2017年12月10日

晩秋のドライヴ

押川大滝


先週は、名古屋から来てくれたお友達と鎌倉へ紅葉狩りに行きました。
まだ見頃の場所もありましたが、やはりそろそろ終わりで冬の気配。
12月も 1/3が過ぎたので当然ですけれど、
今年の紅葉の時期は 1週間近く早い気がします。

11月に名古屋へ行った時に、父は抜きで(^^) 妹と愛知県の稲武の方へドライヴしました。
稲武は豊田市ですが、豊田市は広くて稲武も ↑ の "押川大滝" も岐阜県との県境近く。ちょっと気温が低いこの辺りも終わりかけの紅葉がチラホラ。


押川大滝


"押川大滝" は、矢作川の支流である名倉川の全水量が、流れ落ちる滝で、高低差は約 8m。

滝つぼのまわりに小さいながら石の河原が広がっていて深い滝つぼに水が流れ落ちる様は豪快です。赤い橋は、この滝を見られる「滝見橋」
河原には下りたのに、そこからは眺めなかったので、真ん中の滝の写真はお借りしたものです。 周辺の名残りの紅葉が光の中で輝いていました。


↓ 稲武の野入町下野入の丸彫舟型の石像

役の行者


国道 153号線沿いから見える大きな "野入行者岩" と呼ばれる一枚岩に彫られた "役(えん) の行者" と石灯籠や "不動明王" など。 (クリックで画像を拡大してご覧ください)
国道と崖の間には野入川が流れていますが、この崖の下は、中馬街道(塩の道)・善光寺街道と呼ばれた旧道で、戦国時代には武田信玄が 25,000人の大軍を引き連れて通過、また、その息子武田勝頼が 15,000人の大軍で長篠の戦い(設樂ヶ原)へ向かった街道だと記されています。

あの急な崖にどのようにして石像を彫ったのでしょう 。それに、崖の下にあるという道も遠目からはそんなに大勢の人が通れるようには見えません。そんなに通ったら崩れそう。
良く分かりませんが、道路側から見ると左手の竹藪から崖の下へ通じる道らしきものがあり近くまで行けそうだったので、機会があったら行ってみたい。

こういうものを見るにつけ、昔の人は凄いと思わないではいられませんね。



↓ 岩村城下町

岩村城下町


記事に書いた順番とは違いますが、行程は "役の行者" の石像 → "押川大滝"

その後、岐阜県恵那市の女城主の里、岩村町へ。


岩村城下町


岩村町は岩村城の城下町で 4百余年の歴史を持ち、現在の本町通り(旧上町、中町、下町) に面する両側の町並みは江戸時代から続くもので、上町には職人が住み、中町や下町には商い屋が並んでいたそうです。

岩村城は、女城主として有名ですが「女城主」と言えば、今年の大河ドラマの 井伊直虎 の方が全国的にはもっと有名ですね。
岩村城の女城主は、遠山景任(かげむね) の妻、織田信長の祖父である信定の末娘で信長の叔母にあたる、お直(おつや) の方です。

訪れた火曜日はお休みのところが多く、夕暮れ近くで観光客もほとんどいなくて、懐かしい趣きの家々が並んでいる静かな町をゆっくり歩くことができました。

2013年春に岩村城址へ行った時の記事は こちら

お直の方については こちら に詳しく書かれていますので、
ご興味がおありでしたらご覧ください。


↓ ランチは「山武㐂 」さんで

山武喜


山武㐂 (ヤマブキ) さんは、今年の 6月に父も一緒に行って天然鮎をいただいたお店です。
その 6月のことは、長い記事の下の方に書いています。 こちら

今は、自然薯のとろろご飯がお勧めだとのことでしたが、それぞれ妹は "焼きアマゴ定食" 、jugon は "天ぷら定食" にしました。
春は蕨などの山菜に混じって琵琶の天ぷらが載っていて珍しいな〜と思ったけれど、今回はりんごの天ぷら入り。
果物の胡麻和えや椎茸の茎の佃煮、筍のお漬物なども付いていて美味しいお昼ご飯になりました。
外でのランチにアルコール無しは珍しいでしょう? ビールを飲もうと思ったら大瓶しかなく、一人でそんなにいらないし残すのは勿体ないということで、止めたのです(^^)


今日はワンコ♪

岩村ワンコ


岩村の城下町で出会ったワンちゃん。
始めはワンワンワンワンとっても吠えていたのに、近付いたら尻尾を
ビュンビュン。
この子は、番犬にはなりませんね〜。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


この記事へのコメント

1. Posted by まっく   2017年12月11日 03:29
■人懐っこいワンコ見ると和みまする。
すぐ噛みついたり吠えたりするのは番犬向きだすが可愛くはありません、防犯はセコムに任せてワンコは徹底的に可愛く育てませう(笑)
 滝つぼの周囲は空気が違って酸素が新鮮な気がしますな、天然のクリーンミストだらけだから。
2. Posted by ryuji_s1   2017年12月11日 08:44
jugonさん
おはようございます
晩秋のドライヴ
岩村城下町
素晴らしいですね
ランチは「山武㐂 」
素敵なレストランですね
お料理美味しそうです
3. Posted by chizchiz   2017年12月11日 20:11
こんばんは🌃

「焼きたまご定食」美味しそう。
お餅ですが、母の実家が兼業農家、と言っても農業は義理の叔母が細々やっている程度ですが、大部前、お米の他に粟を作っていて、それを皇室に献上!して表彰されて😊その後、その粟で粟餅を作って、販売してます。ネット販売もしてます。
私はお餅はあまり好きで無いのであまり食べませんが、美味しいみたいです。
歳取ると親戚との付き合いも少なって淋しいですね。
4. Posted by 自然を尋ねる人   2017年12月12日 10:42
アマゴという川魚は奥地の渓流に行かないと
いないと言います。
勿体ない。よい機会を逃がしたのでは!
風景と食べ物とお酒と(今回はないの)
歴史の話しはこれから外出につき後で行くり学びます。
5. Posted by 自然を尋ねる人   2017年12月12日 20:53
パソコンのキーボードをたたくミスが多くて読みづらいでしょう。ごめんなさい。
10月福井今庄でも古きを学び、そう遠くない岐阜でも古い歴史を知りました。
感謝!
6. Posted by wansippo   2017年12月13日 22:12
今年最後の紅葉狩り、名残惜しいですね。
少しづつ色褪せて厳しい冬に入りました。
急に冷え込んでくると温かいものが食べたくなりますね。

美味しいもの一杯の年末年始。
セーブしないと大変だ〜!
7. Posted by タヌ子   2017年12月14日 07:04
押川大滝、日本らしい落ち着いた風景ですね。
秋が一番美しいのだろうけれど、新緑の頃も清々しい空気を満喫できそう。
岩村城下町、木造建築で400年も保たれてるなんて素晴らしい。
日本には昔の面影がきっちり残る町がまだあるんですね。
山武㐂さん、シイタケの茎で佃煮を作られるなんて、食材を大切に使っていらっしゃるんですね。
我が家のワンも人が来ると吠えるけれど、威嚇ではなく『遊んで!』のワンワンなので、この子もきっと同じなのでしょうね。
8. Posted by jugon   2017年12月14日 08:35
>まっくさんへ

まっくさん、おはようございます

実家で最後に飼った子もとっても人懐っこいワンちゃんで、外で飼っていましたが、番犬向きではありませんでした・・・もう20年以上前です(^^)

マイナスイオンがいっぱい!ですよね。

まっくさん、ありがとうございます♪
9. Posted by jugon   2017年12月14日 08:37
>ryuji s1さんへ

ryuji s1さん、おはようございます

この辺は長野にも近くて少し寒いので紅葉が早かったと思います。
山武㐂さんは良いお店です。

ryuji s1さん、ありがとうございます♪
10. Posted by jugon   2017年12月14日 08:39
>chizchizさんへ

chizchizさん、おはようございます

「たまご」と「あまご」似てますものね(^^)
粟餅って綺麗な色ですよね〜。
食べるのは別に好きでも嫌いでもありませんが、あの色を見ると買いたくなります。

chizchizさん、ありがとうございます♪
11. Posted by jugon   2017年12月14日 08:46
>自然を尋ねる人さんへ

自然を尋ねる人さん、おはようございます

イワナもありましたよ。
アマゴよりイワナの方が警戒心が強いので捕るのが難しいと聞きましたが、どうでしょうか?
この頃、結構アルコール度が低い毎日です。和食の時に飲んでいた焼酎を最近やめました。理由は健康診断で肝機能の低下が分かったので、どっちでも良いアルコールは控えることにしたのです。美味しいワインをたくさん飲む方がいいので(^^)
再訪、ありがとうございます。
探せば(探さなくても) まだまだ古いものがたくさん残っていますね。大切にしたいです。

自然を尋ねる人さん、ありがとうございます♪
12. Posted by jugon   2017年12月14日 09:18
>wansippoさんへ

wansippoさん、おはようございます

鎌倉の紅葉狩りの記事、書きたいと思いながら・・・(^^;
昨日の天気予報でお鍋指数というのを示していました。今日は指数高そうです。
年末年始は、余り動かないのに食べてばかりになりがちですから、お互いに気を付けましょうね(^^)

wansippoさん、どうもありがとう♪
13. Posted by jugon   2017年12月14日 09:27
>タヌ子さんへ

タヌ子さん、おはようございます

押川大滝は、滝つぼが深そうで綺麗な色をしていました。ちょっと潜ってみたい感じ。
新緑も紅葉に負けず劣らず美しく、清々しさがいいですね。ここにもまた連れて行ってもらいます。
岩村城の城下町が今も残っているなんて知りませんでした。古い町並みで有名な高山などのような賑やかさや派手さ(?) はありませんが、しっとりとした良い町です。
山武㐂さんは、主な調理担当はご主人で接客とこいう小鉢の担当は奥さまのようです。椎茸の茎の佃煮は、とっても茎の長い椎茸だったので、勿体ないからご自宅用に佃煮になさったのを、オマケで出してくださったのです。一番にお箸をつけてしまい、あ、写真!だったので、単独の写真がありません(^^;
見知らぬ人だったから吠えたのかと思いましたが、「遊んで!」コールだったのですね!

タヌ子さん、ありがとうございます♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔