2007年06月

2007年06月30日

鶏ササミの梅肉和え

鶏ささ身の梅肉和え
先日、フランスチーズ鑑評騎士の会主催のパーティーに出席する機会に恵まれました。
シュヴァリエ・デュ・タスト・フロマージュのブーランジェ藤森二郎氏の講演も楽しく、とても全部は食べきれないけれど、でもでも全部食べてみたいと思える美味しそうなパンがどっさり・・・フロマージュの会のはずなのに、チーズよりパンに目を奪われた一夜でした

講演のタイトルは、"パンが美味しければ、チーズはもっと美味しい・・・もちろんワインも!" というものでしたが、フロッケン・セザム、セイグル・ノア・レザン、フーガス・プロヴァンサル、オリーヴィエなどチーズに合うパンが目白押しでした。

お菓子職人をパティシエというのが一般的になった様に、これからは、パン職人のことをブーランジェと呼んで欲しいとおっしゃる藤森氏です。"ビゴの店" には、まだ行ったことのない私ですが、是非近々訪れたいと思っています。

↑ 鶏のささ身の梅肉和え** ・・・レシピ↓
網焼きにした鶏のササミとみょうがと大葉を、梅肉のソースであえたものです。梅の酸味が爽やかで、淡白な鶏のささ身が引き立ちます。

さざえのお造り冷奴









大きなさざえを見つけたので、と〜っても久しぶりなさざえのお造りです。
自分では腸まで上手に取り出せない自信があるので(^^) お店で外していただきました。なので、切っただけです。
お豆腐は冷奴。
お豆腐に関しては、暑い季節は手間要らずです(笑)


かぼちゃ煮アトランティック・サーモン焼き









なんとなく目についたかぼちゃ、どーしようかな〜と考えていたのに、出来上がったのはただの煮物でした。
いつもいつも思いますが、ホントにかぼちゃってす〜ぐ煮えちゃう・・・また、煮過ぎちゃいました(泣)
生のまま焼いたサーモンは、お醤油でいただきました。

サラダとうもろこし









後は、みょうがをプラスしたサラダとレンジしたとうもろこしです。
とうもろこしっていつ食べても美味しい〜♪


パン

← パーティーの時のパンの数々


<参考>
・"ビゴの店"の藤森二郎氏の ブログ
・フィリップ・ビゴ氏の HP


** 私が作った "鶏ササミの梅肉和え" の作り方 **

<材料>二人分
・鶏のささ身: 2本
・みょうが: 1個
・大葉: 3枚

ソース
・梅干し:1個 (又は、梅肉ペースト:大さじ1)
・お出汁:大さじ1/2
・お醤油:小さじ1
・お酒:小さじ1
・みりん:少々
・炒り胡麻:小さじ1

<作り方>
,気疑箸砲垢犬あれば外し、サラダオイルを薄く塗った網で中まで火が通るまでゆっくり焼いて、冷ましておく。
△澆腓Δは外側の部分は一枚づつ外して千切り。外せない部分も適当に千切りにする。
B舁佞盧戮く千切りにする。
ぅ宗璽垢鮑遒襦
種を外した梅干しは、炒り胡麻以外の材料と合わせてすり鉢でよくする。(皮は少々擂り残しても平気です。)
ソ侏莨紊ったソースに、細かく裂いたささ身、みょうが、大葉を加え、すり胡麻も足してよく和える。

注)
・ソースの分量はお好みに合わせて調節してください。
・粉山椒を振っても美味しいです。
・梅肉のペーストを用いる場合は、ソースの材料を合わせるだけでOKです。

2007年06月27日

Restaurant Le Pin

ハーブ
横浜、みなとみらい、ワールド・ポーターズの中にあるフレンチ、レストラン・ル・パンでランチをしました。

お店の中央に大きなセラーがあり、青を基調とした店内はややカジュアルな雰囲気です。
そして、大きな窓の下には、ハーブの苗が所狭しと置いてあります。

実用を兼ねた緑を、私はハーブが好きなので、わ〜〜♪ と思いましたが、一緒に行ったお友達は、こんなところに土があるのはね〜って、そう言われれば、ディスプレイの仕方もあるのでしょうが、そう思う方も多いかも知れませんネ。
それに、場所柄もありますが、一応"レストラン"・・・ディナー・タイムにはきっと片付けるのでしょうけれど。


赤かぶのスープほろほろ鳥のハーブソース








私たちが選んだのは、スープとメインだけのコースです。
プラス自家製のとっても美味しいパンが 2種類付いていました。

綺麗なピンクで、優しい味の "赤かぶのスープ"
私がチョイスしたのは、ほろほろ鳥のハーブ・ソース焼き。
バジル中心のハーブがほろほろ鳥の淡白さと良くマッチしていました。


牛ロースのステーキ白・シャルドネ赤:カベルネ・ソーヴィニヨン








お友達と彼が選んだのは、牛ロースのステーキ。
柔らかいお肉に、多分粒マスタードを使った少し甘さのあるソースがかかっていて美味しかったのですが、ガルニチュールにフライド・ポテト(!!)
こんなところもとってもカジュアル(笑)

車の運転があるので、お友達はお水!
そして、私たちは白と赤のグラス・ワイン。
両方共、Van de Pays で、白はシャルドネ、赤はカベルネ・ソーヴィニヨンです。
下手なA.O.C.より、美味しかったです◎


お店
← お店の入り口


ねこ


バナー2
← クリックしてね!!

2007年06月26日

コムタン・クッパ

コムタン・クッパ
映画を一作見ると、予告をいっぱいするので、次は何を見ようというのをなんとなく決めてしまいます。

"シュレック" は有名ですが、私はキャラクターとして知っていても、シュレック1 もシュレック2 も見ていませんでした。でも、予告が面白そうだったので、次に劇場で観るのは、"シュレック3" にしようかな?と思っていたところ、昨夜TVで "2" を放映していて、途中からどんどんCMが入るのも我慢して、最後まで見てしまいました。

おとぎ話のキャラクター続出で、大人もキャッきゃ笑えるアニメでした

↑ これは、一昨日のメニューです。

何日か前に作った "コムタン" のスープと残っていたお肉で、コムタン・クッパを作りました。
お肉を入れたままのスープは、冷蔵庫に入れておくと、表面に脂が固まって蓋の役目をしてくれるので少々保存していても傷みません。
脂の下はジュレ状態です。
本当は透明なスープであるはずが茶色っぽくなってしまったのは、あの時P/Cに夢中になっていて、ちょっと焦がしてしまったせいです(^^ゞ
人参、椎茸、ズッキーニなども加えて。

いくらの醤油漬けゴーヤのかつをあえ









買い物さぼりだったので、冷凍庫から出してきた、いくらの醤油漬け。
ちょっと久しぶりです。

ゴーヤのかつお和え。 大きなゴーヤはいつも半分づつ使います。
これは残っていた方で、前の半分はお味噌炒めにしました。
何年か前からちらほら見かける様になったゴーヤも、すっかりお馴染みのお野菜になりました。
そう言えば、最近は軒下に小さなゴーヤが実っているお宅もありますね


ゆで卵の醤油漬け牛ミンチの肉じゃが









生活クラブから届く一パックの卵、消化しきれない前に次のが届いてしまうことがあります。
そんな時は、ゆで卵にしてお醤油にお水とお出汁を足して、潰したにんにくと鷹の爪を加えた液に浸けて置きます。
これは、関東地方で配られている "R25" というフリーペーパーに載っていたレシピですが、半日くらい浸け置けば、食べられ、ふんわりにんにくが香って、手軽で簡単なお酒のおつまみになります。

いざ、肉じゃがを作ろうと思ったら、冷凍庫にあったはずの薄切りの牛肉が見当たらな〜い! そこで仕方なくミンチで作った、"肉じゃが"です(^^ゞ
お肉はお肉なので、お味にほとんど変りはありませんが、少々食べづらい、かな?


ねこ


バナー2
← クリックしてね!!

2007年06月24日

紫陽花の咲く頃

紫陽花
6月も後一週間になり、そこここに咲いた紫陽花の花が雨に濡れています。

寝る前のベッドの中や外出の時の電車の中で読む本、少し前まで面白いと思える本が途切れていてなんとなく惰性で読んでいた感じ。
でも、ここ何冊か軽く読める面白いサスペンスに出会ったので、ちょっとご紹介。

False Impression ジェフリー・アーチャー著 "ゴッホは欺く"

明らかに"ダ・ヴィンチ・コード"を意識した邦題になっていますが、元の題は"False Impression"・・・このタイトル、謎解きのちょっとしたヒントになっています。
ジェフリー・アーチャーは、インタビューでの彼の日本人に対するある発言を聞いて以来読むのを止めていたので、暫くぶりでしたが、この本の中では日本人のコレクターが好意的に書かれていて、アーチャー自身も日本贔屓の印象が残ります。
ストーリーの出来は、平均点+αくらいですが、テンポがよく、最初からどんどん読み進んでしまいました。


The Broker ジョン・グリシャム著 "大統領特赦"

グリシャムも以前はよく読みましたが、少しマンネリ化し暫く敬遠していた作家です。
途中までのストーリー展開、理由付け、CIAの行動など、難点も数々あり、イタリアのボローニャの観光案内書という書評もありますが、エンターテイメントとして楽しめます。


The Secret シンシア・ビクター著 "ダブル・シークレット"

シンシア・カーツとビクトリア・スカーニックがシンシア・ビクターというペンネームで1997年に発表したロマンティック・サスペンス。

平凡と思われる女性も、何かのきっかけで素敵に開花するかも知れない。窮地に立たされたミランダが魅力的な女性に変身する様子は、女性の一つの夢です。一気に読み終わってしまいました。


The man without a past そしてついでに、先日見たDVD。
"過去のない男"
監督アキ・カウリスマキ。2002年フィンランド作品。
カンヌ映画祭グランプリ&主演女優賞受賞作。

表情の少ない登場人物、控えめな台詞、とてもマイナーっぽく垢抜けない映画なのに、どこか懐かしく温かい。
食堂車に流れる日本の曲やお寿司、ハンニバルという名のおとなしいワンチャンなど、クスっと笑える独特のユーモアが感じられます。

2007年06月23日

6月のチーズ会

Table
6月のチーズ会を投稿するのを後回しにしていたら、す〜〜っかり忘れてしまっていました。
ブログに載せることにより、自分でも復習になるし、後でも見られるのでとても意味があるのに・・・もう2週間も前のこと、ワインの名前など思い出せないこともありますが、取り敢えず覚えている事だけでもUPします。


今回はスペインをメインに、オランダのゴーダ2種類とイギリスのもの1種類の合計17種類です。
スペインのチーズは、チーズを表す "ケソ" と付いたものが多く、羊乳製のチーズが多いのが特徴です。


Cheese-1
向かって左の4つ。
手前から、地中海に浮かぶメノルカ島の牛乳製チーズ "マオン"
メノルカ島のチーズはすべて マオン と呼ばれます。
その上、スモーク・タイプでコーヒー牛乳の様な味のする "サン・シモン・ダ・コスタ"
3つ目は、しっとりしていてやや酸味のあるガリシア地方の "尼さんのおっぱい" という別名を持つ、"ケソ・テティージャ" 。優しいミルクの味わいです。
一番上が、モダン・ブリティッシュ・チーズの筆頭とも言える、かぼちゃの様な色をした優しいブルー・チーズ、"シュロップシャー・ブルー"
右の黄色っぽい2つは、オランダのチーズとして日本でもお馴染みの "ゴーダ"。手前の ミレニアム は熟成期間が1000日。そして、奥は フリコ で2ヶ月熟成です。
ゴーダは1ヶ月から48ヶ月まで熟成期間ごとに、組織や色、味わいに変化があり、若ければ若いほど、しっとりしていて徐々に組織が引き締まり、ジャリっとしたアミノ酸が感じられるほどまで旨味が増します。黄色っぽいのは表皮にかけられたワックスの色です。バターの風味でなんとなく食べなれた懐かしい味わいです。
その向こうの2つ。左側が、かえでの葉で包まれたスペインのブルー、"ケソ・デ・バルデオン"。ピリっとしたやや強めの青かびが心地良い、少々通向きのブルー。
右側は、主に牛乳製ですが、季節によって羊乳、山羊乳を混入して造られ、自然の洞窟で自然に青カビを繁殖させるので、食べる時に依って味わいが違う、アストゥリアス州東部産の "カブラレス"。
スペインのブルー・チーズは全て北部のアウトゥリアス、カンタブリア、レオンの3地方で造られています。

Cheese-2
向かって左の3つ。
手前から、柔らかく口溶けの良い牛乳製チーズの "アルスア・ウジョア"
ほのかな酸味が爽やかです。
その上が、ムルシア地方の山羊乳から造られる、"ケソ・デ・ムルシア・アル・ヴィーノ"。表面を赤ワインで洗っているので、ほのかなワインの香りのする美味しい山羊のチーズです。
ここにはありませんが、同じものでワインで洗っていないタイプ、ケソ・デ・ムルシア もD.O.P.に認定されています。
一番上、カタルーニャ州の同じく山羊乳製の "ガロチャ"。灰色の自然のかびに包まれ、フレッシュでマイルドな素朴な味のするチーズです。
真中の4つは、手前から、"オベハ・アル・ロメロ"。
後述する、マンチェゴと同じ製法で造った羊乳製チーズに、ローズマリーをまぶして熟成させています。"オベハ" とは羊乳の意味で、オベハ・アル・ロメロ は羊乳チーズ・ローズマリー風味の意。D.O.P.ではありません。
その上は、バスク地方中部を産地とする個性派チーズ、羊乳製の "イディアサヴァル"。
その上が、マドリッドの北に位置するカスティーリャ・イ・レオン州サモラ産の羊乳製、"ケソ・サモラノ" の "アルテサーノ"。羊乳独特の濃厚なコクと香り、塩味と酸味、そして軽い刺激性の辛味があります。アルテサーノ とは、伝統的な手法で手造りされたチーズの意。
そして、一番上は、ドン・キホーテにも登場するラ・マンチャ地方のスペインを代表するチーズ、"ケソ・マンチェゴ" のアルテサーノ。羊乳の甘味と香りがあり、ナッツを思わせる味わいで、側面の模様が特徴的です。
右側の2つは、下の方が、ピレネー山脈の麓にあるロンカル渓谷が故郷の "ロンカル"。羊乳を原料とし、ドライ・フルーツやマッシュ・ルームの香りのする、しっかりした味わいのチーズです。
上の方は、ケソ・マンチェゴの9ヶ月熟成タイプ。マンチェゴの熟成期間は最低2ヶ月です。

トマトのパスタWine









お料理もすばらしく、緑のソースに白さが映えたカリフラワーのムースのグリーンピース・ソース。
アスパラのパイ包み(これは先日私も作ってみました)。 お友達が作ってくれたのは、中がロース・ハムでした。
それに唯一単独の写真を撮った、とても甘いフルーツ・トマトのパスタ。
イタリア旅行のお土産の生ハムとサラミ。

ワインは全部で 5本でしたが、写真はまだ酔う前に撮った 3本だけ。
まずはシャンパーニュで、"モエ・エ・シャンドン"。
若いのにとても濃いゴールド色をしたイタリア・ヴェネト州の "Costa Saprani"。
もう1本の白は、フランス旅行のお土産、スッド・ウエストの "ジュランソン"。甘口でも有名なジュランソンですが、これはセックです。
写真のない 2本は赤ですが、何だったかな〜?
1本は私が持参したのに・・・忘れるなんて、ダメですね。

フィーちゃん

もう、おじいちゃんだそうですが、夏向きにカットしたのもあって、見かけはとっても若くて可愛いい、フィガロのフィーちゃん。


ねこ


バナー2
← クリックしてね!!

jugon1911 at 16:44|この記事のURLComments(7)Cheese | ランチ

2007年06月22日

ワンタン・スープ

ワンタン・スープ
梅雨入り宣言から一週間と二日・・・ずっと晴れの暑い日続きでしたが、とうとう今日はお昼少し前から雨になりました。
TVの天気予報によると、梅雨入りの日は例年9月に見直しをされるので今年は変更される可能性が高いそうです・・・気象庁は、桜の開花予想や梅雨入りの日や、天気予報とは少し離れたところで苦労しているな〜と思います。

お友達からワンタンの皮をいただいたので、初めて作ったワンタン・スープ。
食べたことも余りないので、ワンタンの中に入っているのがミンチだけなのか、他にも何か加えているのか良く分からず、取り敢えず、合挽きミンチだけをワンタンの皮に包んでみました。・・・美味しい♪・・・そうですが、まだ皮が残っているので、ちょっと勉強しなきゃ、です。
彩りに入れたのはオクラ。そして、お刺身用に切った大根のつまが余ってしまったので、それも入れてしまいました(^^ゞ


枝豆すみいか、お刺身









今シーズン初めての枝豆。
少し前から国産のものが出回り始めましたが、やはりまだ若い感じです。
昨シーズンの終わりにいただいた丹波の黒豆の枝豆とは雲泥の差(笑)
私は初物があると買いたくなる口ですが、思った通り、枝豆はもう暫く待った方が良さそうです。

すみいかのお刺身。
いかの種類もいっぱいあって、それぞれ微妙に味や食感に違いあり、お刺身向きのものとそうでないものがある中、すみいかはお値段も手頃で、美味しいお刺身になりますね。


お豆腐とコリアンダー炒めうなぎのカレー味ご飯









お豆腐とコリアンダーの炒め物。
豚足の台湾風煮込み、豚肉とお茄子とトマトの煮込み、と使ったコリアンダーがまだ残っていたので、今日は、お豆腐と一緒に炒め物にしました。
彼がお豆腐好きなので、私はお豆腐料理をいつも探している感があります。でも、手間なども含めてレパートリーに入るものは余りありません。その中で、このお豆腐とコリアンダーの炒め物は手軽で美味しく、なかなか気に入っているメニューの一つです。

「あれ作って!」と言われてまた作った "うなぎのカレー味ご飯"。
今日はワンタン・スープと合わせました。


サラダ薩摩芋焼酎、五代









後はサラダ。
そして、随分前に父がくれた薩摩の芋焼酎五代。
すっきりとした芋焼酎です。

ねこ


バナー2
← クリックしてね!!

2007年06月20日

豚肉とお茄子とトマトの煮込み

豚肉とお茄子とトマトに煮込み
重曹の溶解液を電気分解して洗剤を作っています。
その洗剤、食器洗いにも良いのですが、浸け置き時間を長くしないと落ちないので、どーもピンと来ません。でも、お鍋とかお野菜を洗うのにはとっても重宝しています。

お野菜洗いは、お水だけでは気になるし、かと言って台所洗剤では少々すすぎが大変です。
この電解水は元は重曹なので安全ですし、ピカピカになります。
トマトを浸けると何かが溶け出して液が黄色くなるんですよ。あれって何かの薬品でしょうか?
お百姓さんは、自宅用のものには農薬は一切使わないらしいですものね。見かけが綺麗なお野菜はちょっと怖さも秘めています。


↑ 豚バラ肉とお茄子とトマトの煮込み。→ 作り方
今日は、余っていた椎茸やサラダ用に切りすぎたセロリも入れてみました。
煮込み料理ですが、トマトの酸味でしつこさが和らぎ、冷めても美味しいので夏にもお薦めのメニューです。
トマトを入れた後に少々煮すぎてしまい、トマトの赤の鮮やかさが落ちてしまったのが残念です。そして、水溶き片栗粉をちゃ〜んと用意していたにも係らず、入れ忘れ〜(^^ゞ・・・しかし、大勢に影響なし(笑)


ひらめのおぼろ昆布〆グリーン・アスパラのかつをかけ









ひらめのおぼろ昆布〆。
お店で3枚おろしにしていただいたひらめ。半身は先日のカルパッチョに、そして残りを〆ました。
グリーン・アスパラのかつをぶしけずりかけ。
アスパラって茹でただけでも美味しいですね〜


冷奴サラダ









今日は、温かいメニューは一品だけになってしまいましたが、後は、冷奴とサラダです。
サラダにもアスパラを載せました

最近、遅い時間に食べ過ぎの気がしています。
夕食に時間をかけるので、食べた後すぐ寝るというパターンが続いたせいか、お腹に脂肪が溜まってきた様な・・・ここんとこ焼酎も黒烏龍茶で割ってレモン汁を入れて飲む様にしていますが・・・ホントに脂肪吸収を押さえてくれるのかな?


ねこ


バナー2
← クリックしてね!!

2007年06月18日

豚足の煮込み

豚足の煮込み
今朝ベランダへ出てみたら、バジルに少し穴があいています・・・よ〜く見たら、小さなバッタが 1匹!

6年ほど前の秋の終わりに 1匹のショウリョウバッタがやってきて、続いてもう 1匹来ました ・・・それ以来、毎年今頃になると生まれるバッタたちですが、昨日は居なかったと思うので、今朝早くに誕生かしら。


まさか 1匹ではないナと、探してみたら、ミントにも 6匹ほど・・・毎年合計 100匹以上になるので、今朝のは第1陣というところでしょうか。

↑ "豚足の煮込み"

中華街へ行けば生の豚足も売っていますが、私が使うのは真空パックされたもの。
これを作ると八角の香りが家の中に立ち込めます。 煮ている時のその香りも好き♪

真空パックのものは、そのままでも食べられるので、煮込むとトロトロになり、煮汁も片栗粉を入れたみたいにトロ〜リ。

お茄子の酢の物茹でたバイ貝








キリッとした酸味が美味しいお茄子の酢の物。
少し大きめのバイ貝は、茹でて生姜醤油でいただきました。
このバイ貝、肝が大きくてねっとりしていて、まるでレバー・ペーストの様。


あさりの茶碗蒸し蒸し牡蠣








あさりの茶碗蒸し。
茶碗蒸しを作ると、いつもこんな風にスが入ってしまいます。
火を小さく小さくして、ゆっくり蒸すのですが・・・下手ッピーです。
土曜日にパスタに使ったのと同じ蒸し牡蠣。
手間がかかっているせいでしょうか? これ、少々お高い・・・来年は自分で作ろ〜っと!


6/18に発見したバッタ

← 今朝、発見したバッタたち
クリックして画像を大きくしてご覧ください




ねこ


バナー2
← クリックしてね!!

2007年06月17日

蒸し牡蠣とトマトのパスタ

蒸し牡蠣とトマトのパスタ
暖かくなったので、外に出したベンジャミンの木の鉢にありんこが巣を作ってしまいました。

幹を行ったり来たり、忙しそうにしているのや、枝に止まっているのや、ナント葉っぱに止まっているのもいます。

ベンジャミンの枝を切ると白い樹液が出るので、あれがアリには美味しいのかな? と思いますが、ちょっと困りもの。今は良いけれど、冬になったらどうしましょう?
アリがいたりしたら、もう家の中へは入れられませんものね。

昨日は、お友達が夕食に来てくれました。
お仕事帰りなので、8時頃だったのですが、買い物に出遅れたのが祟って、ピンポ〜ンの時もまだ準備中・・・バタバタでした(^^ゞ
休日に買い物に行くいつものデパ地下でやっていた物産展で、蒸し牡蠣を購入したので、今夜のパスタはそれを使う事にして、"蒸し牡蠣とトマトのパスタ"。
ベランダに新しく蒔いた種から出た、やっと少し葉が大きくなったルッコラも添えました。

ひらめのカルパッチョほたてのカルパッチョ









ひらめのカルパッチョ。そして、お友達が大好きなのでほたてのカルパッチョも作りました。上に載せたサラダは全く同じものです。後でオリーヴ・オイルを変えれば良かったな〜なんて思ったのですが・・・。
ほたても美味しいけれど、私はひらめの方が好きかな〜。


カプレーゼ・サラダグリーン・アスパラのパイ包み









モッツアレッラのブーファラを使って、カプレーゼ。
私は、基本的にはトマトの皮は外さないのですが、このフルーツ・トマト、とっても皮が固くて驚きました。流石にどうしようか考えましたが、やっぱり、皮はそのまま(笑)

グリーン・アスパラにスモーク・サーモンとパイ生地を巻いて、オーヴンで焼いたもの。
ソースは、マヨネーズをベースにして生クリームとワイン・ヴィネガーなどを入れて作ってみました。
写真の見た目より、美味しかったですよ〜(笑)


薄切り牛肉のブルー・チーズとバルサミコ・ジャムのソースチーズ









今日のメインは、さっと焼いた薄切り牛肉にゴルゴンゾーラのピカンテとほんのちょっと残っていたスペインのカブラレスを白ワインで溶いて、バルサミコ酢のジャムを加えたソースをかけました。
添えたのは、レンジした細〜いアスパラです。

チーズは、スペインのブルーで牛乳製の "ケソ・デ・バルデオン"、同じくスペインの形状から尼さんのおっぱいと言う意味の牛乳製チーズで "ケソ・テティージャ"。
そして、フランスのスペインとの国境辺りが産地の "オッソー・イラティ・ブルビ・ピレネー"。ブルビとは羊のことです。これは、先日フランスのこの地方に行った他のお友達にいただいたもの・・・ナイショで〜す。


Barahonda Tinto Barrica 2004, YeclaHerederos del Marques de Riscal, Reserva, 2002 Rioja








ワインは2本空きました。
両方ともスペインのものです。
イエクラの "バラホンダ"。セパージュはモナストレルとカベルネ・ソーヴィニヨン。ほのかな樽香と果実の香り、そして心地よい酸味、2004ですがそれより熟成感が感じられます。
もう1本は、最近の私のお薦め。
”マルケス・ド・リスカル" のレゼルヴァ 2002。バランスの良いスペインらしいワインです。
お友達にもお土産に1本差し上げました(^^)v


ねこ


バナー2
← クリックしてね!!

2007年06月15日

コムタン

コムタン
沖縄が梅雨入りしたのは随分前ですが、本州にも梅雨のシーズンがやってきました。
毎年、梅雨入り宣言後の数日はお天気が良く、今日も、爽やかな良い日になりました。

けれど、壊れそうな私の P/C を横目に朝からずっともう一台繋いだラップ・トップの Net やメールの設定をしていて、外へは一歩も出ず、ふとベランダに出てみたら、春以来久しぶりに富士山がとても綺麗に見えました。

↑ 牛のテールをコトコト4〜5時間煮込んで作る、コムタン。
たまにしか作りませんが、お塩とシャカシャカとグラインドした胡椒だけのシンプルな味付けで、大好きなメニューの一つです。
余ったスープと少し残しておいたテールで、後日炊きたてご飯のクッパも作ります。


グリーン・アスパラ冷奴









細めのグリーン・アスパラを茹でて、お醤油とかつをぶし削りをかけました。
そろそろ、冷奴が美味しいシーズンです。


かつをのお刺身くらげときゅうりの和え物









これは初かつを? 戻りかつをにしては、ちょっと早過ぎの感ですが、適度に脂が載っていて、私も美味しくいただきました。

細切りのきゅうりを、ワイン・ヴィネガーを使ったフレンチ・ドレッシングに浸けておいて、くらげに和え、煎りごまもたっぷりかけます。
普通のお酢を使うより、優しい酸味で香りもよくて、コリコリのくらげが一層美味しくなります。


お葱焼きサラダ









じわじわ焼いて、甘味を増したお葱にオリーヴ・オイルとお醤油をかけるだけでちょっとしたお箸休めになります・・・のん兵衛メニューですけれどネ(笑)

そして、アスパラの茎の下の方とマッシュ・ポテトを載せたサラダ。


Mt.冨士

← ベランダから見えた今日の富士山



ねこ


バナー2
← クリックしてね!!