2015年05月15日

チーズのお話 - Sells sur Cher

チーズ


いろいろなチーズのご紹介ができたらいいなと「チーズのお話」というタイトルで、時々、記事を書いていました。それ以外にもいろんなチーズを載せてはいるのですけれど、「チーズのお話」自体はとっても緩慢で、一年に一回とかが続いたり、このところ全然だったりで、最初は 2006年なのでもう 9年。なのにやっと 20個くらいでしょうか?・・・自分でも呆れます(^^) 
それらは、カテゴリーの "Cheese" にあります。
そして、時代の進行は jugon のこんなブログよりどんどん加速度を増していて、9年前には余り知られていなかったチーズもすっかりメジャーに。

キメが細かく繊細な味でロワールの最高傑作と言われる "セル・シュール・シェール" が今頃では・・・何と申しましょうか、って感じですが・・・めげずに今頃(^^)

ロワールの山羊のチーズに関心がおありでしたら こちら もご参照ください。


Selles sur Cher


A.O.C. の "サント・モール・ド・トゥレーヌ" "ヴァランセ" などと同じ、ポプラの木から作られた木炭の粉を塗した山羊のチーズ。
熟成するに従い、表面に細かい皺がよって緑がかった灰色に変化。中は重みがあり驚くほど輝きのある白。
木炭粉は、脱水が終わり型から出した時に、塩を混ぜて表面を軽く押さえながらはたいていく。空気中の青カビが自然に付いて繁殖するために、この木炭粉がより適した環境を作り出します。
目がつまり、キメが細かく、粘土のよう。軽い酸味とほんのりした甘味と塩味。↑ の熟成度合いのものは、歯にねっとりと絡まりながら溶け、山羊特有の香りが鼻孔を抜けます。口中に広がる余韻が堪らない。

山羊のチーズは、復活祭から万聖節(11/1) までというのがフランスの家庭の伝統。


<参考> " Sells sur Cher"

     生産地:フランス、ロワール地方(ロワール・エ・シェール、アンドル、シェール)
     A.O.C. 取得: 1975年 4月21日
     乳種:山羊乳(無殺菌乳)
     タイプ:シェーヴル
     固形分中乳脂肪:最低45%
     熟成期間:最低10日
     形状:底面の直径 9.5cm、高さ 2.5〜3cm
     重さ: 150g


今日はフランスのワンコ♪

NIceのワン


妹が送ってくれた Nice、mont boron で水浴び(?) 中のワンちゃん。
今年の 1月ですが、飼い主さんが呼んでも呼んでもこの状態のまま動こうとしなかったそうです。
この日のニース、22、3℃ だったようですが、ワンちゃんは暑かったのかしらね?

クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00│Cheese | 2015 Spring