2009年09月22日

紫陽花

紫陽花休暇を過ごしたランカウイ島の便りを載せている途中ですが、ちょっとここでブレイク(笑)

ブログのお友達で青森にお住まいの "銀の小鈴のブログ" の小鈴さんが、先日、枯れて色褪せたり、繊維だけになってもその魅力を失わない紫陽花の四季折々の姿を写真と共に紹介してくださっているのを拝見していて、私の持っているアクセサリーのことを思い出しました。

生のお花をプラスチックでコーティングして作ってあります。

↑ 一番よく着けていた枯れてブラウンになった紫陽花の花のブローチ。


どくだみの花

どくだみの花のもありました。 これは、タイピンだと思います。
スカーフ留めにしてもいいですよね?
・・・そう言えば時々、ネクタイをしたりしていましたっけ。




蔦の葉


こちらは葉っぱだけ。 赤く紅葉したアイビー・・・秋らしいでしょう?
これは2番目に好きだったものです。





苑のアクセサリー
持っているお花のアクセサリー全部(笑)

紫の少し大き目の紫陽花、白い紫陽花、大小の向日葵の花、カーネーションもあります。

これらのアクセ、久しぶりに見たら、買った時より随分色が褪せてきていました。


もう20年くらい前に、大好きな倉敷で見つけた "苑" というお店で買い求めたものですが、あのお店、今もあるかしら?

小鈴さんのお陰で、ずっと忘れていた物たちと思い出が出てきました。
どうもありがとうございました♪


ねこ

バナー2
← クリック、よろしくお願いします♪

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 陽子しゃん   2009年09月22日 13:28
jugonさん、こんにちは
とってもステキ♪
アンティークな感じですね。
お花や葉っぱでもコーティングでアクセサリーにできちゃうんですね。
20年前かぁ〜
jugonさんの20年前、想像しちゃいました(^^)
2. Posted by ururu   2009年09月23日 09:21
あー、ステキ!
私も葉っぱとか、ドライフラワーとか、大好きで
特にイチョウの葉をワイヤリングして薔薇をつくったりするんですが、
プラスティックでコーティングとは!
(ニスなら使うけど^^)
そのプラスティックに非常に興味があります。
商品名を教えて下さ〜いm(__)m

↓カニさんのサンドアート、美しい〜〜☆
3. Posted by 銀の小鈴   2009年09月23日 09:49

うわぁ〜

すてきなアクセサリーですね!

生のお花を使っているだけあって、自然な感じが良いですね。

紫陽花も、ドクダミも、アイビーも、拡大して見せていただきました。

プラスティックでコーティングは耐久性があって、すてきなアイディアだなぁと思いました。

20年の時を経て、まだこんなふうにかがやいているなんて驚きです。

アイビーはちょっとレザーのようにも見えてきましたよ。

他のお花もこんなふうにアクセサリーに変身できて、永〜い命を得て、そしてなによりjugonさんの思い出がいっぱい詰まっているんだろうなぁと、そんなふうに今 思っています。

jugonさん、こちらこそどうもありがとう!!
4. Posted by 愛美   2009年09月23日 10:20
こんにちは、jugonさん(=^・^=)
倉敷、abiが訪れた最後は30年位前ですが、
アイビーのイメージが強く残っています^^
シックなイメージのお花のアクセサリー、
倉敷に似合いそうですね。
銀の子鈴さんの紫陽花のお写真もとってもステキでした。
改めて、紫陽花ってとても繊細で魅力のあるお花ですね〜
思い出と共に、今も大切にされているjugonさんもステキです(=^v^=)
5. Posted by jugon   2009年09月23日 10:54
>陽子しゃんへ

こんにちは、陽子しゃん

20年くらい前って書いたけど、20年以上だと思います。忘れちゃうくらいず〜っと前(笑)
6. Posted by jugon   2009年09月23日 10:58
>ururuさんへ

ururuさん、こんにちは

銀杏の葉で作った薔薇? どんな感じなのかしら?
今度、見せてくださいネ!
ururuさんって、いろんなご趣味がおありですね。

ごめんなさい、商品名は分かりません。
ただ、倉敷の"苑"というお店ということしか。
作者は、フランスの方のようですが。

ね、砂浜も楽しいね!
7. Posted by jugon   2009年09月23日 11:03
>小鈴さんへ

こんにちは、小鈴さん

このアクセは、一目で気に入って、こんなに買ってしまったのですが、多分カーネーションは一度も着けていないと思います。
それに、一つか二つはどなたかに差し上げてしまったような・・・。

出して見て、木にあったそのままの色を留めることは、プラスチックでもできないんだな〜と思いました。やはり野に置け、でしょうか?

小鈴さん、また思い出が出てくる写真、UPしてくださいね〜♪
8. Posted by jugon   2009年09月23日 11:10
>愛美さんへ

こんにちは、愛美さん

萩とか津和野とか倉敷とか、脚光を浴びた時代がありましたね・・・アンノン族とかってご存知ですか?
私はアンノン族ではありませんが、倉敷は近いのもあってアイビースクエアとか大原美術館とか何度か訪れています。

紫陽花って、本当に色もですが、七変化のお花ですね。
9. Posted by 自然を尋ねる人   2009年09月23日 12:51
蟹やムツゴロウに爬虫類数々の生きものを見て
マングローブの林、
そこで遊ぶ子供達の姿よいですねー。
最近5つほどの仕事を1度に片付けようと頑張っていましたが知らず知らずのうちに手が胃に行っています。
大きな仕事はほとんど片付いたと思ったらブログが滞り気味でした。
まさかブログで「い」なんて想像していませんでした。
10. Posted by アコ   2009年09月24日 00:00
また伺いました。
本日はアジサイのアクセサリーですね。
季節を問わずにつけられます。
プラステイック加工がしてあるとのことこんなことも出来るのですね。ものすごくシックですね。神戸の六甲山に咲いているアジサイは時に遅れて遅くまで咲いていてこのような状態色のをよく見つけていました。
確かにこのままの状態で取っておきたいと思うもの、花、葉、などありますよね。
小さいひまわりで思い出しました。遠い昔三つ編みの先にゴムで縛ってつけてルンルンでした。母に言わせるとちょっと変わった子どもだったとか。時々空を見上げて歩いていたらしいです。余計なことでした。ふふっ。
11. Posted by 壁カジ   2009年09月24日 00:36
jugonはんのもう一つの才能☆
『何で枯れ葉など?』と見紛うほどのクオリティ。
うーん、素晴らしい。

コーティング剤はホンマ、要ですよねー。
ヲレも10種類ほど使用しますが
やっぱイリサワ製品が一番だ☆
12. Posted by jugon   2009年09月24日 14:44
>自然を尋ねる人さんへ

こんにちは、自然を尋ねる人さん

自然さん、神経性胃炎だなんておっしゃらないでくださいね。
馬肥ゆる秋なので、お仕事に一段落ついたところでゆっくり胃に優しい美味しいものをいただいてくださいね。
13. Posted by jugon   2009年09月24日 14:48
>アコさんへ

アコさん、こんにちは

大歓迎です♪

アジサイの仲間は、枯れてそのまま木に残ることが多いようですが、近くで見るとそれはそれで美しさがありますね。

そのままってやはり難しいのですが、そう思う気持ち、万人共通でしょうか。

ルンルンしているアコさんと一緒に遊ぶために、ちょっとタイムスリップしてみたくなりました♪
14. Posted by jugon   2009年09月24日 14:51
>壁カジさんへ

こんにちは、壁カジさん

あ、そうでした!
壁カジさんにお聞きすれば良かった・・・ururuさんがこのコーティングに使用しているプラスチックは何かしらってお聞きでした。
きっと壁カジさんならご存知かも・・・教えてあげてくださいね!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔