2014年03月10日

牡蠣と菜の花のリゾット

牡蠣と菜の花のリゾット


リゾット、ちょっと苦手です。

苦手は克服しなくっちゃ! ね。
それで、イタリア米をたくさん買い込みました(^^)

"牡蠣と菜の花のリゾット"
レシピ ↓


リゾット


ワインは、"L'Expression de Margaux 2008"
ボルドーの中で最も女性的と言われるマルゴーのワイン、若いものは、しっかりしたタンニンにガードされ、女性らしさとは程遠いものがあります。
↑ こちら、平均樹齢 35年の葡萄の木から造られ、6年の年月を経て豊かな果実味とスパイスのニュアンスと共にタンニンもしなやかに融け込みかけています。

セパージュは、カベルネ・ソーヴィニョン 60%、メルロ 35%、プティ・ヴェルドとカベルネ・フラン各 5%

余談ですが、文豪のヘミングウェイは、5大シャトーの Ch. Margaux をとても愛していたため、孫娘にマルゴー(英語読みでマーゴ) という名前をつけたのだそうです。

レシピ ** "牡蠣と菜の花のリゾット" の作り方 **

<材料>
・牡蠣:10個くらい
・菜の花:5本くらい
・イタリア米: 120g
・玉ねぎ: 1/2個
・鶏のフォン: 約 1L
・バター: 10g
・レモン(国産): 1/2個
・生クリーム: 30cc
・パルミジャーノ・レッジャーノ: 適量
・お塩:少々

<作り方>
_顔擇蓮∪って、沸騰したお湯にお塩少々を加えて茹で、氷水の取り、冷まして水分を拭っておく。
レモンは、皮の部分を摩り下ろしゼストにし、レモン汁を絞る。
菜の花は、少し固めに茹で、お花と茎に分けて、茎の部分は 5mm幅にカット。
▲リーヴ・オイルでみじん切りにした玉ねぎを炒め、お米を加えて粘りが出たら温めた鶏のフォンを 200ccほど加える。
お米が水分を吸ったら、次のフォンを加え、また吸ったらフォンを足すを繰り返す。
い笋筝任気残るくらいになったら、菜の花の茎の部分、牡蠣、生クリーム、バター、レモン・ゼスト、レモン汁、パルミジャーノ・レッジャーノを加えて味を見て仕上げる。
イ皿に盛り、菜の花のお花の部分を飾り、パルミジャーノ・レッジャーノをかける。

注)
・写真で赤いのはトマトです。前菜のカプレーゼに使ったトマトの切れ端を加えちゃいました(^^)


お知らせ
今月は今日から名古屋です。
記事作りができず、今回は予約投稿少しだけですが、どうぞ遊びにいらしてくださいね。


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まっく   2014年03月10日 19:04
■犬好きなのに猫舌だからなー
冷まさないと食べれないのよねんのねん。
2. Posted by jugon   2014年03月10日 20:37
>まっくさんへ

まっくさん、こんばんは☆

犬好き≠猫舌ってことはないと思いま��靴�(^^)
私は熱いの結構大丈夫(^-^)v

まっくさん、ありがとうございます♪
3. Posted by umt   2014年03月11日 00:41
菜の花、八百屋さんにでていますね。
先日八百屋さんで、菜花というのもあって、
違いがわかりませんでした。
牡蠣と菜の花のリゾット、この季節ならではのお料理で、美味しそう!
お料理って、季節まで表現するからすごいですよね。
季節のお料理って海外ではあまり見かけないかも・・
4. Posted by 小肥り   2014年03月11日 06:17
たしかに。マーゴ・ヘミングウェイって女優さん、いますよね。
女優さんだったかな。バイオリニスト(?)
パエリアがいい。先日対面したシーフードパエリアが絶品でした。
牡蠣は煮すぎるといかん・・・と言うけど、料理によっては
しょうがないですよね。
牡蠣入りパエリエも牡蠣雑炊も美味だもん。
5. Posted by jugon   2014年03月11日 10:31
>umtさんへ

umtさん、こんにちは
こちらにもありがとうございます。

菜の花と菜っ葉系の黄色のお花が咲くののことかしら?調べてみますね。
一番季節を感じられるお料理は、やっぱり和食ですよね?

umtさん、ありがとうございます♪
6. Posted by jugon   2014年03月11日 10:40
>小肥りさんへ

小肥りさん、こんにちは

マーゴ・ヘミングウェイは、モデルから女優になった人です。
牡蠣が入ったパエリアですか?私は牡蠣は何でも好きなので興味があります(^^)
イタリアの次はスペインかしら?今、スペイン注目ですね!

小肥りさん、ありがとうございます♪
7. Posted by abi   2014年03月11日 12:29
こんにちは、jugonさん(=^・^=)
昨日の名古屋は寒かったけど、今日は少し暖かいかな?
リゾットはイタリア米から、ですか?
どんなお料理もjugonさんの拘りはさすがですね!
私はリゾットはトマト味にしてしまうのでアッサリ味ですが、
jugonさんのリゾット、コクがあってとっても美味しそうです♪
今、菜の花が美味しいので摘んで来てパスタにも入れたりしています。
あ、ブロッコリーは作っていませんよ〜(=^v^=)
8. Posted by jugon   2014年03月11日 17:47
>abiさんへ

abiさん、こんにちは

昨日の寒さには、びっくりでした。今日も風は冷たかったけれど、お日様はポカボカ(^^)
仕上げの状態にして置くので、リゾットがおじやのようになることが多くて苦手です。どこまでお米を柔らかくしておくか、やっと分かった感じ(^^;
私はトマト味にもチーズをいれちゃって、ちょっとコッテリになります。
菜の花の黄色が、春のテーブルらしいですね!

abiさん、どうもありがとう♪
9. Posted by 自然を尋ねる人   2014年03月13日 21:28
お久しぶりです。
相変わらず苦戦しています。
嫌いなものないようでもけっこうあるのです。
我が嫌い、だれが何と言おうと1羽でも2羽鳥と言う鳥。
それから、赤エイ。
何でだろう!
10. Posted by jugon   2014年03月14日 23:40
>自然を尋ねる人さんへ

自然を尋ねる人さん、こんばんは☆
お返事が遅くなり、ごめんなさい。

自然さんが鶏肉を苦手となさっているのは知っていましたが、赤エイもですか?
とは言え、赤エイって、見たことあるような無いような(^^)

足、早く良くなると良いですね。お大事になさってください。

自然を尋ねる人さん、ありがとうございます♪
11. Posted by Sivaji   2014年03月16日 16:38
リゾットは家では作らないですね〜。
先日、とあるフレンチで牡蠣と鱈の白子のリゾットを食べました。
最高に、美味しかったです。
12. Posted by jugon   2014年03月17日 12:18
>Sivajiさんへ

Sivajiさん、こんにちは

牡蠣と鱈の白子ですか?白子はどんな風に調理されていたのでしょう?
私でも作れそうですか〜?

Sivajiさん、ありがとうございます♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔