2016年09月24日

Lunch & Tea Time

miCafeto


フルーツいっぱいのタルトと一緒にコーヒー・ブレイク。

何の用があった訳でもなく行った元町で見つけた美味しいコーヒーのお店 "mi cafeto" でももうここに 1年くらい前からあったみたい(^^)

選んだコーヒーは、エル サルバドル、サンタ アナのブルボンという品種。
アイスにしてもとても香り高く、ロースト香やキャラメル香が最後まで続きます。 全体的にまろやかで酸味は柔らかく、苦味と甘みのバランスが深いコクへと繋がる、久々の美味しい "COFFEE" でした。

ベストなコーヒー&タルトの組み合わせを何種類か提案してくださっていて、選ぶのに一苦労(^^)


↓ こちらも "タルト"

What a Tart!


表参道の、その名も "What a Tart!"

夜はバーになるこちらのお店のタルトは、ケーク・サレ ならぬ タルト・サレ とでも言いましょうか、”Savory Tart" と呼ばれるお食事用のタルトです。

8時間炒めたという玉ねぎのタルトや酒粕やハーブやいろいろな季節の食材を使ったタルトなど、一つを選ぶのは大変。 あれもこれもの中、選んだのは最初に目についた色が綺麗なプチ・トマトのタルト。


CHICHOS


"mi cafeto" へ行ったのとはまた違う日、なんとなく空模様が怪しくなってきて ・・・そう言えば、さっき通った道に新しいお店があったわ・・・ と、ランチにすることにしたのは "CHICHOS"(チーチョス)
リゾットはとても美味しかったけれどニンニクがたくさん使われていたようで翌日も苦しかった(^^;

ここへ載せるにあたって HP を探していて分かったのですが、こちらのお店は 6月にオープンしたオイスター・バーなのだそうです。

参考:
「CHICHOS」
神奈川県横浜市中区元町4-169
TEL 045-264-9778


今日のニャーちゃん♪

器用なスタイル


ニャーちゃんはしなやかだね。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年09月22日

秋の風物詩(^^)

落ち鮎


名古屋からただいま。
雨の多い今日この頃、特に台風の後は、随分涼しくなりました。
風邪が流行っているそうですが、みなさまお変わりありませんか?


岐阜県の長良川へいつものように落ち鮎料理を食べに行きました。

お店の裏手に仕掛けた小さな簗にかかった鮎


簗


ご存じのように簗は、川の上流から斜めに足場を組み、木や竹ですのこ状の台を作り、流れに乗って泳いできた魚がすのこの上に打ち上げられるのを待つ漁法ですが、写真に撮らせていただいたのは、かかった魚を入れていた生簀から放してくださったものです(^^;
いずれにしても、ピョンピョン跳ねる鮎を撮るのは難しい!


みやちか


長良川に沿って走っていると川の中には釣り人が並んでいるように見えるくらいたくさん。


今日のニャーちゃん♪

2番じゃないよ


2番じゃないよ、1番だも〜〜ん!
自転車好きのあの子です。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年09月18日

なつめのチャツネ

ポークのチャツネ・ソース


pockyさんがくださったナツメの実で作った "シロップ煮" で他に何か作りたくて、チャツネにしました。

それを豚ロースに合わせたり、カレーに入れたり。
レシピ↓


なつめのチャツネ


写真下の左が「玉ねぎのチャツネ」
右が「なつめのチャツネ」

「なつめのチャツネ」は「玉ねぎのチャツネ」よりまろやかです。



Taylor Peak, Merlot, Bennett Valley 2007





ワインは、カリフォルニアのハイランド・エステート "Taylor Peak, Merlot 2007"

ケンダル・ジャクソンのソノマにある標高700〜900 feet のモノ・ポールから産出される葡萄を 17ヵ月間樽熟成。

熟した果実、ココアの香り。
際立つ酸味、やや収れん性のあるタンニン、時間経過と共にタンニンは丸くなり柔らかな印象に。









** "なつめのチャツネ" の作り方 **

<材料>
・玉ねぎ : 2個
・コリアンダー: 1束
・レモン果汁: 2個分
・レモンの皮: 少々
・白ワイン: 適量
・レモンのお酒:適量
・オリーヴ・オイル: 適量
・クミン・シード: 大さじ1
・パプリカ・パウダー: 大さじ 1/2
・お砂糖: 大さじ2
・お塩: 適量
・胡椒: 適量
・なつめのシロップ煮: 20〜30粒


<作り方>
スライスした玉ねぎをオリーヴ・オイルでややブラウンになるまでじっくり炒める。
, 1cmくらいにカットしたコリアンダーとクミン・シード、パプリカ・パウダー、塩・胡椒を加えて混ぜながら炒める。
レモンの果汁とレモンの皮、お砂糖を足して、弱火で炒めながら煮る。
煮詰まりそうなら、白ワイン、レモン果汁を適宜加えながら煮て行く。
トロリとしたら、「玉ねぎのチャツネ」の出来上がり。
い痢峩未佑のチャツネ」に種と皮を取り除いたシロップ煮にしたナツメの果肉を足して、レモン果汁やレモンのお酒などを加えながら更に煮る。



今日のニャーちゃん♪

退屈だニャ〜


竹の木陰でいかにも退屈そうに寝そべってるニャーちゃん、
とっても可愛い🎶


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon 留守のため、コメント欄は閉じさせていただいています。


2016年09月16日

ランチ会 🎶

ランチ会



これまたほぼ 1ヵ月前の話題ですが、お友達のお家のランチ会にお招きいただきました。
最初は、レストランでのランチの計画でしたが、丁度お盆の頃で、好みの食材が入荷しない様子、それでお家でのランチ会になりました。


ランチ会


お宅にお邪魔してから、溢れるほどの食材を、
シャンパーニュ片手に 4人でワイワイ準備。
こういう時間もとっても楽しい。

柿とプロシュート、サワークリームとキャビアのカナッペ、フォアグラにトリュフを載せたカナッペも作りました。
オレンジ色のキューブはサーモン。その右は、魚介のマリネ。
カプレーゼのお隣りは台湾のカラスミ、シコンには青かびのチーズと胡桃を載せて。
こんなにいろいろありますが、実はこの日の主役はチーズです。
お友達のお一人が持ってきてくださったカナリア諸島の珍しいチーズも一緒に。
メインはロースト・ビーフ。 レモンとホースラッデッシュでとてもシンプルにいただいたのですが、焼き加減もパーフェクトでこちら絶品でした。

デザートは、もう一人のお友達ご持参の青森「シュトラウス」の "ザッハ・トルテ"

jugon は、ほぼ手ぶらで行っちゃったのでした〜(^^;


↓ ご用意してくださったワインたち

ランチ会


お友達のお宅のセラーのリストから、お好きなのを選んで!って言っていただいて・・・。

シャンパーニュは、ランチの準備をしながら飲むには勿体ないね、って言いながらの "Perrier Jouet, Belle Epoque 2006"
実はこれ、この日お邪魔した 3人で以前に差し上げたものなのに、
一緒に空けちゃいました。

白、1本目は、"Meursault, Les Grands 2007, Domeaine de Montille"
2本目は、jugon が選んだ "Corton-Charlemagne, Grand Cru 2011,
Domaine de Montille"

赤の 1本目は、Nぴーが選んだ
"Nuits-Saint-Georges, Clos des Corvees 2002"
2本目が Mさんチョイスの "Ch. Margaux 2003"

Ch.マルゴーは、抜栓担当 jugon が下手ッピーだったのでコルクが割れて、デキャンタージュを 2度しました。
それが良かったのか、素晴らしく開いてくれました(^^)

Tさん、いつも本当にありがとうございます


今日のニャーちゃん♪


また会ったね


この場所で会うのは 2度目だね!



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


jugon1911 at 06:00|この記事のURLランチ | Wine & Cocktail

2016年09月14日

フルーツとモッツアレッラのサラダ

桃とモッツアレッラ


tsubasaさんのブログでに紹介されていた "桃とモッツアレッラのサラダ" を作ってみました。

使ったモッツアレッラはまぁるいチェリエージ。

桃が大好きな jugon には、これ、と〜っても美味しい♪

それで、今が旬のフルーツ・・・って、今が旬のフルーツはいっぱいありますが・・・いろいろをモッツアレッラと合わせてみました。



桃とモッツアレッラ


使うのは、塩・胡椒とレモン汁、オリーヴ・オイル、それにワイン・ヴィネガーです。
白のワイン・ヴィネガーを切らしているので、シェリー・ヴィネガーで代用しました。
冷凍保存してあった国産レモンの皮やゼストもあるとないとでは大違い。


↓ 柿とモッツアレッラ

柿とモッツアレッラ


グリーンは、コリアンダー。
これがまた面白い。


↓ こちらは、葡萄と梨とカットしたモッツアレッラ

葡萄と梨とモッツアレッラ


葡萄は、ロザリオ・ビアンコです。 ベランダのミントを摘んできました。

モッツアレッラとフルーツ、フレッシュでサラダ、焼いたらデザート・・・どんな組み合わせもお気に入りです。



今日のニャーちゃん♪

センニンソウとニャン


この花は、もう何年も見ているのに "センニンソウ" という名前なのをディックさんのブログで教えていただきました。純白の花びらがほっそりすっとしていて、晩夏の暑い日にとても涼やかです。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


2016年09月12日

フレンチとお蕎麦

桃のスープ


ほぼ1か月遅れの名古屋でのランチの話題。

6月に名古屋へ行った時に訪れたフレンチ "Y Asai"(イグレック アサイ) さんのメニューに "桃のスープ" があるので食べたぁ〜いと妹が言うので、先月またお邪魔しました。 (6月にお邪魔した時の記事は こちら)

スープの名前は "桃とお米のスープ"

桃の香りに包まれた優しいピンク色のスープ。浮かんでいるのは生ハムと・・・何だったかな?
見た瞬間に感じた生ハムの強さがスープにした桃の優しい味わいに合うのかしら?なんて心配は無用でした。柔らかいお米のテクスチャーも美味しさを引き立てています。 予約した時に jugon が作った "桃のスープ" は こちら(^^)



Y Asai 2016.8


アミューズ・ブーシュ(写真左中) は、1F "プティット・プロヴァンス" から 3種類。

写真左上は、鮎のグリエが斜めに並べられきゅうりやズッキーニ、コリンキーに挟んである前菜です。鮎の上に載っているブラウンのものはお茄子のピュレ、そして分かり辛いのですが、その上には鱒の卵も添えられています。バニラと甲殻類のソースが良く合います。

メインは、お肉かお魚を選ぶコースでしたが、お魚は 7月と同じ "ミネストローネ仕立て" でしたので、お肉の方に。
ナントカ鶏のむね肉(^^) お野菜と一緒に添えられたりんごのコンポートの甘酸っぱさがしっとりした胸肉に良くマッチしました。
この日のデザートは、ライチのアイスクリーム、見えませんが紅茶のソースの下はとうもろこしのブランマンジェ。

ワインはプロヴァンスのロゼ "Les Domaniers 2014" をグラスで。 2杯目は赤にしようか迷ってやっぱり同じものに。


↓ そしてこちらはみんなで訪れたお蕎麦屋さん。

竹馬 8/13


名古屋のグルメ・ガイド、ランディさんのブログにあった "竹馬"

実家での朝食はいつも「日本の朝食」なので、お昼に余りお腹が空かない jugon は "ざるそば"
後のみんなはそれぞれ、天ざるにご飯と煮ものが付いたランチ、小エビの唐揚げがどっさりのお蕎麦、辛味大根そばの大盛りでした。


今日のニャーちゃん♪

草むらニャンコ


お口の横の「柄」(?) がチャーム・ポイントなんだよね〜、ニャーちゃん!



今月は今日から実家へ行きます。
この1週間は、お天気がすぐれませんが、あの暑さ厳しき名古屋もその分涼しいかな〜と期待しています。
みなさまもお元気でお過ごしくださいね〜。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年09月09日

ローズマリー風味のポーク

ローズマリー風味のポーク


ポークの塊、どうしようかな〜と考えて、ローズマリーで香り付け。

フライパンで表面を焼いた後、オーヴンに入れました。
ポークをピンク色に焼くのは、何度やってもハラハラドキドキ。


簡単レシピ:
ポークの塊に塩・胡椒する。 熱したオリーヴ・オイルにローズマリーを入れて香りを移す。
ローズマリーを取り出したフライパンでポークを全面に焼き色が付く程度に焼き、白ワインでフランベ。
それをアルミホイルに包んで、ある程度中まで火を通す。
その後、耐熱皿にローズマリー(フレッシュ) を敷いてポークを載せ、フライパンとアルミホイルの中に残った焼き汁をかけ、取り出しておいたローズマリーをポークの上に置いて 200℃に熱したオーヴンで 25〜30分くらい焼く。 表面が焦げそうならアルミホイルでカヴァーする。


Chateauneuf-du-Pape 2008,  Vieux Telegraphe
ワインは No.1 にAOC に登録されたコート・デュ・ローヌ、 シャトーヌフ・デュ・パプの "La Crau Rouge, 2008"

たくさんの葡萄から造られる シャトーヌフ・デュ・パプ。
パプの黒 8、白 5つと覚えました(^^)
ですから、シャトーヌフ・デュ・パプの赤ワインに使われる葡萄は 13種類。
因みにそれらは、グルナッシュ、シラー、ムールヴェードル、サンソー、クレレット、ヴァカレス、ブールブーラン、ルーサンヌ、クノワーズ、ミュスカルダン、ピックプール、ピカルダン、テレ・ノワール

でも、全部を使う必要はなくこちらの赤ワインは、グルナッシュが主体でシラー、ムールヴェードル、サンソーで造られています。これら 4種類の葡萄のそれぞれが織りなす香りの複雑性、力強さ、厚み、そしてフレッシュ感。
"La Crau Rouge" は、良い葡萄ができた年にだけ造られるワインです。



今日のニャーちゃん♪


だれなの〜


警戒シグナルが鳴りっぱなし??


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年09月05日

鱸のタイム蒸し

タイム蒸し


タイムの香り、大好きです。だから、何度も何度も育ててるのに、いっつも枯れちゃう。
今も、タイムの苗はあるにはあるけれどひょろっとした枝が1本 (^^;

jugon の夢の一つは、長いポーチに茂ったタイムを踏みながら玄関へ入ること。
この夢は、多分夢のままかな〜(^^) でも、踏みしめたタイムの香りがふわぁ〜っと立ち昇る、そんな道をどこまでも歩いてみたい。


↑ 袋にどっさり入っていたタイムを使って、お魚蒸し。


タイム蒸し


簡単レシピ:
フライパンにタイムを敷いて、白ワインをドボドボ。 穴を空けたキッチン・ペーパーの上に塩・胡椒したスズキを置いて、蓋をして蒸す。

参考: 加熱している時のタイムの香りは・・・タイムじゃないみたい


KENDALL-JACKSON, Vintner's Reserve Chardonnay 2014





ワインはこの前と同じカリフォルニアの "KENDALL-JACKSON, Chardonnay 2014"

熟した果実の華やかな香りと過度ではない樽香が心地良い。
果実味が豊かで余韻もそこそこ。












今日のニャーちゃん♪

暇だニャ


何か考え中なの、それとも退屈し過ぎ?



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年09月03日

花菜ガーデン

花菜ガーデン


神奈川県立花と緑のふれあいセンター、通称 "花菜ガーデン" の百日紅の間から "大山" を望む。

ここの三日月山と呼ばれる場所のお花畑が綺麗と聞き、行ってみました。
金曜日だったのですが、目的の三日月山のお花は、前の週末の台風で倒れてしまったのと時期が少し遅すぎました。 夏の代名詞 百日紅はご覧の通り。 でも、百日紅ならここまで行かなくてもどこでも見られますね(^^;


花菜ガーデン


とても暑い日で、汗がタラタラ。
空を仰ぐと、掃いたような秋の雲と入道雲が混在。

↓ 三日月山の一部

花菜ガーデン


どこが三日月山ですか? とお尋ねしてやっと分かったくらいお花が少なくなっていた三日月山でした。


花菜ガーデン



花菜ガーデン

デラウェアと長十郎梨

"花菜ガーデン" ではお野菜や果物も栽培されていて、その時に依るのかも知れませんが、収穫をしたい人は参加できるようです。



↓ ランチは "Trattoria Mokichi"

Mokichi


平塚から茅ヶ崎へ戻り、熊澤酒造のイタリアンへ。

余りに暑かったからでしょうか、前 2回のように混んでいませんでした。
古民家のヒンヤリした空気にホッと一息。
この日は 1Fの席。 中から見える窓の外のグリーンは涼し気です(^^)
入り口のところに種類は分かりませんが、葡萄が実っていました。
前回は行った時の記事は こちら


今日のニャーちゃん♪

車の下は安全地帯


お行儀のいいニャーちゃんですが、とっても警戒心が強くって、
車の下から出ませ〜ん。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年09月01日

チキンのなつめソース

チキンのなつめソース


は〜い、今日から 9月! また言っちゃいますが、早いですね(^^)
今月もどーぞよろしくお願いいたします♪

この頃の子供たちは、夏休みのお天気が安定しなくて、予定消化が上手くいかないのじゃないかしら? なんて思った今年の 8月でした。

そして、最近のいくつかの台風で大きな被害を受けられた方々に心より
お見舞い申し上げます。


↑ この前作った 「ナツメのシロップ煮」 をソースにしました。

二皿分だけですので、ミキサーを出すのも面倒だったので、種を外した後、擂粉木で潰して!? 作っちゃった〜(^^)



チキンのなつめソース



擂り潰したナツメに、白ワインを加えて煮詰めただけの簡単ソース。
バターを入れようか考えたけれど、バターがナツメの邪魔をしそうな気がしてやめました。

ワインは、カリフォルニア "Kendall-Jackson Vintner's Reserve Pinot Noir California 2014"
甘酸っぱさとスパイシー感、柔らかなタンニンで、鶏料理にも合わせ易い赤です。


↓ 今日は久々全部載せ

2色のじゃがじゃがアンチョビ


前菜の一つ目は、大好き "じゃがじゃがアンチョビ"

ジャガイモを剥いたら、個体によって色が違っていて、面白いし綺麗な一皿になったかな〜。


タコのトマト煮


もう一つの前菜は、"タコのトマト煮"

ぶつ切りタコにトマト・ソースとトマトの水煮、完熟トマトにズッキーニやお茄子を加えてバジルも一緒に煮た夏ヴァージョン。


今日のニャーちゃん♪

ニャンコ


ノラなんだけど小さい頃から人懐っこくてみんなに可愛がられてるの〜




クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように