2013年12月04日

Cookery 11月

Cookery

すでに12月ですけれど、11月のお料理教室の話題。

11月のメイン料理は、ハンガリー料理の "グラーシュ" ・・・パプリカはスモークしたものを使いました。
前菜は "ポアローのマリネ" ・・・ただのお葱と侮るなかれの甘さが上手に引き出された味わい深いマリネでした。
デザートは "アップル・パイのアイスクリーム添え"

Cookery-2

"ポアロー" はリーキとかポロ葱とも呼ばれる太いお葱。フランスではとってもありきたりの食材ですが、日本ではなかなか手に入りにくい高級野菜。
火を入れコリアンダー、白バルサミコなどのマリネ液に浸しておくとじわじわと甘さが引き出されとても良い前菜になります。

メインのグラーシュに使ったスモーク・パプリカは、普通のもの 2/3 と辛いもの 1/3 を合わせて。
500g くらいのお肉を直火で煮た後オーヴンに入れて1時間半、途中で水分を補いながらじっくり煮込んで行ってお肉がスプーンですくえるくらいまで柔らかくすると良いのですが、教室では時間が限られているので、250g くらいの大きさのお肉を使いほとんど直火で。
スモークしたパプリカは、いつものパプリカよりグンと香りが豊かになり味わいも深くなってお料理を美味しくします。

寒くなったのでパイ生地が扱い易くなりました。5分以内に4回たたみます。
りんごは紅玉ですが、この頃余り良いのが出回っていないようなので、王林やジョナでも良いそうです。

Cookery

ポアローのマリネに添えられたマグレ・カナールの生ハムが、ポアローにとてもマッチして相乗効果バツグン。鴨の生ハム、美味しいです。

グラーシュは、マッシュ・ポテトとサワー・クリームを添えて。
辛味のあるパプリカが入っているので、少しピリっとして、食べていたら体がホカホカ。ハンガリー料理って、パプリカ+サワー・クリームが多いですね?

焼き立てのアップル・パイに冷たいアイスクリーム。お腹がいっぱいなのにペロリ! で自分でもビックリ。
でも、ちょっと生地が固かったかな?・・・そう思った jugon は、いつも冷凍生地ばかりだからかも(^^ゞ

ワインは、"Ch. Biston-Brillette 2007" ボルドー、メドック地区ムーリにある最古のシャトーのもの。メドック地区にしては珍しいセパージュで、カベルネ・ソヴィニヨンとメルロが 50% ずつ。
とても柔らかくバランスの良いワインです。


ハンガリー料理というと、以前お姉さん(今はハンガリーに住むお友達です) に作ってもらったいろいろなものを思い出して、とっても懐かしかった今月のお料理教室でした。


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ryuji_s1   2013年12月04日 10:15
ugonさん
リーキのマリネ
美味しそうです
素敵な葱料理ですね

ハンガリー料理の "グラーシュ"
バブリカ
素敵菜な料理を
楽しそうです
うれしい料理教室ですね
2. Posted by abi   2013年12月04日 10:36
こんにちは、jugonさん(=^・^=)
11月はハンガリー料理ですか^^
良いですネ〜、ハンガリーはお料理がとても美味しかったです。
スモークパプリカがいかにもハンガリーらしくていいな〜
海外で普通に並んでいる食材、日本では入手が難しい物ってよくあります。
それがとても残念に思います。
なので、種を買って来たり、リトルワールドへ買いにいったり(笑
見た目も綺麗で本当に美味しそうです。
日本酒のお教室も楽しみにしていますね。
アップルパイのレシピ教えて下さい☆(=^v^=)
そういえば、近頃のランキング、行き先が変わりますね?(笑
3. Posted by jugon   2013年12月04日 11:04
>ryuji s1さんへ

ryuji s1さん、こんにちは

リーキのマリネと鴨の生ハム、とてもとても美味しくいただきました。
グラーシュも美味しかったです。

ryuji s1さん、ありがとうございます♪
4. Posted by jugon   2013年12月04日 11:16
>abiさんへ

abiさん、こんにちは
お風邪から一晩で回復、すごいです。昨日、真っ直ぐ帰って正解でしたね?

フランスでもハンガリー料理は良く作られるから・・・って(^^)
この頃、海外のお野菜もいろいろ日本で作られるようになっていますが、どーもポアローは日本の土が余り合わないようなのだそうです。
先生も菜園でトライなさったそうですが、ちっとも太くならなかったそうです。
スモークのパプリカは、Amazonでも入手可能だそうですけれど、1個の量がとっても少ないとか・・・。私は、普通のパプリカで作ってみようと思っています。
日本酒、忘れそうでした(^^;
アップル・パイのレシピ、了解しました!

ランキングは、この頃アルコールを余り載せないな〜と思ったのもあって、お料理の全般というのと写真の全般というのの2つに振り分けました。
私のブログって何でもありなので、どこが良いのやら・・・。

abiさん、どうもありがとう♪
5. Posted by 子豚のママ   2013年12月04日 12:49
こんにちは。
素敵なお料理教室ですね。
ポアロ葱美味しいですね。昔料理教室でポアロ葱のグラタンを作りました。
美味しかったです^^

いつもオシャレなメニューレストランの様ですね。
アップルパイ。夫の好物です^^
6. Posted by jugon   2013年12月04日 15:17
>子豚のママさんへ

子豚のママさん、こんにちは

ポアロ葱とも言うのですね。グラタンですか?美味しそう!
熱々グラタン、食べたいな〜♪

もう少しゆっくりいただけたら、本当レストランのようです。

子豚のママさん、ありがとうございます♪
7. Posted by 自然を尋ねる人   2013年12月04日 19:21
これはすごい。
まず私の生活では真似が出来ません。
あえて挑戦するなら、ハガマで松茸飯を焚き
猪肉バーべキュウ、鮎を囲炉裏で焼いた慰労会の
料理ぐらいです。
幹事をすると食べれるのは残りもの
残念でした。
もし来年もできるなら自分のものをこっそり確保
しておくことにします。
8. Posted by jugon   2013年12月05日 09:09
>自然を尋ねる人さんへ

自然を尋ねる人さん、こんにちは

あら、猪肉のBBQもあったのですか?
松茸ご飯と芋煮と鮎に猪のBBQ、すごいご馳走でしたね!
囲炉裏端で焼く鮎は随分美味しいでしょうね?
残りものに福がある、とも言いますから(^^)

自然を尋ねる人さん、ありがとうございます♪
9. Posted by 陽子しゃん   2013年12月05日 12:33
jugonさん、こんにちは

ハンガリー料理ですか。
jugonさん、幅広いなぁ〜
ぽろねぎとはいきませんが、母が太いネギを作ってくれたので
さっと茹でてフレンチドレッシングに漬け込んでみました。
何か足りないんだけど(^^)
10. Posted by wansippo   2013年12月05日 20:52
アップルパイに眼が釘付けです!!

すごくボリューミィ
リンゴがゴロゴロ入っていてきっと美味しいでしょうね。アイスクリームと合いそうです。

私もアップルパイを作りたくなりました 
11. Posted by jugon   2013年12月06日 08:36
>陽子しゃんへ

陽子しゃん、おはようございます

お母さまのお作りになったお葱で? なんて贅沢なマリネでしょう?いいな〜♪
お料理教室のマリネ液には、ポアロー2本に対して白バルサミコが大さじ2、オリーヴ・オイルが大さじ7〜8、お塩小さじ1 でした。
白バルサミコの代りに白のワイン・ヴィネガーでもOK。
美味しかったです。先生に依れば、日本のお葱だとちょっとお葱の臭みが残るそうです。でも、それはそれ、お葱の香りが楽しめますね。

陽子しゃん、どうもありがとう♪
12. Posted by jugon   2013年12月06日 08:43
>wansippoさんへ

wansippoさん、おはようございます

アップル・パイって私も大好きです。
シナモンがたくさん入っているのが特にね!
温かいアップル・パイと冷たいアイスクリーム、何とも言えません(^^)
この頃、紅玉をなかなか見かけません。あっても余り良さげじゃなかったり。
先生の使われた紅玉も使えないものがいくつも混じっていたそうです。
ジョナは勿論、王林でも良いなら作り易いですね。

wansippoさん、どうもありがとう♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔