2013年09月07日

Une Estonienne a Paris

A lady-1
久しぶりに映画を観てきました。

85才のジャンヌ・モロー主演の、邦題 "クロワッサンで朝食を"

"Une Estonienne a Paris" (パリのエストニア人) が原題です。


内容から見て邦題は、余りに軽すぎるとい言うかイメージがかけ離れています。


A lady-2


映画の内容を、一言で言ってしまえば、とても辛辣で気難しい老婦人が、同じエストニア出身の家政婦に若き日の自分を重ね合わせ次第に心を開いていくという物語。


A lady-3


老婦人フリーダを演じる年老いたジャンヌ・モローの存在感が圧倒的です。
老婦人役が彼女ではなく、アンヌ役のライネ・マギがとても有名な女優さんだったら、この物語の主人公は、アンヌのはずです。
でも、jugon もジャンヌ・モローが主演と聞いて観に行ったのですけれどネ(^^)


A lady-4


作品の中でジャンヌ・モローが着ているシャネルは全て、ココ・シャネルとも親交のあった彼女の私物だそうです。

映画のことは、リンクを開いていただければだいたい分かると思います。

それより、エストニア!!
jugon の場合、バルト3国の一つってことくらいしか知らなかったエストニアですけれど、ITがとても進んでいて、ヨーロッパにおいてはオフショア開発の拠点であり、無線LAN が国中に張り巡らされ周囲に何もないような田舎へ行っても WiFi が可能、選挙も 25% はオンライン投票。そして、スカイプを生んだのもエストニア。 国民IDカードもすでに広く普及していて、経済的にも良好、1997年に首都タリンの旧市街に残る歴史的遺産がユネスコの世界遺産に登録されたことで近年観光にいらっしゃる方も多いのだそうです。
そして、お相撲さんの把瑠都もエストニア出身でした。
知らないこと多過ぎの jugon ですが、みなさんはこんなエストニアのこと、ご存じでしたか?



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆



jugon1911 at 11:50│Comments(8)TrackBack(0)Cinema | 2013 Autumn

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 小肥り   2013年09月07日 12:47
エストニア。知りませんでした。
でも、写真の彼女はまぎれもなくジャンヌモロー嬢。
85才におなりです。ヌーベルバーグの女王。
ボクが見たのは・・・
「現金に手をだすな」「死刑台のエレベーター」「恋人たち」
「突然炎のごとく」「マドモアゼル」「黒衣の花嫁」・・・
ベストはなんだろう。「死刑台・・・」と「突然・・・」かしら。
2. Posted by 子豚のママ   2013年09月07日 13:15
こんにちは。
映画は良いですね。
私は昔の映画で好きなのは『ひまわり』です。あとドクトルジバゴなんか好きだわ〜

昔の映画は何となく色つやがある様な><
内容が深い感じが好きです。

知らない事が多い私です。
エストニアも勉強になりました。
3. Posted by abi   2013年09月07日 14:17
こんにちは、jugonさん(=^・^=)
時には映画館で観る映画が新鮮ですよね。
私は昨夜もリビングで3本立てでしたけれど(笑
本当に、原題のままにしておいて、と思うこと頻り。
フランス語だとそう言うわけにもいかないでしょうけれど…
でも、予告でクロワッサンを満足げに召し上がるシーンで思い出したのは、
今のパリはお食事も美味しくなりましたが、30年前はひどくて、唯一美味しかったのがクロワッサン(笑
クロワッサンとコーヒーばかり食べていたなー、って^^
余談でしたが…、お好みのクロワッサンを出してくれて心も一層繋がったのでしょうか。
シャネルの着こなしもさすがの美しさですし、インテリアも楽しいですね。
エストニアは、ヨーロッパの隠れ家的存在のようで、ステキですネ。
猫ちゃん、いるかしら〜、ネ?(=^v^=)
4. Posted by jugon   2013年09月07日 16:09
>小肥りさんへ

小肥りさん、こんにちは

小肥りさんがご存じないなら、私が知らなくても当然なので安心しました。
老いて、しかも85才で尚輝いているって素晴らしいですね?
小肥りさんは沢山ご覧になっていますね?
私は、死刑台のエレベーター、黒衣の花嫁、ニキータくらいです。恋人たちも観たかしら?
サスペンスが似合う方ですね。

小肥りさん、ありがとうございます♪
5. Posted by jugon   2013年09月07日 16:18
>子豚のママさんへ

子豚のママさん、こんにちは

"ひまわり" は、ソフィア・ローレンでしたね?
方やフランス、方やイタリアですけれど、なんとなく似ている気もします。
ドクトル・ジバゴ、長編ですよね?良い映画でしたね。
昔の映画のお話をしていたら、キリがありませんが、今より良い映画と思うものが多かった気がします。
ママさんもエストニアのこと、ご存じありませんでしたか?
中東のことなど考えると俄かに知ったエストニアがそういう国で嬉しいです。

子豚もママさん、ありがとうございます♪
6. Posted by jugon   2013年09月07日 16:31
>abiさんへ

abiさん、こんにちは

この映画、前から行きたいと思いながら、やっとでした。
邦題はカタカナか直訳で良いのにね〜(^^)
タイトルって監督さんの思いが入っていると思うので、むやみに変えちゃいけない、と。
abiさん、30年も前にすでにパリへ?流石ですね。
食べ物って人の心を和らげますものね?調度やインテリアのこと、お読みになりましたか?
私もそれを読んでから観れば良かったナって。カップやソーサーは覚えていますが、カーテンとか覚えていません。
私もそのこと思っていました。きっと居るでしょう Estonian Cats!

abiさん、どうもありがとう♪
7. Posted by tsubasa   2013年09月08日 07:44
jugonさん、おはようございます。

こちらは雨の日曜日です。

見たい映画のリストに入っています。
でも田舎暮らしは映画館が遠すぎるので、DVDを借りられるまで待ちます。借りるのも郵送です。月に4枚借りています。
8. Posted by jugon   2013年09月08日 12:23
>tsubasaさんへ

tsubasaさん、こんにちは

こちらは晴れたり曇ったりで蒸し暑い日になりました。

この頃はDVDになるのが早くなりましたから、すぐご覧になれると思います。
いろいろが便利になりましたね?

tsubasaさん、ありがとうございます♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔