2016年08月28日

棗♪ナツメ♪なつめ♪

なつめのシロップ煮


"POCKY'S ROOM" のpockyさんにナツメの実を頂戴しました。
フレッシュなナツメの実を見たのは初めて・・・これって生で食べられるのかしら〜、と一つかじってみました。
LINE で通信していた pockyさんがおっしゃる通り、淡いグリーンの果肉は、スカスカっとした林檎のような味と香り。

↑ pockyさんのブログで「シロップ煮」が美味しいと知って、それではと、
jugon もシロップ煮を作りました。


簡単レシピ:
ナツメ(約250g) がかぶるくらいのお水と白ワインを半々に入れ、お砂糖を 200g程度。ナツメが柔らかくなるまで、途中でお水を足しながら煮て、煮上がり少し前にブランディを 50ccほど。


↓ いただいた棗と「シロップ煮」を作っているところ。

なつめ


↓「 なつめ酒」も、ね!

なつめ酒


いただいたナツメの半分は、ホワイト・リカーに漬けて「なつめ酒」に。
実は、シロップ煮の前にこちらをまず仕込みました。

後でちょっと思ったのですが、ホワイト・リカーの量が少し多目だったかも。
棗のお酒ってどんなお味でしょうね〜? 出来上がりが待ち遠しい♪

pockyさん、珍しい果実をありがとうございました


今日のニャーちゃん♪

クロちゃん


🎶 光る海(見えないけど)、光るクロちゃん、光る石垣 🎶


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年08月26日

高知にて -3

牧野富太郎


台風 10号は、どんな進路を取るのでしょう?
また週明け狙いは止め貰いたいな〜〜。


さて、高知での四日目。
用を済ませて桂浜にチラリと寄って、五台山にある 牧野植物園 まで車で送っていただいたのは良いけれど、暑くて暑くて。
3,000種類あるという植物を楽しむ気になりにくく、外よりは涼しい温室と屋内の展示を中心に巡回。

この植物園へも、以前(20年くらい前) 高知観光をした時に来ていて、大きなキノコを持った牧野富太郎像のことを良く覚えていました。
植物園全体が随分様変わりしていましたが、この像だけは変わらずそこにあって懐かしい。

↓ 温室

植物園


↓ 園内と屋内の展示室など

牧野富太郎


各展示室のほとんどには人影がなく音楽も流れていないので、静か過ぎて不思議な感じ。
ザワめきも音楽もない世界、時にとても心地良いものです。

展示品を見たり、顕微鏡を覗いたり、「南国土佐をあとにして」の純信・お馬の物語を聴いたり。お坊さんの恋のお話にご興味のある方は こちら を参照してください。
牧野富太郎博士の手書きの資料や植物画が素晴らしくて引き込まれます。

園内から望める場所に、サギのコロニーがあっていろんな種類のサギが飛来したり白い風船さながらに木に止まったり。この日にここへ行くとは思いもよらず、望遠を持っていなくて残念。

この自然を生かした植物園は、約 6ha の広さがあるそうですが、次回は是非もう少し季節の良い時に訪れて、園全体を見て歩きたい。

ランチのつもりで入ったカフェで、ケーキ・セット。普段は余り食べないケーキ、二日連続です(^^)


↓ 夕食

PIENO


バスで高知市内へ戻り、ホテルでお風呂に入って、夕食に出かけました。
暑い一日だったので、なんだか食欲もない気がしながら、街中をフラフラ。で、入ったイタリアン・バー "PIENO"

スマホで写したので、余り綺麗ではありませんが、お勧めだったメジカシンコという朝獲れのお魚のお刺身。
カルパッチョではなく、お醤油とワサビでいただくお刺身です。こちらのお店には、藁焼きの鰹もあって、びっくり。
高知では、イタリアンにもお刺身や鰹のたたきがあるのですね!
心臓のカルパッチョ・・・メニューの書き方で、ひょっとして生? 思ったら火が入っていました、生は当然無理ですね。
PIENOサラダ・・・ボリュームたっぷり。
カプレーゼ・・・使ってあったのは、ドイツのモッツアレッラかしら?
牛肉のステーキ・・・カットされたのが出てくるとは思わなかったな〜。

ビールについつい赤白ボトルで、またまたアルコール度高めの夜になりました。


今日のニャーちゃん♪

草むらニャンニャン


草むらの土はちょっとヒンヤリで気持ちいいんだね。
ネコを写した場所と記事は関係がありません



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 18:11|この記事のURLComments(12)TrackBack(0)KOCHI | Trip

2016年08月24日

梅酒 2016

梅酒


台風一過、と思ったらまたいる台風。

台風って 9月のものだと思っていたのに・・・それに最高気温、この頃平気で 38℃とかになりますよね?
数年前までは 36℃だなんてとんでもなくて、暑くても 34℃くらいだったような・・・。
これが地球温暖化ということなのかしら? これからどうなるのかと考えるとちょっと怖い。
地球温暖化も避けたいし、原発も反対って難しいけれど、方法はないのでしょうか?

日本の気候が、この数年で随分変化してきていると実感します。


↑ 今年の 5月に漬けた実家の枝垂れ梅の実で作った梅酒。
漬けた時の記事は こちら


梅酒 2016


いろいろ適当だったので、そんなに期待していなかったけれど、結構好みのお味に仕上がりました。
実を言えば、ほとんど忘れていて・・・また漬けたいものがあり、この瓶が目に留まったので「あ、そうそう、出来たかな〜」とお味見した次第(^^)


今日のニャーちゃん♪

お昼寝


暑い日は、涼しい場所を選んでお昼寝するっきゃないよね〜


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年08月22日

高知にて -2

高知城


台風 9号、千葉に上陸。朝から雨は降っていたものの風はほとんどなく、とても静かだったのに、上陸後暫くして風雨が激しくなってきて、久しく洗っていなかった窓がとても綺麗になっています。jugon のところはそんな程度。
今日の天候は、静岡辺りで東西はっきり分かれているようですが、みなさまのところは大丈夫ですか?
台風は、すでに熱帯低気圧になったそうですが、被害を拡大しないで通り過ぎてもらいたいです。
先に来た 10号の影響で雨の被害が出ている北海道にこれ以上大量の雨をもたらさないで欲しいですね。


高知の続き: "高知にて -1" は こちら
高知の二日目は、お墓参り。そして、三日目の 7/26(火) は市内観光
高知城には、もう 20年近く前に一度行ったことがあり、2度目でしたが、ほとんど覚えていなくて、新鮮そのもの。
お城なのでネコちゃんに会えるかと期待したけれど・・・暑いし、無理でした。 でも、お尋ねしたら石垣のところにいることが良くあるそうです。
この日は、石垣のところにはネコちゃんではなく写生をしている子供たちがたくさん。

↑ 写真右は、お城の下の公園にある、土佐のミケランジェロ、本山白雲作の昔の百円紙幣でお馴染み、自由民権運動の板垣退助像。
どこかの解説者みたいですが、wiki にあった板垣退助の小ネタ(^^)
子どもの頃から現実主義者で、神社のお守りを厠に捨てて、神罰が当たるかどうか試したことがある。長じてからも食べ合わせと言われていた「鰻と梅干」や「天麩羅と西瓜」などを大勢の前で食べて当たらないことを証明したなど。また、日本人として初めてヴィトンのトランクを所持していたんですって。へ〜〜、ですね〜。


高知城


天守の最上階に、吹き抜ける風が心地よくて、しばらく腰かけて休憩・・・あ〜ず〜っとここに居たいかも・・・でした。
しかし、ずっと居る訳にも行かず、更なる涼を求めて近くを流れる「鏡川」でボートに乗ろうと行ってみたけれど、ボート乗り場に人の気配はなく、用があったら電話をくださいとの貼り紙。こんな暑い場所で待てないし、ボートを見たら、凄く幅広で、全く漕ぐ気なしの jugon なのに一人では漕げそうにない代物・・・で、止〜めた〜〜!


高知駅と繁縷

ランチは "お好み焼き" と "ニラ焼き" だったかな? 余計暑くなるって言うのに、ビール&枝豆も。
ビールの広告も高知弁です「こじゃんとうまい」ビールだそうな・・・違いが分からない(^^;

暇に任せて、高知駅へも行ってみました。お腹も空いていないし普段は間食しないのに、柚子のシフォン・ケーキをオーダーしちゃった!
もう一人は、またまたビール&枝豆


はりまや橋


滞在中、何度も通った「はりまや橋」とその公園。土佐電では、一番前の運転手さんの脇に陣取りました・・・って空いてますから〜。
高知は路面にも「鰹」がいましたよ。


↓ そしてこの日の夜は、夫の従弟ご夫妻と。

凛々 鈴のやさん


お店は、はりまや町の "凛々 鈴のや"さん。居酒屋さんだそうですが、割烹の雰囲気で、どれも美味しくてホスピタリティーも良いお店でした。
いつもは満員だそうですが、帰る少し前まで貸切り状態。

こちらでも藁焼きのパフォーマンス。"塩たたき" 絶品、ひろめ市場より美味しい♪
"イシカゲガイのお刺身" 「石影貝」は、トリガイの白いVer のようですが、もう少し肉厚で味わい深い。
突き出しは、"お寿司とほうれん草のお浸し"  "海鮮サラダ" の鮮度もバツグン。
"うつぼの唐揚げ" ひろめ広場では、ちょっと敬遠していたけれど、食べてみたら美味。
奥さまの Mさん、お勧めの "大根餅" どこでも美味しいただのトマト。
左へ行って、川海老の唐揚げのつもりだったけど、ナニ海老かな〜。
カリカリ、美味しかったそのお隣りの唐揚げのお魚の名前、お聞きしたにも拘わらず忘れてしまいました。
みんなでビールで乾杯の後、従弟の Hさんは、何を飲んでたのかな? Mさんは最初から最後まで、ビール。「桂月」を一人で 6合空けた人は夫。 jugon は、柚子のお酒(こちらのは甘くない) に Mさんのお勧めで栗の焼酎「ダバダ火振り」も。

そして、ワインを飲もう!と夜道を歩いて帯屋町にあるバー "コロンボ"さんへ。でも、ワインは誰もオーダーせず。
Mさんは、またまたビールにレッド・アイ。jugon はボッチ・ボールとなぜかチンザノのオランジュ。男性陣のことは忘れましたが、Mさんと意気投合のと〜っても楽しい夜は更けて・・・そろそろ帰ろうと外を見たら、物凄い雨。そんな雨の中を走って車を拾ってくれた傘嫌いの Mさんと明後日は朝から飲もうね〜と約束したのでした〜


「凛々 鈴のや」
TEL:088-861-0650
住所:高知市はりまや町3-13-13
営業時間: 17時〜24時
定休日:日曜(祝前日の場合は営業)


今日のニャーちゃん♪

サビちゃん


高知で出会ったニャーちゃんにはみんな出演してもらっちゃったので、
違う場所で出会った愛嬌たっぷりのサビちゃん登場。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 15:54|この記事のURLComments(14)TrackBack(0)KOCHI | Trip

2016年08月20日

オクラと枝豆のお浸し

オクラ


リオ五輪も閉幕が近付いてきましたが、今日の陸上男子 400mリレーはリプレイを何度見ても飽きません。
2016 スポーツの祭典、たくさんのドラマがあり感動もいっぱいですが、陸上で日本が銀メダルを獲得するなんて、あのボルト選手と 1,2フィニッシュだなんて、びっくりです。 なんて素晴らしいの〜。


↑ 高知の続きを書く前に、ブログを拝見していて本当に美味しいものがお好きだって分かる "美味しいもの、大好き 2" の tsubasaさんにとても夏らしいメニューを教えていただいたので、そちらを先に。


オクラ


tsubasaさんがお作りになった「オクラのお浸し」に半端に残っていた
枝豆と生姜を少々足しました。

彩りも涼やかでひんやりして夏の食卓にぴったりです。
tsubasaさん、ありがとうございました


自分の記録のために簡単レシピ:
オクラは、沸騰したお湯にサッとくぐらせて、冷水に取り、枝豆は茹でて鞘と皮を外します。
お出汁とお酒、みりん、お醤油を煮立てて火からおろしたら、オクラと枝豆、細切りの生姜を浸して冷蔵庫で冷やします。


百年の孤独


いただきものの「百年の孤独」開けました。
いつもは炭酸割りにする焼酎ですが、せっかくですからストレートで。



今日のニャーちゃん♪

縁側でお昼寝


風が通る縁側でお昼寝中のニャーちゃん。気持ち良さそう♪



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年08月17日

ヒマワリ畑

ヒマワリ


残暑、お見舞い申し上げます


ほとんど夏バテ状態だった名古屋から日曜日に戻りました。
みなさまお変わりございませんか?



一昨日の月曜日(8/15) は、”飛び出せ Kitchen ♪” の
11回目の Anniversary


こんなに長くブログを続けて来られたのは一重にみなさまのお蔭です。
心より感謝申しあげます

最近、ちょっと更新頻度が落ちていますが、
マイ・ペースを保ちつつ、できるだけ続けていきたいと思っていますので
これからもどうぞよろしくお願いいたします



↑ 今年からできた祝日 "山の日" の前日、お友達に岐阜県大垣市にある
「ヒマワリ畑」へ連れて行ってもらいました。


ヒマワリ


日差しを遮るもののない畑なので、物凄い暑さと聞いていましたが、
風もありちょっと曇ったりもする日で、ややラッキーだったかも。


↓ 新幹線がすぐ傍を走っているので、ゴーと言う音がすると「来た〜!」

で、写した「向日葵と新幹線」(^^)


ヒマワリ



ヒマワリ



ヒマワリ



ヒマワリ




今日はワンちゃん♪ ですよ。

ヒマワリ畑のワンわん


ヒマワリ畑で出会った、可愛いワンちゃん。
ずっとハァハァハァハァ 「暑いな〜〜」



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年08月14日

きゅうりのジュレ

蟹とオクラのきゅうりジュレ


きゅうりを摩り下ろすとメロンのようなとっても良い香りがしますね。

春先から気になっていたきゅうりのジュースとジュレですが、
先だって行ったレストランでも出てきていて、やっとと言いますか
とうとう作りました(^^)


オリジナリティーに欠けますが、同じように蟹を使っちゃった〜!
レシピ ↓


蟹とオクラのきゅうりジュレ


きゅうりだけでは、色が濃すぎる気がして、白ワインとお水を
半々に加えて延ばしています。


Torres Gran Sangre de Tro 2014, Chardonnay

ワインはお料理にも使ったトーレスの "Gran Sangre de Tro 2014"

トーレスは、ず〜っと昔からのお馴染み。 若い頃はずっと、スペインと言えばトーレスでしたから、思い入れがある生産者で、コスパが良く、ハズレがないと信頼しています。
首のところにかかっている雄牛が目印。
この頃は、世界各地にワイナリーがあり、活躍が嬉しいです。


こちらのカタルーニャのシャルドネは、ハーブの香り、次第にトーストやバニラの香りへとつながり、爽やかさとコクを合わせ持ちます。






** "蟹とオクラのきゅうりジュレ" の作り方 **

<材料> (二人分)
・きゅうり : 3本
・蟹肉: 50g
・オクラ: 3〜4本
・白ワイン: 150cc
・お水: 150cc
・ゼラチン: 8g
・コンソメ: 少々
・お塩: 少々


<作り方>
きゅうりは摩り下ろす。ゼラチンをふやかす。
摩り下ろしたきゅうりは、濾してジュースだけを取り置く。
オクラはさっと湯通しする程度に加熱して、冷水に取り、幅 1mm くらいにカットする。
お水と白ワインを沸騰させてアルコール分を飛ばし、お出汁としてコンソメを極少量、お塩も少々入れてある程度冷ましたら、ふやかしたゼラチンを溶かす。
い冷めたら△里ゅうりのジュースの 3/4 量を足す。
器に蟹肉(それぞれ 15gくらい) を入れ、 を注いで、のオクラも入れて、冷蔵庫で冷やし固める。この時 イ鮠し残す。
別の容器に残りの蟹肉と残しておいたイ鯑れて冷蔵庫で冷やし固める。
Δ固まったら、崩したГ鮠って、 のきゅうりのジュースの残りを注ぐ。

注)
・ 口当たりが滑らかなように、ゼラチンの量は少な目です。



今日のニャーちゃん♪

白ちゃん


ゴロンゴロ〜ンが得意のシロちゃんです(^^)



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon 留守につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


2016年08月11日

タコと夏野菜のセビーチェ

ジェノベーゼ


手間いらずの夏の前菜♪
"タコのセビーチェ"

セビーチェとは、魚介類を使ったマリネのこと。
タコと野菜数種類をジェノベーゼ・ペーストでマリネしました。


ジェノベーゼ



グングン育ったバジルで作った自家製ジェノベーゼ・ペーストを使うのも良し、市販のジェノベーゼ・ペーストを利用するのも良しの、簡単で美味しい前菜です。

夏なので "夏野菜" としましたが、アスパラなんていつでもあるし・・・何だって構わない(^^)

簡単レシピ:
ジェノベーゼ・ペーストをEVオリーヴ・オイルと合わせてミキサーにかけたものと、生食用のタコ、茹でて冷ましたアスパラ、オクラなどのお野菜とカットしたトマトを和え、松の実を加える。

ジェノベーゼ・ペーストとオリーヴ・オイルは、ミキサーなんて面倒なら、グルグルっとかき混ぜただけでもOK


↓ 鹿児島の Tおばさんから今年も "さつまの巨峰" を送っていただきました♪

さつまの巨峰


合わせたチーズは、ウォッシュの "マンステール" と 白カビチーズに胡椒をまぶした "オリヴェ・オ・ポワヴル"
葡萄とチーズの組み合わせ、美味しいね〜〜(^^)


今日のニャーちゃん♪

駐車場ニャンコ


高知で 3番目に出会った子。
道路を横断して走って行った駐車場は、ニャーちゃんのダイニング
でした〜。



クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように

jugon 不在につき、コメント欄は閉じさせていただいています。


2016年08月08日

桃とモッツアレッラのスープ

桃とモッツアレッラのスープ


高知のレポート(?!) の途中ですが、今日から今度は名古屋へ行きます。

続きは、来週に持ち越しです。


↑ 昨夜作った "桃とモッツアレッラのスープ"


桃とモッツアレッラのスープ


妹がスペシャリテで "桃のスープ" を出しているレストランへ行きた〜いと
言うので、予約をしました。

それで、jugon なりの "桃のスープ" を作ってみようと思い立ち・・・。


Proyecto CU4TRO



ワインはやっぱり泡かな〜と。

4種類の葡萄を使っているので "クワトロ" という名の "クロ・モンブラン" のカヴァ。
使っている品種は、マカベオ、チャレッロ、パレリャーダ、シャルドネ。

カヴァは、シャンパーニュと同じ製法で造られるスペインのスパークリングです。

りんごやハーブなどのニュアンスがある爽やかさが持ち味。








** "桃とモッツアレッラのスープ" の作り方 **

<材料> (二人分)
・桃 : 1〜1.5個
・モッツアレッラ: 1個
・牛乳: 100〜150cc
・レモン果汁: 少々
・白ワイン: 100cc
・お塩: 少々


<作り方>
桃は種を外して皮を剥く。角型にカットしたものを何個か残し、後は適当な大きさにカットしておく。全てにレモン汁をまぶす。
モッツアレッラも角型にカットしたものをいくつか残して、後は適当な大きさにカット。
カットした桃に、お塩少々と牛乳、白ワインを加えて加熱して、室温になったら冷蔵庫で冷やす。
に△離皀奪張▲譽奪蕕魏辰┐董▲潺サーにかける。
器にい鮹蹐、 で取り置いた桃、 で取り置いたモッツアレッラを飾る。

注)
・桃は変色するのでレモン汁を用いますが、加熱することでも変色を止められます。
・お塩は極少量。
・お好みで出来上がりに EVオリーヴ・オイルをかけても良いと思います。


今日のニャーちゃん♪

シロクロちゃん


この子も高知で出会ったニャーちゃんですよ〜。


上にも書きましたが、今日から実家へ行きます。1週間置きに留守をするのは、暇人と言えども結構大変(^^)
加えてこの猛暑。 みなさまも体調管理にお気を付けくださいね。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


2016年08月03日

高知にて -1

桂浜


休憩し過ぎの "飛び出せ Kitchen ♪" (^^)
みなさま、お元気でお過ごしでいらっしゃいますか?
ご無沙汰していてごめんなさい。

高知からは、先週の金曜日にすでに戻っていました。
ご挨拶が今頃ですが・・・ ただいま〜。そして、

暑中、お見舞い申し上げます


そんなに疲れた訳でもないのに、やっと昨日 P/C に向かう気になったと
思ったら、プチ不具合。
そんなこんなで 8月のご挨拶まで遅くなりましたが、
今月もどうぞよろしくお願いいたします

それにしても本当に暑いですね!
例年に比べて毎日湿度が高く、大雨や雷が頻発。


高知では、最初の 2日くらいは思ったより随分涼しく過ごせましたが、後半は、ガンガンの照り付けでと〜っても暑かったです。
でも、戻ったらこちらも負けない暑さ

今回の高知での主な用はほんの 1時間くらいで済み、後は飲んだり食べたり・・・歩いたり


↑ チラリと寄っていただいた "桂浜"


↓ "桂浜" と言えば "龍馬像"

桂浜


"桂浜" に行ったのは、水曜日(7/27) でした。
その後、高知が誇る植物学者 牧野富太郎博士の植物園へも行きましたが、その写真はまた後程。


↓ 高知へ到着した日は日曜日で、丁度「日曜市」が立っていました。

日曜市


追手筋(おうてすじ) という通りで 300年以上続く街路市です。
すでに午後でしたから、人も少なく閉めているお店もありましたが、珍しいお野菜など見ているだけでも楽しくて、お店の人の高知弁も親しみ深い。


↓ こちらは 高知のメイン・ストリート(^^)

帯屋町ほか


帯屋町や大橋通のアーケード。
メインですが、時間的なこともあってか、人通りが少ないですね〜。

もうすぐ「よさこい祭り」なので、ダンスを練習している若者たちを
毎夜見かけました。


↓ 日曜市の追手筋から、ちょっと脇道へ入ったら・・・

ひろめ市場


スーパーかと思って入ってみたら、なんだかすごい人で、午後早い時間なのにみなさん宴会状態。
そこは "ひろめ市場" という 市場なのですが、ちょっとした屋台村のようなところ。ぐるぐるぐるぐる見て廻っている内に座ってみることに・・・。

高知と言えば、鰹! 鰹の藁焼きの実演もしていて、"塩たたき" というのがものすごく美味しくて、高知にいる間に何度食べたことでしょう。
生しらすをこちらでは "どろめ" と呼びますが、関東で食べるものとは大違い、もうすでに一生分食べてしまったと思っていた jugon も食べてみたくなりました。同じ朝獲れなのに、何が違うのでしょうね? 呼び名とは裏腹にサラっとしていて鮮度が光ります。
蓋のところが刀のような "チャンバラ貝" 、鯨のから揚げ、アオサのから揚げ、小ぶりで皮が薄くてとっても食べやすくて美味しい餃子、トマトもめっちゃ美味しい!
ビールの後は、柚子酒。美味しいけれど jugon には、少し甘過ぎたので、その後は 甘くない柚子サワー。

大満足の「ひろめ市場」 滞在中にもう一度行きました。


↓ 「ひろめ市場」の次はイタリアン

Italian


"帯屋町公園" に隣接するイタリアンは多分 "トラットリア ノンナ"
だったと思います。
デキャンタで白。 何かのカルパッチョと生ハム。
公園の緑が見えて、良い雰囲気のお店でした。

その後、またどこかのお店に入りましたが、ワサビ味の枝豆のことしか覚えていません(^^;


今日のニャーちゃん♪

帯屋町公園のニャンコ

高知で最初に出会ったニャーちゃん。
・・・と言っても数匹に出会っただけですけれどネ。

もう暗くなっていて公園の街灯の明かりでお目目が真ん丸。


クリックで応援してくださ〜い
クリックしてニャ〜!
バナー2


クリックしてニャ〜!


いらしてくださってありがとうございました。
今日も良い一日でありますように


jugon1911 at 10:00|この記事のURLComments(24)TrackBack(0)KOCHI | Trip