2015年05月

2015年05月11日

シブレットとシェーヴル

シブレットとシェーヴル


少し前のベランダの写真にも載せましたが、去年の今頃、どこかの道の駅で買ったシブレットの苗が、たくさんお花を付けました。

シブレットのお花は、当然ですが葱坊主。でも、ラベンダー色がとても美しく、一つ一つもよく見るととっても可愛らしい。

↑ 白いのは、お豆腐ではありませ〜ん、シェーヴル・チーズです。


シブレットとシェーヴル


本当はフレの真っ白なシェーヴルが良かったので、何軒か廻りましたが横浜では見つかりません。それで、その名もまんまの "山羊のチーズ" (Fromage de Chevre) と共に(^^)

このチーズ、とっても塩味が濃いので、上に載せている細かく切ったシブレットにも玉ねぎとイタリアン・パセリを混ぜたものにも何の味付けもしませんでした。


↓ こちらは "白のカルパッチョ"

白のカルパッチョ


白と言ったりホワイトと呼んだりしていますが、烏賊のカルパッチョです。
削ぎ切りにしたやりいかにお塩と胡椒をパラパラ。スライスにした新玉ねぎをどっさり置いて、またお塩と胡椒、それにオリーヴ・オイルとレモン汁少々。今日は、シブレットもね!


今日のニャーちゃん♪

新緑の中のニャーちゃん


今月は今日から実家です。
留守中も記事の UP を予定しています。
宜しかったら遊びにいらしてください。
みなさまも、良い一週間を!



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年05月10日

中禅寺湖

中禅寺湖


さぁ〜、とうとう日光便り最終回になりました(^^)


いろは坂を登り、華厳の滝でマイナス・イオンをたくさん浴びて、右に聳えるまだ雪が残る男体山を感じながら、中禅寺湖へと歩きました。
何も決めてはいなかったけれど、そこへ行ってみたら遊覧船に乗る気になっていて、チケット売り場で見てみたら、船は丁度さっき出たところ。
次の船を待つ間、ほとんど人がいない湖畔を歩いたり、ランチの場所を物色したり、静かな湖面を眺めたり・・・。

↓ 中禅寺湖から見た男体山

男体山


男体山は、いろは坂を登っている時から見え隠れしていて、北側なのかその方向からが一番雪が多かったように思います。

男体山は二荒山とも呼ばれるのですね。頂上には、二荒山神社の奥宮があり、遊覧船から山麓に見えたのが二荒山神社の中宮祠だったなど、後から知ったことでした。
二荒山神社は、男体山を始め白根山など多くの山々を境内としていて、伊勢神宮に次いで広く、男体山を中心に発展した信仰により、日光は山岳信仰の聖地と言われています。
早春の風情のこのなだらかな稜線を見ているとそれほどの厳しさは感じません。


中禅寺湖


遊覧船は、大尻乗り場から出て、途中、菖蒲ヶ浜、中禅寺立木観音(日光山中禅寺) に寄りながら、湖を一周。
乗船した "けごん" 号、船着き場に着いていた 10分ほどの間に、けごんの文字を修復していらっしゃいました(^^)

季節によって西岸の千手ヶ浜にも寄りますが、そこに風の音と鳥のさえずりくらいしか聞こえない静かな湖「西の湖」があると知って、その辺りを散策したいと思っていたのに、中禅寺湖自体がとても静かだったためすっかり忘れていました。

南岸近く、中禅寺湖から男体山を望む "上野島"(こうずけしま) には、開山の祖である勝道上人のお墓の一つがあり、そこに首の骨が納められているそうです。(写真左上)

↓ 船から見えた「日光山中禅寺」

日光山中禅寺


このお寺には、勝道上人の作と言われる重要文化財指定の 十一面千手観音菩薩立像 がまつられていて、この観音像は胴体部分に根が付いたままの立木の状態で彫られていることから「立木観音」とも呼ばれています。ですが、ここにも寄りませんでした。

バスの時刻を確認してから、お昼のお蕎麦をいただき、いろは坂を下って日光山内の西参道で下車して二荒山神社へ忘れたご朱印帳をいただきに戻りました。その後、大猷院へ行き、お友達が蜂に刺されるハプニング。

荷物が宿に預けてあったので、戻るバスを調べたら 30分以上も後。タクシーも走っていないし、お友達の足も大丈夫そうで歩いても私たちの方が速いね、と徒歩で宿まで戻り、荷物をピックアップ。
東武日光駅へ着いたのは 5時頃でしたが、ちょっと楽しみにしていた駅のお弁当はすでに完売。
名古屋へ帰るお友達とは東京駅のお弁当売り場でバイバイでした。

そのまま帰宅しようかな、と思いながら横浜へ着いたら、なんとなく帰る気持ちが起こらない(^^)


Obica


それで、"オビカ・モッツアレッラ・バー" に寄って軽くお食事。


早春の芽生えたばかりの色とりどりの若葉が美しい、知っているようで知らなかった日光山内と奥日光を楽しんだ、ほんの一泊の旅行にしては、長々の旅行記でしたが、お付き合いくださってありがとうございました♪


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 15:13|この記事のURLComments(8)TrackBack(0)Trip | TOCHIGI

2015年05月09日

日光・いろは坂

いろは坂


GW が明けて 2日でまたお休みですね〜(^^)

昨日は久しぶりのお友達と銀座でランチ。
なんとなく時間の感覚がズレていて、帰りに寄ったデパ地下で お皿に 4杯載ったヤリイカを買ってしまいました。帰宅したら大慌ての夕食準備で、ランチの優雅な気分はどこへやら。


↑ 日光のお話はまだ続いています

日光市街や日光山内の辺りを日光と呼ぶのに対して、中禅寺湖、男体山周辺、湯元方面の広いエリアは奥日光と言われ、日光山内と中禅寺湖の標高差は、丁度東京スカイツリー分(634m) くらいです。


いろは坂


山内の辺では、すでに散ってしまっていた桜がいろは坂の登り口ではまだ咲いていて、坂を登るにつれて山の彩りが変化していくのが良く分かりました。


いろは坂


日光のいろは坂は、下りを第一、登りを第二いろは坂と呼び、カーブ毎に「いろは…」の文字が書かれていて、どちらも丁度 48カ所あるそうです。
明治初期までは、奥日光は女人牛馬禁制で女性や牛や馬は坂を登ることができなかったため、登り口は今でも「馬返」と呼ばれます。

いろは坂は、紅葉の季節になると景色を見るために駐車した車で大渋滞になり、普段の 5倍は時間がかかるそうですが、GW前のこの時期ですからスイスイ。
後で思えば、途中の明智平からは中禅寺湖と華厳の滝、白雲の滝などを咲き始めたツツジと共に眺められたのに・・・少々残念。


↓ この日のお昼もお蕎麦。

お蕎麦 4/24


お友達は "ざるそば"。 jugon は、前の日に、天ざるとどちらにしようか迷った "山菜そば" で、アルコール抜きでしたぁ。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年05月07日

筍・イタリアン III

筍と空豆とズッキーニ


筍のシーズンが終わってしまう前に、筍シリーズの 3つ目!
茹でた筍、ズッキーニ、空豆をバジルと一緒にソテー。
簡単で美味しい筍イタリアン♪

トゥーランドットの脇屋シェフが、TV で空豆を皮ごと揚げて、皮も食べられるようになさっていたので、拝借 (^^)

簡単レシピ
空豆は、黒い部分をペティ・ナイフで削ぎ落とし、オリーヴ・オイルで揚げます。
揚げていると、お豆が勝手に皮から飛び出て来ます … 目が追いつきません
そうしたら、揚がり過ぎないようにお豆だけ取り出して、皮は焦げ色になるまで暫く揚げ続けます。
オリーヴ・オイルに皮ごと潰したにんにくを入れて加熱して、香りを移し、輪切りにした鷹の爪も加えたら、1cmくらいの角切りにした筍とズッキーニを入れて炒め合わせ、ズッキーニに火が通ったら、さっきの揚げた空豆と皮も入れて、適当にちぎったバジルも投入。塩・胡椒で調味して出来上がり!


↓ 今日は、もう一つの前菜とメインも載せますね。

タコとじゃがいものサラダ


Mchappykunさんに教えていただいた、タコとじゃがいものサラダはとても気に入っていて、あれ以来 よく作ります。
この日は、新玉ねぎを載せた上にドレッシングをかけ、ベランダで摘んだシブレットを飾りに。

↓ これはさっき(5/7) 食べたばっかりです・・・大好き♪

タコとじゃがいものサラダ


↓ 元の記事に戻って(^^) こちらがメイン。

チキンのモッツアレッラ載せ


メインはチキン。普通に塩・胡椒して強力粉をはたいてオリーヴ・オイルとバター半々である程度ソテーして、モッツアレッラが溶けるまで加熱。
グリーンはヤーロウ、お花はナスタチューム。


Kendall-Jackson, Chardonnay 2012



ワインは白で、カリフォルニアのシャルドネ "Kendall-Jackson Vintner's Reserve 2012"

カリフォルニアの沿岸部、涼しい海風が吹く丘陵の斜面のシャルドネ。

洋梨、徐々にトロピカル・フルーツの華やかな香り、蜂蜜やバター、樽から来る強くないバニラの香り。
暑くなる季節、キリリと冷やしたこんなシャルドネが美味しい。










今日のニャーちゃん♪

振り向いたニャン


ささぁ〜っと走って、ここで振り向いた!


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年05月06日

日光・華厳の滝

華厳の滝


大型連休も今日が最後、今年はカレンダーも良くこちらはお天気にも恵まれました・・・雨、降ったかもですが、夜に少しだけ。
みなさま、素敵な休日を過ごされましたか?
jugon はと言えば、昨日の子供の日は、朝から大掃除とまでは行かない中掃除で、どこへも行かない GW ですが、お部屋が綺麗になって良かったわ〜

さて、途中休憩をしていた「日光詣で」に戻ります。
二日目の日光、私たち好みの場所と言えば、戦場ヶ原や霧降高原ですが、そこまで行く余裕がないと分かったら、ほとんど何の計画もないまま (^^)
日光駅からの途中にあった日光田母沢御用邸記念公園とか植物園に行ってもいいね、なんてのんびりを決め込んでいた二人。

夕食の時にサーヴィスをしてくださった方が、今は植物園には何もないし、せっかくなら中禅寺湖がいいですよ、華厳の滝も近いですし、って。
それじゃあ、そうしましょう、ということになりました・・・簡単。


華厳の滝


華厳の滝


虹


エレベーターに乗る前に行った上の方からは、虹が見えました。


↓ いっぱい飛んでいた鳥は岩つばめ。でも、全然ピントが合いません。

華厳の滝

滝壺


エレベーターで滝の近くまで降りると飛沫がかかるくらい。
マイナス・イオンをたくさ〜ん浴びましたよ。

父がたまに藤原操の遺書「巌頭之感」を暗唱するので、なんとなく親近感のあった華厳の滝。
なのに、あ〜、そうか、日光にあったんだった・・・思い出して良かったね。

日光には四十八滝と言われるほどのたくさんの滝がありますが、中でもこの華厳の滝が最も有名。「日本三大名瀑」の一つで 97m の落差があり豪快です。因みに後の二つは、和歌山県の "那智の滝" と茨城県の "袋田の滝" だそうです。


華厳の滝


中禅寺湖は、東照宮の倍の標高です。華厳の滝の周辺もまだ茶色い岩肌が目立ちました。滝の間近にある黄色いのはサンシュユでしょうか。そして、遠くの山肌にチラホラ見えるピンクは多分ツツジですね。(続く)



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年05月05日

じゃがいものパプリカ煮

じゃがいものパプリカ煮


ハンガリーのお姉さんに今年もパプリカのお土産をいただきました。

今年は、雨の影響でハンガリーのパプリカの収穫が随分少なかったそうです。それで、スーパーなどで販売しているパプリカには、アフリカの粗悪なものが混ざっている可能性が高いとのこと。品質を保持しているものが少ないので、もし、ハンガリーへパプリカを買いにいらっしゃる方は、10月くらいまでにいらっしゃった方が良いそうですよ(^^)

↑ 純正ハンガリー・パプリカをいただいたので、早速、レシピを教えていただいた "じゃがいものパプリカ煮" を作りました。 レシピ ↓


パプリカ


日本で昔から「パプリカ」として販売されている淡いレンガ色のパプリカは、脂を絞った後の謂わば "カス" だったのですね?
この色と煮た時に出る脂が本当のパプリカの美味しさの秘密です。


レシピ ** "じゃがいものパプリカ煮" の作り方 **

ポテトのパプリカ煮<材料> 二人分
・じゃがいも: 2〜3個
・玉ねぎ: 1個
・トマト: 1個
・ピーマン: 3個
・ソーセージ: 4〜6本
・パプリカ・パウダー: 大さじ 2
・オリーヴ・オイル: 少々
・お塩: 少々
・胡椒: 少々
・イタリアン・パセリ: 適量 … あれば。

<作り方>
,犬磴いもは、皮を剥いて適当な形にカットしてお水に晒しておく。トマトは、適当に角切り。ピーマンは種を取って、4等分する。
▲好薀ぅ垢靴振未佑を、きつね色になるまでゆっくり炒める。
△魏个らおろしてパプリカを混ぜ、トマトとピーマンを入れてお水を加え、15分くらい煮る。


きにじゃがいもを足して、じゃがいもがかくれるくらいまでお水を入れ、じゃがいもが柔らかくなるまで煮込む。
ケ・胡椒で調味して、食べる直前にソーセージを加えて一煮立ちさせる。
Δ皿に盛り付け、イタリアン・パセリを飾る。

注)
・パプリカは、焦げると苦味が出るので注意。


今日は "アーモンド" !

アーモンド


pockyさんにいただいたアーモンドの種から芽が出ました!

種蒔きをして、1ヶ月くらい? 何の変化もないな〜と思っていたら、土がモコモコし出して、その数日後の 4/5 に芽が出ました。(写真左上)
それを植え替えたらちょっと大きくなってきました(4/28 撮影) 今日はもう少し大きくなっています(^^) 
大きな木になって早く可愛いお花を咲かせてくれないかな〜〜♪
pockyさんのところはまだみたい。早く芽が出るといいね。


アーモンドの種


←こちらがいただいた種です。

pockyさん、どうもありがとう








↓ ついでに jugon のベランダ模様 5/4

ベランダ 2015.5.4


植え替えた 2本のオリーヴとフェイジョアには小さな蕾がいっぱい。植え替えに負けず、また一回り大きくなるのを楽しみに。
ポポーの葉っぱもだんだん大きくなってきています。お花が、咲いたら嬉しいんだけどナ。
去年の秋に植えたヤロウは、グングン背が伸びて、花芽が付いています。3色植えたけれど、これには何色のお花が咲くんだっけ?(^^)
シブレットもお花がたくさん咲いたので、食卓の彩りにしています。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年05月04日

藤盛り 2015

横須賀しょうぶ園


連休後半、横浜は、少しお天気が崩れる予報でしたが今日も良いお天気
ちょっと風が強いけれど、窓の外の木々は日毎に緑の濃さを増してるように見えます。

「日光詣で」を書いている途中ですが、今日は、お花とランチの話題です。


↑ 連休前の 5/1 きっともう藤が満開になっている思って "横須賀しょうぶ園" へ行ってみました。


横須賀しょうぶ園


藤も種類によって良く香るものとそうでないのがあるようですが、この紫の藤は、ウ〜ン、と〜っても良い香り♪


横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園を初めて訪れたのは、勿論、しょうぶの咲く 6月。
すでに藤には実が下がっていました。
jugon は、たくさんある藤の木が藤棚に這わせてあるのではなくそのままある状態を目にして、いっぺんにここが気に入ってしまいました・・・去年も似たことを書いたような・・・(^^)
それで、次の藤のシーズンには、必ず来てみようと思って行ったのが 去年


横須賀しょうぶ園


今年も丁度良い時に訪れることができました。


横須賀しょうぶ園


オオデマリがボンボンと咲いている景色も圧巻です。


横須賀しょうぶ園


横須賀しょうぶ園に行く日は、5月なのに去年も今年も真夏のように暑くて、半袖を着ていても汗ばむくらい。 ソフトクリーム売り場は長蛇の列。


↓ 昨日(5/3) のランチは、ランドマークの "シリウス" で。

シリウス


今、帰国中のハンガリーのお姉さんが、宇都宮のお知り合いのところからの帰り道に横浜へ寄ってくださいました。連休真っただ中、横浜駅も然ることながら桜木町のひとの多さと言ったら、ハンパありません。

せっかくなので外が見えるところでランチにしようと、地上 70F のシリウスへ。
テーブル席は一杯、カウンターでよければ、ということでしたが、私たちは景色が見えるカウンター席でお食事ができて大満足。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年05月02日

日光山内 II

神橋近辺


GW みなさまはどのようにお過ごしですか?

jugon は、今日は、気になっていた植物の植え替えをしていました。
オリーヴが 2本、フェイジョア、それにフェンネル。
大きい方のオリーヴが、しっかり根を張っていて鉢から取り出すのに大変と言ったら! 1時間くらいかかっちゃいました。
ベランダに置くには、もうこれが限界という大きさの鉢に替えたので、オリーヴの終の棲家です。
フェイジョアには、コガネムシの幼虫がいて、ものすごく気持ちが悪くてキャーキャー。でもあんな虫がいたら元気がなくなってしまうので、今の内に見つけられて早植え替え効果あり。
もう 1本のオリーヴとフェンネルは、楽々。でも、腰が痛くなってきたので、本当はポニーテール 2本も植え替えたかったけれど、またその内(^^)

みんな大きくなってベランダがどんどん狭くなってきちゃいました。


↓ 枝垂れ桜が綺麗だった日光輪王寺の鐘楼

輪王寺、鐘楼


家光廟大猷院


"二社一寺" の 一寺とは、輪王寺と家光廟大猷院を合わせたものを言うのだそうですが、大猷院を訪れたのは二日目。
帰り道を変えたのがいけなくて、二荒山神社でお願いしたご朱印帳は忘れて帰るし、大猷院もパス。それで、二日目にご朱印帳をいただきに行った後、大猷院へお参りと相成りました。

仁王門、二天門、夜叉門または牡丹門、唐門と通り、拝殿へ。
拝殿でいろいろな説明をお聞きした後、狩野探幽と弟の永真の唐獅子を見ていたら「キャ−!」という悲鳴が・・・畳の上を歩いていた蜂が、気付かず触れたお友達の足の指を刺したのです。
もうびっくり。毒液を絞り出し消毒をして、様子を見ていましたが、大事には至らず一安心。蜂は、この時期よくいる土蜂だったようです。

いつどこで何があるか分からないので、みなさんもお気を付けくださいね。


↓ 「阿吽像」比べ (^^)

東照宮阿吽像

↑ こちらは東照宮の阿吽像。

↓ こちらは大猷院の阿吽像です。

大猷院阿吽像


↓ 宿泊したのは、プチ・ホテル "ナチュラル・ガーデン 日光"

ナチュラル・ガーデン


この日は、私たちだけ。露天風呂のある温泉のお風呂もゆっくり使えて、お食事も好きな時間にお願いできてラッキー。
夜はフレンチで、3種盛りの前菜・・・写真左下の干瓢のヨーグルトのようなもので和えたのが美味しかったです。コーン・ポタージュ。お魚料理が "マンダイの香草パン粉焼き"・・・マンダイとは、マンボウのことだそうです。
お肉は "牛肉の赤ワイン煮"
お味は・・・仕方がありませんね(^^)
日光のペンションやプチ・ホテルは、夜をフレンチのコースにしているところが多いようです。
朝食(右上) は、どれも美味しくいただきました。(続く)


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2015年05月01日

日光山内

神橋


今日から 5月。
様々な色のグリーンが目にも鮮やかで一年の中で一番爽やかな月かしら?
今月も楽しく元気に過ごしましょうね〜


先月の日光詣でのお話。
↑この神橋を渡ると日光山内です。(実際に渡れるのは日光橋)
下を流れるのは"大谷川" (だいやがわ)

日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社、家光廟大猷院のある一帯を日光山内と言います。・・・ガイドブック引用ですが、今更ですね。

↓ "大谷川" は、中禅寺湖から続いています。

大谷川


ディズニーへ行った次の日(4/23) 20代〜30代にかけて日本のあちこちを一緒に旅した M子さんと久々の旅行で、まだ行っていなかった日光へ・・・と言っても行っていない場所の方がうんと多いんですけれど、ね。
最初は、鎌倉とか伊豆とか箱根とか言っていて、その内千葉の房総は? などとまぁ関東一円の候補地が出てきて、その内、jugon も一泊しようかと思い始めて、なぜか日光に決まりました。
日光は、中学校の修学旅行で「白糸の滝」を訪れたのは覚えていますが・・・後は??

↓ まず東照宮

日光東照宮


日光二社一寺、ただいま修復中の場所が多々。江戸時代初期の彫刻、飾り金具、彩色などの技術の宝庫で、一日中眺めていても飽きないので「日暮らし門」の異名を持つ「陽明門」も一昨年から平成の大改修中でした。

その陽明門を通り、眠り猫を見て、坂下門から、長い階段を登って徳川家康公の墓所である奥社へお参り。帰りは、眠り猫から唐門をくぐり、本社へ。
拝殿の欄間に並ぶ「三十六歌仙」、天井に描かれた 狩野探幽一門による「百間百種の竜」、間仕切り戸の探幽作の麒麟と白沢なども見飽きないので時間をかけようと思えばいくらでも。

陽明門の辺りに来たら、大きな拍子木の音が聞こえるので、何だろうと思ったら、鼓楼の後ろにある本地堂(薬師堂) から聞こえてきていました。
竜の頭の下でだけ、天井と床が共鳴して拍子木の音が鈴のような竜の鳴き声になる「鳴竜」です。

↓ 東照宮に入ってすぐにある「神厩」は東照宮唯一の素木造り。

神厩・三猿


"見ザル 言わザル 聞かザル" は知っていましたが、この彫刻はお猿の一生を描きながら人の生き方を伝えているのですね。
母親猿が子供の将来を見るところから始まって、子猿が大きな志(青雲の志) を抱き、人生に立ち向かいあるいは友を励まし、恋に悩み、結婚をして・・・お腹の大きなお猿さんはやがて母に。
厩舎にお猿が彫られているのは、古来、猿は馬を病気から守るとされているからだそうです。

↓ 二荒山神社にはパワースポットがいっぱい。

日光二荒山神社

↓ お昼はお蕎麦。

2015.4.23 昼食


湯葉で有名な日光。いたるところに、湯葉寿し、湯葉うどん、湯葉アイスなど湯葉ナントカのお誘いが・・・それで、湯葉好きのお友達は "湯葉蕎麦" (^^)
jugon は、"天ざる" でした。


今日のニャーちゃん♪ は、当然「眠り猫」

眠り猫

左甚五郎作と伝えられる東照宮で最も有名な彫刻でしょうか。


眠り猫とすずめ


国宝の「眠り猫」の真裏には雀。猫が眠っているので雀も安泰。
戦乱の世が治まり平和な時代がやってきたことを表わしているそうです。
東照宮にはそのような平和への願いが各所にありますね。


東照宮の石鳥居の手前の標高は、東京スカイツリーの高さに匹敵する 634m。 桜がほぼ散って、萌えだしたばかりの木々の若葉が美しい早春の日光でした。(続く)


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!



いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように