2009年02月07日

チーズのお話 - Testun al Barolo

Testun al Baroloナント、去年は一度も "チーズのお話" シリーズを書きませんでした。

資格試験に挑戦していたのもあって、一昨年、先一昨年といろいろなチーズを食べるチャンスが沢山あったので、当然ながら話題も多かったのですが、最近、チーズを購入するのは、ワイン会がある時とかお店で見ていて食べたいな〜と思った時くらいなので、仕方がないと言えば仕方がないのですが・・・でも、長過ぎ

これは食べたくてお取り寄せしたものです

イタリア、ピエモンテ地方の "テストゥン・アル・バローロ" (Testun al Barolo) と言います。
名前を見てお気づきになったかと思いますが、名前に付いている "バローロ" とはイタリア、ピエモンテ州のワインのことです。

バローロを作った後の絞りかすとチーズに染み込む分だけのワインを入れた大きなワイン樽の中に、このテストゥン(石頭)という名の1年近く熟成させて表面がゴツゴツしているチーズを入れて寝かせます。

テストゥンは、イタリアのチーズによくある事ですが、原料となる乳は牛乳だったり羊乳だったり、山羊乳だったり、それらの混乳だったり。
季節によって乳種が変わるというのは、それだけ生活に密着したチーズってことですが、ワインに浸けることで、チーズが程良く酔っ払い、石頭も次第に柔らかくなります(笑)

粕漬けに通じる香りを持ち、表面についているバローロのぶどう品種である "ネッビオーロ" の絞りかすもチーズと一緒に美味しく食べられます♪

このチーズ、1999年にはスローフード協会が主催した "酔っ払いチーズ" のコンクールで優勝を果たしました。

Barolo 2001

合わせたいワインは、やっぱり "バローロ" や "バルバレスコ" でしょうか。
アルコールもしっかり感じられるチーズなので、フルボディの赤ワインがお勧めです。






<参考>  "Testun al Barolo"
     乳種:混乳
     熟成期間:6〜12ヵ月
     タイプ:非加熱圧搾
     外観:直径28〜30cm、高さ約8cm、重量約8Kgの円盤型
     固形分中乳脂肪:不明
     総重量:約8Kg
    
ねこ

バナー2
← クリック、よろしくお願いします♪

jugon1911 at 12:30│Comments(12)TrackBack(0)Cheese | 2008, 2009 Winter

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 自然を尋ねる人   2009年02月07日 18:40
あんまり賢くならない方が良いとは思っていますが
でも教えてもらう分は先生に失礼ですからしっかり学ばないと!
(4月から私も町の区民大学教授になりますから!)
今日の記事
実名が入り、面白く内容がありました。
こんな講義が出来たらなー!生徒から抗議だらけの講義にならないよう頑張ります。
2. Posted by trotanoy   2009年02月07日 20:20
山羊チーズ大好き!
上のゴツゴツはどんなお味?
3. Posted by nene   2009年02月07日 22:31
チーズを見るとついつい、手を伸ばしていただきたくなってしまいます(笑)
私もtrotanoyさんと一緒で、上のごつごつが気になります〜
4. Posted by jugon   2009年02月08日 12:55
>自然を尋ねる人さんへ

こんにちは〜、自然を尋ねる人さん
そして、お帰りなさ〜い!

自然さん、とうとう教授ですか? すご〜い!
内容は薬草でしょうか? どんな講義をなさるのか、ブログへのUPが楽しみです。

自然さんに、お褒めいただいて光栄です♪
5. Posted by jugon   2009年02月08日 12:59
>trotanoyさんへ

trotanoyさん、こんにちは
コメントを沢山ありがとう!

これは、混乳ですが、私も山羊のチーズ、大好き組です♪
山羊のチーズが美味しくなるのは、春から初夏ですね・・・もう少しの辛抱

あ、説明不足でしたね?
上のゴツゴツしてるように見えるのは、ぶどうの皮です・・・そう、ネッビオーロの絞りかす・・・これだけを食べると、アルコールぷんぷんのぶどうの皮って感じ(笑)
6. Posted by jugon   2009年02月08日 13:02
>neneさんへ

neneさん、こんにちは
こちらにもコメント、ありがとうございます。

ね〜、チーズって美味しいですよね

trotanoyさんへのお返事にも書きましたが、上のゴツゴツは、ぶどうの絞りかすです。
ちょっと、説明不足でごめんなさい。
7. Posted by Sivaji   2009年02月08日 13:59
お、チーズの資格ですか。
何だろ?
チーズは昔、専門店に居たころに、少しだけかじりました。
メインはワインでしたので、あまり勉強しておらず、もっぱら、レストランで食べるくらいですね〜。

チーズも各国、各地方、いろいろあり、なかなか、覚えにくいです。

バローロ。いいですね〜〜。
最近、円高還元セールで買ったバローロがあたりでした。
モンフォルティーノほどの感動は、当然、ありませんが。
(値段が平常価格でも、1/5〜1/10ですからね〜。)
8. Posted by jugon   2009年02月08日 18:44
>Sivajiさんへ

Sivajiさん、こんばんは

資格はCPAです。

フランスでもイタリアでもチーズは生活に密着していますから、村村にいろいろなチーズがあって、どれも興味がつきません。
そんなチーズを求めて旅ができたらいいな〜って思っています。勿論、ワインも一緒にネ♪

モンフォルティーノ、飲まれたことがおありなんですね!何年のですか?
いいな〜〜、Sivajiさん! 羨ましい♪
9. Posted by 壁カジ   2009年02月09日 02:03
ダニとか・・ワインとか。
チーズというもの、熟成させるのに
ホンマ、色々な方法があるんやなぁと思いましたわ。

山羊の乳のチーズってイタリアにもあるんですね〜。
いや、もちろん知らんのですが(^^;
山羊の乳を利用するのはハイジだけかと
思っとりました(T∇T)
10. Posted by jugon   2009年02月09日 14:12
>壁カジさんへ

こんにちは、壁カジさん

そういえば、壁カジさんのマイトダイナクイズに、チーズのダニのことが出ましたよね?
あれは、私へのサービスかと思った、いっただき!の問題でした(笑)

山羊は、ほんの少しの草さえあれば大丈夫な動物なので、世界中に山羊のチーズはあります。
牛や羊の飼えない痩せた土地や、山奥、崖っぷちでも飼えるので、特別な理由がなければ、どちらかと言えば昔貧しかった土地に多いかも知れません。
11. Posted by 愛美   2009年02月09日 16:44
こんにちは、jugonさん(=^・^=)
バタバタと留守がちで、ご無沙汰してしまいました。
本当、チーズのお話はお久しぶりですね。
"酔っ払いチーズ" 面白そう☆
そういえば、以前ブルーチーズの美味しいのを
教えて頂いたけれど最近買っていませんでした。
チーズは毎日頂いているのに、普段は身近な物で済ませてしまいます。
当たりハズレがちょっと怖いですからね、知らないと(/∇≦*)
とってもステキな『大人のお誕生日会』でしたね。
昔はお友達と必ず行っていましたが、段々少なくなりました。
これからは年齢を重ねるほどお祝いしたいですね(=^v^=)
12. Posted by jugon   2009年02月10日 09:43
>愛美さんへ

こんにちは、愛美さん
八ヶ岳はいかがでしたか?

このチーズ、香りもお味もアルコールっぽいので、朝はちょっと、敬遠

当たり外れですか?・・・abiさんのお好みが分かれば、ご紹介できるんですけれどネ♪
それに、もし美味しくなかったらお料理に使っちゃうっていう手があります。

そう言えば、私も以前は同じ月生まれのお友達と毎年自分たちでお祝いしていましたっけ。すっかり忘れていました(^^ゞ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔