2012年02月23日

リボンのハット・ピン

一粒パールのハット・ピン





















ブログのお友達 "ようこそ我が家へ♪" の小豚のママさんから、今年もお母さまのバースデェイ・プレゼントにハット・ピンのオーダーをいただきました。
2/13 に 82歳になられたお母さまは今、3人のお嬢さんと共にお祝いの温泉旅行に行っていらっしゃいます。 ママさん、親孝行中です

リボンの真ん中にパールを一粒だけあしらってシンプルに仕上げました。
jugon からもいつまでもお元気でお幸せにの願いをこめて・・・。

春らしい装いを目にしたい季節になってきたのに、帽子が冬でごめんなさい。

Hat pin 2011

こちらは去年のものです。

81歳のお祝いでしたのに80歳のお祝いと思いブラウン・ダイアを8個入れました・・・でも、パールを足したことで81歳のお祝いらしくなり一安心でした。



子豚のママさん、今年もご注文くださいまして、ありがとうございました


今回のリボンのハット・ピンは、Wax を使って作りました。
下のコラージュで、工程を少しご紹介したいと思います。

Wax制作




















左上の大きな Wax をだいたいの大きさにカットします。
上の真ん中:方法はいろいろありますが、今回は、直にワックスに大まかなデザインを書き、ノコギリやヤスリなどを使って形にして行きました。
右上:いろいろな道具を使ってどんどんデザインに近付けます。
ワックスが薄くなってきますので、特に細い部分などに力が入ると割れたり折れたりしてしまうので注意が必要です。
左下:ほぼ形ができ上がり、パールを留める芯の部分も入れ込みました。
これをそれぞれの金属にキャスティングします。
右下:キャスティングが出来上がりました。
シルバーで約11倍、ゴールドですと約18倍の重さになりますので、Wax の時点でどのくらいの厚みにするかも大きなポイントです。
ここまでで時には完成までの 2/3 工程くらいでしょうか。

ジュエリー作りのほんの一部ですが、こ〜んな感じで作って行くのですよ



ねこ


バナー2
今日もいらしてくださってありがとう♪
↑ クリック、よろしくお願いします。

jugon1911 at 11:00│Comments(8)TrackBack(0)Jewelry | 2011, 2012 Winter

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 自然を尋ねる人   2012年02月23日 18:52
宝石の加工はしばらくぶりではないですか。
宝石を作る教室の先生は料理をはじめとして
色々なことが出来るのですね。
気になる話はしないことにします。
2. Posted by jugon   2012年02月24日 08:58
>自然を尋ねる人さんへ

自然を尋ねる人さん、おはようございます

気になるお話って何ですか?(^^)

教室はしていませんよ。
何にでも興味がある方で、あれこれかじってます

自然を尋ねる人さん、ありがとうございます♪
3. Posted by nene   2012年02月24日 15:26
jugonさん、こんにちは

素敵なハットピンができあがりましたね〜
工程、見ていきましたが・・・・

とてもとても、不器用なわたしには不可能

図工とか、美術でも作り出すもの、
すっごく苦手でしたから(笑)

jugonさん、こういうのにセンスがあるから、
きっとお料理の盛り付けもキレイなんだなあ。
4. Posted by jugon   2012年02月24日 19:12
>neneさんへ

neneさん、こんばんは
今日も暖かかったですね。
今週は金曜日の来るのが早かったでしょう?

子豚のママさんのお母さま、気に入ってくださったかしらね?

ワックスで作るのは地金から作るのとは随分違っていて、彫刻みたいな感じです。
地金からだとトンカチトンカチ叩いたり延ばしたりで体力がいりますが・・・。
私は作るのは好きな方です(^^)

盛り付けのことも褒めてくださって、neneさん、どうもありがとう♪
5. Posted by 三日坊主   2012年02月25日 08:19
jugonさん、おはようございます♪
ハットピン、素敵ですね。

小さいものを細工するって本当に手先が器用でないとできませんね。
それにセンスもとても大切ですね。

出来上がりを想像して作るって楽しみですね。
中にワックスってものが入っているって始めて知りました。
知れないことって多いですよね。
また色々見せてくださいね。
6. Posted by jugon   2012年02月25日 08:58
>三日坊主さんへ

三日坊主さん、おはようございます♪

私はアクセサリーを作ったり、お洋服を
作るのが、とても好きで……というか雑誌で見た洋服が欲しくて、自分で作ったりしてました。水着も作ったことがあります(^^)

ワックスのこと、少し説明不足でしたね。ごめんなさい。
簡単に言うと、作ったワックスの表面を覆って、そこに金属を流し入れます。
ワックスは蝋なので熱で溶けて、その部分に入り込んだ金属が固まって同じ形のものが出来上がるという仕組みなんですよ。

自分でキャスティングしたりすると、それに失敗して、せっかく作ったワックスだけ溶けて形ができなかったり、部分的に欠けたりってことも起こったりします。
泣けますよね? だから、専門家にお任せします。

三日坊主さん、ありがとうございます♪
7. Posted by sippo   2012年02月25日 20:53
ステキステキ!!
ハットピンって言うのね。

オシャレで品のあるデザインですね〜、
年齢に関係なく楽しめそうですしショールを止めたりスカート、ジャケット・・・なども合いそうです 

作り方のご紹介!なるほどでした、
次は道具たちの紹介も見てみたいです 
8. Posted by jugon   2012年02月27日 10:05
>sippoさんへ

sippoさん、こんにちは

そう、いろんなものを留められます。それに、ブローチのようにジャケットの胸に留めたりもね。ですから、ハットはなくてもいいかもね?(^^)

ではでは、次のチャンスには道具たちのご紹介をさせていただきますネ!

sippoさん、どうもありがとう♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔