2008年04月06日

L'Embellir で"桜会"

Table
"桜会"とは、もう2年ほど前、愛宕の満開の桜の木の下でワインの授業を受けたことに因んで名付けられたお食事会です。
年に数回、元々のメンバーではなくても時間さえ合えば自由参加で集まります。
桜が満開になりかけた先月末、今回は私が幹事をして、南青山の"ランベリー"にランチに行きました。
"ランベリー"は、開業してまだ2年ほどですが、去年のミシュラン東京で一つ星に輝いた、ソムリエの長田氏始めスタッフみなさんのホスピタリティーの良さと岸本シェフの素敵なお料理のとても居心地の良いレストランです。
今回は丁度年度末でもあり、ランチでしたので、たった5人の会でしたが、"春らしく"という私の要望通りの彩り豊かなお料理とワインを揃えてくださいました。

白アスパラのムースインカのめざめ、雲丹SAKURA 2007








前菜のお皿に載った、白いふわふわは、白アスパラのムースです。
そして、オレンジ色に見えるのはトマトで作ったソース。緑のアスパラとのコントラストが"わぉ!"の綺麗さ。
二皿目の左側にあるのは、インカのめざめに雲丹を載せたもの。焼いた春のお野菜いろいろが添えられています。
始まりは、シャンパーニュ。そして、ロゼ。
"SAKURA"という名のブルゴーニュの色鮮やかなロゼです。
ピノ・ノワールのロゼはとても珍しいのですが、このワインの作り手さんの奥様は日本の方だそうです。→ SAKURAについて

桜鯛うずらSavigny-Les-Beaune Les Cloux 2004










メインのお魚料理は桜鯛。
私が選んだのは、お肉の方で、うずらでした。
私は、家でのお食事にお魚料理が多いので、外食の時はたいていお肉料理をチョイスしてしまいます。
うずらの中に何かのお肉が詰めてありますが、いつもの様に忘れました(^^ゞ
モリーユ(アミガザダケ)のソースを添えて。 *モリーユの写真↓
赤は、Savigny-Les-Beaune Les Cloux 2004。
2004年とは思えない熟成度合の、スルスル系でした(笑)

チーズLa RossaCUILLERON Roussilliere








やっぱりチーズもちょっと欲しいな〜!という事で、出していただいたのは、ブルゴーニュの優しい香りのウォッシュでスーマントランと桜の葉で包んで熟成したイタリアの"La Rossa"。
デザート・ワインは、ローヌの CUILLERON Roussilliere。
ヴィオニエとルーサンヌ、マルサンヌの貴腐と遅摘みとをブレンドして作られた珍しい甘口。
蜂蜜やお花の香り、飲み口軽やかで上品なすっきりしたデザート・ワインでした。

デザートエスプレッソヴィネガー








いちごのデザートに飾られたグリーンは、バジルのアイスクリームです。
右はきんかんのデザート。
私はいつものエスプレッソ、小菓子のプレートには、クッキー、生チョコ、クグロフが載っています。
最後は、アップル・ヴィネガーと蜂蜜のドリンクでお口もすっきり。

ソムリエ・長田氏ワイン








シェフ・ソムリエの長田さん・・・どうもお世話になりました♪
今日のワインたち・・・5人で4本なら、ほどほどでしたネ!

モリーユ
← モリーユ(アミガサダケ)
この写真は、山のこだまのboowanさんが撮影されたものです。



ねこ

バナー2
← クリックしてね!!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 愛美   2008年04月06日 18:02
こちらにもこんにちは(=^・^=)
お料理もワインも、本当に春らしくて
abiもお仲間に入れて欲しかったニャー(笑
"SAKURA"もとってもいい感じですね!
以前、ロゼは頂かないと言いましたけれど、
(jugonさんに、何故?と聞かれたので憶えています・笑)
頂いてみたいロゼです^^
モリーユって、珍しいですね。
一瞬、ステンドグラスのアンティークランプかと思いました!
実物に出会ってみたいです(=^v^=)
2. Posted by jugon   2008年04月07日 09:44
>愛美さんへ

こちらでも、こんにちは〜!!

ね〜、abiさんともご一緒にお食事がしてみたいです♪

このロゼは、ピノ・ノワールなのに、いつかのスペインのカヴァの色に近くてびっくりでした。

そう言えば、中に明かりがついているみたいにも見えて、ランプみたいですね。
私も実物が生えている所に遭遇したいな〜〜
3. Posted by nene   2008年04月07日 10:18
jugonさん、こんにちは〜♪

SAKURAというネーミング、私たち日本人はついつい頂いてみたくなってしまいますネ
お料理もとても美味しそうです(*^v^*)
テーブルが華やいでますね☆

5人で4本…は、jugonさん達にとっては少なめですね(笑)
4. Posted by jugon   2008年04月07日 16:36
>neneさんへ

こんにちは〜、neneさん

先日行ったJICAで、ブラジルに移民なさった方々が使っていたお醤油も"SAKURA"という名だったのを知りました。
neneさんのおっしゃる通り、SAKURAは日本人の心に響く名前なのですね!

一人一本、本気出したらもっと! な〜んて言ってたり(笑)
5. Posted by sippo   2008年04月07日 16:56
jugonさん、5人で4本 
まぁ〜、類は友を呼ぶですね 

素敵なお食事会です、最後のアップル・ヴィネガーと蜂蜜のドリンクが粋な計らいですこと 
6. Posted by jugon   2008年04月07日 17:22
>sippoさんへ

こんにちは〜sippoさん。

類と飲むと、ゆったり思う存分(笑)

そうですネ、このちょっとした心尽くしが次への掛け橋だったりすることもありますよね?
7. Posted by 自然を尋ねる人   2008年04月07日 17:48
 高級料理は最高です。たまにはたべたいです。
が私の料理も見てください。
会費1000円でもうだめと少しお年を召したメンバーが持ち帰りの準備をしています。
山野草10数点を取り、料理をしてその場で食べる。
これも結構高級な利用りだと思いません。
1年前の花梨酒もでたがお酒を飲むと車を運転できません。そんな田舎の1日でした。
8. Posted by boowan   2008年04月07日 21:12
こんばんは
わが<山のこだま>のモリーユ、晴れがましいご馳走の数々のなかで心なしか澄ましているように見えますが・・・
さくらといえば、わが家の猫も名前がさくら。正確にいえば チョロリ・チッチ・さくらですが、ウフフ!
9. Posted by Sivaji   2008年04月07日 21:57
5人で4本。女性ばかりですか?
だとしたらなかなかすごいですね〜。
私は昨日、京都で4人で3本+各自一杯ずつ。
ただし男三人女性一人です。

美味しそうな料理とワイン、いいですね〜。
10. Posted by jugon   2008年04月07日 22:26
>自然を尋ねる人さんへ

こんばんは〜、自然を尋ねる人さん。

採りたての山野草をさっと料理したら、そういう風にしてしか味わえない美味しさがあるのだろうな〜と思います。

花梨酒はロックでいただきたいナ♪
私は、だ・か・ら ペーパー・ドライバーで〜す(笑)


>boowanさんへ

こんばんは、boowanさん。

abiさんがおっしゃっていましたが、アンティーク・ランプにも見える"モリーユ"、お庭の紫陽花の木の下に生えるなんて、boowanさんの環境は最高ですね。

チョロリ・チッチ・さくらちゃんに会いたいです。
11. Posted by trotanoy   2008年04月07日 22:26
 最近はピノノアールのロゼが人気のようですね。
 今回は私には珍しく千円台のお勧めワインを紹介したよ!
12. Posted by jugon   2008年04月07日 22:33
>Sivajiさんへ

こんばんは、Sivajiさん。

ハイ、女性ばかりです。
メンバーに依ってはもっとすごいですよ〜(笑)

美味しいお料理とワインが揃えば、シアワセな私たちです♪
13. Posted by jugon   2008年04月07日 22:36
>trotanoyさんへ

こんばんは〜、trotanoyさん。

ピノのロゼ、いろいろありますか?
私はこれが初めてでした。

私のお薦めは、千円台って多いですよ
trotanoyさんのお薦め、早速拝見にお邪魔しますネ。
14. Posted by Sivaji   2008年04月07日 22:52
うわ、女性ばかりで・・・
すごい。二日酔いになりませんか?

そうそう、モリーユについて書くのを忘れてました。
春のキノコですね。
最近、食べていません。
トリュフやポルチーニ(セップ)は口に入るのですけどね〜。
ジロルとかシャントレルとかも食べてないな〜。

あ、ピノノワールのロゼ、ブルゴーニュでは珍しいですね。
ロワールではサンセールなどありましたけど。
15. Posted by 壁カジ   2008年04月08日 00:44
ご無沙汰してしまい大変すんません。
久々にjugonさんの料理に舌鼓を♪・・と思いきや
今記事はランチ。
ワイなら秒殺で喰らってしまいそうなメニューですね☆

【桜鯛】
あのマダイがこんな風になるんですね〜・・・。
鯛は皮が一番ウマイなんて言いますけど
コイツにも焦げ目がくっきり付いてて
めっさ美味そうです♪




16. Posted by jugon   2008年04月08日 12:34
>Sivajiさんへ

こんにちは〜、Sivajiさん

私は、日本酒にちょっと弱くて・・・好きなので飲んでる時は快調なんですけれど、量によっては翌日まで残ります

きのこは秋と思っていますが、モリーユは3月、4月なんですね〜。

プロヴァンスのスパイシーなロゼは夏っていう感じですが、サンセールやこのピノのロゼは、春に似合いますネ。
17. Posted by jugon   2008年04月08日 12:41
>壁カジさんへ

壁カジさん、こんにちは〜
お久しぶりです。 どないしてはりましたん??

私も美味しいとひたすら食べる方なので、結構速いですよ〜

桜鯛の別名、何て言いましたっけ?
私は、お魚の皮は外して食べることも多いのですが、カリカリの皮は別です♪ 美味しいですよね〜。
18. Posted by Sivaji   2008年04月08日 18:58
日本酒だめなのですか?
女性に意外と多いですね。
私も一本を通して飲むと疲れるので、鮨屋などでは、二種類か三種類をネタにあわせて飲み分けます。
残り方で酷いのはビールですね〜。あれはきつい。
単に飲みすぎなのかもしれませんけど。

ロゼはめったに飲まないのですが、パリでタイ料理を食べるときは決まって、ローヌのタヴェルを飲んでました。自分的にはなかなかいけると感じました。
プロヴァンスのロゼはローヌと同じで、南なためか、サンセールなどと比べると確かに、威力があるというか、力を感じますね。
土地柄か陽気な感じもしますし。
19. Posted by jugon   2008年04月08日 19:32
>Sivajiさんへ

こんばんは〜、Sivajiさん。

今夜は暇してるjugonです
デザートもケーキも作るの止めました(笑)

お燗より冷酒の方が好きですが、それが危ない(>_<)
ビールは沢山飲めないので、私は大丈夫ですが、凄い大変って聞きます。

スパイシーなロゼは、タイ料理にも良さそうですね〜。
それに、ちょっと発泡性のドライな赤も合うんじゃないかしら?
20. Posted by Sivaji   2008年04月08日 20:55
jugon さん。あら、デザートつくり取りやめですか?
私も燗は飲まないです。
大吟醸とかを好むので。
発泡系のドライな赤もいいですね〜。
ただ本場のタイではコーラと一緒に楽しむとか。
(アジア各国で活躍している友人の話。
 ただし、氷が危ないので食あたりする可能性があるとか・・・・。)
21. Posted by jugon   2008年04月08日 21:35
>Sivajiさんへ

発泡性の甘口ブラウンですね(笑)

そうそう、タイのお水はダメなのに、お水には気をつけてても、氷は盲点です。
でも、夏は夜でも半端じゃない蒸し暑さなので、冷たいものが飲みたくなるんですよね。
22. Posted by matsu   2008年04月08日 22:18
先日は、桜の会に参加させていただきありがとうございました!! ○野さんからこちらを教えていただきお邪魔させていただきました^^♪美味しそうなお食事&ワイン満載の素敵なブログですね〜
またお会いできる日を楽しみにしています♪
23. Posted by jugon   2008年04月12日 13:58
>matsuさんへ

こんにちは、matsuさん。

私のブログへいらしてくださってありがとうございます。私もmatsuさんのブログのアドレスを知りたいと思っていましたので、こちらからもお邪魔させていただきますネ。

先日は、ご一緒できて、とても良い時間が過ごせました。どうもありがとうございました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔