2008年03月25日

フランドル風グリーン・アスパラ

フランドル風グリーン・アスパラ

土日はポカポカ、昨日は雨のち曇りの花冷え・・・咲いた桜はびっくりしたことでしょう。

そして、今日はまた暖かに晴れたので、もうどのくらい咲いたかしら?




桜の花ってパァーっと咲いて、お天気に依ってはほんの一週間ほどで散ってしまうので、"桜まつり" の開催者は毎年日程に苦労するのだろうな〜と思います。
一昨年だったかその前だったか、私の住んでいる辺りの "桜まつり" がすっかり散ってガクだけになった頃に行なわれたことがありました。

桜の花なんか一花もないのに、それでもみんな桜の木の下でお弁当を広げていた光景が忘れられません。
今年はこの週末、3/30ですって・・・大丈夫ですね? ・・・多分(^^)


↑ 北フランスのフランドル地方のお料理。

黄身とバターで作ったソースをかけたグリーン・アスパラです。レシピ↓
 
彩りが鮮やかで春らしいでしょう? そして、とっても簡単なのに、美味しい♪
今日は、アスパラを茹でましたが、焼いてもいいですね。


じゃがじゃがベーコンホワイト・トリュフのパスタ











レンジした後に、揚げて表面をカリカリに仕上げたじゃがいもとこれもカリカリにしたベーコンのゴールデン・コンビ。

そして、そして、白トリュフのパスタ。
FOODEX で買ったものの中で一番嬉しかったのが、このトリュフのパテです。
ホワイトなので特にとっても高価なものですが、FOODEXならではの超破格値でゲットしました(^^)v
他にも買いたいものがあって、重いからと1個しか買わなかったことがと〜っても残念です。
この香り、やられます!

チキンのアッラビアータ・ソースAltavilla Della Corte 2004












何を作るか決めていない時はいつも、メインを何にしようか考えながら冷凍庫の中を覗きます。 今日、手に当ったのはチキン。

鶏のもも肉を叩いて薄くして塩・胡椒の後、本当は卵が良いのでしょうけれど面倒だったので牛乳で代用して、パルミジャーノ・レッジャーノを加えたパン粉をつけて、少量のオイルで焼くように揚げました。
ソースは、ハラペーニュを入れてちょっと辛くしたアッラビアータ。
ガーニッシュは、ブロッコリ、椎茸それにズッキーニです。

ワインは、めずらしくイタリア。
シチリアなので果実味豊かでしっかり目。
セパージュは、ネロ・ダーヴォラとカベルネ・ソーヴィニヨンです。

White Truffle Pate

← これが噂の(?) "ホワイト・トリュフのパテ" ですよ〜(^^)






** "フランドル風グリーン・アスパラ" の作り方**

<材料> 二人分
・グリーン・アスパラ: 5本
・茹で卵: 1個
・白ワイン: 少々
・バター: 100g + α
・塩・胡椒: 少々

<作り方>
.哀蝓璽・アスパラは根本の固いところはカットして、表面の固い部分はピーラーで皮を剥き、塩とバター少々を入れたお湯で茹でて、粗熱を取っておく。
△罎罵颪蓮黄身と白身に分け、白身はみじん切りにする。
お鍋でバター100gを溶かし、白ワインを入れアルコール分を飛ばしたら火を止め、黄身を加えてほぐしながら混ぜる。
ふたたび火をつけて温めながら塩・胡椒する。
い皿にアスパラを置き、のソースをかけ、刻んだ卵の白身を散らします。

注)
・アスパラは太めのものを選びます。そして、茹ですぎは禁物です。せっかくのグリーンの色が悪くなります。
・ラップに包んでレンジにかけても良いのですが、これもかけ過ぎると焼けたようになりますので、注意。
また、上で書いた様に、ここでは茹でましたが、焼いても美味しくできます。


ねこ

バナー2
← クリックしてね!!

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by pocky   2008年03月25日 10:50
jugonさんおはようございます^^
また美味しいお料理が並び、ジュゴンワールド
アスパラ、テーブル上で育てているんですが収穫しましたよ。すっごく甘いんです。
2. Posted by jugon   2008年03月25日 10:55
>pockyさんへ

こんにちは〜、pockyさん

あら〜、あのアスパラ、とうとう収穫しちゃったんですね〜!
自分で、しかもお部屋で育てたアスパラ・・・美味しくないハズがありませんネ
3. Posted by ryuji_s1   2008年03月25日 13:51
jugonさん
アスパラ美味しそうですね

白トリュフのパスタ

香りがこちらまで飛んで来ます、

コメント有り難うございます

二度咲く花 これではないと思います。
4. Posted by 子豚のママ   2008年03月25日 15:56
ご無沙汰しています。
お陰さまで無事に展示会が終わりました。
相変わらずお洒落なお料理ですね。
アスパラガスおいしそう。白トリュフのパスタなんて聞いただけで・・・・おいしそうだしお値段も。
何て事を思います。ペーストどこでも販売していないですよね。
5. Posted by Sivaji   2008年03月25日 19:25
アスパラガスの季節がやってきましたね〜。
写真を見て一瞬、酢味噌合えのように見え、次に、定番のオランデーズと思いきや、このソースは初めて知りました。バターとゆで卵を使うのか!
オランデーズ+タルタルのようなニュアンスでしょうか。美味しそうです。茹でた卵なので、オランデーズよりワインには、あうかもしれませんね。
グリーンな感じのロワール上流のソーヴィニヨンがよさげです。
フランドル地方ですか、100年戦争でプランタジネット朝(イギリス)ともめた地方ですね。

白トリュフのパスタ。キタ〜〜!
白トリュフのピュレですか・・・なんて贅沢な・・・・トリュフ狂の私にはたまらない一皿です。
チキンのカツレツも美味しそうです。トマトソースではなくアラビアータか、ピリカラで楽しめそうですね。
6. Posted by Sivaji   2008年03月25日 19:27
先のレスへの辺レスです。
>Sivajiさんのワインの知識がとても豊富なのが分かります。私なんか足元にも及びません

いえいえ、大したことないです。専門家に知り合いも居ますので、わからなければ聞いたり出来るのが助かっていますが。

トリプルクリームのチーズはケーキみたいですよね。私はサンタンドレがまさにケーキ!と思えて大好きです。

>まだ午前中ですが・・・とろとろエポワスとブルゴーニュのワインが目の前にチラつき出しました(笑)

至高の楽しみですよね〜〜。
7. Posted by 愛美   2008年03月25日 22:37
こんばんは、jugonさん(=^・^=)
気まぐれお天気に、桜の花も
どうしたらいいのか?戸惑ってしまいますねー!
桜の額だけの木の下で。。。(=゚m゚=)プッ!
想像したら、笑えます。
ちょっと哀しい図ですね(*o☆)\バキッ!スイマセン…
ホワイト・トリュフのペーストに、abiもやられてみたい☆
それに、冷蔵庫で、jugonさんの手に当たったチキンは
ステキな魔法がかけられましたね〜
グリーンアスパラは、畑に出てきたら、レシピを
参考にして作ってみますね(=^v^=)
8. Posted by 堕天使ママ   2008年03月26日 01:24
グリーンアスパラ色鮮やかで美味しそうですね♪

ここ数年の桜まつりは、額のみだったりしますね★( ̄▽ ̄;)

近場の公園やお寺さんの桜は蕾でしたが、父の作業場の桜は、満開★

鳥とバトルしながら(?)さくらんぼ摘みをする予定です♪(笑)
9. Posted by jugon   2008年03月26日 12:02
>ryuji s1さんへ

こんにちは、ryuji s1さん。

ありがとうございます。
白トリュフの豊かな香りは、本当に飛んで行きそうなくらい(笑)

あのお花に似ていますよね?


>子豚のママさんへ

こんにちは、ママさん。
展示会、いつも大変ですね。 お疲れさまでした。

私も見かけたことがありません・・・でも、FOODEXで出展していたので、どこかで販売しているか、または、これから出てくるかも知れませんネ。
10. Posted by jugon   2008年03月26日 12:17
>Sivajiさんへ

こんにちは〜、Sivajiさん。

ホントだ〜!そう言えば、酢味噌和えにも見えますネ(笑)
バターもそのままですし、オランディーズより全然手間要らずです。タルタルのもったり感もありません。

始めはいつも私だけ白ワインをグラスでいただくのですが、この時は、ソーヴィニヨン・ブランでした。

私は"フランダースの犬"のところって思ってしまいます。

アルバのトリュフ祭りっていらしたこと、ありますか?ブラのチーズ祭りの次に、私が行ってみたいお祭りです。

アドヴァイザーを持っていらっしゃるSivajiさんは、すでに専門家ではありませんか?
私は、肩書きだけですが・・・(泣)
11. Posted by jugon   2008年03月26日 12:26
>愛美さんへ

こんにちは〜、abiさん!

昨日は夕方から雲が厚くなってきて、夜にはとうとう雷ピカピカゴロゴロのすごいお天気になりました。
桜が満開なら、もう丸坊主だったに違いありません。開き始めで良かった〜〜(=^v^=)← abiさんのもらいました(笑)
桜が咲いていないなら、どこでも一緒、だったらやっぱり桜の木の下ってコトかしらネ?

白トリュフの香りは、何にも増してワインを誘います♪

フランドル風のグリーン・アスパラ、簡単ですし、白ワインにバッチリです! 是非是非作ってみてくださいね〜。
12. Posted by jugon   2008年03月26日 12:31
>堕天使ママさんへ

ママさん、こんにちは〜。

桜も色々な種類があるので、私が行った川べりにもすでに満開の木がありましたよ。
ソメイヨシノはクローンなので、気候が同じならほとんど全部が一緒に咲くんですよね?

さくらんぼの実る桜の木ってソメイヨシノより少し早いですものね。
以前、実家の庭に小さな木があり、私は父と鳥の両方を相手にバトルしてました(笑)
13. Posted by nene   2008年03月26日 14:08
冷蔵庫の中を見て、ぱぱっと料理を作る。。私、すごく憧れです☆(*^v^*)
jugonさんのお料理は、ぱぱっとというよりも、計画をたてて作ったアートにしか見えません(笑)
とっても美味しそうです〜

そうです以前お返事いただいたのに、遅くなってしまってごめんなさい

jugonさんぴったんこです
焦げ焦げのホットケーキを食べてくれたのは、ボーイ・フレンドです(笑)
同い年の彼はとても優しくて、失敗しても笑って許してくれるのですが…恥ずかしかった〜(しつこい。笑)
お外で食事をする時、jugonさんのお話を彼によくしています(o^v^o)
「neneちゃんもjguonさんみたいにワイン名覚えなきゃね〜」って言われちゃいました(笑)
14. Posted by Sivaji   2008年03月26日 19:03
アルバのトリュフ祭!!
うわ、そんなのあるんですか。行きたいですね〜〜。
アルバの白トリュフは最高ですものね。
昨年末、食べました。たまらない香りですが、値段も・・・・。
イタリアは行った事ないのですよ。イタリア語はちんぷんかんぷんだし。

アドバイザーももう取得して十うん年・・・。忘れてますし、データが変化していますから。
jugon さんはシュヴァリエなのですか?
15. Posted by 自然を尋ねる人   2008年03月26日 21:01
アスパラの株がいつの間にか20株にもなりました。
「アスパラは太めのものを選びます。そして、茹ですぎは禁物です」
理解できましたが細いものもたくさん目を出してきます。
そんな場合はどうしましょう。
損を覚悟で捨てますか。
16. Posted by jugon   2008年03月27日 15:13
>neneさんへ

neneさん、こんにちは〜

アートだなんて、neneさん、余りに褒めすぎ

わ〜、neneさんの彼ってどんな方かしら?優しくて、力持ち? 
むーちゃんとも仲良しですか?
私の彼は家に来た時、その頃飼っていた"ミャウ"というネコくんにずっ〜とジーっと睨まれてました(笑)
二人で食べたホット・ケーキは、少しくらい焦げてたって、きっときっと美味しかったに違いありません。

私のことお話してくださってるんですか?・・・ちょっと恥ずかしいけど、嬉しいな〜♪
neneさんも香りに敏感ですよね? だったら、気をつけてワインを飲んでればその内分かる様になりますよ、きっと

そうそう、先日またホット・ケーキを焼きました。今度は上手く焼けて、ニンマリ・・・コツは布巾をしっかり湿らせることでした(笑)
17. Posted by jugon   2008年03月27日 15:32
>Sivajiさんへ

Sivajiさん、こんにちは

アルバのトリュフ祭りは毎年10月に行なわれるみたいですよ。

まだリラだった頃、ミラノでリゾットに山になるほどの白トリュフを削り入れてもらったことがあります・・・後でお値段を見たら、桁が一桁違ってました
また、食べたいけれどユーロは強いし、今度はスポンサー付きじゃないと絶対無理です。

特にイタリアはどんどん変りますね。
私は、ソムリエールを持っていますが・・・落こぼれです。謙遜じゃなくエキスパートを持っているお友達の方々の方が断然いろいろご存知です。
18. Posted by jugon   2008年03月27日 15:35
>自然を尋ねる人さんへ

こんにちは〜自然を尋ねる人さん。

自然さんは、アスパラも育てていらっしゃるのですか?
細いからって捨ててしまうなんて、ダメです!
私は、茹でてお醤油とかつをでいただくのも大好きです・・・アスパラって何て美味しいんでしょう!って思います。
19. Posted by trotanoy   2008年03月27日 22:46
5  お久しぶり!
 2005年のブルゴーニュワイン。
 買いだめしたほうがいいぞ!
20. Posted by sippo   2008年03月28日 21:52
うっかりしてる間にコメントがいっぱい 
春のお野菜が続々登場!
ワインもすすみますよね、
ホワイト・トリュフのペーストですか、今度レストランでお目にかかる機会があったら挑戦してみます 
21. Posted by Sivaji   2008年03月30日 00:26
jugon さん、ソムリエですか??
うわ、すごい、私、実技に自信が無くてアドバイザーにしました。
まあ、表技では受験資格の現場5年に足りなかったので、という理由もありましたが。
(裏技{これくらい変換しろよ糞IME!}を使えば、受験自体はできたのですけどね)
22. Posted by HISA   2008年03月30日 22:49
アスパラが色よく歯ごたえよく茹で上がっただけで
私は満足です。そのあとに白トリュフのパスタですか〜
凄すぎます。(笑)

うちの菜園では以前アスパラが自慢だったのですが、
株分けに失敗してしまい収穫できなくなりました。
で、昨年また植え付けましたのが細くて小さいですが
できはじめました。jugonさんの「フランドル風
グリーン・アスパラ」の素材にはまだ無理ですけどね。
23. Posted by jugon   2008年03月31日 13:47
>trotanoyさんへ

ホント、お久しぶり!
元気してますか〜?

2005年、私だって買いだめしたぁ〜〜い!!!


>sippoさんへ

こんにちは、sippoさん

こちらは、もう桜が散り始めました・・・昨日の午後から雨が降りっぱなし・・・明日見たら全部散ってたりして(笑)

是非是非、お試しあれ〜〜!
24. Posted by jugon   2008年03月31日 13:58
>Sivajiさんへ

こんにちは、Sivajiさん。

説明すると長くなるのですが、私もプライヴェートな所だったので、ソムリエ・ナイフも使っていませんでしたし、サーヴィスの実技試験はハラハラでした。
それで彼から、合格に懸賞金がついたくらい(笑)

ほんとだ〜〜、"裏技"はカタカナかひらがなしか出ませんネ


>HISAさんへ

HISAさん、こんにちは

アスパラがニョキニョキ出てくるのって、ちょっとわくわくする光景ですね?

このお料理のアスパラは、できれば太い方が良いのですが、細いのでも美味しいと思いますよ〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔