2016年07月

2016年07月27日

壺中天

壺中天


今月 妹と行ったのは、名古屋新栄にあるフレンチ "壺中天"(コチュウテン)

前から行きたかったお店です。


アミューズ・ブーシュ:

器に入っているのは "蟹ときゅうりのジュレ"
冷たさが心地よく メロンのような良い香り。
この頃、きゅうりのジュースやジュレが人気ですね。

手前左は、テット・ド・ヴォー(Tete de veau)、子牛の脳のテリーヌ。
少々脂っぽかったかな。

右側は、スパイスが香る "ツブ貝のフリット"
ツブ貝らしいと言えば言えるけれど、ちょっと固くてモグモグモグモグ

ワインは泡で、クレマン・ド・ブルゴーニュ。
シャンパーニュと同じ製法で造られますが、シャンパーニュ地方のものではないので、
シャンパーニュではなくクレマンと言います。



壺中天


前菜は "季節のお野菜のテリーヌ"

写真(左上) では、少し地味ですけれど、たくさんの野菜がいろいろなカットの仕方で入っていてテクスチャーの違いが楽しめ、ハーブやエディブル・フラワーも多彩に使われている、とても繊細で美しい一品でした。

メインは、妹がお魚を jugon はお肉を選び、シェアしました。

写真の右上が、お魚料理で "イサキの赤ワインソース"
お魚自体は勿論、イサキのお出汁が効いているソースがとても美味しい。
大きなトリ貝はフワフワ、あさりもでっかくて食べ応えあり。

お肉の方は、とっても柔らかな牛肉、ミスジのこちらも赤ワイン・ソース。
ミスジは肩肉の希少部位で、赤身なのに綺麗なサシが入っていて、トロンとしていて味わい深く濃厚。

お皿の雰囲気が似ていますが、載っているお野菜はそれぞれ違っていて、
心配りが感じられます。

ワインは、お勧めに従って、ボルドー右岸のメルローをグラスで。
果実味豊かでふくよかなワインでしたが、銘柄などは忘れてしまいました。



壺中天



写真の真ん中は、お口直し。
フランボワーズのシャーベットにヨーグルトだったかな?

デザート(写真上) は、チーズケーキとシャーベットと季節の果物。
このチーズ・ケーキが、濃厚だけれどさっぱりとしていてとっても美味。
季節の果物の上のピンクっぽい透明な膜は、紫蘇の板状のジュレ。

後は、小菓子とエスプレッソ。


壺中天


お客が私たちだけの貸切状態のランチ・タイム。ゆったりと楽しめました。
今度行ったら、是非 "雲丹とオマールのジュレ寄せ" を食べてみたい


今日のニャーちゃん♪

猫背


"猫背" にしてみた ニャーちゃんでした (^^)


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon留守につきコメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00|この記事のURLNAGOYA | Restaurants

2016年07月24日

すずきのアーモンド・ソース

すずきのアーモンド・ソース


この夏セミが鳴き始めたのに気付いたのは 7/10。今日もよく鳴いているけれど、大暑も過ぎたのにこんなに涼しくてびっくりしてるかな?
セミって地上に出たら 1週間くらいしか生きられないと思っていたけれど、実際の寿命は種類にも依るけれど 1ヵ月近くもあるんですってね?
羽化の時は透明でとても綺麗だって友人が言っていて、一度見てみたいと思いながら、もう何年も過ぎました。


↑ "すずきのアーモンド・ソース"
レシピ ↓


すずきのアーモンド・ソース


スズキの切身を見たら、なんとなくアーモンドを衣にしたのを作ってみたくなり…なのに、衣にするのは面倒だからソースにしてみました(^^)
ブログに載せようと思って、以前作ったことを思い出し、自分のブログを遡ってみたら "スズキのアーモンド・ムニエル" というのを作っていました。
頭のどこかにそのイメージが残っていて、スズキ→アーモンドの衣 と考えたのかしら? 無意識の記憶、面白いですね。


Attitude 2013, Pascal Jolivet, Pinot Noir




お魚ですがワインはピノにしました。
ロワールのパスカル・ジョリヴェのもの。

ワインを購入するお店を余り変えないので、ヴィンテージは違っても同じワインを何度も載せてしまいます。

この 2013年の "Attitude, Pinot Noir" は、酸味が際立ち余韻が短い印象。
2013年にしては、ややレンガに近いガーネット色をしていたのがヒントでしょうか。








** "すずきのアーモンド・ソース" の作り方 **

<材料> (二人分)
・すずき : 切り身二切れ
・アーモンド・スライス: 25g
・イタリアン・パセリ: 3〜4本
・レモン果汁: 少々
・白ワイン: 20cc
・オリーヴ・オイル: 適量
・バター: 20g
・お塩: 適量
・胡椒: 適量


<作り方>
アーモンド・スライスをオーヴンで色付くまで焼く。
すずきに塩・胡椒する。
フライパンにオリーヴ・オイルとバター(10g) を熱して、すずきを皮目から焼き、ひっくり返して火を通す。
すずきに火が通ったら、もう一度ひっくり返して皮をカリっとさせたら、白ワインでさっとフランベ。
すずきをお皿に取り出した後のフライパンに残りのバターと,離◆璽皀鵐・スライスを加えて加熱して、最後にレモン果汁を入れてソースを作る。
すずきの上からソースをかけ、イタリアン・パセリを飾る。


今日のニャーちゃん♪

ソックスちゃん


ソックスちゃん(^^)


お知らせ
今日から、この涼しい貴重な日々の関東から暑い高知へ行きますので、
コメント欄は閉じさせていただいています。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年07月22日

美味しい時間 July @ Nagoya

ささ亭


今日も昨日もと〜っても涼しい横浜
こんなだから梅雨明けはまだなのかしら? 涼しいのは超歓迎(^^)


鈴鹿スカイラインの武平峠から、雲の間に広がる伊勢平野と濃尾平野を一望した日のランチは、三重県員弁の「ささ亭」さんでした。
前の日に、どこへ行こうかと妹と相談していて、久しぶりに三重県方面はどうかな〜というので、三重のランチの場所なら うらんママさん! だわ〜と、"ココうらうら☆" の うらんママさん のブログにお邪魔してお店探し♪

早くても 11時の出発で三重でランチというと余り遠くへは行けませんが、愛知県に近いところの良いお店を教えていただきました・・・ うらんママさん、いつもお世話になります


ささ亭


いただいたのは "おまかせランチ"。 父だけ "鮎の塩焼き" 付きです。

先附(冒頭の写真) は、見た目も涼やかでとても夏らしい。
本日のお造りは、見えてる以外に後 2種類くらい。
オクラの入ったのは、"とろろのすり流し" 冷たさが喉に心地いい。
赤い器の "冷やし治部煮" は、ちょっと濃い目の味付けでした。
揚げ物は "鮎のかき揚げ" 衣は柿の種だそう。 余り鮎っぽくなかったので、塩焼きがあっても鮎鮎していなかった様子(^^)
〆はトウモロコシご飯。 そして、デザートは桃のゼリーでした。

この後、湯の山の "Aqua Ignis" へ寄ってパンを買い、鈴鹿スカイラインから宇賀渓を回って帰ってきました。


↓  こちらは、同じ日ではありません。

ねのひ


お友達が jugon と飲むためだけに暑い金沢から暑い名古屋へ
やってきてくれました。

せっかく来てくださるのだからとお店選びに迷った末、お魚が新鮮で地元の食材とお酒のあるところと考えたのは、伏見にある 「ねのひ」本店

以前だったら、絶対ココというお店を知っていたのですけれど、後継者がいなくて何年か前に閉めてしまいました。 それに名古屋を離れてもう 17年、今はお馴染みの和食屋さんがありません。伏見の「ねのひ」へは、昔昔その昔に一度行ったことがあるっきり。

父はお留守番ですから、お昼に夕食風のお料理を作り、一緒に飲んでから出かけたのでした。父の夕食はお結び。


ねのひ


まずビールの後は、お店にしか置いていない純米吟醸 "木桶仕込"
ランチに行っても 「ねのひ」で飲むのは、いつもこれ。
理由はなく、ただなんとなくです(^^)

jugon が選んだ先附は、鯛の皮。お友達はイワシ煮だったかな。
お造りは、鮪と烏賊。 冷え冷え冬瓜煮。
名古屋ですから、三河赤鶏の手羽焼き、つくね、それに味噌焼き。

それから、少し涼しくなった街を日土地ビルまで歩いて「サルバトーレ」でワイン 1本空けました〜



今日のニャーちゃん♪

ご隠居さん


ご隠居さん風ニャーちゃん、元気にしてるかな〜?



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年07月18日

梅雨明けしたそうな…

伊勢平野


気象庁の発表に依れば今日(7/18) 九州〜東海地方は梅雨明けした模様。
関東も良いお天気ですが、まだかな〜?


↑ ただいま〜♪ の一枚

鈴鹿スカイラインの武平峠(ぶへいとうげ) から見た伊勢平野〜濃尾平野


伊勢平野


左奥に小さく見える高い建物は、名古屋駅のタワーのようです。
遠くの雲の下には伊勢湾、知多半島も望めます。(クリックで拡大してご覧ください)



今日のニャーちゃん♪

お昼寝ニャンニャン


ここは、ぐっすりニャーちゃんのお家なの〜?



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年07月15日

Amalfi Novello

Amalfi


新横浜駅直結の「キュービックプラザ新横浜」にある "アマルフィイ ノベッロ"

七里ヶ浜の "AMALFI"姉妹店 の一つがこちらにあると知って行きたいな〜と思いながら、新横浜はいつもは新幹線の乗降で通過するだけ。
珍しくお夕食のチャンスがありました。


Amalfi


三浦野菜のサラダ、ハムの盛り合わせ、トリッパのトマト煮、それにピッツァ。
ワイン・リストを持ってきたまま何の注意も払わないで仲間内でおしゃべりしていたりとホスピタリティーには問題ありでしたが、お店は、テラス席もあって、明るい雰囲気。
駅の上ですし、軽くお食事するのに向いています。


今日のニャーちゃんたち♪

ガブリ


頭をガブリ! したりして遊んでいた仲良しネコちゃんたち。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 00:00|この記事のURLRestaurants | YOKOHAMA

2016年07月13日

黒鯛のバルサミコ・ソース

黒鯛のバルサミコ・ソース


"黒鯛のバルサミコ・ソース"
レシピ ↓


暑い時にもバルサミコの酸味でさっぱりといただけるお魚料理です。



TORMARESCA 2015, Puglia, Chardonnay



ワインは、イタリアのシャルドネ "TORMARESCA 2015"
アンティノリがプーリアで作るシャルドネ。

イタリア半島の踵部分、プーリアの潮風を受けた葡萄には、ミネラル感と爽やかな果実の風味があります。
樽香も混ざり合って、クゥ〜ンと香りをお鼻いっぱいにしたくなるとてもアロマティックなワイン。

暑い午後、キリリと冷やしてテーブルへ、ど〜ぞ(^^)








** "黒鯛のバルサミコ・ソース" の作り方 **

<材料> (二人分)
・黒鯛 : 切り身二切れ
・そら豆: 10個くらい
・ローズマリー: 5枝
・オリーヴ・オイル: 適量
・お塩: 適量
・胡椒: 適量


<作り方>
黒鯛は、半分にカットして、塩・胡椒する。
そら豆は、茹でて皮を外しておく。
フライパンでオリーヴ・オイルを熱して、ローズマリーを入れ飾り用のものはグリーンが際立ったら取り出し、後はオイルに香りを移して取り出す。
で黒鯛を焼く。まず皮目の方を下にして、ひっくり返して中まで火を通したら、もう一度強火で皮目を焼いてカリッとさせる。
同時に他のお鍋でバルサミコ酢を熱して水分を飛ばしトロリとさせる。
お皿にい梁笋鮹屬、ソースをかけてローズマリーを飾る。

注)
・初めからトロリとしているバルサミコ酢の場合は、熱する程度。



今日のニャーちゃん♪

キジトラ


キジトラちゃんが気にしてるのは何かな〜


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。

2016年07月11日

豚ロースのデコポンソース

デコポン・ソース


昨日は久しぶりにカラリと晴れ、空気も澄んでいて夏には珍しく富士山が見えました
せっかくの景色だったのに、起きた頃は少しモワっとしていて・・・もっと早く起きれば良かった!

政治のことは余り書きたくありませんが、昨夜の選挙結果を見て、一言。
いつの世も、一党独裁は良くない、と思います。


↑ デコポンの季節はと〜っくに過ぎていますが、作って冷凍庫にあったのを引っ張り出しました(^^)

以前、鴨に合わせた のを UP したことがありますが、デコポン・ソースの作り方は同じです。


FIULOT 2014, Barbera D'asti, Prunotto





ワインは、イタリア、ピエモンテ。
"FIULOT 2014, Barbera D'ASTI"

バルベラ ダスティ 100%
最初は閉じ気味の黒系果実の香り。
次第にスミレの花のような香りも感じられ、適度な酸味と柔らかな果実味で、バランスが取れている。
いろいろな料理に合わせ易そう。









レシピ ** "デコポン・ソース" の作り方 **


<材料:2人分>
・デコポン: 2個
・ブランディ:大さじ1
・はちみつ: 大さじ1
・レモン汁: 小さじ1
・バルサミコ酢: 大さじ1強
・塩: ほんの少々

<作り方>
.妊灰櫂鵝2個は果肉を取り出し、1個はジュースを絞る。
▲妊灰櫂鵑硫牝とジュースを一緒にして、沸騰直前まで温めたら、中弱火にしてアクを取りながら 1/2くらいまで煮てブランディを加えアルコール分を飛ばし、はちみつ、レモン汁、お塩を足して、1/4くらいになるまで更に煮てバルサミコ酢を入れて一煮立ちさせる。



今日のニャーちゃん♪

妹サビ


こちらがサビ姉さんの妹のサビちゃん



お知らせ
そろそろ梅雨明けの声が聞けそうですが、今日から暑い暑い名古屋へ行ってまいります。
みなさま、熱中症対策を忘れず、夏バテしないようにお過ごしください。




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年07月09日

Tea Time

Gerbeaud


あれから 気になっていたハンガリー料理のお店 "GERBEAUD" のケーキ♪
("GERBEAUD" のことが書いてあるのは、記事の一番最後です)

大好きだったオーストリア・ハンガリー帝国のシィシィが愛した "ドボシュトルタ" (Dobos Torta) にしようか散々迷って、こちらの "エステルハーズィ"(Esterhazy) にしました(^^)

"ドボルシュトルタ" は、チョコレートとジャムとスポンジが層になっていて、上にキャラメルがかかっているケーキです。 チョコとオレンジ・ジャムの組み合わせが何とも言えない美味しさ。

そして、 "エステルハーズィ" の方は、クルミの入った生地とバニラクリームのハーモニーが堪らないのですが、記憶にあったのは、ふわっとしていてクルミが芳ばしくて・・・ でも、こちらのケーキは思っていたより締まった感じで固めの仕上がりでした。

次回は是非 "ドボシュトルタ" を試したいと思います。


今日のニャーちゃんたち♪

お昼寝


お昼寝中のキジトラちゃん親子


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年07月07日

Y Asai (イグレック・アサイ)

Y Asai


今日は、七夕さま。
梅雨の時期なので、横浜はここ数年お天気に恵まれた記憶がありませんが、今日は お星さまが見られそう・・・順番が回ってきた??(^^)
お願い事、叶えてもらえるかな〜?


↑ 見つけた時(もう 2年くらい前) から行きたいと思っていた名古屋、栄セントラル・パークの奥にある ブロッサ の "ラシエット・ドゥ・シバタ"
思い付きで、妹とのランチで行ってみることに・・・ところが、いつ閉めてしまったのか、デセールのお店しかありません。

デザートに比べてお料理の人気がイマイチだったよう。


それで、近くでどこか・・・と二人で考えて、以前に一度行ったことがある "Y Asai" イグレック・アサイ さんへお邪魔しました。


↑ デザート。 上のグリーンのアイスクリームはバジル風味。


Y Asai


アミューズ・ブーシュは、1F "プティット・プロヴァンス" でも扱っているマリネやケーク・サレなど 3種類。

そら豆の色に白いドットが映える前菜は、毛蟹とトマトのジュレが中に入った "そら豆のクーリ"

そして、スープですが、何だったのか忘れてしまいました。
きのこのスープみたいな色だね、って話したのは覚えているのに・・・。
新玉ねぎだったような、でも、妹は白アスパラが使ってあったんじゃなかった?って言うし。

選んだメインは二人とも、"イトヨリのミネストローネ仕立て"
浅利のお出汁がよく効いていて、見た目も可愛らしい一皿。

ワインはボルドーのソーヴィニヨン・ブラン "Cap Royal 2014"


6月の初めでしたが、色あいが春のようなランチでした。


今日のニャーちゃん♪

ママ


みんな同じキジトラちゃん柄のママと子猫 3匹
写真では、子猫が 2匹しか分かりませんね(^^)



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年07月05日

ヒラメのレモン・ソテー

ヒラメのレモンソテー


昨日は絵に描いたような夕立。 空にまっ黒な雲がグワ〜ンと広がり、
風が一吹き、ザザザ〜ッ、ゴロゴロピカ〜ッ!
停電もして、ほんの 15分くらい。空が明るくなって虹が出ました。
夏の夕立、少なくなった気がします


↑ ヒラメの身って柔らかいね、フライパンにくっついたエンガワの部分をはがそうとしたら、こんな風に・・・


簡単レシピ:
塩・胡椒したヒラメを皮目からオリーヴ・オイルでソテーし、裏返して、レモン汁とレモン・ゼストを振りかけ、白ワインとバジルも加えて、中まで火を通し、もう一度皮の方を焼いてカリっとさせたら出来上がり。
フライパンの脇でズッキーニも焼きました。


↓ ryuji s1さんのレシピから

そら豆のペコリーノ・ロマーノ


そら豆にペコリーノ・ロマーノやパルミジャーノ・レッジャーノをかけるだけの前菜を良く作りますが、ryuji s1さんのレシピは、沸騰直前の生クリームにペコリーノ・ロマーノを加えてソースになさっていました。
こちらの方がずっとお料理らしいですね(^^)

ryuji s1さん、またまた素敵なレシピをありがとうございました


Mouton Cadet Reserve 2013, Graves





合わせたワインはボルドー、グラーヴの "Mouton Cadet 2013, Reserve"

果実の厚みと芳醇さは、セミヨン 50% の力でしょうか。
他のいろんな国で造られる Mouton のワイン、どれも安心感があります。











↓ 今日はオマケ付き♪ 

虹 2016.7.4 1800

昨日の "夕立の後の虹" 午後 6時頃。


今日のニャーちゃん♪

サビ姉さん


サビ姉〜って呼ぶと出て来てくれるサビ姉さん
横伸びして睨んでるようですが、コレ、普通のお顔です(^^;



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように