2013年11月

2013年11月17日

日奈久の猫と温泉神社

ペロリのおチビさん

日奈久温泉で出会ったおチビさんは、何匹だったかしら?
5〜6匹はいたと思います。


日奈久の親子

このおチビさんのどちらかが ↑ の子。
ママは黒ねこさんでした。

夕方になるとおばぁちゃんがご飯を持ってきてくれるので、この場所には20匹近くの猫たちが集まります。朝はその半分くらいかな。

↓ 日奈久温泉の "温泉神社"

温泉神社

出水へ鶴を見に行って戻って来てもまだ3時くらい。
階段が多いのでまだ行ってなかった "温泉神社" へ jugon 一人で球磨焼酎を買いがてら・・・父は自分は焼酎を飲まないくせに、買ってこい、買ってこいと言うので・・・行ってみました。 
途中で "手足の神様" を見つけましたよ。(3枚目のコラージュの右下です。)
それから、夕焼けの中のねこちゃんたちに会いに。

日奈久温泉には、手足の神様の他にも "歯の神様" "目の神様" "芸の神様" "失せ物の神様" "航海の神様" などが街角や路地裏におわします。

翌朝は、生まれて初めて(大袈裟!) "朝ねこ" 探しもしました


球磨の泉


探しに行って購入した、球磨焼酎はこちらです。
2013年春季 全国酒類コンクールの本格焼酎部門 全国第一位 "球磨の泉" !!
お店には、もうこれ 1本しかありませんでした。

まだ、開けていません・・・楽しみ〜〜♪
お味の程は、その内(^^)







クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年11月16日

Today or Never !

仙石原・すすき

箱根の "湿生花園" から見えた仙石原のススキを間近に見たいと思いながら、秋が深まって来て、今月の予定を考えたらもうこの日(11/13) しか行ける日がありません。
最近、すっきりと晴れる日が少なかったのに、その日は朝からピカピカ。
箱根のお天気を見てもマークだけ!
それで "Today or Never!!" (^^)

小田原への電車の中からも富士山がくっきり。 本当に良いお天気♪

小田原から乗った箱根登山バスの窓から入る暖かい光にうとうと・・・ふっと目が覚めたら、あれ、太陽の眩しさがありません。 それに、道路の落ち葉を取り除く作業のため交互通行をしていて、渋滞。
予定より30分くらい到着が遅れたバスが仙石原に着く頃には空は厚い雲に覆われ、雨までパラついてきました。

仙石原すすき


太陽の光にキラキラ光るススキをイメージしていたのに・・・。
紅葉も先週より随分進んでいます。太陽が出たら、あの山の紅葉もススキもどんなに綺麗かしら、と雲の切れ間を探して空を見上げてばかり。


仙石原・すすき


雨はパラパラ程度で止みましたが、ススキの繁る道を往復する間ず〜っと青空と太陽の光は、仙石原から遠く離れたところに見えるだけ。


それでも、このススキ野原と紅葉した山々に出会えて良い一日になりました

仙石原・すすき


** 同じような写真ですけれど、Part II があります。



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆



2013年11月15日

出水の鶴

出水のなべ鶴

10/26、川内から日奈久温泉に到着したのが午後早かったので、チェックインまでの時間で、日奈久温泉の町はだいたい見てしまいました。
それで、2日目の10/27にどこへ行くか相談していて、鹿児島の出水(いずみ)へ冬になると 飛来する鶴 を見に行くことにしました。

鶴-3

出水へやってくる鶴は、なべ鶴という背中がグレーのものが多く、ここ何年かは毎年一万羽を超えるそうです。
過去には何度か丹頂鶴も一緒に飛んできてしまったことがあるそうです。

鹿児島の T子さんに、鹿児島の人々は、鶴の飛来で冬を、そして北帰行が始まると春の訪れを知るのだとお聞きしました。
一昨日、その T子さんから今年も万羽鶴になりましたよ、とお便りをいただきました・・・鹿児島も冬の装いです。

出水の鶴

この時は、まだ100羽足らずの鶴しかいなくて、しかもとても遠くの方でしたから、望遠レンズで覗いてもやっと鶴と分かる程度。
ですから、どの画像も思いっきりトリミングをしています。
それにブレブレ〜(^^;

↓ 鶴の飛来地へ行く前に 麓武家屋敷群 を訪れました。

i出水

出水の武家屋敷群は旧島津藩内では最も大きいと言われており、およそ150戸の家が今でも昔のまま残っていますが、一般に公開されているのはその中の3邸でした・・・こちらの武家屋敷のお庭には、知覧 のように猫ちゃんはいませんでした〜。

出水は鹿児島県と熊本県の県境で、日奈久温泉からは川内方向へ丁度半分くらい戻った所にある町です。
麓武家屋敷群と鶴の飛来地へは、出水の駅前から乗ったタクシーの運転手さんが案内してくださいました。お昼にお邪魔した ↓ の "鰯茶屋"さんは、その運転手さんのお薦めです。

出水には、往復すると少し割引になる薩摩オレンジ鉄道の一日乗車券を使って行ったのですが、それが、写真左下の "バラ色の人生きっぷ" です。
jugon は、乗り降り自由なら、これで西方まで戻って、真っ青な海を写したいとも思ったのでした。

鰯茶屋

お昼は、運転手さんのお薦め "鰯茶屋" さん。とても人気のお店らしく、丁度お昼時だったのもあって少し待ちました。
ナントカ定食に、伊勢海老のお味噌汁と鰯のお煮付けをプラスして、二人でいただきましたが、釜飯までついていて少し多過ぎた感じ。でも、どれもとっても美味しかったです(^^)


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年11月14日

洋梨のキッシュ

洋梨のキッシュ

"洋梨のキッシュ" レシピ ↓


今日は、昨日行った箱根の仙石原のすすきをUPしようと写真を見ていても、知らず知らず居眠り・・・(^^;

それで、眠気覚ましに作りました


洋梨のキッシュ-2

↓ オーヴンへ入れる前

洋梨のキッシュ、焼き前


レシピ ** "洋梨のキッシュ" の作り方 **

<材料> 直径15cmのキッシュ皿
・洋梨: 1個+α
・卵: 1個
・グラニュー糖: 20g
・アーモンド・プードル: 25g
・牛乳: 40cc
・生クリーム: 40cc

<作り方>
ー鴫垢北瓩靴人颪鰺呂い董▲哀薀縫紂偲、アーモンド・プードル、牛乳、生クリームを加えて、泡だて器で混ぜる。
⇒陵は、皮を剥いて半分にカットして種を取り除いて、キッシュ皿に置く。もし、洋梨がまだあったら櫛形に4等分にカットしてスライスして、空いているところに置く。
△離ッシュ皿に,寮乎呂鮹蹐い如⇒修 200℃に温めたオーヴンで 20分くらい焼く。

注)
・焼く時間はオーヴンに依りますので、様子を見て少し焦げ目がつく程度まで。
・アーモンド・プードルは、できれば 2〜3回粉ふるいにかけると、出来上がりがなめらかになります。
・jugon は、生地を洋梨の上にも流してしまったので、洋梨の艶感がなくなってしまいました。生地は、洋梨にはかけないでね!(^^)

** 二つ目の 注) を追記しました。

クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年11月13日

日奈久の宿

金波楼

と〜っても良いお天気今日もまた箱根へ
お目当ては仙石原のススキです(^^)


↑ 日奈久温泉で宿泊したのは、創業が1910年の老舗旅館 "金波楼" でした。
103年経つ建物は、国の登録有形文化財というのでどんなところが楽しみにしていました。
ゆったりとした館内は、床や階段がピカピカに磨きあげられていて良く手入れが行き届いています。

金波楼

木造三階建て、客室は全部上の階ということで、階段が少し気にかかりお尋ねしたら、年配のお客様も多く、多分ご心配いりませんとのことでした。
ゆるやかな造りの階段でしたが、でもやっぱりスリッパが脱げそうになったり・・・ちょっとヒヤリ(^^;
お部屋は広く、引き戸の意匠も凝っていて赴きがあり、落ち着きます。

お風呂

↑ 女性の方の浴場と露天風呂。一人なのをいいことにパチリパチリ
男性の方の露天風呂からは、中央の大きなお庭が望めるとか・・・日替わりだったら良いのに〜。
でも、とても良いお湯で、朝夕ともほとんど一人でゆっくりと入ることができました。

↓ 10/26 のお夕食。

夕食 2013.10.26

珍しいものでは、八代海で獲れる太刀魚が有名なのだそうで、太刀魚のしゃぶしゃぶが付いていました。

お夕食は、部屋出しではありませんが、お隣りの声もほとんど聞こえない一組ずつのお部屋でいただくことができます。

↓ 10/27 のお夕食。

夕食 2013.10.27

この日は、太刀魚がお刺身で出されました。

お料理のこと、とても一般的な旅館料理でがっかり。
品数は多いけれど、どれも余り工夫がなくありきたり。そして、二日ともほぼ同じ器でした。
イメージとしては、ほとんど変わり映えがしていなくて、二泊する人は珍しいのかも知れません。
お湯も良く建物もあんなに素晴らしいので、マンネリ化したお料理を脱して話題にでもなれば、ちょっと寂れ気味の日奈久温泉を盛り上げる原動力になれるのに、なんて生意気なことを思ったのでした。

↓ 10/26 と 27 の朝食。

朝食

朝の温かいおうどんやお素麺、美味しいですね。お部屋も素敵でした。


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年11月12日

山羊♪

ぽぽ


急に冬がやって来たように寒くなりました。
みなさま、お風邪など召しませんように。

↑ 山羊のぽぽ。

8月だったかしら、近くのお寺の入り口に小さな小屋を建てていて、何ができるのかしら?と思っていました。
お寺なので、秋に菊のお花を展示したりするのかな〜、とか。

そしたら〜、ある日前を通ったら "めぇ〜えぇめぇ〜〜えぇ" !!

名前は、"ぽぽ" ですって。可愛い〜〜♪

ぽぽ


だけど、どうして山羊さんがお寺の子に・・・??



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年11月11日

川内〜日奈久温泉へ

日奈久温泉


↑ 熊本県、日奈久(ひなぐ)温泉にて。


川内〜日奈久温泉

台風一過で空も海も真っ青な中、10/26(土) は薩摩オレンジ鉄道で、川内から八代市にある日奈久温泉へ向いました。
父が食べたかった "鮎弁当" は、電車の中で。この旅行中、唯一お昼にビールを飲みませんでした(^^)
青い列車は、オレンジ鉄道のレストラン車です・・・乗っていません。停まっていたのを写しただけ〜。

日奈久温泉

最初は、西方の近くの高城温泉へ行く予定でいましたが、リニューアルで宿泊は休業中だったため、代りに、父が以前から一度行ってみたいと思っていたという日奈久温泉へ寄ることにしました。

竹輪が名産品で、鄙びたというよりはちょっと寂れた感じの温泉街。
それでも、毎年 9月には、"山頭火祭り" が催され賑わいを見せるそうです。
1930年の9月、"おりや" という木賃宿の宿泊した山頭火が、日奈久温泉をとても気に入って、ずっと居たいと語ったとか。

父は竹輪が大好きな訳でも、山頭火と日奈久の関わりを知っていた様子もありませんが、jugon は猫ちゃんにいっぱい会えて、ハッピーでした



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年11月10日

モン・ドールの季節

Mont d'Or


秋になったら食べたいチーズ、"モン・ドール"

実は、いつ食べようかしら〜と思いながら鹿児島へ行く前から冷蔵庫で熟成していました・・・(^^)

"黄金の山" の名を持つモン・ドールの製造期間は、8月15日〜3月15日と定められていて、製造元で約4週間熟成させた後、重量や大きさがバラバラのチーズは一回り小さいエピセアの木箱に入れられるので、表皮がグニャグニャっと盛り上がってしまいます。
室温に30分から1時間置いて、柔らかくなった頃その表皮を外して、中のトロンとした部分をスプーンにすくって・・・濃厚なミルクの味わいとほんのり香るエピセア由来の木の香り♪ 秋ですね〜

または、木箱をアルミ・ホイルで覆いそのままオーヴンで温めていただく方法もあります (下で紹介したフォンドールとは別です)。

標高700m以上で飼育された牛のミルクで作られる "モン・ドール" 。名前の由来である山の方の「モン・ドール」は標高1463m、山頂はフランス側のドゥー県にあるそうです。1Kg のチーズを造るのに約7L の牛乳を必要とします。


Fontd'or


モン・ドールと言えば、"フォンドール" (Fontd'or)!
レシピ ↓
 
半分ぐらいになった (または、食べきれなかった) モン・ドールに刻んだニンニクと白ワインとパン粉を入れてオーヴンで焼きます。 トロ〜リ、フォンデュ状になったモン・ドールはバゲットや茹でたじゃがいもに載せたりしていただきます。

以前の "モン・ドールの会" の記事も宜しかったらご覧くださいね。


レシピ ** "フォンドール" の作り方 **
<材料>
・(残った) モン・ドール 
・にんにく: 1/2〜1片
・白ワイン: 大さじ1〜2 
・パン粉: 少々
・パセリ(あれば): 少々

<作り方>
.皀・ドールの木箱を焦げないようにアルミホイルで覆う。
△砲鵑砲は、みじん切り。量はチーズの残り具合により調節します。
モン・ドールにニンニク、白ワイン、パン粉を入れたら、180〜200℃ のオーヴンで10〜20分ほど焼く。オーヴン・トースターでも良い。
ぅ繊璽困熱々トロトロになったらできあがり。あれば、パセリを散らすと綺麗です。茹でたじゃがいもやバゲットと一緒に。


Montes Alpha M 2010, Chile


ワインは、チリで造られるボルドー・スタイルの "モンテス・アルファ M 2010"

セパージュは、カベルネ・ソーヴィニヨン 80%、カベルネ・フラン 10%、メルロ 5%、プティ・ヴェルド 5%。

チョコレートや熟したプラムの香り。
しっかりしているけれど重すぎず、モン・ドールにも良く合いました。
アルコール度は 14.5% ・・・流石に高いですね。






クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年11月09日

川内散歩

川内のねこ

川内駅の近くの多分ラーメン屋さんの猫ちゃんのシロクロちゃん。

いつも、バイクの上に居て、近づくと分かった分かったという感じで下りて来てくれます・・・下りて来てくれなくていいのに〜〜!

川内のシロクロちゃん

ちょっとニヒルな雰囲気・・・あっ、女の子かも・・・もありますが、結構甘えん坊らしく、寄ってきてゴロ〜ンとしたりします。
川内滞在中、何度も見に行ったけれど、会えたのはこの日(10/24) だけ。
今年もあなたに会えて良かった♪

川内散歩

雨がしょぼ降る中、良く猫を見かけるとお聞きした場所へ行ってみましたが、雨ですものね〜、無理でした。 人にも全然会いません。 でも、川が近いからでしょうか、蟹を二匹見ました。あ、ワンちゃんもね(^^)


クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆

2013年11月08日

強羅公園の秋

強羅-1

箱根の強羅公園から見た噴煙の上がる大涌谷・・・だと思います(^^)


強羅-2


強羅-3


強羅-4

↓ お昼は、一緒に行ったお友達、超お勧めのとんかつ!

強羅&里久

箱根でとんかつ? って感じでしたが、行ったお店は、"里久" さん。
観光パンフレットに載っているせいかとても人気で、12時過ぎに行ってみたらキューができていました。 お友達の並ぶ甲斐有り! の一言で、jugon 初の 1時間待ち・・・とっても疲れました。
お肉は、鹿児島の黒豚を使っていらっしゃって、厚みがあり食べ応え十分。


↓ 箱根登山鉄道を強羅駅で降りてすぐ出会った黒猫ちゃん。

強羅のねこ



クリックしてニャ〜!

バナー2
今日もいらしてくださってありがとうございます♪

   ↑    ☆クリック☆  で応援してくださいネ!☆