2013年10月19日

チーズのお話 - Cabecou Feuille

カベクー フォイユ

カベクー フォイユ

カベクー フォイユ

カクー フォイユ

カベクー・フォイユ (CABECOU FEUILLE)

"カベクー" は、小さな山羊のチーズ。"フォイユ" は葉っぱ。
使われているのは、オー・ド・ヴィーにくぐらせた栗の葉です。 プラタナスの葉を使うこともあるそうです。
葉に包むことで、葉の成分のカテキンの働きで殺菌作用があり、チーズが乾燥しないでしっとり保たれるという効果があります。

栗の葉に包まれたシェーヴルには、葉の香り、山羊が食べた草からのハーブの香りがほんのり、そして、かけられた粗く挽いた黒胡椒により少しピリリとします。
しっかりした酸味、程よい塩味、そしてスパイシーさを持ったシェーヴルを、りんごに載せて、蜂蜜をかけたりコンフィチュールを載せたり。
蜂蜜は百花、コンフィチュールは、桃と林檎です。

カベクー フォイユ


<参考>  "Cabecou Feuille"

     生産地:フランス、アキテーヌ圏ドルドーニュ県
     乳種:山羊乳
     タイプ:シェーヴル
     固形分中乳脂肪:最低45%
     熟成期間:2週間
     重さ: 約30g


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

jugon1911 at 11:39│Comments(2)TrackBack(0)Cheese | 2013 Autumn

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by abi   2013年10月19日 14:55
こんにちは、jugonさん(=^・^=)
わ〜可愛らしくて美味しそうですね♪
包まれていた葉をプレートかわりに!っていうのも楽しいですネ。
栗の葉はいくらでもありますが、ブランデーにくぐらせるだけでいいのかしら?
拝見したところ、桜の葉の塩漬けを連想しましたけど…
くぐらせるだけならやってみたいな〜
手近にあるチーズを巻いて寝かせてみたい(*≧艸≦)ぷぷっ!!
でもやっぱりちゃんとシェーヴルのをオーダーした方が早いですネ?(笑
↓ステキなお店ですネ〜♪
私は以前、チョコレートケーキにハマった事がありますので、チョコレートケーキが気になりました。
緑豊かで食器もとてもステキ、優雅なお時間ですね(=^v^=)
2. Posted by jugon   2013年10月19日 23:51
>abiさんへ

abiさん、こんばんは

またまたシェーヴル(^^)
作り方は・・・?栗の葉は、少し熱湯にくぐらせるとかするのかも。ブランディはアルコール度数が高いので殺菌効果もあるので、ちょっと浸せばいいかもですね?
ダメ元でやってみて!楽しそう♪
そういうの好きです。

チョコレート・ケーキもすっごく美味しそうです。もしもまた行くチャンスがあって、丁度その時のケーキがチョコレート・ケーキなら、絶対いただいてみたいです。
でも、見てるとどれも食べてみたくなりますよ。

abiさん、どうもありがとう♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔