2008年07月08日

塩漬け豚

塩漬け豚
空気に水分がいっぱい含まれている感じ・・・お肌はちょっぴりしっとりして、その辺はいいかも。

投稿が暫く振りになりました。

母が入院していて、先週も1週間名古屋へ行っていたからです。
病気の話題でもあり、このブログに母のことを書く気はなかったのですが、ストーマ造設の手術をした後の78才の母の頑張りに心を打たれ、自分の母親ながらすごいなと感心したので、ちょっと誇りたい気分で書いています(笑)
もう少し落ち着いたら、そんな母のこと詳しく書いていくかも知れません。

今日は、作り置きのできるお料理、"塩漬け豚"。レシピ↓

この塩漬け豚は、ロース肉にお塩をもみ込んで数日置いたものを茹でて作りました。
もみ込むお塩の量がやや多すぎて、ちょっぴり塩っ辛く出来上がってしまいましたが、柚子胡椒を付けて、クレソンを巻いて、食べました。
後は、今だったら冷麺に載せたり、サラダに加えたり、スープにしたり、炒めて使ってもいいですネ。
さっぱりしていて、脂分も少ないのでヘルシーです。

ゴーヤのかつお和え枝豆











薄切りのゴーヤをさっと熱湯で茹で、かつお和えにすると、苦味も和らぎます。
そろそろ、空豆から枝豆に切り替えのシーズンです。

鶏ささみの霜降りとうもろこし











鶏のささみの霜降り。
霜降りにした後しばらくワサビを溶かしたお醤油に浸けて、味を染ませました。

このとうもろこしは、茨城に住むお友達に送っていただいたものです。
朝採れのとうもろこしは、入っていた袋の底にお水がたくさん溜まっていてびっくりの新鮮さ!
生でもちょっといただきましたが、甘さが口の中にふんわり広がりました♪


かつおの心臓

そして、これ何だと思いますか?
かつおの心臓ですって!
少しお塩をふって、焼いています。
初めて見て、初めて食べました・・・また、売っていても買うかどうかは微妙です(笑)




**"塩漬け豚"の作り方**
<材料>
・豚ロース肉: 300g
・お塩:30g

<作り方>
①豚ロースは2等分にしてお塩をまぶして、ジッパー付きの袋に入れ、上から手でもみ込んでなじませる。
②1~2日、冷蔵庫に入れて漬けておくと、豚肉から水分が出て、うま味が凝縮される。
③お肉が締まったら、お塩を洗い流して、茹でる。
最初は強火で、アクが出たら取り除き、中弱火にしてコトコト煮ていく。ある程度煮たら、竹串を刺してみて赤い汁がでなければ、火を止めて、そのまま冷ます。
汁ごと保存容器に入れて、冷蔵庫で保存する。

注)
・お塩は、あれば粗塩が良い。
・お塩の割合は、お肉の10%ほどです。



ねこ

バナー2
← クリックしてね!!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Sivaji   2008年07月08日 19:17
ストーマ造設の手術ですか、かなり大変な手術ですね。
術後も何かと大変かもしれませんが、お元気になられることを祈っています。
私の母も昔、頭を切開するという大手術をしました。こういうところ、女性のほうが強いですね。

豚の塩漬けはいろいろ遊べていいですよね〜。
直接、塩を刷り込むのと、ソミュール液に漬ける方法がありますが、私も面倒なので直接、塩をします。

あるローマ時代の格闘マンガに、剣闘士達のごちそうとして、ローマ風豚の焼肉なる物が載っていましたが、それを作るときにも塩豚を使っています。

どちらかというと洋風に使ってしまうのですが、冷麺などにも使えますね。今度使ってみようと思います。

2. Posted by Sivaji   2008年07月08日 19:17
鰹の心臓とは珍しいものを売っていましたね〜。
私は食べたこと無いです。
ササミは焼き鳥屋で刺身でよく食べます。
霜降りにすると素麺などに入れて食べますね〜。

ゴーヤ、鰹節で和えると苦さが和らぐのですね。
3. Posted by jugon   2008年07月09日 13:20
>Sivajiさんへ

こんにちは、Sivajiさん

母のこと、ありがとうございます。

保存食は、昔の人の知恵ですものね?
この塩漬け豚を細切りにして、冷やし中華に載せましたが、美味しかったですよ。ピクルスを巻いたりしてもいいですよね?

鰹の心臓は、茶色の部分が少し硬い胆みたいで、先端の尖ったところは、コリコリしていました。焼いても、やっぱり少し鰹独特の生臭さがありました。

ゴーヤは茹でることで、苦味が和らぐのだと思います。
4. Posted by アコ   2008年07月09日 17:16
お久しぶりに伺いました。
暑さも増えて過ごしにくい日々を迎えております。お母様の手術大変でしたね。
手術の内容も重い内容でしたでしょうとご心配もさることながらお母様のお力づよさにも感服いたします。どうぞごゆっくりとされるご回復をお祈りいたします。
どうぞお母様のことを書かれる日を待たせていただきます。jugonさんのお母様に対する心からのお気持ちをものすごく感じています。
もうこの年ですから「母無き子だなんて、、。」申し上げるのもはばかりますが幾ついくじゅうになっても母の存在は大きいものです。
本日の豚の塩漬けすごく興味があります。
色々に使えそうでいいかなあと思うのですが。コピーさせていただきました。いつも有り難うございます。お暑さますますになります。どうぞお母様ともどもお大事になさってくださいね。また伺いますね。
5. Posted by Sivaji   2008年07月09日 20:08
心臓は筋肉の集まりですから歯ごたえは良いですね。
でも血も多いのでどうしてもにおいも強くなりますね。
しかも春の鰹は血の香りが強いですから特にそうかもしれませんね。

6. Posted by sippo   2008年07月09日 21:06
jugonさん、こんばんは〜!
お母様が手術されて大変だったのですね。
親孝行のjugonさんのことですからご心配だったことでしょう。
頑張りやのお母さんのこと知りたいです 
7. Posted by 堕天使ママ   2008年07月10日 03:39
おはようございます?

美味しそうな、お料理ばかりですね♪

78才で、ストーマ造設手術は、大変でしたね。

1日も早い回復をお祈り致します。

無理なさらないで下さいませ。
8. Posted by jugon   2008年07月10日 17:00
>アコさんへ

こんにちは、アコさん

母のこと、ご心配をおかけしてしまったかしら?
まだまだ治療が続くので、私も妹も母の頑張りに期待しているところです。

塩漬け豚、いろいろ使えます。
夏でも保存食はいいですよね〜。


>Sivajiさんへ

Sivajiさん、こんにちは

そうそう、歯ごたえのあるものは好きなんですよ。
同じ鰹でも、季節によって香りの強さが違うんですね?
9. Posted by jugon   2008年07月10日 17:07
>sippoさんへ

こんにちは〜、sippoさん

母のこと、ありがとうございます。
イエイエ、私は知る人ぞ知るの親不孝者だったんですよ(笑)・・・今は心を入れ替えていますけれどネ(笑)(笑)(笑)


>堕天使ママさんへ

ママさん、こんにちは

ママさんはナースでいらっしゃるから、いろいろご存じだと思いますが、母は一生これをするかと思うと憂鬱とも言っています。
でも、何事にも前向きなので、嬉しいです。
10. Posted by Sivaji   2008年07月10日 19:31
jugon さん。
鰹は5月くらいに黒潮に乗って北に移動しますが、
この鰹は赤みの血の味わいが強く香りを楽しむことが出来るそうです。
江戸っ子の喜ぶ初鰹はこちらですね。

で、秋に北から戻ってきた鰹は脂身をたっぷりもって帰って来るので、トロカツオ(戻り鰹)などと呼ばれ、実際、脂の味が美味しいです。
なので、ご飯のオカズには戻り鰹の方が好みなんです。

この時期、冷凍物の戻り鰹と、フレッシュの鰹が両方あることがあるので、食べ比べてみても面白いかも。
11. Posted by jugon   2008年07月11日 13:01
>Sivajiさんへ

こんにちは、Sivajiさん。

そういえば、冷凍戻しのトロカツオを見かけますが、フレッシュな鰹がある時期にな〜ぜ?と思っていましたが、お好みもありますものね?

しかし、この頃はフレッシュなかつおのある時期が長いですね。
12. Posted by 愛美   2008年07月12日 09:27
こんにちは、jugonさん(=^・^=)
お母さまがご病気だったのですね。
お辛かったでしょう。ご看病お疲れ様でした。
78歳ですか、きっと体力と気力も素晴らしいのでは^^
早くお元気になられますようにお祈りいたします。
枝豆、まだ頂いていません・・・
モロッコというお豆の収穫ができています。
柔らかくて美味しいのでヒットです(=^v^=)
13. Posted by jugon   2008年07月12日 12:58
>愛美さんへ

こんにちは、愛美さん

毎日暑いですね?
母の病気との戦いは、これからです。
みんなでがんばらなきゃ!と思っています。

モロッコっていうお豆、お店で見た気がします。今度あったら買ってみようっと

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔