くがこちらで修業をしていらっしゃるのを知っていて、行ってみたいと思っていました。
白壁という地域柄もあって、お店はとても素敵なお屋敷です。元は、中部電力初代社長の邸宅とか。

限定 20食のランチのコースです。
お皿にポツンと載ったキッシュ、これとスープがアミューズ。
スープは、じゃが芋のポタージュ。蟹の身が入っていました。

ワイン・ボトルを見せてくださっていますが、ものすごくお忙しそうで、
全てのサービスがドタドタバタバタ。

お魚料理はスズキ。上に載っているグリーンはディル。
下には新玉ねぎ、ブール・ブランのソースと合わせて美味しかったです。

合わせた白は、"Bourgogne Chardonnay 2017, Frederic Esmonin"


キタムラ


メインは、6択でした。
jugon が選んだのは、シェフのお薦めの "フランス産子仔鴨胸肉のロースト"
妹は、+500円の "フランス産仔鳩のロースト"
ガルニチュールが全く同じ。

鴨はまぁまぁ。鳩も少しもらっていただきましたが、
血が残っていました。だからか、ちょっと生臭いし鳩自体が美味しくない。
もしこちらで初めて "鳩" をいただいたら嫌いになっちゃうかも。

ワイン、赤は、"Morey-Saint-Denis 2013, Stephane Magnien"

デザートは、苺のショートとマンゴームース。
どちらもキタムラ特製ガトーのようですが・・・ひと昔前のケーキのよう。ミシュランの星付きレストランのものとは思えません。
小菓子に至ってはなんとも言えず。


読んでてお分かりになったと思いますが、美味しいとか言いながら、否定的でしょう?(^^)
お店とは、美味しいのは勿論大切ですが、同じ美味しさ、または少々のことならホスピタリティーの良い方が上だと思っています。こちらのお店のホスピタリティーはゼロ以下。
大切なお客様にはとてもしっかりとしたサービスをなさるのかも知れませんが、サービスにムラがあるって、それってダメですよね?
ミシュランの☆を取られたそうですが、ミシュランの審査員の方には心のこもったサービスをなさったのでしょうね。

テーブルへ案内される前に待っていたら、お知り合いへのご挨拶に北村シェフが出ていらっしゃいました。jugon とも目が合いましたが、軽い会釈もなく・・・お知り合いじゃありませんから当然でしょうか?
お料理をバタバタっと運んでいらして説明もそこそこに、後は知らん顔のホール・スタッフ。
唯一感じが良かったのは、出口でお土産のパンをくださった女性。それで、ほっとしてスープに繊維くずが浮いていたのを思い出し、お伝えしました。

建物は本当に素晴らしい。そして、お料理もあるグレード以上です。
でも・・・もう行かな〜い!



今日のニャーちゃん♪

にゃんこ


目の前を駆けて行っちゃったニャーちゃんでした。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


jugon1911 at 15:59│Comments(18)NAGOYA | Restaurants

この記事へのコメント

1. Posted by pocky   2019年08月11日 21:36

こんばんは^^

jugonさんのおっしゃるとおり、私も
ホスピタリティが一番だと思っています。
心を込め接客で、また行きたいお店だと
思わせるのがプロのお仕事でしょう?
初めてのお客にでも、誰にでも同じように
接するのが当たり前!!

HP見ました。
シェフはこう書いています。

空間、料理、サービスすべてでお客様を満足させたい。

初心を忘れていらっしゃるのかしら・・
残念なお店ですね。
2. Posted by タヌ子   2019年08月11日 22:18
星が取れちゃったから安心してしまったのかしら?
日本の大切なお・も・て・な・しの心を忘れてはいけませんよね。
私もリピートしたいなと思うお店はお料理は勿論ですが、サービスの良さが大きなポイントです。
気持ちよい応対は素晴らしい調味料、サービスの悪さは出汁を入れ忘れたお料理って感じですよね。
ところでミシュランの審査員、日本での審査員は日本人なのかしら?
jugonさんに審査員になっていただきたい。
3. Posted by 自然を尋ねる人   2019年08月11日 22:21
私の周辺で、最近がんで亡くなる人が増えています。
お盆ですから許してもらうことにして続けます。
今日の記事でワインを何杯も飲まれたとか!
亡くなった人の多くは皆さんお酒に強い人です。
ここの作者は数少ないガールフレンドですから健康に二注意して欲しいです。
4. Posted by Mchappykun2   2019年08月11日 22:38
良いお店は一見さんであろうと、お馴染みさんであろうと、分け隔てなく良い対応をするものです。そういうお店は残っていきますが、どんなに美味しいものを出しても、対応にムラがあってはいけませんね。残念なお店でしたね。でもね、そういうお店は絶対味にも出ますよ。

最初のお店は再訪したいお店だから、良かったですね。しかもリーズナブルなら、言うことなしですね。
5. Posted by wansippo   2019年08月12日 12:17
そうなんですね、
せっかくの時間が再来するか、もういいか・・・
ミシュラン☆もらってふんぞり返ってしまうのは残念。

それにしてもjugonさんは、苦手がないと思ってましたが生シラスが苦手でしたっけ(笑)
6. Posted by jugon   2019年08月13日 22:42
>pockyさんへ

pockyさん、こんばんは

ホスピタリティー、大事ですよね?
バラつきがあるサービスをしていたら、今は良くても自然淘汰されてしまいますね。

小さくても頑張っていらっしゃるお店もたくさんありますし。

pockyさん、どうもありがとう♪
7. Posted by jugon   2019年08月13日 22:46
>タヌ子さんへ

タヌ子さん、こんばんは

実は、どこかの口コミを読んだら、余り良い事が書いてなくて、一抹の不安はありました。
でも、名古屋のシェフの登竜門みたいなお店なので、行ってみたかったの。

そんなことは出来ませんが、ミシュランの審査員は日本人だと思います。
ミシュラン、星一個なら買えるそうです。

タヌ子さん、ありがとうございます♪
8. Posted by jugon   2019年08月13日 22:51
>自然を尋ねる人さんへ

自然を尋ねる人さん、こんばんは

ガンの罹患率、この頃、二人に一人と言われていますね。
私の周囲もガンの嵐が吹き荒れています。早期発見大事です。

私は最近、飲酒量は随分減っていますよ。美味しいワインを末永く飲みたいので、どうでも良いアルコールは控え気味です。自然さんにご心配をおかけしてすみませんが、大丈夫です(^^)

自然を尋ねる人さん、ありがとうございます♪
9. Posted by jugon   2019年08月13日 22:56
>Mchappykun2さんへ

Mchappykun2さん、こんばんは

ある意味、ゴマカシですものね?
和洋折衷の素敵なお店なので、早く気付いて良くなるといいなと思います。鳩ももう少し火入れに気を付けて(^^)

cinq はとても好感が持てるお店で、ワインも、あんなの出してくださっていいのかな、と思う料金でした。

Mchappykun2さん、ありがとうございます♪
10. Posted by jugon   2019年08月13日 22:58
>wansippoさんへ

wansippoさん、こんばんは

お店、様々ですね。

生シラス、新鮮なものなら食べることは食べますが、なんとなく一生分食べちゃったものの一つ。後、ホタルイカかな〜(^^)

wansippoさん、どうもありがとう♪
11. Posted by chizchizc   2019年08月14日 21:19
こんばんは♪

いやぁ〜、今日は参りました😅
出先から帰って来て、まずはシャワーと思ったら、お財布が無い!⤵️
探し捲って、最後に寄ったコンビニに行って、無い!
で、しばらく探して、ちゃんと所定の位置に有りました。
何よりお財布無くすのは保険証、クレカ、お金は何とかなってもカード類、お財布も今は古くなったPRADAですが、気にいって買ったものなので、出てきて良かったぁ〜💦
そうですか?
白魚、苦手なんですね。
私は大好きだけど、高いしなかなか食べる機械ないですねー💦
トマトのお浸し、簡単で美味しいので是非。
あまり浸けすぎると浸けものになってしまうので加減に気を付けて下さい。
トマトといえば、やっぱりカプレーゼだなぁ。
実はチーズ教室にも通いましたが、私、ウォッシュが苦手。
水牛製のモツァレラが一番だなぁ。
牛さんは売ってますが、ブッファはこちらでは無いですねー。
最初にイタリアに行って、帰りのナポリの空港のレストランで、モツァレラをまるごと食べていたのをみてビックリ!
その後タクシーに乗って運転手さんにつたないイタリア語で、その話をしたら、イタリア人はトマトに切れ目を入れて、そこにモツァレラを挟んで食べるって言ってました。
ソルダム、もう秋に向かっているから出ないんじゃないでしょうか?
残念。
今年はまだスイカも食べてません。
秋は梨ですね🎵




 


  

















12. Posted by Mchappykun2   2019年08月15日 00:44
最新の記事のコメント欄を閉じていらっしゃるので、失礼を承知でこちらに書かせていただきます。

14年目のブログ、おめでとうございます。14年、よく続けてこられましたね。私は10年です。継続は力なり、jugonさんの宝物になっていることと思います。

しばらくブログをお休みされるとのこと。とても寂しいです。また、ご事情が許すようになったら、ぜひ戻ってきてください。心よりお待ちしています。

そして、くれぐれもお体に気をつけて、良い日々をお過ごしなさいますように海を隔てたカリフォルニアからお祈りしております。
13. Posted by 自然を尋ねる人   2019年08月15日 10:21
しばらくお休みですか!
14年間の飛び出せキッチン作成継続おめでとうございます。しかも最近は最高位8位。
私の方が少し早く始めたようですが数々の思い出をありがとうございます。
1017年ソロプチミスト全国大会で表彰をいただいた時横浜でお会いしました。
容姿端麗の方としっかり記憶しています。
14. Posted by jugon   2019年09月01日 19:32
>chizchizさんへ

chizchizさん、こんばんは

お返事が遅くなりました。

私が一生分食べたと思っているのは、生しらすです。
白魚はまだまだ食べてもいいです(^^)

モッツアレッラ、この頃はチェリエージばかりですが、以前はトマトに挟んだりもしました。目先を変えるのも楽しいですね。
ソルダム、一昨日かな〜、見ましたよ。

chizchizさん、ありがとうございます♪
15. Posted by jugon   2019年09月01日 19:39
>Mchappykun2さんへ

Mchappykun2さん、こんばんは
お返事が遅くなり失礼いたしました。

お心のこもったコメントをありがとうございます。
10年も凄いことですよね?
本当に、継続は力だと思うこの頃。私は余り継続してるものがないので、ブログはとても大切なものの一つです。そして、その中でお知り合いになれた方々も宝です。

父が尻餅をついて圧迫骨折をしてしまい、紆余曲折の後入院になりました。
心配ではありますが、一旦今横浜に戻ってきました。
高齢なので誰もお見舞いに行かない環境が心配なのですが、我慢してもらうしかない状況です(^^;;

Mchappykun2さん、ありがとうございます♪
16. Posted by jugon   2019年09月01日 19:43
>自然を尋ねる人さんへ

自然を尋ねる人さん、こんばんは
お返事が遅くなり申し訳ございません。

始めた頃のこと良く覚えています。このお話はよくしますが、自然さんは2番目のお友達です。1番の「海と・・・」のやまさんは、もうブログをなさっていらっしゃらないようですね。
長い間仲良くしていただいてありがとうございます。
もう少し落ち着いたらまた始めますので、またよろしくお願いいたします。

自然を尋ねる人さん、ありがとうございます♪
17. Posted by ディック   2019年09月23日 11:45
この記事は8月11日、残暑見舞いのニャンコは14日、
あれまあ、わたしを上回る夏休みをとられているのですねぇ。
私は8月17日が最後、1ヶ月以上を経過して、いくらなんでもと昨日無理矢理にブログを更新してみました。
それで花散策と無関係のクラシックのことを書いてます。
ほとんどカメラを持たない日が長く続くと、関心はほかのことに移ってしまい、なかなかブログを再開できません。
これからどうしよう、と悩んでおります。
18. Posted by jugon   2019年09月25日 15:32
>ディックさんへ

ディックさん、こんにちは

まぁ、ディックさんもお休みをなさってらしたのですね。私はご訪問も滞り勝ちで、知らずにいてすみません。
私もカメラから随分離れていましたが、今週始めに赤レンガの方へふらりと行ってまいりました。
本当は三渓園へ行こうと思っていたのに、いろいろあって(^^)
私は今日再開いたしました。
書かないなら書かないでなんとなく過ぎて行ってしまいますが、是非是非続けていただきたいです。。

ディックさん、ありがとうございます♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔