2013年10月07日

大統領の料理人

大統領の料理人

映画って予告を観たら行きたくなりますね?
それで、先日ジャンヌ・モローの映画を観た時に次はコレと決めていたクリスチャン・ヴァンサン監督の "大統領の料理人" (原題: Les Saveurs du Palais "宮殿の味") を観ました。

80〜90年代にかけてフランスの大統領だった F.ミッテラン氏は 1988年大統領 2期目に再選された際、正式にプライベート・シェフを雇うことを決め、その時、ジョエル・ロブションに推奨されて唯一女性シェフとしてエリゼ宮に入った ダニエル・デルプシュ さんの実話に基づいた物語。

彼女の役名、オルタンス・ラボリを演じるのは、カトリーヌ・フロ。
お料理にかける情熱と頑固さや勝気さ、毅然とした雰囲気を持つオルタンスは、なんとな〜く jugon のお料理の先生と重なりました。

大統領の料理人
9月の初旬から公開されていたのに、タイミングが良くなくて今頃になってしまい、ちょっと残念。

と言うのは、この映画のモデルであるダニエル・デルプシュさんが来日をされていて TV にも出演されたのに知らずにいたから。


大統領の料理人
映画の中には美味しそうで手間暇かかった数々のお料理が登場します。

公式サイトの中にも書かれていますが、サーモンと縮緬キャベツを交互に積み重ねた "キャベツとサーモンのファルシ" などの豪華なお料理は、どれもフランスの家庭料理の流れを汲むものなのだそうです。

大統領の料理人鴨やフォアグラなどの素材をパイに包んだ "美しきオーロラの枕" は手間がとてもかかるので今ではどこのレストランでも出されていない幻の郷土料理とか。

大統領がふらりと訪れた厨房で、オルタンスが作るトリュフ・バターを塗ってトリュフを重ねていく "黒トリュフのタルティーヌ" は、垂涎三尺。

でもでも、jugon が一番興味津々なのは、助手のニコラと共にすごく苦労をしてやっと完成させたのに、結局食事会に出されなかった "ジェンシェ" というフロマージュ・フレのデザート。
多分この映画を観た人は誰もあのデザートがとても気になるのじゃないかと思います(^^)

そして、傷心のオルタンスが1年間賄いとして働いた南極基地の人たちの温かさも心に残りました。


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

jugon1911 at 11:00│Comments(13)TrackBack(0)Cinema | 2013 Autumn

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by abi   2013年10月07日 11:21
こんにちは、jugonさん(=^・^=)
ご覧になりたいと仰っていた映画はこちらですね?
もう、jugonさんにピッタリ♪って感じの映画ですネ〜
先生とどこが重なるってわかります。
雰囲気も似てらっしゃいませんか?^^
とても素敵ですネ。
華やかさが全然違いますが、昔観た『バベットの晩餐会』をふと思い出しました(=^v^=)
2. Posted by ryuji_s1   2013年10月07日 11:25
jugonさん
大統領の料理人
素晴らしい映画ですね
お料理
美味しそうです
料理の参考になりますね
3. Posted by つんちゃん   2013年10月07日 11:28
jyugonさん、今日は♪
なかなかお伺いできなくて・・・

でも、今回は栄光の一番コメントに気を良くしています。

私も映画好きなのですが、最近は、洋画よりも邦画の方を観る機会が多いのです。

jyugonさんのご紹介の「大統領の料理人」は、知りませんでした

年齢がバレてしまいそうですが、若か彼氏頃は、フランスやイタリア映画のファンでした。(苦笑)
ですから、ジャンヌモローの映画も何本も観ています。

「大統領の料理人」・・・
興味深く感じています
4. Posted by つんちゃん   2013年10月07日 11:29
あれれ〜3番コメントになってしまいましたね!
「ゴメン」
5. Posted by jugon   2013年10月07日 12:46
>abiさんへ

abiさん、こんにちは

花園から?お山のお天気、良くなるといいですね。

ええ、これでした。
お料理の映画を観て、美味しいランチというコースが好き(^^)
ね、なんだかいろいろ似ていらっしゃいますよね〜?
"バペットの晩餐会" 良い映画でしたね。
また観たくなりました。

abiさん、どうもありがとう♪
6. Posted by jugon   2013年10月07日 12:55
>ryuji s1さんへ

ryuji s1さん、こんにちは

良い映画でした。お料理も美味しそうで・・・でも、大変そうでした。
ryuji s1さんならお分かりになるかも知れませんが、"縮緬キャベツのファルシ" は、パンフにレシピが載っているそうです。

ryuji s1さん、ありがとうございます♪
7. Posted by jugon   2013年10月07日 13:00
>つんちゃんへ

つんちゃん、こんにちは

邦画はどんなのをご覧になるのですか?
ブログのお友達の小肥りさんが、"凶悪" という映画を薦めてくださいました・・・でも、怖そうです。
ジャンヌ・モローは出演作が多いですね。でも私は3本くらい、あ、この前で4本目かな?個性的な方ですね。
劇場は、多分今週末くらいまでだと思います。DVDでご覧になってください。
同じくらいの時間にみなさん来てくださったようですね(^^)

つんちゃん、どうもありがとう♪
8. Posted by 銀の小鈴   2013年10月07日 13:23
こんにちは

一流の料理人、男性が多いのでしょうがこの方は女性!
うれしいですね。^^

ご本人と主演の女優さんと雰囲気が少し似ていますね。
予告編を見てもなんだかそそられます。
9. Posted by jugon   2013年10月07日 16:48
>銀の小鈴さんへ

銀の小鈴さん、こんにちは

ええ、女性のシェフ、素敵です。
お鍋など重いので女性はなかなか大変ですよね?
なんとなく似ていらっしゃるかしら。
ご本人は70才だそうです。
思ったより優しい雰囲気の方でした。
宜しかったらご覧くださいね!

銀の小鈴さん、ありがとうございます♪

10. Posted by 子豚のママ   2013年10月07日 17:03
こんにちは。

展示会で中々お邪魔出来ずに・・・ごめんなさいね。

女性のシェフ素敵です。jugon さんも様になっています。
それに美しいので^^

中々女性のシェフはいないですね。
私も見てみたいです。
11. Posted by jugon   2013年10月07日 19:21
>子豚のママさんへ

子豚のママさん、こんばんは

いいえ、お忙しい中をありがとうございます。
私も女性のシェフのお店と聞くと行きたくなります。ダニエル・デルプシュさん、素敵な方ですね。お料理学校も経営されていたようです。
DVDになったら是非ご覧になってください。

子豚のママさん、ありがとうございます♪
12. Posted by 陽子しゃん   2013年10月07日 20:52
jugonさん、こんばんは

実話に基づいた映画って、色んな意味で興味が尽きないですね。
お料理もjugonさんの説明でとっても美味しそうだわ。

私は劇場にはずっと行っていないので
もっぱらDVDのレンタルです。
13. Posted by jugon   2013年10月07日 22:55
>陽子しゃんへ

陽子しゃん、こんばんは

こういう映画は実話に基づいているものの方が興味が持てるので、観たくなります。
お料理はどれも食べてみたくなりますよ(^^)
この映画はDVDで、全然OK!

陽子しゃん、どうもありがとう♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔