2018年11月06日

スイス 7/3-2 (First)

Clif Walk


お〜い! スイス日記はどーなった〜? と自分に突っ込み(^^)
しかも、もう 1ヶ月以上空いちゃってる次に書こうとした記事は同じ日の午後の事という計画の無さ(^^;;
記憶はだんだん薄れるし、 7/3 はまだ旅程の半ば。

前回の記事は こちら

スイス、フランス旅行記:
7/3-2 (6日目) ・・・ 午後は、クライネ・シャイデックから WAB(ヴェンゲルンアルプ鉄道) でグリンデルワルト(Grindelwald) に行き、そこから徒歩とロープウェイでフィルスト(First) へ。

↑ 2015年に断崖沿いに造られた "フィルスト・クリフウォーク"


↓ フィルストから望むアイガー

Eiger


グリンデルワルトからはユングフラウは見えず、アイガー(Eiger) がデンと目の前に。
アイガーと言えば、北壁。多くの山男たちの命を奪い、魔物と呼ばれた切り立った雪も付かない絶壁。
初登頂の歴史は、ユングフラウが 1811年、メンヒは 1857年、そしてアイガーの稜線ルートが 1858年。でも、北壁が征服されたのは、その 80年後の1938年。オーストリア人 ハインリッヒ・ハラーによって。

上のコラージュの一番下 Eiger の歴史の中には日本人 槙 有恒(まき ゆうこう) の名もあります。(クリックして虫眼鏡+で拡大してご覧ください)
彼がミッテレギ稜(東山稜) からの初登頂に成功したのは 1921年のことでした。
そして、北壁の登頂に成功した日本人もいます。渡部 恒明。
しかし、彼は登頂後、悪天候に見舞われ頂上直下にある「白い蜘蛛」と呼ばれる氷壁から墜落してしまい、救助を待つ間に自らザイルを外して転落。

女性として世界で初めて北壁の登攀に成功したのは、日本人! 今井通子さんだそうですね。有名でしょうけれど jugon は知らず、へ〜〜そうだったんだ!凄〜い(^^)

First


フィルストへ行ったのは、クリフ・ウォークを歩きたかったからですが、パッと目に飛び込む雄大な滝、目の前に広がる雪渓や山々が織り成す風景は、本当に綺麗でした。


Cliff Walk


私とM子さんが、ロープウェイで上がってくる途中から気になっていたのは、フィルスト・フライヤーと呼ばれるアトラクション。(↓ のコラージュの右上)
約 800mをブランコのようなのに乗って一つ下の駅まで滑空するのですが、最大時速は 84Km だそう。
ちょっと怖い気も・・・どうする〜? と言いながら、乗り場まで行ったらその気が増して、荷物を一つにまとめ、お財布もしまったので必要な料金を手に握り承諾証もゲット。
後は列に並ぶだけというところで、ちょっと乗り出して今飛び出した人の様子を見たら、遠くからは分からなかったけれど、クルクルクルクル回転している。わぁ〜、あれは無理!
ってコトで散々時間を費やしたのに、二人共あっさり気持ちが引いて退散。


First


フィルストの手前の駅から下る方法は、ブレーキだけで座席もペダルもない自転車やマウンテン・カートなんかもあって、牛たちが草を食んでる脇をガタゴトと滑り降りることができます。


First


フィルストに来たら是非訪れた方が良いと言われるバッハアルプゼー(Bachalpsee) にも行きたかったのに、往復 2時間くらいかかる。時間を全然気にしていなかったけれど、明るくてもすでに 5時を回っていて下りのロープウェイの最終は 6時。

あんなところで迷ってないで、せっかくここまで来たのだから初めからそうすれば良かったのに、残念でした。それだけは、今も心残り。


↓ グリンデルワルド ⇔ フィルストのロープウェイ

First


そして、この日は帰りに列車を乗り間違えました。
登山鉄道BOB は、同じ列車でも、前(AB) と後ろ(CD) の車両で行き先が違い、途中駅で切り離されてそれぞれの方向へ行きます。乗り換え駅ツヴァイリュチーネンでうっかり後ろの方の車両に乗ってしまった私たちは、またグルンデルワルトへ戻ってしまうところでした。
検札に来た車掌さんが切符を見て「どこへ行くの?」
「ラウターブルネン」と答えると「列車が違うので次の駅で降りて、反対方向の列車に乗り換えなさい」と。
そして、次の駅 Lutschental で降りようとしたら、他の車両からももう一人車掌さんが走ってきて「インターラーケン、プッシュ!」って(^^)
この駅はリクエスト・ストップの駅なので、インターラーケン方向のボタンを押して待っていなさい、という意味。車掌さん、すご〜く親切でオドロキ。
そしてそして、もっと驚いたのは、やってきたインターラーケン方面行きの列車に乗ったら、すぐに車掌さんが来て「乗り間違えたのはあなたたちですか?」ですって!
ちゃ〜んと連絡が行っているんですね〜。流石、観光立国スイス、ホスピタリティが素晴らしい。


今日はワンコ♪

ワンコ


カフェでまったりワンコ



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon1911 at 22:17│Comments(26)Switzerland | Trip

この記事へのコメント

1. Posted by Mchappykun2   2018年11月07日 04:29
待ってました、スイス記事の続き。
すごいですね。クリフ・ウォーク。前にも書いたかもしれませんが、私はシャモニーの4千メートルの展望台に上ってから高所恐怖症になりました。
スイス、やっぱり行ってみたいです。
乗り間違えても無事帰ることができて良かったですね。こういうこと、忘れませんね。

ずっとご無沙汰していたので、今までの記事をアップアップしながら読み進めています。
腰痛はその後どうですか?癖になりますからね。私も最初はストレスからでした。まだ、30代の中半だったのに。
去年ぎっくり腰になったのは、疲れが溜まっていたからだと思います。

くれぐれもお気をつけください。
2. Posted by 小肥り   2018年11月07日 10:28
あった。YUKO MAKI みつけた。
この人は名前は知ってる。南極かヒマラヤに行った人かな。
アイガーの北壁を表現した文章で一番気に入ってるのは「この山が生まれてからただの一瞬も陽光を浴びたことのない壁」という一節。誰の言葉だったか覚えてません。
「承諾証」ってなんですか?気になる。
最初の写真は中国の「蜀の桟道」に似ていますね。
3. Posted by げんかあちゃん   2018年11月07日 13:24
スイス旅行記
今回は見てるだけで足元から
ゾゾゾーーっと寒気が這い上がってきてます
(特にクリックして虫メガネ)
大きな写真になればなるほど…
私高所閉所苦手なんです

きっと素晴らしい所でしょうが怖い(汗)
フィルスト・フライヤーと呼ばれるアトラクション
4. Posted by chizchiz   2018年11月08日 03:31
こんばんは♪

スイス→箱根ですか?
スイスというとハイジくらいしか思い浮かばないけど(笑)寒くないんですか?
箱根の森美術館は何度も行きましたが、何度行ってもいいですね。
今年もハロウィーンが終わって、もうあっという間にX'mas‼️
今年はボジョレーヌーボー、ちょっと飲んでみたい気がします(^.^)
5. Posted by タヌ子   2018年11月08日 04:34
フィルスト・クリフウォーク、ちょっと足がすくみそうだけど周囲に広が景色に魅せられて怖さも軽減されそう。
ジェットコースター好きな私でもクルクル回るフィルスト・フライヤーは無理。
怖すぎて景色を見る余裕は絶対にない。
それにしてもスイスの車掌さんの連係プレー、凄いですね。
フランスでは絶対にあり得ません。
6. Posted by ディック   2018年11月08日 19:57
フィルスト・フライヤーとかの話の前に、トップの写真や4枚目の写真で「わあ、怖い!!」とびっくりしています。

スイスの列車の車掌さん、しっかりしていて親切ですね。

台風以来、わが家の庭は荒れ放題。近隣の公園のイチョウやケヤキはひどい状態で、もう茶色くなって葉を落としています。
それで花散策の意欲をすっかりなくしてしまい、家のバラ(鉢植え主体)の記事をぱらぱらとアップしている程度となっています。
7. Posted by wansippo   2018年11月08日 22:15
すごい!!
大自然の中でのアトラクション!
恐そう〜
車掌さん、親切なんですね。びっくり。
ツアーでなくて個人での移動はハプニング多いですけど想い出も発見もいっぱいね。
8. Posted by jugon   2018年11月08日 22:31
>Mchappykun2さんへ

Mchappykun2さん、こんばんは

待っててくださって、ありがとうございます。
ボツボツ、書いていきたいと思っていますが、今年も後 2ヵ月を切って、年内大丈夫かな〜?(^^)

高所恐怖症の方って多いですね。
でも私も昔と比べると怖がりになった気がします。
スイスは私もまた行きたいです。

腰痛は、治ったとは言い難いのですが、なんとか普通に生活しています。
ご心配ありがとうございます。ぎっくり腰もしたことがありますが、何もできず本当に困りますね。

Mchappykun2さん、ありがとうございます♪
9. Posted by jugon   2018年11月08日 22:41
>小肥りさんへ

小肥りさん、こんばんは

槙 有恒氏を知らなかったので "YUKO MAKI" というのを見て、女性かな、男性かなって思いました(^^)
アイガー北壁は、いろいろ映画にもなっていて山に興味がない人でも名前だけは知っていますよね?

サインをしなかったのできちんと読んでいませんが「承諾証」には多分、何かあっても文句言いません系のことが書かれていたと思います。

中国の「蜀の桟道」の写真、見ました。ホント、似ていますね。でも、木製であっちの方が数倍怖い。


小肥りさん、ありがとうございます♪
10. Posted by jugon   2018年11月08日 22:45
>げんかあちゃんさんへ

げんかあちゃんさん、こんばんは

高所恐怖症でいらっしゃいますものね?
クリフ・ウォークの足元は網状になっていて、下が良く見えていました(^^)
フィルスト・フライヤーは、これ系は人生これが最後って思って乗ってみたかったんですけれど、回るのはダメ。回るコーヒーカップも乗れません。

げんかあちゃんさん、ありがとうございます♪
11. Posted by jugon   2018年11月08日 22:48
>chizchizさんへ

chizchizさん、こんばんは

間がめっちゃ空いていますが・・・。
それに箱根は、スイスから帰ってもう2,3回行っています。
失礼ですが、記事、余り読んでくださっていませんよね(^^)

chizchizさん、ありがとうございます♪
12. Posted by jugon   2018年11月08日 22:53
>タヌ子さんへ

タヌ子さん、こんばんは

タヌ子さんも高いところが苦手でいらっしゃいますか?
今思えば、もしも乗ったとしてもずっと目をつぶっていて景色なんか見られなかったと思います。

リクエストしなくても停車してくれたかしらね?(^^)

タヌ子さん、ありがとうございます♪
13. Posted by jugon   2018年11月08日 23:01
>ディックさんへ

ディックさん、こんばんは

今回行って、スイスもああいったものやアトラクションに力を入れているなぁという印象です。
若い観光客も呼び込みたいのでしょうね? おばさんも便乗です(^^)
車掌さんの連携プレイには感心しました。

あちらもこちらも塩害ですね。
我ベランダの木の葉っぱで目立ったものは、すぐに全部取ってしまいました。そしたら、新しい葉が出てきました(^^)
お庭の薔薇は、鉢植えなのですね〜。そう言えば、以前大磯で見たお庭の薔薇も鉢植えのものが多かったです。その方が移動ができて、お花にも人間にも都合が良いですものね。

ディックさん、ありがとうございます♪
14. Posted by jugon   2018年11月08日 23:06
>wansippoさんへ

wansippoさん、こんばんは

もっと怖そうなのもありました。
飛行機のようなものに体を括り付けて、下から上へ上がって来て、そのままの方向で今度は下るの。
前が見られない分、下りがすごく怖そうでした。

ちょっとミスするのも、いろいろ分かっていいかもね(^^)

wansippoさん、どうもありがとう♪
15. Posted by chizchiz   2018年11月09日 11:28
こんにちは♪

スミマセン。ここのところ、仕事は忙しいし、家のリフォームで落ち着かなくて、あまりブログ読めませんでした。ごめんなさい🙇
今日休みで明日仕事。
日曜日からホテルです。
今年も後2ヶ月。
忙しいですね。
16. Posted by 自然を尋ねる人   2018年11月10日 10:32
すいすいとスイスの旅は続いていたのですね。
日本離れした風景には感動です。
17. Posted by うらんママ   2018年11月11日 07:57
おはようございます♪
本当に素晴らしい景色ですね。
私も高所恐怖症なのでそれは絶対に無理ですが、乗ったら素晴らしい景色が楽しめるのでしょうね(*^ω^*)
スイスの方はそんなに親切なのですね凄いなぁ〜(*'▽'*)
18. Posted by jugon   2018年11月13日 09:45
>chizchizさんへ

chizchizさん、こんにちは

年末に向かって、イベントもいっぱいでみなさんお忙しくなりますね。

chizchizさん、ありがとうございます♪
19. Posted by jugon   2018年11月13日 09:47
>自然を尋ねる人さんへ

自然を尋ねる人さん、こんにちは

はい、まだまだ続きます。
年内終了難しいかも(^^;;

自然を尋ねる人さん、ありがとうございます♪
20. Posted by jugon   2018年11月13日 09:50
>うらんママさんへ

うらんママさん、こんにちは

乗ったらずっと目をつぶったままで、気が付いたら下の駅だったと思います(^^)
数回乗ったら慣れるかしらね?

ね〜、すごいですよね。繁忙期も同じかしら?

うらんママさん、ありがとうございます♪
21. Posted by pocky   2018年11月13日 11:55
jugonさん、こんにちは^^

今日も素敵なスイスの景色です^^
先月だったか、TVでの「旅サラダ」でスイスの旅の模様が
映し出されていて、美しい景色や列車に、ここもjugonさんが通ったのね〜と見てました^^

フィルストフライヤーは興味津々ですが、やっぱり
足がすくんで無理かな(笑)
22. Posted by chizchiz   2018年11月13日 22:29
こんばんは♪

今井通子さん、何となく知ってますよ。
ところで、今年はボジョレーヌーボー、飲もうと思います。
元々あまり興味ないんだけど、何となく。
知り合いの方が、ディナーご馳走してくれるそうで、飲んでみようかと(^.^)
もう、X'masですね。
ブッシュドノエル、シュトーレン、パネトーネ?
23. Posted by chizchiz   2018年11月13日 22:55
PS:

今井通子さんてお医者さんじゃなかったでしょうか?
24. Posted by jugon   2018年11月16日 23:23
>pockyさんへ

pockyさん、こんばんは

更新が緩慢で・・・
これを書きながら、また来年も行きたいな〜としきりに思っています(^^)

pockyさんも気になりますか? 私はあのクルクル回るのを見たので、心残りはありませんが、多分面白いと思います。

pockyさん、どうもありがとう♪
25. Posted by jugon   2018年11月16日 23:26
>chizchizさんへ

chizchizさん、こんばんは

私はまだ飲んでいません。
最初の頃は、出来が余りよくないようなことを聞きましたが、出来上がってみれば 2018年良いヴィンテージになりそうですね。
・・・ということは、ヌーヴォは余り美味しくない??(^^)

医師で登山家ですね。

chizchizさん、ありがとうございます♪
26. Posted by chizchiz   2018年11月17日 00:58
こんばんは♪

そっかー、、、、?
私も今年はいいヴィンテージと聞いたので、ボジョレーヌーボーも美味しいのか?と思ってましたが、逆ですね。
良く解りません。
益々楽しみです。
ディナーは予約してあって、メニューはボジョレーヌーボーに合わせて下さるそうですが、何だろう?
これも楽しみ(^.^)
少し前うたた寝してましたが、叔母とフレンチを食べに行って、ロゼシャンパンが出て来て、物凄く美味しくて、アレキサンドラ?ですか?
で、二人で酔っぱらって、タクシーで帰った夢みてました(爆)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔