2017年05月10日

ラム・チョップの赤ワイン煮

ラムチョップの赤ワイン煮



今朝は、なんだか早々と雨の季節になったような空気感。
若葉の出てきた植物たちがニコニコしてる気がします(^^)


↑ Net で買った冷凍ラム・チョップ。
トマトのソースにするつもりで作り始めたのに、焼いた後、ちょっと煮てみようかな〜、と余っていた赤ワインをドバドバしたら、色が・・・。
それで、赤ワイン煮に変更(^^)

焼いて、炒めた玉ねぎと煮込んだだけ。

付け合わせたじゃがいもと枝豆は、↓ のフォカッチャに使った残りです(^^;


↓ マイクロ・コスモス トレンドのフォカッチャ

フォカッチャ


"黒豆の枝豆とタイム" "ジャガイモとローズマリー" の 2種類。

黒豆の枝豆は、自然さんにいただいたのを茹でて冷凍してあったものです。
彩りに少しずつ大切に使っていますが、残り僅か。
なのに、余らせて・・・


フォカッチャ


枝豆の方、少々焼き過ぎでやや固め、でもお味はOK。
生地が少しグレーっぽいのは、ライ麦の全粉粒を 1/4 入れてみたから。



Grant Burge, Hillcot, Barossa, Merlot 2014




ワインは、オーストラリア、バロッサ・ヴァレイのメルロー。
"Grant Burge, Hillcot, Barossa Merlot 2014"

冷涼な地域にある樹齢 20年以上の葡萄から造られているそうです。
チョコレートやスパイス、樽から来るバニラっぽさ、こなれたタンニン。
微妙な価格帯(3,000円) ですが外れていません(^^)









今日のニャーちゃん♪

クロちゃん


ちょっとお休み中のクロちゃんに声をかけたら、
振り向いてくれましたよ(^^)


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2017年05月06日

ポピーと鯉のぼり

ポピーと鯉のぼり


2017.5.5 「こどもの日」

横須賀市にある "くりはま花の国" のポピー畑の上にたなびく鯉のぼり。


ポピーと鯉のぼり

ポピーはまだ咲き始めで蕾の方が断然多い。


ポピーと鯉のぼり



ポピーと鯉のぼり



ポピーと鯉のぼり

「こどもの日」でしたから、子供がいっぱい!


ポピーと鯉のぼり



ポピーと鯉のぼり


↓ 丘陵地帯にある「花の国」からは海も見えます。

花の国

人気の "ネモフィラ" もたくさん植えられています。

ポピーやネモフィラの咲く場所は、2月の中頃に行った時には全体がシートで覆われていたんですよ。
そんなまだ寒い頃からノースポールはずっと咲いています(^^)
桜の木にはサクランボがたくさん、矢車草も咲き始め、エビネランも可愛い。("ネモフィラと鯉のぼり" の写真を載せ忘れたのでコラージュを差し替えました)


↓ 粽、何年振りかしら?

粽


「こどもの日」でしたから、久里浜の駅前の和菓子屋さん "結城さん" で、粽を買って帰りました。
笹の香りが清々しい♪ 柏餅も買いましたが、写真を写さないで食べちゃった!


今日のニャーちゃん♪

ニャンコ


ニャ〜ってお話してくれるニャーちゃんもいました



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2017年05月04日

豚フィレ肉の蒸し焼き ローズマリーの香り

豚フィレの蒸し焼き ローズマリーの香


良いお天気が続く今年のGW。
空気も澄んでいるのか、この時期には珍しくここ数日富士山が薄っすら
見えます。

日本中で、今日一番暑かったのは、北海道の北見だとか・・・それなりの理由はあってもこの頃の気象、ちょっと変と感じますね。


↑ タイトルが長〜くなりましたが、本当はまだ足らない
全部入れたら、
"塩漬けした豚フィレ肉の蒸し焼き ローズマリーの香り"
レシピ↓

豚肉のいろんな部位・・・と言っても、ロース、バラ、フィレくらいですけれど・・・を数日塩漬けにしてからお料理するトレンドがここ暫く続いています。 季節の移り変わりに伴って、調理法が 煮込む料理 から焼く方へ移行しました(^^)

ローズマリーの香りが爽やかでお塩加減が程よく、とても美味しいので、お作りください。


Bourgogne Pinot Noir






ワインは、オリヴィエ・ルフレーヴのACブルゴーニュ。

酸、タンニン共に穏やかで、いろんなお料理に合わせ易いピノです。












** "豚フィレ肉の蒸し焼き ローズマリーの香り" の作り方 **


<材料>
・ 豚フィレ肉 : 1本
・ お塩: 適量
・ 白ワイン: 適量
・ オリーヴ・オイル: 適量
・ ローズマリー: 適量


<作り方>
豚フィレ肉に、お肉が薄っすらと白くなるくらいのお塩を塗して、ジップロックへ入れて空気を抜き、冷蔵庫に 1〜3日置く。
,鮴って、水分を拭き取り、オリーヴ・オイルを少々入れフライパンで表面を焼く。全体を焼いたら、白ワインでフランベして水分を飛ばす。
広げたアルミホイルに △鮹屬い董▲蹇璽坤泪蝓爾鯏当に置き、包む。
お水を入れたフライパンかお鍋に、アルミホイルを器代りにして を置き、蓋をして、お肉の大きさに合わせて 30分〜 1時間ほど蒸し焼きにする。蒸し過ぎるとパサつくので、途中で竹串を刺してみて、透明の肉汁が出たら出来上がり。
出来上がったら暫く置いて、適当な大きさにカットしてお皿に盛り、ローズマリーを飾る。


↓ 5月初旬のお花たち

May-1 2017


羽衣ジャスミンがあちこちで強い香りを放っていますね。
石楠花、小手毬も花盛り、ポピーも咲いて、桜の最後を飾る様々な種類の八重桜もそろそろお仕舞いでしょうか。 ミモザには鞘が下がり、紫陽花はまだ蕾が固そうです。


今日のニャーちゃん♪

ニャンコ


トラックがたくさん止められている端にニャーちゃんのための器が
置いてありました。
シロクロちゃんのこと可愛がってくれてる人がいるんだね。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2017年05月01日

フォカッチャ

フォカッチャ


お花は次々と開花し、気持ちの良いお天気が続く風薫る 5月になりました。
今年のGW、みなさまはどのようにお過ごしですか?
今月もどうぞよろしくお願いいたします。


↑ こねないで作ったパン "フォカッチャ・ローズマリー"
レシピ ↓


先日 "こねないパン" で "チャバタ" をUPしましたが、今日はオリーヴ・オイルをいっぱい使った "フォカッチャ" です。

発酵時間が長かったからかな? 焼き上がりがふっくら(^^)


フォカッチャ


こちらは "フォカッチャ・タイム"

秋から冬へちょっとしょぼくれだったタイム、またダメかな〜とほぼ諦めていたら、4月になって新芽が出てとても元気・・・嬉しい!
いっぱい使わなくっちゃ(^^)


焼く前



↓ "カチョカヴァッロとセロリのオレンジ煮"

カチョカヴァッロとセロリのオレンジ煮


元気なタイムを使って、早速セロリのオレンジ煮を作りました。
合わせたチーズは、この前、父と妹と 3人でドライヴした時に寄った岐阜県ひるがの高原の "たかすファーマーズ" のカチョカヴァッロ。
こんがり焼いた美味しいカチョカヴァッロに甘酸っぱいセロリ、止まりませ〜ん。

レシピ
セロリのオレンジ煮セロリのデコポン煮


** "こねない Focaccia" の作り方 **
真藤 舞衣子著 "NO KONEAD BREAD" より

<材料>
・ 準強力粉: 200g
・ お塩: 4g
・ お砂糖 : 2.5g
・ ドライイースト: 2g
・ 40℃のお湯: 150cc
・ オリーヴ・オイル: 適量
・ 粗塩: 少々
・ 打ち粉用の準強力粉: 適量
・ ローズマリー: 数枝
・ タイム: 適量


<作り方>
ボールにお粉、お塩、お砂糖、ドライ・イーストを入れてよく混ぜたら、お湯とオリーヴ・オイル(15cc) を少しずつ加えながら混ぜ合わせ、ラップをして 10分休ませる。
ボールと生地の間にシリコンべらを差し込んで生地をすくい上げて伸ばし、ボールを回しながら生地を少しずつ中心に落として重ねていく。それを 3〜4回繰り返したら、ラップをして10分休ませる。
更に、 3〜4回折りたたんでラップをして、常温に30分〜 1時間置いて生地が 2倍に膨らむまで発酵させる。
ボールと生地の間に準強力粉をふり、カードをボールに沿って一周させる。
打ち粉を振ったオーヴン・シートの上でボールを逆さにして、生地が自然に落ちるのを待つ。
気泡を潰さないよう気を付け乍ら生地の厚さを均一にし、20x20(cm) の大きさにしたら、上下を 1/3ずつ中央に向かって折り畳み、左右も 1/3ずつ折り畳んで合わせ目を閉じる。打ち粉を振り、上下を返し厚みを均一にする。
オーヴンを、210℃に予熱。
オーヴン用のシートを敷きなおし打ち粉を振って イ寮乎呂鮹屬、更に打ち粉を振り、2等分する。
2等分した生地にオリーヴ・オイルをかけ、粗塩 (jugon は "Fruits de Mer de Guerande" を使いました) を振り、生地全体に指で穴を空ける。
オーヴン用シートのまま天板へ移してオーヴンへ入れて 20分焼く。
焼けたら、熱いうちにオリーヴ・オイルを塗り、一方にローズマリー、もう一方にタイムを飾る。


今日はワンワン♪

瀬戸のワンワン


先日の瀬戸で出会ったビーグルちゃん。
まだ 1才半くらいだけど、お散歩大嫌い。
で、いつもママにだっこですって(^^)



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2017年04月28日

有松 & 瀬戸

有松


久々UPの "飛び出せ Kitchen♪"
実家から戻ると用が山積あ〜んどサボリ(^^)
みなさまへのご訪問も滞っていてごめんなさい。お変りありませんか?

↑ 名古屋市緑区の有松
桜の木や垣根の瓦の上にお雛様が飾られていて、桜の花が咲いていたら
どんなに素敵だろうと思いながら・・・。


有松 2017.3.31


有松は「有松絞り」で全国的に有名なところですが、恥ずかしながら jugon 訪れたのは初めて〜!
とても風情のある街並みが続く有松、今まで行かなかったのはなぜでしょう?

先日も書きましたが、ハンガリーからお姉さん(と呼んでいる友人) 夫妻がいらしていて最初の 2週間くらい、こちらにある知り合いのセカンド・ハウスに滞在していたので、例年なら桜が咲き始める 3月末の今にも雨の降り出しそうなものすごく寒い日に会いに行きました。

お姉さんは毎年この時期に 1ヵ月半くらい日本にいらしていてお会いするチャンスがありますが、あっちゃん(ご主人) に会ったのは、20年振りくらい。ジーさまになっていました(^^) と言っても数か月年下(爆)

有松の街を歩いてから車で近くの古戦場(桶狭間) へ行くという予定で、昼食の場所へ向かっている途中、外食より家の方が良いんじゃないということになり、お寿司などなどを買って帰って食べていたら、雨がジャンジャン降りに。
それでも 3人共古戦場へ行く気はあったのに、あっちゃんが持ってきたP/Cに入っている昔の写真を見て懐かしいお話をしている内に時間がなくなり、大急ぎの帰宅になりました

↓ 愛知県瀬戸市

瀬戸 2017.4.20


有松で別れる時に、また 3週間後に会おうね〜と約束して、4月は陶磁器で有名な瀬戸へ一緒にお出掛け。

帰りに寄ったお店の方から窯道具を組み上げた石垣や塀のある小径とか登り釜などがあると聞き、知っていたら焼き物の街「瀬戸」をもっと楽しめたかも知れませんが、駅から陶器屋さんを覗いたりしながらフラフラ適当に歩いて、古っぽい商店街で唯一開いていた居酒屋さん風のお店でお昼にして、また違う商店街でお茶をして・・・そんな瀬戸らしさにちょっと欠ける散策に十分満足した一日でした。

今度お二人に会えるのは、来年の 7月、かな?


今日のニャーちゃん♪

瀬戸ニャンコ


瀬戸の果物屋さんのニャーちゃん、兄弟姉妹がたくさんいるそうですが、みんなどっかへ遊びに行っちゃってて、この子と後 2匹だけがお留守番の午後でした。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2017年04月20日

Lunch いろいろ

AL


ランチやディナーに行ったレストランの話題がなかなか書けなくて、
写真が溜まっています。

まずはランチいろいろ(^^)


AL


↑ は、横浜 "Alte Liebe"
箱根から帰った翌日に妹とお邪魔しました。

お昼ですがピアノの生演奏があって、良い雰囲気。

ランチの後は、上の「横浜情報文化センター」の放送ライブラリーで、以前から妹に見せてあげたいと思っていた、みなとみらいの建物のほとんどがまだ建造中だった頃のTV番組(東芝 日曜劇場) を見、それから大さん橋から赤れんが倉庫まで暖かい日差しの中を歩きました。 妹はその後、5時過ぎの新幹線で名古屋へ。


↓ こちらも横浜

Yokohama Lunch


入ったのは良いけれど、食べたいものが決まらす、悩んでしまった一人ランチ(^^)
お店は、外からは分からなかったのですが、ホテルの一角にありました。


↓ 表参道 "Ao" の "カフェ ラントマン"

表参道


オーストリア料理のお店です。
いろいろなスープがあって楽しいのと、美味しいグリュナー・フェルトリナーがあるので最近のお気に入り。


↓ こちらも表参道

表参道ランチ


ブルゴーニュの食材屋さんが経営しているガレット屋さん。
ガレット、人気ですね。平日のランチタイムの後でしたが、ほぼ満席。
木蓮が咲き始めた頃ですから、3月初め頃のランチです(^^;


↓ 中目黒のお肉屋さん

お肉屋さん


こちらはお友達と行きました。駅の前のビルの一階。
この後、HISAさんに教えていただいた、フランスの冷凍食品店「ピカール」を覗いて、あれも美味しそう
これもいいねと言いながら、結局は購入はまたのチャンスに。


↓ オマケ🎶

街角の花々


先々週と先週(4/8, 4/15) に公園や街角で見つけた花々。
ソメイヨシノは散り、また違う桜が咲き、ハナミズキや藤も咲き始めました。


今日のニャーちゃんたち♪

2ニャン


この前と同じニャーちゃんたちですよ。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 11:00|この記事のURLランチ | 2017 Spring

2017年04月17日

こねないパン

モリビエとディル


桜の花びらが、強い風で一気に散るさまには息を吞みますが、
ヒラヒラと風に舞う様子は、のどかで春らしいですね。
少しずつガクだけになり、葉が見え始め、季節が移っていきます。


↑ こねないで作った "チャバタ" (Ciabatta) にモルビエとディルを挟んで。

繊細さに欠ける挟み方で、すみません(^^;


Morbier


モルビエ(Morbier) は、スイスとの国境に近いフランシュ・コンテ地方の “モルビエの谷” で作られるチーズです。この地方は、有名な "コンテ" の産地で、コンテを作った後に余った凝乳(カード) を使って造られていたものが "モルビエ" の始まり。
真ん中の黒い線は、一日目のカードが傷まないように置いた煤の名残りで、今はこれがモリビエの特徴になっています。


パン


ホームベーカリーを持っていないので、こねるのが面倒だったパンでしたが、ボールの中で混ぜるだけ。後は冷蔵庫で発酵させて焼くだけ・・・フラリと寄った本屋さんでそんなとても簡単にできるパンの作り方を見つけました。

** "こねない Ciabatta" の作り方 **
真藤 舞衣子著 "NO KONEAD BREAD" より

<材料>
・ 準強力粉: 200g
・ お塩: 4g
・ お砂糖 : 5g
・ ドライイースト: 1g
・ お水: 170cc
・ 打ち粉用の準強力粉: 適量


<作り方>
ボールにお水以外を入れてよく混ぜたら、お水を少しずつ加えながら混ぜ合わせ、ラップをして 10分休ませる。
ボールと生地の間にシリコンべらを差し込んで生地をすくい上げて伸ばし、ボールを回しながら生地を少しずつ中心に落として重ねていく。それを 3〜4回繰り返して、ツヤがでてきたら、ラップをして冷蔵庫に約 8時間置いて発酵させる。
ボールと生地の間に準強力粉をふり、カードをボールに沿って一周させる。
打ち粉を振ったオーヴン・シートの上でボールを逆さにして、生地が自然に落ちるのを待つ。
気泡を潰さないよう気を付け乍ら生地の厚さを均一にし、20x20(cm) の大きさにしたら、上下を 1/3ずつ中央に向かって折り畳み、左右も 1/3ずつ折り畳んで合わせ目を閉じる。打ち粉を振り、上下を返し厚みを均一にする。
天板とお湯を入れたバットをオーヴンに入れて、250℃に予熱。
オーヴン用のシートを敷きなおし打ち粉を振って イ寮乎呂鮹屬、更に打ち粉を振り、4等分する。
4等分した生地の上にナイフで切り目を入れ、オーヴン用シートのまま天板へ移してオーヴンへ入れたら、オーヴンの庫内の側面へ向かってお水を霧吹きで 4〜5回吹き付け (蒸気を入れることで生地の乾燥を防いで伸びをよくするため) 20分焼く。


↓ オマケ🎶

モッコウバラ


黄色と白のモッコウバラ、それに土筆。
黄色のモッコウバラと土筆は、2週間ほど前、白いのは土曜日(4/15) に写しました。


今日のニャーちゃんたち♪

2ニャン


親子かな、兄弟かな〜、のとっても良く似た 2匹の近くには、つつじがもう咲いていました。
ツルニチニチソウも今が盛りですね。


お知らせ
今週は実家週間。
とても良い季節、ハンガリーからお友達夫妻が帰っていらしているので、ちょっと父にお暇をもらって、また楽しい時間が持てそうです。
みなさまも良い日々をお過ごしくださいませ。  jugon



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2017年04月13日

鯛の子の煮物

鯛の子の煮物


窓から見える桜がとても綺麗な季節になりました。
向こうの小高い丘(?) の緑の中にピンクのある景色は、毎年見られるのを
楽しみにしている風景の一つです。
それも今が一番かしら。


春のお魚と言えば「鯛」ですね〜(^^)

↑ "鯛の子の煮物"

塩ゆでのうすい豌豆と菜の花と一緒に。
生姜も入れています。
イメージは、もう少し薄味だったのに、少し味醂を入れ過ぎました。


↓ ついでに "鯛と筍のご飯"

鯛と筍のご飯


この前の "鯛飯" が美味しかったので、また作ろうと思い、筍の季節になったので、"鯛と筍のご飯" にしました。
ワカメは、TV であるシェフが、筍ご飯にワカメを入れていらしたのを見て、jugon も入れてみたってワケ


今日のニャーちゃん♪

ニャンコ


ニャーちゃんは、赤い橋のずっとこっちの方でジーー。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2017年04月08日

箱根 -2

箱根湿生花園


ずっと眠っているように動かない季節から
日替わりに移り行く季節への転換点。3月中旬に訪れた箱根。

実家へ行く前(2週間前) にUPしたかった記事です(^^;

ほんの数週間で桜は満開、春真っ盛りへ一直線の今日この頃です。


その週、2度目の箱根は妹と。
宿泊したのは、宮ノ下の「富士屋ホテル」

小田原で待ち合わせて、昼食の後、その日はクラシックホテルの筆頭とも言えるホテル内を楽しむつもりだったので登山電車でそのまま富士屋ホテルへ。

↑ は翌日に訪れた春まだ浅い「箱根湿生花園」


富士屋ホテル


朝まで雪が残っていたというお庭を散歩していたら、だんだん空模様が怪しくなってきて雨がパラパラ。


富士屋ホテル


お庭の奥には小さくてアット・ホームな雰囲気のプールがありました (右下)
今は時期ではありませんが、屋内に温泉プールもあるので、次回は水着必携です。

寒い日でしたし雨は降ってくるし、温室 (その左) の中から出たくなくて、そのまま館内への階段を降りたら、壁に真鍮のお魚がたくさん、藻もゆらゆらしていて海の中のイメージ (写真、真ん中辺り)

お庭散策の後、せっかくのチャンスなのでホテルが毎日開催している館内ツアーに参加しました。
チャペル (真ん中上の小さい写真) や昔はビリヤード場だったというバー(写真、真ん中下から2番目、天井を写しました) を通って、その日のツアーのメイン、フレンチ・レストラン「The Fujiya」へ。
このレストランを発案した山口正造氏(創業者 山口仙之助氏の長女のお婿さんで、金谷ホテルの創業者のご次男) は、「花御殿」の設計にも携わった方で、子供の頃は、日光東照宮をお庭のようにして育ち東照宮をこよなく愛していらしゃったので、レストランの天井にも、東照宮のような天井絵を施されたのだそうです。四季折々の草花が描かれたこれらの天井絵、一枚も同じものがなくとても繊細です。
写真、真ん中の柱の下の怖い顔は、レストランの従業員がお客様に心地良いサービスを提供しているかを優しくでもお顔は厳しく見ている正造氏本人なのだそう。

そんな説明を聞いていたら、是非、このレストランでお食事がしたくなりました。
でも、夕食は、前回同様お部屋でリラックスして摂る予定でしたから、またのチャンスのお楽しみです。


水芭蕉


翌日の予定を決めていなかったけれど、湿原の向こうに仙石原を望む景色を妹に見せてあげたくて「箱根湿生花園」へ行きました。

水芭蕉があちこちに咲いていて早い春を告げています。


箱根湿生花園


まだ冬の名残りで木々も眠っているような湿生花園は、どこの景色もいつもとは随分違っていて、自分が今花園のどこにいるのか考えてしまう場面が何度もあって、また別の顔を見た感じ。


箱根湿生花園


ザゼンソウ(右上) もまだ蕾。
セツブンソウ、セリバオウレン、イワウチワ、フクジュソウなど咲いているのは 10本の指に足りません。


↓ ランチと夕食

2017.3.15


お昼は、妹とも「さくら」さんで摂りました。
妹がお店のお勧めの "カマスの塩焼き" で jugon は "金目のお煮付け" アルコールなし(^^)

夕食は、グリーンやトマトは持参。後は、この前美味しかった "ロースト・ビーフ" などなどを小田原で仕入れ、ピクニック気分です。
ワインは、ロゼのヴァン・ムスーと白。
お皿やワイン・グラスを忘れてしまいホテルのグラスだったのが、ちょっと残念でしたが、お部屋で寛いでいただくのって癖になりそう


今日のニャーちゃん♪

小田原にゃんこ


パッと走ったニャーちゃん、ここでストップ。
この前のお城のニャーちゃんがいたのはこんな場所。
お城のニャーちゃんは、こちら の下の方


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2017年04月04日

小松菜と苺の白和え

小松菜と苺の白和え


東京の桜は、数日前に満開宣言だそうですが、名古屋も横浜もとっても寒くて、ちょっと咲いた桜も凍えそうな日々。
でも、今日の横浜は少しだけ暖かくなり、明日は最高気温 20℃の予報ですから、やっと花冷えから解放されそうです。

ただいま〜が遅くなりましたが、それにすでに 4日だというのに 4月のご挨拶もまだでした。
今月もどうぞよろしくお願いいたします♪


我が家は今日は時ならぬ大掃除。朝から業者さんが頑張ってくださっています。
と、言ってもキッチンとバス・ルームだけ。でも、途中見たらピカピカでした。 嬉しい(^^)


↑ "小松菜と苺の白和え" レシピ ↓

「キッチンが走る」という番組、以前はだいたい毎週見ていたのに、いつの間にやら見なくなり、この前、何気に見ていたら幸運にも最終回。
それを見た 1週間くらい前に、番組の番外編でしょうか、お昼間にビデオを見るために点けた TV で偶然垣間見たお料理。


小松菜と苺の白和え


小松菜のグリーンと苺の赤、それにお豆腐ですから、色も綺麗ですよね?
ちょっと酸っぱいくらいの苺が良い酸味のアクセントになってくれます。

実家で父にも作ってあげました・・・「ン、苺かぁ〜」だって!


** "小松菜と苺の白和え" の作り方 **

<材料> 2人分

・ お豆腐: 半丁
・ 小松菜: 5〜6本
・ 苺(小さめ) : 5〜6個
・ お醤油: 少々
・ お出汁: 適量
・ お砂糖: 極少々
・ 生クリーム: 少々


<作り方>
お豆腐を水切りして、キッチン・ペーパーなどに包み重石をして冷蔵庫で半日。
小松菜は茹で、冷水に取り、水分を絞ったらお醤油をかけ、また絞って適当にカット。
苺は、大きさにより 1/4 か 1/8 の食べやすい大きさにカット。
お豆腐をすり鉢で擦り、お出汁、お醤油、お砂糖、生クリームを加えて混ぜる。柔らかさは生クリームで調節する。
い望松菜と苺を加えて和える。


↓ 日曜日のお花見

桜咲く


ソメイヨシノは、5分咲きくらいでしょうか。
右上は、少し白っぽい桜で、ほぼ満開でした。



今日のニャーちゃん♪

屋根の上のニャンコ


桜が咲いてたら良かったのにな〜。
咲いた時にもそこにいてね!


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように